名言DB

9412 人 / 110637 名言

ラ・フォンテーヌの名言

twitter Facebook はてブ

ラ・フォンテーヌのプロフィール

ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ。17世紀、フランスの詩人。イソップ寓話をもとにした寓話詩で知られている。「すべての道はローマへ通ず」などの格言を残した。主な著書に『寓話』など。

ラ・フォンテーヌの名言 一覧

時の翼に乗って、悲しみは飛び去る。


人は、運命を避けようとしてとった道で、しばしば運命に出会う。


ラ・フォンテーヌの経歴・略歴

ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ。17世紀、フランスの詩人。イソップ寓話をもとにした寓話詩で知られている。「すべての道はローマへ通ず」などの格言を残した。主な著書に『寓話』など。

他の記事も読んでみる

保坂隆(精神科医)

自分の周囲にいる人たちのうち、自分が何をしようと常に支持してくれる味方といえる人はだいたい3分の1程度しかいません。そして何をやっても批判してくる、いわば敵が3分の1。残り3分の1は状況に応じて敵にも味方にもなる、どちらでもない人たちです。大事にするのは3分の1の味方の関係だけで、どちらでもない人や敵のためにエネルギーを割いてつきあう必要はない、と考えましょう。


金児昭

信越化学工業でやってきたのは、様々な事業案件の責任者に経理財務の視点を持ってもらうように促し続けることでした。たとえば、私は経理部長から経理財務担当常務のころまでに約30件のM&Aに関わりましたが、交渉の際、事業部長に「アフターM&A(買収の後)を考えましょう」と言い続けました。海外企業などの買収案件が持ち上がると、買収価格の算定や事業内容の点検などを行いますが、その最中に「買収後も、買収先企業の大口の取引先は継続するのか」「原材料の購買先を複数にするなど、何かあったときに対応できる仕組みになっているか」といったことを言い続けるのです。


高橋秀明

肩書や年功序列、社内のしきたりや部門間の壁……。これらが無言の圧力となり、社員の個性や創造力を抑圧してるのではないか。もちろん、日本的経営の良いところは残すべきですが、経営者は余程気をつけなくてはいけない。


猪瀬直樹

なくしてはいけないムダの中でとくに意識してほしいのは、「新しいことへのチャレンジ」です。従来と違うことを試すと、結果が出なかったり、手間や時間が余計にかかったりします。でも、それは意味のあるムダですから、排除してはいけません。新しいことへの挑戦をやめるとマンネリや停滞を招き、モチベーションを低下させます。


高須武男

7・8年前の失敗をしっかり原因分析し、十分に下準備をしてからやってくれ。もう一度失敗したらそれこそ笑いものになるぞ。
【覚書き|「たまごっち」を再びやりたいという社員の提案にOKを出した後に言った言葉。たまごっち発売当初の熱狂的なブームは結局息が短く、結果的に60億円の赤字に終わった。この発言後に出した「たまごっちプラス」は長期間売れ、最終的にブーム時よりも売れて大きな利益をもたらした】


吉楽裕

イレブンカットではプラス1をビジネススキルとか、社会的技術という表現をするのですが、(美容師の)技術だけではなくマネジメントもできたり、人材教育ができたり、自分なりのプラス1があれば、それだけで他の美容師より魅力的になると思います。そうすれば、技術だけの競争とは別のところで生き残れて、何歳になっても美容師を続けられます。


海老一宏

理想は、会社の言いなりではなく、自ら仕事を創り出して事業発展に貢献することです。ここまで突き抜ければ、その分野では社内のオンリーワンであり、プロフェッショナルです。


樋渡啓祐

最初の企画にこだわるのではなく、動きながら最適を目指す態度が大事です。その場その場の最適解の積み重ねが、全体としていいものにつながります。今でも修正を続けていますよ。


中山幸市

「太平住宅」「太平火災」の組織を見ればおわかりのように、私はあくまで、利潤を追求する企業経営者とはなりたくない。私の理想とするところは、資本家も労働者もない企業形態を具現したいと思っている。その底に流れるものは、大衆に喜ばれる、大衆への奉仕である。こうした考え方は、私が貧しくして育った青少年時代の影響であろう。


新井健一

責任転嫁をする部下に、「責任転嫁をするな」と説いても効果はない。その人が「失敗を認めると、よくないことが起こる」と考えていれば、行動は変わらないからだ。「失敗しても大丈夫」と思える職場環境づくりと、上司・同僚との信頼関係の構築が必要だ。こちらの思いを一方的に伝えるのではなく、聞き役に徹し、相手が抱える不安や不信感をじっくり聞く。失敗しても責めず、チャレンジしたことを評価する。仕事を与える際には、「私もここまでやってみるから、半分やってみよう」と伴走する。こうして関係の質を変えて、失敗しても安全な環境であることを丁寧に伝えるのだ。


内藤誼人

初めて会う相手には慎重になり、「即答しかねますが……」「社に持ち帰り、検討させていただきます」などと逃げがちですが、曖昧な言葉は相手の心には頼りない男と映ります。大物は逃げ道を作りません。「ぜひやらせてください」「やりましょう」と言い切る。たとえハッタリでも、言葉に自信を感じさせることが大事なのです。


高須克弥

3人の息子には、ずっと前に高須グループの株などを譲った。遺産は何も遺さないと決めてある。東日本大震災が起きた年の8月、「高須克弥記念財団」を設立し、自分の稼いだお金は全部ここで使うことにした。あと数十億円、使い切って死ぬ。


日野江都子

せっかく能力があっても、人に信頼されなければ成功はありません。華美である必要は一切ありません。こぎれいに、丁寧に相手に誠実に生きていることを示す姿勢が重要。


遠藤功

大企業も最初から大企業だったわけではありません。中堅企業として成長し、もしくはリスクを取って挑戦して大企業になった。この中堅企業を育てていくという発想が日本の経済をドライブする上で、とても大切だと思います。


弘兼憲史

異業種、他業種への挑戦が欠かせない時代になった。より柔軟な考え方ややり方が、今まで以上に求められているのではないか。