名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

リアム・ケイシーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

リアム・ケイシーのプロフィール

リアム・ケイシー。米国の経営者。PCHインターナショナル創業者。PCHインターナショナルは製造、商品企画、包装、在庫管理、流通などサプライチェーンを一括で提供するサービスを展開している会社。大手企業からスタートアップまで幅広い顧客のサポートを行っている。

リアム・ケイシーの名言 一覧

時代は変わった。オンラインでは、リアルの小売店のように棚を確保するためのマージンを払う必要はない。ソーシャルメディアなどを駆使し、自社のファンが集まるコミュニティをつくるほうが重要だ。新しいアイデアを持っているあなたが、もし工場も流通ルートも持っていないのなら、私は「おめでとう」と言いたい。煩わしい資産やしがらみがなく、その代わりに無限の可能性があるのだから。


私は、かつて輝いていた製造業を「殺した」のは流通業だと思っている。巨大流通業の販売力に依存したことで、流通チェーンに支払うマージンの条件ばかり考えるようになり、最終顧客である消費者についての想像力を失ってしまった。


いまは顧客体験のマネジメントが極めて重要。にもかかわらず、その対極にあるのがソニーやパナソニックのような日本の大手ブランドだ。パッケージを開けるとやたらに多くの書類が入っていて、何を伝えたいのかわからない。


特に商品のパッケージは重要だ。ブランドロゴが小さく表示された洗練された白い小箱を開けると、中から美しいガジェットと折り紙のように薄い説明書が現れる。こうした洗練されたパッケージを目にしたユーザーは大きく心を動かされる。そして、そのことが企業のブランドイメージにもなっていく。メイカーは、ユーザーに対してどのような感動や印象を与えたいのかを考え抜けばいい。そのために必要な箱の調達や加工は、私たちが責任を持ってやっていく。


リアム・ケイシーの経歴・略歴

リアム・ケイシー。米国の経営者。PCHインターナショナル創業者。PCHインターナショナルは製造、商品企画、包装、在庫管理、流通などサプライチェーンを一括で提供するサービスを展開している会社。大手企業からスタートアップまで幅広い顧客のサポートを行っている。

他の記事も読んでみる

村上太一

本題の前にまずは雑談から、というのはたしかにセオリーではありますが、なかには雑談が好きでない人もいるでしょう。そういう場合は当然、単刀直入に要件を切り出したほうがいい。雑談をしてから本題に入るべきだというマニュアル思考は捨てて、相手とその場の雰囲気に合わせて対応を変えていくことが重要です。


柳井正

経営者は好き嫌いはいっていられません。世の中がその方向に動いているなら素直にそれに従うべきです。


畑村洋太郎

企業は皆、組織が分化し、それぞれが自分の持ち場で効率よく働くことが重視される仕組みになっています。改革が叫ばれ続けていることですが、やはり細分化の弊害は残っていると思います。


河村恭輔(経営者)

「あそこに頼んだらいいよ」と、お客さまに選ばれる会社、日本一のサービスを提供できる会社にすることが私の夢。各分野でプロを養成して、どんな問題にも対応できる会社にしたい。


ルイス・ガースナー

従業員は昔に戻りたがる。それを防ぐのがリーダーの役割だ。


小池修一郎

演出家も、未成熟な役者たちと一緒に仕事をするなかで、新たな発見をすることがよくあります。若い人と共に汗をかいて、死ぬほどの思いで工夫していると、そこにオリジナリティが出てくる。いつでも悩み、新しい表現に挑戦する姿勢を忘れないでいたいですね。


藤井清孝(経営者)

本当のロジックというものは、前提条件を外しても成り立つものです。偏ったロジックであるかどうかは、前提条件を外してみるとすぐにわかります。


篠原菊紀

人脈を利用することで、一人では得られなかった課題解決の手段を発見することは、いわば個人ではなく手段としてのひらめきを得ることだ。極端にいえば、他人の知恵をうまく借りる能力さえあればひらめきについて悩むことはないだろう。


阿川佐和子

話を聞くときは、相づちを疎かにしないこと。こちらが話しているのに、全く反応がない人がたまにいますが、こういう人が相手だと「この人聞いてくれているのかな」「ひょっとして私の話がつまらないのかな」と不安になって、話を続ける気持ちが萎えてきます。かといって、大げさすぎる相づちは不自然だし、息継ぎのたびにいちいち「はい、はい」とやられるのもうるさいだけです。相づちは、言ってみれば、あなたの話を誠実に聞いているという合図なので、自然体が一番いいと思います。


大松博文

私は勝たなければならない。絶対に勝たなければならない。選手も私もやる気になった。これまで私たちはあらゆる苦闘を味わってきたが、いまはあの過去の猛練習以上のことをやらなければならない。そうしてオリンピックでの優勝があるのだと思った。


高城幸司

とくに嫌われるのは相手の話を奪う人。「あ!その話、知ってる!」と、自分の話題に持っていく「オレがオレがタイプ」。


梶浦玄器

ミドル世代が有利なのは、これまで培ってきた「経験」を大いに活かせること。社員教育というのは社風やビジネス習慣まで教えるということ。単に言葉ができればいい、というものではありません。