名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)のプロフィール

ラ・ロシュフコー(ラ・ロシュフコー公爵フランソワ6世)。17世紀、フランスの貴族、モラリスト、文学者。いくつかの戦争で戦った後、著作活動に入る。マドレーヌ・ド・サブレの文学サロンに参加し、当時新しい文学の一分野となった警句の作家として活躍。著書に『考察あるいは教訓的格言・箴言』。

ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)の名言 一覧

我々自身が抱いている自信が、他人に対する信用を芽生えさせる。


羨望というのは、他人の幸福が我慢できない怒りなのだ。


欠点の中には、上手に活かせば美点そのものよりもっと光るものがある。


世間なんかなくてもやっていけると考える人間は、よほど自分を騙している人間である。しかし、自分がいなければ世間はやっていけないと空想する人間はそれ以上に間違っている。


自分の腕前を隠す心得があることこそ、大きな腕前である。


才能があっても、胸くその悪くなるような輩(やから)もいれば、いくつも欠点を持っていて、快感を与える人もいる。


怒らない寛大さとは、怠惰と虚栄心の産物だ。


美徳は、虚栄心が同行してくれなければ、それほど遠くまで行けないだろう。


どんなに不運な出来事でも、賢人はそこから自分の利になることを引き出す。しかし、どんな幸運な出来事でも、愚者はそこからわざわいを引き出す。


金に目もくれない人はいくらでもいるが、金の与え方を心得ている人はほとんどいない。


適当に語るには多くの技巧を要する。黙っているにも、それに劣らぬ技巧がいる。雄弁な沈黙というものである。


人間は、自分が考えるほど不幸でもないし、それほど幸福でもない。


ひとつも馬鹿なことをしないで生きている人間は、彼が自分で考えているほど賢明な生き方ではない。


我々はあまりにも他人の目に自分を偽装することに慣れきって、ついには自分自身にも自分を偽装するに至るのである。


千人もの人が愛すべき長所を持ちながら、嫌な感じを与え、千人もがそれ以下の才能しかないのに好感を与える。そのわけは、一方は「ありのままの自分でないもの」に見られようとし、他方は「見えるとおりの人間」だからである。


我々は時として自分の器以上の位や顕職に引き上げられることがあり、また生まれつき定められていたのとは別の新しい職に従事することも多い。こうした境遇には、すべてそれぞれにふさわしい顔があり、その顔は必ずしも我々の本来の顔にふさわしいとは限らない。


人がしばしば嫌な感じを与えようとすれば、それは顔と挙動を自分の境遇に調和させ、声の調子や言葉を自分の考えや気持ちに調和させることが、誰にも上手くできないためである。人はそれらの間の諧調を調子はずれでそぐわない何物かで乱してしまう。自分自身を忘れ、知らぬ間に自分から遠ざかる。ほとんどすべての人が、どこかでこの過ちに陥る。誰一人この種の快い調べを完全に聞き取るだけの良い耳を持たない。


結局我々は、自然からどんな利点もしくは不利な天を与えられているにせよ、自分の身分や境遇にふさわしい、顔、声、挙動、気持ちに即しているほど好感を与え、底から遠ざかるほど嫌な感じを与えるのである。


人それぞれ、境遇と才能にふさわしい顔がある。その顔をやめて他の顔にすれば必ず失敗する。自分にとって自然な顔を心得て、それを置き忘れず、できるだけ良い顔にしようと努めなければならない。


我々の気分が穏やかであるか荒れるかは、生涯の重大事によってよりも、むしろ毎日起きるこまごましたことの運びが、思わしく行くか行かないかによって左右される。


ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)の経歴・略歴

ラ・ロシュフコー(ラ・ロシュフコー公爵フランソワ6世)。17世紀、フランスの貴族、モラリスト、文学者。いくつかの戦争で戦った後、著作活動に入る。マドレーヌ・ド・サブレの文学サロンに参加し、当時新しい文学の一分野となった警句の作家として活躍。著書に『考察あるいは教訓的格言・箴言』。

他の記事も読んでみる

廣田尚子

夢の到達点までのベクトルや方向がイメージできていない人ほど、目先で全然違うモノや違う方向を見て思い悩んでいるように思います。それが、一番の時間の無駄だと思います。それぞれの人生の俯瞰図と近隣が見渡せるロードマップが手に入れば、迷うこともなくなり、理想でしょう。


