名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

リカルド・グアダルーペの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

リカルド・グアダルーペのプロフィール

リカルド・グアダルーペ。スイスの経営者。高級腕時計メーカー「ウブロ」CEO(最高経営責任者)。ヌーシャテル州出身。カリフォルニア大学ロサンゼルス校卒業。ブルガリ・プロダクトマネージャー、ブランパン・マーケティングディレクターなどを経てウブロCEOに就任。

リカルド・グアダルーペの名言 一覧

ブランドのアイデンティティを強力に押し出すことが大切。じっくり見ないとどこの時計か判別できない時計に未来はない。


リカルド・グアダルーペの経歴・略歴

リカルド・グアダルーペ。スイスの経営者。高級腕時計メーカー「ウブロ」CEO(最高経営責任者)。ヌーシャテル州出身。カリフォルニア大学ロサンゼルス校卒業。ブルガリ・プロダクトマネージャー、ブランパン・マーケティングディレクターなどを経てウブロCEOに就任。

他の記事も読んでみる

荒谷卓

至誠館では、頭で理解するだけではなく、武道を通じて心身で学び実践することを大切にしています。心と体を使って精神鍛錬をし、その成果を社会に還元していくことを目指しているのです。


山本梁介

企業発展の原動力になるものは、顧客満足やサービスを創意工夫するイノベーションなど色々あると思いますが、私は社員満足度が最も重要だと思います。社員も一人ひとり顔が違うように性格も違います。仕事を通じて感性と人間力を磨いて欲しいと思います。そうすれば自分も大きくなれるし、周りの人も幸せに出来ると社員には話しています。自分を鍛えることでゆったりとした気持ちになり、世のため人のために仕事が出来るのだと思います。


風間八宏

正直、当時のサンフレッチェは戦力が豊富なチームではありませんでした。でも、本気で勝つことにこだわったら、94年のファーストステージで優勝することができた。


新浪剛史

ビール事業は我々のチャレンジの歴史です。何もないところからスタートして、大手と戦いながら今日まで育ててきました。戦い抜くには様々な工夫と努力が必要で、そのかいあってシェアは3位となり利益も出るようになりました。でも大手は4社しかない市場なのだからシェアは25%を目指さなければならない。まだまだ全然足りません。そこに向かってもっとチャレンジしていきます。


ゆうきゆう

疲れたときは資料整理、身の周りの片づけなど、一人でできる作業にしばし没頭しましょう。しばらくすると、余裕が生まれてきます。


藤重貞慶

不将不逆應而不蔵(おくらず、むかえず、応じて、しかしておさめず)。経営者として迷うことはよくあるのですが、そんなとき、いつもこの言葉を噛みしめています。この言葉は、中国の古典、荘子の内篇にあり、「道をわきまえる人は、去るものは去るにまかせ、ものごとの去来に応じて心に留めるようなことをしない。その心が虚であるから、どんな変化にも対応することができて、我が身を損なうことがない」という意味です。平たく言えば、過去や未来に執着しすぎるなと説いているのです。


佐々木正悟

成果の見えにくい習慣を続けるためには「目で見えるようにする」ことが重要です。おすすめはスタンプカードを自作し、実行するたびにスタンプを押すこと。単純ですが、努力の跡が明確になり、モチベーションを保ちやすくなります。


日村勇紀

コントの台本にしても、最初はオレが書いてたんですけど、設楽(統)さんが作るのは物が違っていて。すぐ乗っかりましたね。前のコンビでは「ここ、ツッコミ」ぐらいのざっくりだったのが、セリフに動きまで書いてある台本が届く。完全にオレにはない発想で、さらにそれがウケていくから。ここは設楽さんに任せたほうがいい、と。


片野坂真哉

一番手であるという意識が社員に芽生えた途端、企業はジワジワと弱くなる。


廣瀬光雄

今でもジョンソン・エンド・ジョンソンではアクシデントが起きたら「Our Credo(クレド)」に立ち戻れと言われています。ですから、世界57か国・200社の個別事業会社を、世界最高・最強のヘルスケア企業というゴールに向かわせるためのボンディング(接合)の役回りを果たしているのが「Our Credo」なのです。


板東英二

プロ野球では失敗すれば交替させられますから、たとえるなら派遣社員や契約社員のような不安定な立場です。いまは派遣切りが問題になっていますが、もともと不安定な雇用だとわかっているはずなのに、いざ解雇されたら会社を悪者扱いするなんて、僕にいわせれば、ただの甘えにしかみえない。もちろん頑張っている人もたくさんいるのでしょうが、文句をいう前に、最大限努力することが大切じゃないかな。


観世清和

「初心忘るべからず」という言葉があります。この言葉、現在でもよく使われるのですが、世阿弥の伝えたかったニュアンスとは異なる使われ方をしていることがあります。「初心忘るべからず」とは、何か物事を始めようとした時の原点の気持ちに戻るということではなく、「未熟だった自分がおかした失敗やミスを忘れてはならない」「いかに己が未熟であるかを、常に自覚しておかなければならない」という戒めの意味なのです。