名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)のプロフィール

ラ・ロシュフコー(ラ・ロシュフコー公爵フランソワ6世)。17世紀、フランスの貴族、モラリスト、文学者。いくつかの戦争で戦った後、著作活動に入る。マドレーヌ・ド・サブレの文学サロンに参加し、当時新しい文学の一分野となった警句の作家として活躍。著書に『考察あるいは教訓的格言・箴言』。

ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)の名言 一覧

我々自身が抱いている自信が、他人に対する信用を芽生えさせる。


羨望というのは、他人の幸福が我慢できない怒りなのだ。


欠点の中には、上手に活かせば美点そのものよりもっと光るものがある。


世間なんかなくてもやっていけると考える人間は、よほど自分を騙している人間である。しかし、自分がいなければ世間はやっていけないと空想する人間はそれ以上に間違っている。


自分の腕前を隠す心得があることこそ、大きな腕前である。


才能があっても、胸くその悪くなるような輩(やから)もいれば、いくつも欠点を持っていて、快感を与える人もいる。


怒らない寛大さとは、怠惰と虚栄心の産物だ。


美徳は、虚栄心が同行してくれなければ、それほど遠くまで行けないだろう。


どんなに不運な出来事でも、賢人はそこから自分の利になることを引き出す。しかし、どんな幸運な出来事でも、愚者はそこからわざわいを引き出す。


金に目もくれない人はいくらでもいるが、金の与え方を心得ている人はほとんどいない。


適当に語るには多くの技巧を要する。黙っているにも、それに劣らぬ技巧がいる。雄弁な沈黙というものである。


人間は、自分が考えるほど不幸でもないし、それほど幸福でもない。


ひとつも馬鹿なことをしないで生きている人間は、彼が自分で考えているほど賢明な生き方ではない。


我々はあまりにも他人の目に自分を偽装することに慣れきって、ついには自分自身にも自分を偽装するに至るのである。


千人もの人が愛すべき長所を持ちながら、嫌な感じを与え、千人もがそれ以下の才能しかないのに好感を与える。そのわけは、一方は「ありのままの自分でないもの」に見られようとし、他方は「見えるとおりの人間」だからである。


我々は時として自分の器以上の位や顕職に引き上げられることがあり、また生まれつき定められていたのとは別の新しい職に従事することも多い。こうした境遇には、すべてそれぞれにふさわしい顔があり、その顔は必ずしも我々の本来の顔にふさわしいとは限らない。


人がしばしば嫌な感じを与えようとすれば、それは顔と挙動を自分の境遇に調和させ、声の調子や言葉を自分の考えや気持ちに調和させることが、誰にも上手くできないためである。人はそれらの間の諧調を調子はずれでそぐわない何物かで乱してしまう。自分自身を忘れ、知らぬ間に自分から遠ざかる。ほとんどすべての人が、どこかでこの過ちに陥る。誰一人この種の快い調べを完全に聞き取るだけの良い耳を持たない。


結局我々は、自然からどんな利点もしくは不利な天を与えられているにせよ、自分の身分や境遇にふさわしい、顔、声、挙動、気持ちに即しているほど好感を与え、底から遠ざかるほど嫌な感じを与えるのである。


人それぞれ、境遇と才能にふさわしい顔がある。その顔をやめて他の顔にすれば必ず失敗する。自分にとって自然な顔を心得て、それを置き忘れず、できるだけ良い顔にしようと努めなければならない。


我々の気分が穏やかであるか荒れるかは、生涯の重大事によってよりも、むしろ毎日起きるこまごましたことの運びが、思わしく行くか行かないかによって左右される。


ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)の経歴・略歴

ラ・ロシュフコー(ラ・ロシュフコー公爵フランソワ6世)。17世紀、フランスの貴族、モラリスト、文学者。いくつかの戦争で戦った後、著作活動に入る。マドレーヌ・ド・サブレの文学サロンに参加し、当時新しい文学の一分野となった警句の作家として活躍。著書に『考察あるいは教訓的格言・箴言』。

他の記事も読んでみる

ピーター・ドラッカー

私は、成果をあげる人間のタイプなどというものは存在しないことをかなり前に気づいた。私が知っている成果をあげる人たちは、その気性や能力、仕事や仕事の方法、性格や知識や関心において千差万別だった。共通点は、なすべきことを成し遂げる能力を持っていたことだけだった。


赤塚保正

BSEを乗り切れたのは、「ピンチをチャンスに」を合言葉にこの危機をいかに好機と捉えるかを考えたからです。そして牛肉依存から脱却すべく、お総菜事業にシフトしました。


佐瀬守男

僕らの商売は元々お祭りビジネス。必要に応じたところに必要に応じたものを持って行く。これからはそういう商売になるのではないかと思います。


嶋浩一郎

ひと言で表わせるかどうかは、企画の良し悪しとも関わっています。ダメな企画は、問題点が多くあるので、その企画がいい理由を無理にくっつけなければならない。そのため、ひと言で表わすことができないわけです。


川畑のぶこ

人とのつき合い方も、モノの片づけと同じように見直しが必要ですね。「必要のない人間関係に縛られていないか」といった問いも出てくることでしょう。これは非常に難しいテーマです。多くの人が、人間関係のしがらみを捨てられずにストレスを溜めていることでしょう。そこで重要なのは、「その関係を続けた結果、達成できる何かがあるか?」を問うことです。我慢の末に達成感やメリットを得られるなら、捨てる必要はありません。


森郁夫

営業を実際に体験すると、あまりの変数の多さに驚きました。極端な話、天気予報が外れるだけで売れ行きが大きく変わる。ライバル企業のクルマがヒットすれば、途端にこちらの販売が落ちる。販売の最前線は生き物。読み切れないのです。たどりついた答えは「市場変化についていける柔軟な工場が必要だ」。やってみなければわからない。大きな収穫でした。


ピョートル・フェリクス・グジバチ

一瞬一瞬で建設的な結果を出そうとすることが、僕にとってのリーダーシップの根本。いくら大きなビジョンがあっても、一瞬一瞬で建設的な結果が出せない人は、残念ながら実現できない。


富岡一幸

認知行動療法は、環境により視野の狭まった認知を変え、そのことにより新たな行動を生み出していく方法。新しい行動の結果、さらに認知を変えていくこともできます。


和嶋慎治

ふり返ってみるとずっと同じ道を歩いている。人生って複雑そうでシンプルなのかもしれない。


佐藤優

人間、仕事ができるようになってくると、それまで見えなかった世界が見えてくる。人から感謝されたり、頼られたりすること、それがモチベーションになることもある。


高杉良

小説は取材なくしては書けない。取材は丈夫な足腰があってこそ。自分で会いに行けなくなったら引退かなと思いながら足腰を鍛えています。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

「そういう選択肢があったのに選ばなかった、もしくは違う選択をしたのは、ほかでもない自分である」ということに気付かせる必要があります。それによって、すべての責任がいつも自分以外にあるという発想を矯正し、仕事に対する当事者意識、ひいては責任感を育みます。