名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ラリー・ペイジの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ラリー・ペイジのプロフィール

ローレンス・エドワード・ラリー・ペイジ。アメリカの起業家、技術者。Googleの創業者の一人。ミシガン州出身。父はミシガン州立大学計算機械科学人工知能教授、母はミシガン州立大学プログラミング講師という家庭に生まれ、6歳のころからコンピュータを触りはじめる。ミシガン州立大学(計算工学専攻)を卒業し、スタンフォード大学計算機科学博士課程に進学。ウェブリンクの構造、検索エンジンなどの研究に携わる。同じくスタンフォード大学計算機科学博士課程に在籍していたセルゲイ・ブリンと出会い、Googleを設立。同社の技術的中核を担った。

ラリー・ペイジの名言 一覧

エンジニアこそ巨大な変化をもたらすことができる。


イノベーションは小さなグループから起こる。


現代のテクノロジーという水平線を見渡せば、次にできることが見えてくる。テクノロジーについて知れば知るほど、さらなる可能性が広がる。


いつも驚くのだが、テクノロジーについて知れば知るほど、まだまだ知らないことがあると気づく。


教育は歯磨きのようになるべきだ。


グーグルはまだ10歳だが、革新的であり続ける努力が必要だ。私は今こそ変革を行う。


途方もない夢でも実現へと前進させることは、意外とたやすい。「そんな馬鹿なことはできない」と誰もが思うことならば、競争相手はほとんどいないからだ。


勤労は奴隷制度だ。AIによって、我々人間はいつかの苦役から自由になる。


多くの企業にとって、明確な競合が存在するかのように意識させ、それで団結するのは有効です。しかし、個人的には競合を意識するのではなく、より高みを目指していく方がいいと考えています。


ユーザーのために最高のものをつくりだすことが我々の重要課題です。世界中で直面してきた様々な問題を通して、我々はそれを長期にわたり実証してきたと思います。


我々の本質は以前と同じです。目指しているのは、技術の進歩を活用して、人々を助け、暮らしを良くし、よりよい社会に結びつけること。いま取り組んでいる多くのプロジェクトも、技術を使った人助けに関係するものばかりです。成し遂げるべきことはたくさんあります。


業界全体が訴訟に傾いているのは悲しむべき事態です。優れた製品開発にではなく、弁護士などに巨額の費用が使われてしまっている。こうした訴訟に手を出すのは、ライフサイクルの終わりに近い落ち目企業や、ありのままの姿で競争する能力に自信がない企業です。


我々は、世に存在するデータにもっとアクセスできるようにしたいと考えています。しかし、実現できないのでフラストレーションを感じています。


「我々幹部は毎日、数時間を共に過ごし、他の時間はそれぞれ自分のチームと仕事をする」という形にすれば、もっと仕事がスムーズに進むと考えました。
【覚書き|Lチームと名付けたGoogleのトップ幹部たちを、毎日数時間共通のオフィスで仕事させている理由について語った言葉】


まだまだ改善の余地は大きい。我々はこの分野ではまだ途についたばかりです。
【覚書き|モバイルOSのアンドロイドについて語った言葉】


ラリー・ペイジの経歴・略歴

ローレンス・エドワード・ラリー・ペイジ。アメリカの起業家、技術者。Googleの創業者の一人。ミシガン州出身。父はミシガン州立大学計算機械科学人工知能教授、母はミシガン州立大学プログラミング講師という家庭に生まれ、6歳のころからコンピュータを触りはじめる。ミシガン州立大学(計算工学専攻)を卒業し、スタンフォード大学計算機科学博士課程に進学。ウェブリンクの構造、検索エンジンなどの研究に携わる。同じくスタンフォード大学計算機科学博士課程に在籍していたセルゲイ・ブリンと出会い、Googleを設立。同社の技術的中核を担った。

他の記事も読んでみる

井口尊仁

プレゼンのスライドは最終形。そこに至るまでの取り組みが成否を分けます。日々アンテナを張って、ヒントを求めて、人と対話して仮説をぶつける。スライドのことばかり考えるのはもうやめにしましょう。いっそスライドなしで臨むぐらいの方が上達しますよ。


武豊

不思議なことに、怪我をしても「もう競馬は嫌だ」なんてまったく思わなくて、毎日「早く乗りたい」って思うんです。競馬中継は毎週全場見てますよ。自分が乗っているときよりもレースを見ているわけだけど、G1なんかドキドキするし、やっぱり面白いね。


安岡正篤

人間には頭と胸と腹というものがある。よく昔の人は「あれは腹ができておる」と言った。ところが若い人はよく「胸が熱くなる」とか「胸が痛くなる」と言う。ところが現代に近づくほどあまり腹とか胸とか言わなくなって、頭、あたまと言うようになった。これは時代の変遷をよく表している。頭(知)と、胸・腹(情、情意)のどちらが人間にとって本質的であるか、どちらが根幹でどちらが枝葉であるかといえば、これは言うまでもなく情意である、頭ではない。


村木厚子

なぜこんなことになったのか嘆いても、自力で拘置所を出ることはできません。ならばそれはとりあえず横に置き、「今できること」を考える。これに集中したら、少し楽になれました。これから始まる取り調べを乗り切るために、その時の私にできることは何か。まずはしっかりと健康管理をしよう。落ち込んで、精神的に潰れないようにしよう。そんなことから始めました。
【覚え書き|郵便不正事件で逮捕された当時を振り返っての発言。その後、裁判で無罪が確定】


ゲーテ

能ある者は、そっと黙っていよ。そっとしておいても自ずからあらわれてくる。どんなに装ってみても、結局は人の問題だ。


岡田武史

僕は自分で経営をやってみて、初めは夜中にガバッと目が覚めるくらい危機感がありました。だから全部自分でやらないと気が済まなかった。でも、あるときスポンサーから「最近の岡田さん面白くない」と言われて、そうか、自分がすべきことはビジョンや夢を語ることだと気づいたんです。それで最近は社員に任せるようにしています。


三木田國夫

上司は部下を叱ったらいけません。問題が起こったら、その解決策を探して教えるのが仕事でしょう。


川崎貴子

いままで何万人もの人材を企業に派遣してきましたが、人の適性を見抜くのは、いまでも難しいと感じています。


三枝匡

事前によく考え抜いている人は、悪い結果が出る前に自分の組み立てが崩れてきていることに気付くので、そこから学びがあります。始めにきちんと絵を描かない人は、どこから崩れて、何が崩れたのか分かりませんから、半年から1年も経つと何をしたかったのかすらも分からなくなってしまう。


東村アキコ

指導者は、スパルタのほうがいいんですよ。「ちょっと今いろいろあって、実家に帰らなきゃいけなくて……」みたいなことを言われても「知らん!」って言います(笑)。「あ、そっか、実家に……大変だね……じゃあ、どうしようか」なんて言っていたら、いつまでも描かないんですよ。とにかく描かせないと。


加藤照和

経理部門で9年間働いたあと、子会社の整理・清算を手がける新設部門へ移りました。当時の社内では誰も経験したことがない未知の業務で、非常に過酷な日々でしたが、よき出会いにも恵まれ、乗り越えることができました。この時の経験は、かけがえのない財産として今も私の支えになっています。


松井道夫

会社勤めには向いていない性格だと、いまでも思います。よく言えば他人に影響されない。悪く言えば唯我独尊。やっぱり画家的なんですよ。