名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

リカルド・セムラーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

リカルド・セムラーのプロフィール

リカルド・セムラー。ブラジルの経営者。ブラジルのコングロマリット企業「セムコ」のCEO(経営最高責任者)。オーストリア出身。21歳でセムコを父から引き継ぐ。倒産寸前の小さな会社だったセムコを改革し急成長させた。6年で売上を3500ドルから2億1200万ドルまで向上させた。著書『セムラーイズム』は100万部を超えるベストセラーとなった。

リカルド・セムラーの名言 一覧

会社での私の役割は、カタリスト(触媒)役に徹することだ。他人が意思決定をやりやすいような環境をつくり出すことに努力するのが私の責任だ。成功の秘訣とは、まさに自分が成功の主人公とならないことにある。


ルールなるものは、組織の構成員に「企業は創造性を維持し、状況に適応できなければ生きていけないのだ」ということを忘れさせてしまう。ルールは企業の活動をスローダウンしてしまう。


日本人の持つ会社への家族同様の帰属の絆や、年長者を年長者ゆえに尊敬するという年功序列の慣習は意識的に敬遠した。わが社の理念からすれば、昇進は能力によるべきものであり、年齢や協調性とは無関係である。


リカルド・セムラーの経歴・略歴

リカルド・セムラー。ブラジルの経営者。ブラジルのコングロマリット企業「セムコ」のCEO(経営最高責任者)。オーストリア出身。21歳でセムコを父から引き継ぐ。倒産寸前の小さな会社だったセムコを改革し急成長させた。6年で売上を3500ドルから2億1200万ドルまで向上させた。著書『セムラーイズム』は100万部を超えるベストセラーとなった。

他の記事も読んでみる

佐藤弘志

うちのマネージャーは30代が中心で、ある程度仕事についてわかっていますし、見えてきています。やりたいこともあって、方法論も持っている。僕が彼らにしていることは、もうちょっとスピード上げたほうがいいよ、と言うことくらい。どうしても保守的になりがちなところで、促す程度です。チラシなど細かいディテールに関しては言わなければ言わないほど結果がいいんです。人が育っているからこそできたことです。


田原総一朗

孫(正義)さんは会社を大きくしたけれど、その後も節目節目で、のるかそるかの大勝負を仕掛けています。松下幸之助や本田宗一郎もそう。社会的評価を得た後も、現状に満足せず勝負できるかどうか。それを続けられる人が、歴史に名を残す経営者になるのです。


岩崎夏海

ドラッカーの『マネジメント』には、例えば「顧客とは誰か?」など、人間が組織と関わり合いながら仕事をするうえでの原理原則が記されています。一見、普通のことと思うかもしれませんが、ビジネスが複雑化しているいま、新たな発見があり、働き方を変えるほどの力があります。また、こういった思考法は時代に左右されません。


守島基博

一部の外国ではヒーローが継続的に再生産されて、若者の起業やチャレンジの原動力になっている気がする。夢見、憧れるリーダーがいて、多くの若者が動機づけられ、自らもチャレンジするというサイクルが回っている。


立石剛

独立というものは、結婚に例えることができます。最初は相手に何気なく興味を持つことから始まり、そこにうまくいく根拠を探し始めて、最終的に「この人となら幸せになれる」と確信できたら、自分の中でGOサインが出たということになります。


潮田、滋彦

原稿をプレゼンの場に持参するときは、マーカーなどで、キーワードが目につくようにしておきましょう。キーワードを大きめのフォントにするのもお勧めです。こうしておけば、緊張していても、伝えるべき内容と全体の流れを、その場でひと目で捉えることができるでしょう。


ビル・ゲイツ

ポールが私をゴミ箱の上に持ち上げて、私がコーヒーかすで汚れたプログラマーたちのメモを拾ってくる。それを見てシステムを勉強したものだ。
【覚書き|ハイスクール時代、DEC(ディジタル・イクイップメント・コーポレーション)でデバッグ(プログラムのバグ取り)のアルバイトをしたときを振り返っての発言。ポールとはマイクロソフト共同創業者のポール・アレン】


竹島愼一郎

企画の良し悪しについて判断するとき、企画内容だけが問題にされがちですが、それ以上に根本的なのは前提条件の正否です。つまり、「何のための企画か」が相手と共有されているかどうか、ということです。これが共有されていないと、企画が採用されることは難しいでしょう。


槍田松瑩

未来は予測できません。なのに、あふれかえる情報をもとに、あらかじめイメージ先行型の人生設計を行い、効率的に成功者のルートをとろうと考える人が増えているように思います。それでは手ごたえのある人生を歩むことはできません。そうではなく「なるようにしかならない」と腹をくくって、目の前にあるやるべき仕事、やりたい仕事にぶつかっていくことが肝要です。そういう生き方をしていけば、もし思うような結果を得られなくても、絶対に後悔することはないでしょう。


山田邦雄

様々な分野へ出て行くためには、社内にはない資源やノウハウなど、社外との連携を深めていかなければならない。


樋口廣太郎

先に作ったからと言って二番手三番手に負けたら、それはうちのビールの味が悪いのだからしょうがないじゃないか。そんなものにぐじぐじ言っていてはだめだ。一番手に作ったものがうまいと思ってんだから、これは売れるはずだから信念を持て。【覚書|スーパードライ開発後、他社がこぞって同じような商品を発売した。そんな中で社員に対しての激励の言葉】


森田昇(経営者)

その人の気持ちが前向きであるか、あるいは後ろ向きであるかどうかは、組織の生産性を上げるためには大変大事な要素。