名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

リク・マケラの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

リク・マケラのプロフィール

リク・マケラ。フィンランドの経営者。フィンランド発の起業イベント「SLUSH」のCEO(最高経営責任者)。

リク・マケラの名言 一覧

新しいアイデアを創出するには、できるだけ雑多なバックグラウンドを持った人間が集まった方がいい。


我々はシリコンバレーの動きを参考に多様性を維持しながらも、コミュニケーションを密にし、政府の支援も手厚いフィンランド独自の起業モデルを生み出した。今度は、日本も我々の活動を参考にしながら、日本モデルとも言えるイノベーションの仕組みを考えていくことが大切だと思う。


唯一難しかったのは、我々に出資してくれる投資家との出会いだった。当時はわざわざヘルシンキに来るようなベンチャーキャピタルは皆無だった。そこで、ベンチャーが数社集まって、みんなで投資家を呼びこむことにした。それが、SLUSH発足のきっかけになった。


リク・マケラの経歴・略歴

リク・マケラ。フィンランドの経営者。フィンランド発の起業イベント「SLUSH」のCEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

石浦章一

タバコに含まれるニコチンは、アセチルコリンという神経伝達物質によく似た分子構造をもっています。アセチルコリンは思考や記憶に関する物質です。脳内にニコチンが入ると、本来はアセチルコリンが収まるべき受容体にニコチンが収まります。同時に周囲の神経細胞からドーパミンが出るので意欲や集中力が高まった状態になるのです。しかし、ニコチンを取り続けていると、代わりにアセチルコリンの分泌量が減ります。そのため常にタバコを吸わないと、やる気や集中力を発揮できない体質になってしまいます。


正垣泰彦

一番大切なのは、自分たちがやっているビジネスの目的がハッキリしていることです。


鐘撞正也

より多くの消費者に「理想の家づくりを諦めないで」と伝えたいですね。そのために僕らができることはまだまだたくさんあると考えています。


鍜治真起

起業当時、僕はどんな書店でも、売り込みに行けば、すぐに置いてもらえるものだと思っていました。でも、行く先々で、「扱ったことがない」を断られる。いままでにない雑誌だから創刊したのに、断られ続けると、次第に書店を回るのが嫌になりました。ある書店で、「売り込んでも置いてくれない店で、頭を下げ続けてもしょうがない。見込みのある店だけで部数を伸ばせばいいんだよ」と助言をいただいてから楽になりました。それからは、あくまで直販にこだわり、自分の面識のある書店だけに、足を使って販売するという方針を続けました。


吉田忠裕

教える側にとっても道場(新人の育成機関)の存在は大切です。ベテランがこれまで修羅場で得た知識や経験を社内で共有できるからです。それを体系化したうえで、次の世代の人材に伝えていく。そうした役割を道場には期待しています。


森下裕道

その場をひとまず離れると視界が変わります。すると気分も変わるもの。トイレに行く、給湯室で水を一杯飲むなど、場所を変えて気持ちをリセット。また「指ぶら体操」もお勧め。腕を垂らして、濡れた手の水を切る感覚でブラブラと振ります。すると、頭に上った血が下がり、ピリピリした神経も穏やかになります。これは力を抜いて行なうことがポイントで、緊張をほぐすのにも有効です。


トーマス・カーライル

理想は我々自身の中にある。同時にまた、理想の達成を阻む様々な障害も、我々自身の中にある。


塚越寛

伊那食品工業でも、今より会社の規模が小さく、お金もなく、人員に余裕がなかった時期に、研究開発部門を設けて数人の社員を配置しました。その後、いつでも全社員の10パーセントの人員をそこにあてることにしてきました。これは寒天業界の見通しが明るくなかったため、危機感を抱いて始めたことではあります。しかし結果的に、寒天を原料とするさまざまなオリジナル商品を開発してきたことによって、当社は業界でナンバーワンの存在になれました。新しいマーケットを創出し、同業他社と競合することなく売上を伸ばし続けることができたのです。


野村克也

気の弱い奴を叱ると、自信をなくす。気が弱いかどうかは、すぐ見抜ける。弱い奴ほど強く見せたがる。すぐ怒鳴ったり、声が大きくなるような奴は弱い証拠だね。どこかの監督でもいたな(笑)。


有賀修二

市場全体が縮小する中でも、高付加価値、高機能シフトが起きれば我々にとってはチャンス。


澤田秀雄

私も人間なので、ストレスや悩みはたくさんあります。毎回、新たな事業に着手するときは、プレッシャーで押しつぶされそうです。でも、私の場合は開き直ってしまうため、強いと見えるのかもしれません。


豊川竜也

私たちのミッションは、世界中の読者に知識と感動をお届けすることなんです。それは子供たちの未来をつくることにつながっています。その理念を象徴して、我が社はサンタクロースのような存在となることを目指しています。サンタクロースって、世界中の子供たちにプレゼントを届けるじゃないですか。しかも、届け先を間違えることは絶対にないし、遅れることもない。物流という観点から見て、サンタクロースは理想の姿です。ですから当社の理念をひと言ではなくひと目で表すと、サンタクロースになるんです。