名言DB

9412 人 / 110637 名言

ラース・レビアン・ソレンセンの名言

twitter Facebook はてブ

ラース・レビアン・ソレンセンのプロフィール

ラース・レビアン・ソレンセン。デンマーク出身の経営者。製薬会社「ノボノルディスク」社長兼CEO(最高経営責任者)。デンマーク王立獣医農業大学(のちのコペンハーゲン大学ライフサイエンス学部)卒業。ノボノルディスクに入社。ハーバード・ビジネス・レビュー世界CEOランキング1位を獲得した。

ラース・レビアン・ソレンセンの名言 一覧

最大の買収防衛策は良い業績を維持すること。


新薬の開発はコンセプトから始まり、製品になるには20年前後かかります。ですから、経営は長期的な視点で考えなければいけません。


日本法人での会議に出席したのですが、社員から質問が出ました。「糖尿病が根治したら、自分たちの職がなくなるのではないか」と。社員は心配しているわけですね。しかし、患者が何を望んでいるかを聞けば、根治という答えが返ってくるはずです。世界で4億人が悩んでいるとんでもない病気がなくなるのだとすれば、ライバルではなく、我々こそがそれを実現する企業として手を挙げたいと思っています。


ビジネスを長期的な視点でとらえれば、企業の社会的責任は重要な問題です。例えば温暖化ガスの排出、効率の悪いエネルギー、環境に負荷をかける廃棄物……。これらの問題は、将来的に法律で規制される可能性は高い。そうなれば結局はコスト増につながり、財務を圧迫することになります。


デンマークは国土が小さく、資源も少ない。共存共栄の考え方を持たなければ、生き残れません。そうした点は日本も同じで、米国の企業とは大きく異なる部分だと考えています。


大がかりなM&Aでは本当の意味での価値を作ることができない。革新的な技術力がなく弱点がある企業が、他社を買収しようとします。そうしてコストを削減し、財務状況が改善したように見せかける。そういった方法では、問題の本質は何も解決しません。


私はもともとCEOになるべき人間だと思ってはいませんでした。だからこそ、CEOの責務の大きさをよく分かっています。新製品を生み出し続け、しっかりとした事業基盤を作る。その点に尽きると思っています。


我々も、会社の規模が小さかった時は研究開発資金を集めるのに苦労しました。そうした状況から、領域を糖尿病に絞ることを決断しました。製薬会社としては世界15位前後の規模の経営資源をすべて傾注できるようになり、糖尿病で十分な競争力を持つようになったのです。ですから、新しい領域に出ていくことは考えていません。


彼ら(糖尿病患者)の人生は我々の薬にかかっている。そんな責任感があるからこそ、間違った道を選ばないようにしなければなりません。究極的には、糖尿病の根治を目指しています。


我々がほかの製薬会社と異なるのは、デンマークの財団が株式の25%を保有している点です。財団は勝手に株を売却できません。四半期ごとの一時的な業績向上を求める株主からのプレッシャーが少ないため、長期的な価値創造を志向して経営ができる環境があります。


ラース・レビアン・ソレンセンの経歴・略歴

ラース・レビアン・ソレンセン。デンマーク出身の経営者。製薬会社「ノボノルディスク」社長兼CEO(最高経営責任者)。デンマーク王立獣医農業大学(のちのコペンハーゲン大学ライフサイエンス学部)卒業。ノボノルディスクに入社。ハーバード・ビジネス・レビュー世界CEOランキング1位を獲得した。

他の記事も読んでみる

泉谷直木

一番厳しいときに、自分に対して正直になれるかどうか。嘘をつかないということは、事実を見るということです。事実をちゃんと見ないで嘘をついてしまうと、因果関係のない手を打ってしまったりする。だから、嘘をつかずにきちっと事実を見て、その事実に対して謙虚に立ち向かう。


