名言DB

9412 人 / 110637 名言

ラルフ・ローレンの名言

twitter Facebook はてブ

ラルフ・ローレンのプロフィール

ラルフ・ローレン、米国の実業家、ファッションデザイナー。独学で服飾を学びファッションブランドのラルフローレン創業。落ち着いたスタイリッシュなデザインで多くのファンを魅了する。ポロなどをはじめとする多数のブランドを展開。小物・香水などの分野にも事業展開する。デザイン画が下手という意外な側面も有名

ラルフ・ローレンの名言 一覧

ラグジュアリー(高級品・嗜好品)分野におけるラルフローレンの世界観を、最も重要な市場のひとつである日本でアピールしたい。(ラルフローレン表参道オープン時コメント)


40年間ずっとやってきたのは、スタイルを表現することだった。ファッションはタイムレスであるべきだ。


ラルフ・ローレンの経歴・略歴

ラルフ・ローレン、米国の実業家、ファッションデザイナー。独学で服飾を学びファッションブランドのラルフローレン創業。落ち着いたスタイリッシュなデザインで多くのファンを魅了する。ポロなどをはじめとする多数のブランドを展開。小物・香水などの分野にも事業展開する。デザイン画が下手という意外な側面も有名

他の記事も読んでみる

清水勝彦

私はリーダーシップが完全に教えられないとは思っていません。ただ、教えることができる人は限られているというのはあるでしょう。リーダーシップはリーダーにしか教えられないような気がします。リーダーとは何か、そのつらさが何かをわかっていない人は教えられないと思うのです。


内田士郎

グローバル化の中で、日本企業のトップや社員はどうあるべきなのでしょうか。私はこの一つの解が「コミュニケーション力」、言い換えれば「異文化を理解する力」、あるいは「人間力」とも言えるかと思います。


桑野祐一郎

経営者は財務やITのスペシャリストではありませんが、これらを正しく認識して総合的かつ適切な経営判断を下さなくてはならない。


松尾康史

口下手な私は成果も上がらず、営業マンになって最初の一年間は受注ゼロ。最初は「このつらい気持ちをなんとか癒したい」という思いでセミナーに参加したのですが、実際には心がラクになるだけでなく、営業成績が上がるようになり、仕事が楽しくなるという好循環が生まれたのです。セミナーで教えられたことは、「まず、相手のことを好きになる」ことの重要性。以前の私は、「自分のことをわかってほしい」「認めてほしい」と、自分のことばかり考えていました。でも、「相手のことを好きになる」ことで、自然と相手の役に立ちたいという気持ちが芽生えてきた。すると、今までは「相手の機嫌はどうかな」とビクビクしながら訪問していたのが、相手に会うことが楽しみになってきたのです。


角田秋生

日夜戦い、戦いです。公文式を始めて54年になりますが、相当の時間とエネルギーを価値観の共有に費やしてきました。特に力を注いだことのひとつが教材作りです。適切な課題を提供できるよう、算数・数学なら数字を書くところから微分、積分まで、一直線につなげています。だから子供がつまずかずにやっていける。そしてこの教材の中にこそ、公文式の理念や哲学が盛り込まれているのです。ですから、新しい市場に展開すると、まずインストラクターは「数かぞえや数唱」から始まる一連の教材を解き、教材から公文の理念、価値観を感じてもらうようにしています。


倉田きたみ

その問題を解決しても、またしばらくすると同じようなことが起きるということがあります。そのような場合は、問題を点としてとらえるのではなく全体の一部としてとらえ、その根底に潜む真の原因を探る必要があります。


川淵三郎

新しいことを始めるとき、抵抗があるのは当然。その壁を乗り越えるために必要なものは3つ。1つ目は、夢と理念。これがなければ向かう先が決まらない。2つ目は、実現のための方法。3つ目は、負けてたまるかという心意気。


秋元久雄

信用される営業マンの共通点に「お客さまの話をよく聞く」ということがある。自分の話を聞いてもらうことでお客さまは満足し、「この営業マンは自分のよき理解者だ」と思い始め、こちらの提案にも耳を貸してくれるようになる。だから足繁く通うのだ。


西村英俊

ご承知のように弁護士も種々の専門分野に分かれています。弁護士は専門性の合ったところで、適切なときに起用することが大切です。それには自社がある件に関してどんな問題を抱えているかという点を的確に知って選任するしかありません。


星野佳路

毎日の習慣としては、健康のため欠かさず散歩をしています。1万5千歩が1日の目標です。昼間の移動はできるだけ車や電車を使わないようにして、昼のうちに7千歩を歩くようにしています。そして、残りの8千歩は夕食後の散歩で達成します。30分で約3千歩なので、8千歩なら大体1時間から1時間半くらいでしょうか。結構な時間だと思うかもしれませんが、会食すれば3時間はかかります。無駄な会食をやめれば、散歩の時間はいくらでも生まれるというわけです。


大串卓矢

実現しないと言われたが、確信があったので平気だった。


上田準二

「自分が悩む姿を仲間が見守ってくれている」と知っただけで、人は立ち直れるものです。だから、先輩諸君や上司たちは、支えていることが新人に伝わるようにしなくてはなりません。


金井壽宏

日本でもその激務を考えると、若くて有能な人がCEOになるべきではないでしょうか。それに若ければ、長期の視点から経営もできます。


伊藤高明

マラリア予防用の蚊帳を開発しはじめたのは、1980年代の後半でした。ポリエチレンの樹脂にピレスロイドという殺虫剤を練りこみ、そのポリエチレンで糸を作って蚊帳に編んでいくから、5年間は洗濯を重ねても殺虫効果が残る。これは2004年にアメリカの「タイム」誌では世界一クールな技術と褒めてもらいましたが、はじめは「どうやったら売れる新商品ができるのか」を端緒に生まれたものなんです。


志賀直哉

誰にでも天賦はなにかしらある。これをやるために生まれてきたみたいな何かが。なかなか見つからないけど、それを見つけたら、焦ることはない。