名言DB

9425 人 / 110833 名言

ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)の名言

twitter Facebook はてブ

ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)のプロフィール

ラ・ロシュフコー(ラ・ロシュフコー公爵フランソワ6世)。17世紀、フランスの貴族、モラリスト、文学者。いくつかの戦争で戦った後、著作活動に入る。マドレーヌ・ド・サブレの文学サロンに参加し、当時新しい文学の一分野となった警句の作家として活躍。著書に『考察あるいは教訓的格言・箴言』。

ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)の名言 一覧

我々自身が抱いている自信が、他人に対する信用を芽生えさせる。


羨望というのは、他人の幸福が我慢できない怒りなのだ。


欠点の中には、上手に活かせば美点そのものよりもっと光るものがある。


世間なんかなくてもやっていけると考える人間は、よほど自分を騙している人間である。しかし、自分がいなければ世間はやっていけないと空想する人間はそれ以上に間違っている。


自分の腕前を隠す心得があることこそ、大きな腕前である。


才能があっても、胸くその悪くなるような輩(やから)もいれば、いくつも欠点を持っていて、快感を与える人もいる。


怒らない寛大さとは、怠惰と虚栄心の産物だ。


美徳は、虚栄心が同行してくれなければ、それほど遠くまで行けないだろう。


どんなに不運な出来事でも、賢人はそこから自分の利になることを引き出す。しかし、どんな幸運な出来事でも、愚者はそこからわざわいを引き出す。


金に目もくれない人はいくらでもいるが、金の与え方を心得ている人はほとんどいない。


適当に語るには多くの技巧を要する。黙っているにも、それに劣らぬ技巧がいる。雄弁な沈黙というものである。


人間は、自分が考えるほど不幸でもないし、それほど幸福でもない。


ひとつも馬鹿なことをしないで生きている人間は、彼が自分で考えているほど賢明な生き方ではない。


我々はあまりにも他人の目に自分を偽装することに慣れきって、ついには自分自身にも自分を偽装するに至るのである。


千人もの人が愛すべき長所を持ちながら、嫌な感じを与え、千人もがそれ以下の才能しかないのに好感を与える。そのわけは、一方は「ありのままの自分でないもの」に見られようとし、他方は「見えるとおりの人間」だからである。


我々は時として自分の器以上の位や顕職に引き上げられることがあり、また生まれつき定められていたのとは別の新しい職に従事することも多い。こうした境遇には、すべてそれぞれにふさわしい顔があり、その顔は必ずしも我々の本来の顔にふさわしいとは限らない。


人がしばしば嫌な感じを与えようとすれば、それは顔と挙動を自分の境遇に調和させ、声の調子や言葉を自分の考えや気持ちに調和させることが、誰にも上手くできないためである。人はそれらの間の諧調を調子はずれでそぐわない何物かで乱してしまう。自分自身を忘れ、知らぬ間に自分から遠ざかる。ほとんどすべての人が、どこかでこの過ちに陥る。誰一人この種の快い調べを完全に聞き取るだけの良い耳を持たない。


結局我々は、自然からどんな利点もしくは不利な天を与えられているにせよ、自分の身分や境遇にふさわしい、顔、声、挙動、気持ちに即しているほど好感を与え、底から遠ざかるほど嫌な感じを与えるのである。


人それぞれ、境遇と才能にふさわしい顔がある。その顔をやめて他の顔にすれば必ず失敗する。自分にとって自然な顔を心得て、それを置き忘れず、できるだけ良い顔にしようと努めなければならない。


我々の気分が穏やかであるか荒れるかは、生涯の重大事によってよりも、むしろ毎日起きるこまごましたことの運びが、思わしく行くか行かないかによって左右される。


ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)の経歴・略歴

ラ・ロシュフコー(ラ・ロシュフコー公爵フランソワ6世)。17世紀、フランスの貴族、モラリスト、文学者。いくつかの戦争で戦った後、著作活動に入る。マドレーヌ・ド・サブレの文学サロンに参加し、当時新しい文学の一分野となった警句の作家として活躍。著書に『考察あるいは教訓的格言・箴言』。

他の記事も読んでみる

大山健太郎

ホームセンターをいくつか買収しましたが、小売り自体を拡大するつもりはありません。テストマーケティングの位置づけです。当社の商品の販路はホームセンターがメインですが、「こう売りたい」という私の考えと、お店でやっている現実が、なかなか噛み合わないことがあります。実際に自分たちでやってみてうまくいったケースは「こうしたらこれだけ売り上げが上がりましたよ」と、オープンにする。そうすれば、みんな納得してくれますし、信頼関係も深まります。


池森賢二

起業当時、化粧品はイメージが大事で、「注射液のアンプルのような化粧品は売れない」と酷評されました。しかし、ふたを開けると女性の間で「持ち運びが便利」「肌に安心」とクチコミが広がり、創業5年で顧客は8万5000人まで増えたのです。「そんなもの女性が使うわけがない」と、大手化粧品会社は10年間見向きもしませんでした。その間独走することができたのは幸運でした。


森山徹

いま、自分の子供を見ていても、勢いよく走って「なぜそんなところに」という場所に頭をぶつけたりすることがあります。これは、心が発達の途中で、自分が思い描いている世界と、現実の世界のギャップが大きいからではないかと。つまり、自分の行動をコントロールし、世界と折り合いをつけることが、心の発達と考えています。


水野和敏

誰だって感性で判断して生きているんです。感性でモノづくりをすることは、そんな難しいことじゃありませんよ。


中村雅哉

アタリ・ジャパンの買収も、業界の将来像が描けたから決断できたのです。そしてナムコはアミューズメント産業から、さらに付加価値の高いエンターテインメント産業に脱皮できたのです。


ドナルド・トランプ

特に苦労が多い日に私はよく、これは競技なんだ、くじけずに走り抜かなければと考える。するとなぜか不屈の心が湧いてくる。負けたと思って終わりたくないからだ。


藤井孝一

失敗しても気楽なのが週末起業です。会社員を続けながらですから、借金さえしなければ元の生活に戻るだけ。会社を辞めて起業するよりも、リスクは格段に低く抑えられます。


吉良俊彦

話すときは自分の言葉で話すことが大切です。本からの引用や、部下が作成した資料をあたかも自分で書いたように話すのは不快であり、聞いていてもすぐにわかります。たとえ原稿が用意されていても、自分の言葉で書きなおし、ホットな情報を盛り込むようにしたいものです。


三好凛佳

身だしなみは、「相手からどう見えるか」が基準となります。たとえば金融関係なら「信頼感」「堅実さ」、女性の多い職場なら「優しさ」「親しみやすさ」など、仕事の内容や立場によって周囲から求められるイメージがあるはず。服装や髪型がそれに合っていれば、相手に好印象を与え、評価も高くなります。


宮原耕治

定期昇給にしても日本独特のものだ。それが個人の人生設計で果たしてきた役割は否定しない。ただ、このゼロ成長下では、明らかに時代遅れ。海外で働く人の給与体系を考えれば、いつまでも国内だけ日本流を続けていくのは無理がある。もう日本の会社みんなが横並びで考える時代は終わった。