塚本隆史

みずほフィナンシャルグループの人材育成の方針は「自らのキャリアは自らの力で勝ち取る」です。そのために、ルーキージョブリクエスト(入社一年目の研修が終わった段階で次の配属先を自分で決められる制度)、ジョブ公募制度(みずほフィナンシャルグループ内のどの会社にでも、どの仕事にでも転属リクエストができる制度)、支店長募集制度などのプログラムを数多く用意しています。


山田満(経営者)

無駄を省くことも利益につながる。


丸山健太郎(経営者)

生産農家にも利益が行き届くためには、適正な利益を確保しなければなりません。当社の強みを生かしつつ、生産農家と共に幸せになれるようなビジネスを心掛けていきたいと思っています。


前澤友作

他社はネット販売を始めたいと考えているアパレルメーカーに声を掛けていました。つまり、商品を供給してくれる見込みがあるブランドに交渉していました。しかし、スタートトゥデイの場合は、絶対に相手にしてくれないだろうけど、お客様の需要があるブランドや自分たちの好きなブランドに話をしに行きました。それがスタートトゥデイの特長であり、差別化に繋がったのかもしれません。


野路國夫(野路国夫)

変化への対応は重要だけれども、目先の変化にいちいち反応していたら経営がおかしくなる。トータルで明確な経営戦略を打ち出して、成長戦略を着実に実行することが大切。


桜田厚(櫻田厚)

外食産業は新しいミッションを考える時期に差し掛かっている。私がよく行く家族経営の繁盛店では、店主の人柄とそこに集まってきている人の笑顔が印象的だ。人を喜ばせ、居心地の良い時間や空間を提供すること。これが、これからの外食の新しいミッションなのではないか。


ケリー・マクゴニガル

成功の陰には、たくさんの失敗がある。今は成功者と呼ばれ社会で活躍する人たちも、失敗を経験しています。


矢野龍

クレームの原因を探っていくと、営業マンはたいがい「私はちゃんと説明した」と言います。しかし、説明するだけでは駄目です。説明し、理解してもらい、納得してもらい、その納得に基づいて行動を起こすのが我々の仕事です。誠意と努力と勇気の3つがあれば、お客様は心を開き、大概の問題は解決します。


高野登

言葉を簡略化して、端的に伝えるとしても、相手への礼を忘れてはいけません。それがないと、たんなる失礼な手紙になってしまいます。


安藤百福

米国をセールスで回っていたとき、ロサンゼルスのスーパーのバイヤーがチキンラーメンを紙コップに割り入れてスープのように食べていたんです。ああ、こんな食べ方もあるんだと感じたのが、カップヌードル誕生のヒントになったんです。


澤上篤人

長期投資の銘柄選択のポイントのひとつは、その企業が社会的制裁を受けないこと。ひとたび不祥事を起こしたら、消費者による不買運動で売り上げは激減し、倒産もあり得る。よほど倫理観や社会正義への意識が強くないと、どこかで足をすくわれる。長期視野で買い仕込んでいた企業が、突然ズッコケてしまってはお話にならない。


山田進太郎

起業以来、世界的なマーケットを作るという大きなミッションを掲げて、社会の公器となるのを目指してきた。上場でその一歩を踏み出せたと思っている。色々な事業展開への準備を進める中、企業統治など(上場企業にふさわしい)体制が整ったのも上場の背景だ。初値は公開価格を大きく上回った。高い評価を頂いたと思う。身を引き締めて経営に当たりたい。


谷田千里

私が先代からバトンタッチした当時、社内は、事業規模が年々縮小する中で、大変重い空気に包まれていました。売上高は、体脂肪計がヒットしたピーク時の半分ほどしかなく、まるで間もなく沈む船という状態。何とか社員の気持ちを上向きに持っていきたいと、「タニタ食堂」事業に乗り出しました。計測器以外の事業に打って出ることで、社員に「会社はそれだけ厳しいのか」という危機感を持ってもらいたいという思いもありました。


井上雄彦

自分が本当に地面の高さに戻るというか、何も持たない状態にまた戻れる感じがして、今回の仕事ではそれがすごくうれしかった。何も持たない感じがすごく気持ちいい。
【覚え書き|画集『pepita』の仕事について】