リンダ・グラットン

仕事を通じてお金を稼ぐことの重要性を無視しているわけではない。生活の基礎的なニーズを満たすうえでは、お金が欠かせない。しかし先進国の多くの人は、所得がこれ以上増えても満足感や幸福感が高まらない。次第に、充実した経験を味わうことが満足感や幸福感の主たる牽引役になる。


猪瀬直樹

もしキミが非難されたり悪口を言われたら、最初にやるべきことは、周りの空気に流される5割の人を味方につけること。この人たちは、明確な根拠がなくフィーリングでアンチに回っているだけなので、きちんと説明すれば、たいていは理解してもらえます。逆に、クレーマーやガンコ者など、自分がどう話してもコントロールできない相手にエネルギーを費やすのはムダ。この切り分けが、いつまでも怒りの感情を引きずらないコツなのです。


伊丹敬之

もともと人事に「正しい評価」なんてありませんよ。神様じゃないんだから、全員の仕事を正しく評価するなんて不可能です。大切なのは、「正しい評価」ではなくて「納得性」。人事部が汗をかくんです。


ムハマド・ユヌス

(1974年バングラディシュ大飢饉のとき)私は大学の教室を出て近隣の村を歩き回りました。貧しい人たちに話を聞いてみました。彼女たちの多くは生活のためにわずかなお金を借りたせいで、奴隷のような生活を強いられていました。ポケットマネーで何人かの借金を肩代わりしました。グラミン銀行の原点は、「目の前の一人を1日だけでも救いたい」という気持ちでした。私が個人で始めた活動はささやかなものでした。それでも、やがて国中に広がり何百万もの人を幸せにできたと思います。


山本忠人

組織のリーダーとして実績を上げるためには、まずそれを取り巻く環境を知らなくてはなりません。顧客がいま求めていることは何か、ライバルはどのような戦略を持っているか、社内の組織とはどう連携すべきか。こうしたことを理解してこそ、達成すべき目標を描くことができるのです。もし、組織のマネジャーが現場社員と同じような仕事を行っていては、周りの環境は見えなくなります。


吉永泰之

我々は自動車メーカーとしては小ぶりですから、選択と集中が欠かせません。どこで戦うか明確に絞り込む必要がありました。


古市憲寿

自由と安定はなかなか両立しません。日本はどちらかというと、安定を重視し選択してきた社会です。安定のためには個人の自由は抑制すべきだとする社会では同調圧力はどうしても強くなります。自由を重視する流動性が高い社会なら、居づらかったら会社を辞めるなど自由に動けるので、同調圧力が発生しようがありません。


具志堅用高

初めて世界チャンピオンになったときは「成し遂げたな……」という感じで終わっちゃったんだけど、世界チャンピオンになってひとつずつ勝ち続けていく夢というか、目標というか、それはもう最高ですよ。刺激と恐怖感がなんともいえない。こんなスポーツは他にないなと思ったし、ボクシング生活が楽しくてしょうがなかった。


大村浩次

父は仕事をしてそこで死ぬのが当たり前だと言っていました。たまに「倒れるまで働いたか」と聞かれて、「倒れていない」と答えるとひっぱたかれました。昔の仕事は身の危険になることが多かったので、それを考えると今のビジネスは優しいものです。


小山勝弘(経営者)

新卒でトーメンに入社したとき、最初は経理部に配属された。人事にも文句を言った。営業をやりたくて、プラント関係の仕事をやりたくて商社に入った。そもそも、経理の知識を持っていない、と。すると人事の責任者から、「ビジネスを動かすには、まずは金勘定が大事だからやってみろ。必ず、ああ良かったと思う時が来るから」と説得された。


藤森義明

日本人だけで仕事をしていても、自分と全然考えが違っている生意気な若手を認めず、権限を与えない人は多いです。自分の好きな人しか集めなかったり、考えの違う人を「あいつは駄目」とバッサリ切り捨てたりするのです。そういう人たちは、異質な人たちを集めることでしか生まれない強大なパワーを信じていない。それでは、海外はもちろんのこと、日本にいても大した結果は残せないのではないかと思います。