名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ラリー・ペイジの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ラリー・ペイジのプロフィール

ローレンス・エドワード・ラリー・ペイジ。アメリカの起業家、技術者。Googleの創業者の一人。ミシガン州出身。父はミシガン州立大学計算機械科学人工知能教授、母はミシガン州立大学プログラミング講師という家庭に生まれ、6歳のころからコンピュータを触りはじめる。ミシガン州立大学(計算工学専攻)を卒業し、スタンフォード大学計算機科学博士課程に進学。ウェブリンクの構造、検索エンジンなどの研究に携わる。同じくスタンフォード大学計算機科学博士課程に在籍していたセルゲイ・ブリンと出会い、Googleを設立。同社の技術的中核を担った。

ラリー・ペイジの名言 一覧

エンジニアこそ巨大な変化をもたらすことができる。


イノベーションは小さなグループから起こる。


現代のテクノロジーという水平線を見渡せば、次にできることが見えてくる。テクノロジーについて知れば知るほど、さらなる可能性が広がる。


いつも驚くのだが、テクノロジーについて知れば知るほど、まだまだ知らないことがあると気づく。


教育は歯磨きのようになるべきだ。


グーグルはまだ10歳だが、革新的であり続ける努力が必要だ。私は今こそ変革を行う。


途方もない夢でも実現へと前進させることは、意外とたやすい。「そんな馬鹿なことはできない」と誰もが思うことならば、競争相手はほとんどいないからだ。


勤労は奴隷制度だ。AIによって、我々人間はいつかの苦役から自由になる。


多くの企業にとって、明確な競合が存在するかのように意識させ、それで団結するのは有効です。しかし、個人的には競合を意識するのではなく、より高みを目指していく方がいいと考えています。


ユーザーのために最高のものをつくりだすことが我々の重要課題です。世界中で直面してきた様々な問題を通して、我々はそれを長期にわたり実証してきたと思います。


我々の本質は以前と同じです。目指しているのは、技術の進歩を活用して、人々を助け、暮らしを良くし、よりよい社会に結びつけること。いま取り組んでいる多くのプロジェクトも、技術を使った人助けに関係するものばかりです。成し遂げるべきことはたくさんあります。


業界全体が訴訟に傾いているのは悲しむべき事態です。優れた製品開発にではなく、弁護士などに巨額の費用が使われてしまっている。こうした訴訟に手を出すのは、ライフサイクルの終わりに近い落ち目企業や、ありのままの姿で競争する能力に自信がない企業です。


我々は、世に存在するデータにもっとアクセスできるようにしたいと考えています。しかし、実現できないのでフラストレーションを感じています。


「我々幹部は毎日、数時間を共に過ごし、他の時間はそれぞれ自分のチームと仕事をする」という形にすれば、もっと仕事がスムーズに進むと考えました。
【覚書き|Lチームと名付けたGoogleのトップ幹部たちを、毎日数時間共通のオフィスで仕事させている理由について語った言葉】


まだまだ改善の余地は大きい。我々はこの分野ではまだ途についたばかりです。
【覚書き|モバイルOSのアンドロイドについて語った言葉】


ラリー・ペイジの経歴・略歴

ローレンス・エドワード・ラリー・ペイジ。アメリカの起業家、技術者。Googleの創業者の一人。ミシガン州出身。父はミシガン州立大学計算機械科学人工知能教授、母はミシガン州立大学プログラミング講師という家庭に生まれ、6歳のころからコンピュータを触りはじめる。ミシガン州立大学(計算工学専攻)を卒業し、スタンフォード大学計算機科学博士課程に進学。ウェブリンクの構造、検索エンジンなどの研究に携わる。同じくスタンフォード大学計算機科学博士課程に在籍していたセルゲイ・ブリンと出会い、Googleを設立。同社の技術的中核を担った。

他の記事も読んでみる

吉山勇樹

上司が何を重視しているかは、部下の失敗に対する指摘の仕方や叱り方から読み取ることができます。逆にいえば、失敗や弱みを隠そうとする部下は、上司の本音を読み取れない可能性が高い。その意味でも、失敗はどんどんしていいのです。自分のダメなところも上司にみせつつ、それに対する指摘から自分に期待することを読み取り、最終的にはその期待に応えればいい。


鈴木修

「死に金は一銭たりとも使わない」というのが私のポリシーです。たとえば、工場内ではなんでもかんでもコンベヤー化しようとしたり、自動化しようとしたりする傾向があります。その多くは、大いなる無駄です。わざわざコンベヤーを設置しなくても、ちょっとラインを傾けて自然と重力で動くようにすればいい。電気やガスといったエネルギーにはお金がかかりますが、重力はタダなのです。


定保英弥

数字を追いかけるのも大事だが、感謝の気持ちを忘れずにしっかりサービスをするということが最終的な結果につながる。


稲村純三

小さな組織の中でいつも感じていたのが、誰かに助けてもらったら自分も誰かを助けることの大切さでした。すると、別の時にまた助けてもらえるものです。


ロバート・キヨサキ

私はインフレを心配していない。インフレを想定して投資をしているからだ。インフレヘッジできる資産、つまり、インフレのときにそのリスクを回避できる資産に投資するのが最善の策だと、私は信じている。実際、そのように投資しているので、むしろインフレを楽しみにしている。ますます金持ちになるために、インフレをどのように活用すればいいかがわかっているからだ。


徳重徹

経営企画など面白い仕事もさせてもらいましたが、働くうちに「何かが違う」と思い始めました。そこで、親には告げずに会社を辞めることにしました。自分の気持ちに純粋に、自分の足で生きていこう、自分に力を付ける生き方をしていこうと決めたのです。


山本真司

よく寝ないとダメですね。徹夜しなければいけないような状況だと、思考の効率は極めて悪くなります。


鳥居勝幸

値上げ交渉は断られてからが本当の始まりです。はねつけられることも想定して、どの段階でどのステップを踏むか、交渉プロセスを事前にプランニングしておくことが重要です。何と言われても諦めず「一緒に解決法を見つけたいので、ぜひ協力してほしい」という態度で交渉を続けてください。


阿部俊則

戸建は今でもビジネスの中核ではあります。しかし、それだけではサステナブルに成長できない。ここ数年で、住宅市場を取り巻く環境は激変しています。急激に進む少子高齢化、訪日外国人の増加、良質なホテルの不足など、住関連ビジネスに新しいニーズが発生してきた。だから今回の中計では「住に特化した成長戦略の展開から事業創出へ」をテーマとして掲げているのです。


安藤忠雄

目標がなくなったら、人間も国も弱くなる。


鈴木喬(経営者)

ブームで怖いのはしっぺ返しなんです。商品が調子よく売れているときというのは、たいていそこがピークです。急激な需要の増加に合わせて供給を上げていけば、いつかは供給が需要を上回る。そうなれば、待っているのは在庫と返品の山。


藤井聡

様々な人間がうごめく社会の中で、見破り能力を発達させられなかった人は誰かに騙され、生き延びることができませんでした。今日生きている私たちはみな、騙されない能力を発達させることに成功した人々の子孫であり、悪者を瞬時に検知する遺伝子を受け継いでいるのです。