名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)のプロフィール

ラ・ロシュフコー(ラ・ロシュフコー公爵フランソワ6世)。17世紀、フランスの貴族、モラリスト、文学者。いくつかの戦争で戦った後、著作活動に入る。マドレーヌ・ド・サブレの文学サロンに参加し、当時新しい文学の一分野となった警句の作家として活躍。著書に『考察あるいは教訓的格言・箴言』。

ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)の名言 一覧

我々自身が抱いている自信が、他人に対する信用を芽生えさせる。


羨望というのは、他人の幸福が我慢できない怒りなのだ。


欠点の中には、上手に活かせば美点そのものよりもっと光るものがある。


世間なんかなくてもやっていけると考える人間は、よほど自分を騙している人間である。しかし、自分がいなければ世間はやっていけないと空想する人間はそれ以上に間違っている。


自分の腕前を隠す心得があることこそ、大きな腕前である。


才能があっても、胸くその悪くなるような輩(やから)もいれば、いくつも欠点を持っていて、快感を与える人もいる。


怒らない寛大さとは、怠惰と虚栄心の産物だ。


美徳は、虚栄心が同行してくれなければ、それほど遠くまで行けないだろう。


どんなに不運な出来事でも、賢人はそこから自分の利になることを引き出す。しかし、どんな幸運な出来事でも、愚者はそこからわざわいを引き出す。


金に目もくれない人はいくらでもいるが、金の与え方を心得ている人はほとんどいない。


適当に語るには多くの技巧を要する。黙っているにも、それに劣らぬ技巧がいる。雄弁な沈黙というものである。


人間は、自分が考えるほど不幸でもないし、それほど幸福でもない。


ひとつも馬鹿なことをしないで生きている人間は、彼が自分で考えているほど賢明な生き方ではない。


我々はあまりにも他人の目に自分を偽装することに慣れきって、ついには自分自身にも自分を偽装するに至るのである。


千人もの人が愛すべき長所を持ちながら、嫌な感じを与え、千人もがそれ以下の才能しかないのに好感を与える。そのわけは、一方は「ありのままの自分でないもの」に見られようとし、他方は「見えるとおりの人間」だからである。


我々は時として自分の器以上の位や顕職に引き上げられることがあり、また生まれつき定められていたのとは別の新しい職に従事することも多い。こうした境遇には、すべてそれぞれにふさわしい顔があり、その顔は必ずしも我々の本来の顔にふさわしいとは限らない。


人がしばしば嫌な感じを与えようとすれば、それは顔と挙動を自分の境遇に調和させ、声の調子や言葉を自分の考えや気持ちに調和させることが、誰にも上手くできないためである。人はそれらの間の諧調を調子はずれでそぐわない何物かで乱してしまう。自分自身を忘れ、知らぬ間に自分から遠ざかる。ほとんどすべての人が、どこかでこの過ちに陥る。誰一人この種の快い調べを完全に聞き取るだけの良い耳を持たない。


結局我々は、自然からどんな利点もしくは不利な天を与えられているにせよ、自分の身分や境遇にふさわしい、顔、声、挙動、気持ちに即しているほど好感を与え、底から遠ざかるほど嫌な感じを与えるのである。


人それぞれ、境遇と才能にふさわしい顔がある。その顔をやめて他の顔にすれば必ず失敗する。自分にとって自然な顔を心得て、それを置き忘れず、できるだけ良い顔にしようと努めなければならない。


我々の気分が穏やかであるか荒れるかは、生涯の重大事によってよりも、むしろ毎日起きるこまごましたことの運びが、思わしく行くか行かないかによって左右される。


ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)の経歴・略歴

ラ・ロシュフコー(ラ・ロシュフコー公爵フランソワ6世)。17世紀、フランスの貴族、モラリスト、文学者。いくつかの戦争で戦った後、著作活動に入る。マドレーヌ・ド・サブレの文学サロンに参加し、当時新しい文学の一分野となった警句の作家として活躍。著書に『考察あるいは教訓的格言・箴言』。

他の記事も読んでみる

澤口俊之

部下のタイプを見分ける際は、一度叱ってみて反応を見るのがベスト。「もう一度チャンスをください」と食い下がってくる場合は叱られて伸びるタイプ。落ち込んでその後のパフォーマンスが落ちるようなら、叱りすぎは禁物です。


原田泳幸

私がマクドナルド社長を務めていた2007年、フランチャイズの店舗で、賞味期限切れサラダを販売していたことが明らかになりました。これは厳密に言えば社内の自主基準違反であって、食品衛生法に抵触していたわけではありません。それでも私は発覚直後から一週間連日会見を開いて、その時点でわかった情報はすべて開示し、記者の質問にも一つひとつ答えました。トップがそういう姿勢を見せなければ、社内の意識も変わりません。


武宮正樹

碁もビジネスの世界もまだまだ分からないことだらけである。未来には無限の可能性があるので、世の中の人が喜ぶような商品がまだまだ出てくるはず。人類の知恵はこんなものではない。企業家は、人が喜ぶような新しいサービスを発見して欲しい。


石坂典子

ダイオキシン騒動時のバッシングは、私たちが今後どのように変わっていかなければならないかという業界の変え方と言いましょうか、そういうことを考えるきっかけになりました。それと、社会にどのように見せていくかという2つの軸です。これをやらないといけないというのを痛感しました。


大塚寿

考えすぎず、10分でもいいので、とにかく手をつけること。始めさえすれば、いつかは必ず終わる。


野路國夫(野路国夫)

コマツでは、何かあれば必ず先輩や上司から「実際にモノを見たのか」「現場の状況はどうなっている」と言われます。その長年の積み重ねが、ものごとを改善し続ける雰囲気を作ってきたのでしょう。だからコマツの社員は、どんな分野でも活躍できる。


尾山基

ブランド戦略で、僕がアッと思ったのはニューバランスです。過去に米国でニューバランスのバスケットシューズを出したんです。けれども、米国人は誰もニューバランスがバスケットシューズのブランドだと思っていなかった。ランニングシューズでしょうと。バスケットはナイキ、アディダスでしょうということで、結局売れなかったんです。これは怖い。アシックスも同じように、ランニングのスペシャリストと刷り込まれてしまうとまずい。


内藤忍

成功している人というのはチャンスに恵まれる流れができている。収入の2極化の前に、チャンスの2極化が進んでいる。チャンス自体は誰でも同じように転がっている。ただそれに意識を向けず通り過ぎたり、引き寄せようとしない。逆に気がつけばチャンスに強い体質になれる。


星野佳路

きちんと変えるべきところは変えて、守るべきところを守って、日本旅館をもっと進化させていこう。これが私たちのストーリー。


諸富祥彦

せっかくいろいろなことに興味を持っているのだから、なんでもやってみればいいんです。興味の湧いたものを試しているうちに、夢中になれるものが見つかる可能性は高いと思います。


坂戸健司

成果に直結する書類に絞ってデータ化するのが、私のお勧め。具体的には、継続的、安定的な取り引きがあるクライアントやプロジェクトの資料だけをスキャンする。これらは量も多ければ、出先などで参照する機会も多く、売り上げも見込めるので、スキャンの手間を払う価値が高いからです。


鈴木敏文

何かにしがみつこうとすると、問題が起きても、「なあなあ」で妥協してしまう。それでは、悩みは乗り越えられない。