ラリー・ペイジの名言

ラリー・ペイジのプロフィール

ローレンス・エドワード・ラリー・ペイジ。アメリカの起業家、技術者。Googleの創業者の一人。ミシガン州出身。父はミシガン州立大学計算機械科学人工知能教授、母はミシガン州立大学プログラミング講師という家庭に生まれ、6歳のころからコンピュータを触りはじめる。ミシガン州立大学(計算工学専攻)を卒業し、スタンフォード大学計算機科学博士課程に進学。ウェブリンクの構造、検索エンジンなどの研究に携わる。同じくスタンフォード大学計算機科学博士課程に在籍していたセルゲイ・ブリンと出会い、Googleを設立。同社の技術的中核を担った。

ラリー・ペイジの名言 一覧

エンジニアこそ巨大な変化をもたらすことができる。


イノベーションは小さなグループから起こる。


現代のテクノロジーという水平線を見渡せば、次にできることが見えてくる。テクノロジーについて知れば知るほど、さらなる可能性が広がる。


いつも驚くのだが、テクノロジーについて知れば知るほど、まだまだ知らないことがあると気づく。


教育は歯磨きのようになるべきだ。


グーグルはまだ10歳だが、革新的であり続ける努力が必要だ。私は今こそ変革を行う。


途方もない夢でも実現へと前進させることは、意外とたやすい。「そんな馬鹿なことはできない」と誰もが思うことならば、競争相手はほとんどいないからだ。


勤労は奴隷制度だ。AIによって、我々人間はいつかの苦役から自由になる。


多くの企業にとって、明確な競合が存在するかのように意識させ、それで団結するのは有効です。しかし、個人的には競合を意識するのではなく、より高みを目指していく方がいいと考えています。


ユーザーのために最高のものをつくりだすことが我々の重要課題です。世界中で直面してきた様々な問題を通して、我々はそれを長期にわたり実証してきたと思います。


我々の本質は以前と同じです。目指しているのは、技術の進歩を活用して、人々を助け、暮らしを良くし、よりよい社会に結びつけること。いま取り組んでいる多くのプロジェクトも、技術を使った人助けに関係するものばかりです。成し遂げるべきことはたくさんあります。


業界全体が訴訟に傾いているのは悲しむべき事態です。優れた製品開発にではなく、弁護士などに巨額の費用が使われてしまっている。こうした訴訟に手を出すのは、ライフサイクルの終わりに近い落ち目企業や、ありのままの姿で競争する能力に自信がない企業です。


我々は、世に存在するデータにもっとアクセスできるようにしたいと考えています。しかし、実現できないのでフラストレーションを感じています。


「我々幹部は毎日、数時間を共に過ごし、他の時間はそれぞれ自分のチームと仕事をする」という形にすれば、もっと仕事がスムーズに進むと考えました。
【覚書き|Lチームと名付けたGoogleのトップ幹部たちを、毎日数時間共通のオフィスで仕事させている理由について語った言葉】


まだまだ改善の余地は大きい。我々はこの分野ではまだ途についたばかりです。
【覚書き|モバイルOSのアンドロイドについて語った言葉】


ラリー・ペイジの経歴・略歴

ローレンス・エドワード・ラリー・ペイジ。アメリカの起業家、技術者。Googleの創業者の一人。ミシガン州出身。父はミシガン州立大学計算機械科学人工知能教授、母はミシガン州立大学プログラミング講師という家庭に生まれ、6歳のころからコンピュータを触りはじめる。ミシガン州立大学(計算工学専攻)を卒業し、スタンフォード大学計算機科学博士課程に進学。ウェブリンクの構造、検索エンジンなどの研究に携わる。同じくスタンフォード大学計算機科学博士課程に在籍していたセルゲイ・ブリンと出会い、Googleを設立。同社の技術的中核を担った。

他の記事も読んでみる

ガリレオ・ガリレイ

学者ぶった先生は、ヘリクツ屋の有力な仲間に分類したい。ヘリクツ屋の狩りは概念を追いかけまわすことである。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

「VERY」という光文社の女性向けのライフスタイル誌があります。この編集部とブリヂストンがタイアップしてママチャリをつくりました。これが大好評。実はブリヂストンはおしゃれなママチャリを開発しようとしていたんですが、開発チームは男ばかりで、どうも女性の感性にフィットしていなかった。たとえば、色はパステルピンクがいいんじゃないかとか、ソフトな感じのボディがいいだろうとか……。男どもが勝手に、こうすればヤングママが好むだろうと考えてつくっていたんですね。「VERY」編集部は、まさにママチャリターゲットのママ友仲間です。その提案はまったく違っていて、「黒のスポーティでおしゃれな自転車に乗りたい」というものでした。おしゃれに対する感覚が全然違っていたわけです。これを猛烈にブリヂストンに売り込んだ。できた自転車は、それまでのママチャリにはなかった黒っぽいシャープなデザインのもので、価格も少し高くなりましたが、これがヒットした。


二宮雅也

(東日本大震災時)私たち保険会社や代理店にとって、今回ほど保険事業に携わっていることの役割、使命感を強く意識したことはなかったと思います。みんなが日常的な業務の範疇を超えて工夫をし、努力してくれました。それによって会社の総合力が向上し、また保険金の支払いが早く進んだことで、お客様からの評価が高まるという好循環が生まれました。


千玄室(15代目)

リーダーシップは、ただ言葉にして示せばいいというものではありません。相手に「思い」を伝えることが大事なのです。


池本克之

趣味を選ぶとき、「せっかくやるなら、仕事にも役立つことを」と考える人が多いかもしれません。その気持ちはわかりますが、やめたほうがいい。長続きしませんから。本当に興味のあることを選びましょう。


財部誠一

商品の優れたデザインは、たんに「絵を描く」ことだけで完成するものではない。素材そのものの開発から始めて、商品をいかにつくり上げていくかという級密な検討や作業が必要になる。もちろん機能も大切な要素だが、商品の美観、見栄えという面も、実は高い技術力によって支えられているという事実を、日本企業は再認識しなければならない。


黒石孝

私どもは地味な金融機関ではありますが、地域とともに歩み、新たな地域経済を創造していく、それが我々にとっての地方創生だと思っています。


岡野喜太郎

銀行は営利法人であるから、ある程度の利益を得なければならないが、非常の場合はとにかく、常に借金をしないで営業することに心がけている。私はいまでも、非常の場合のことを考えずには店舗建築ひとつ、金庫の扉の開閉の仕方、そのほか、営業の雑事に至るまで考えることができなくなってしまっている。


有馬浩二

デンソーは技術を進化させてきた会社。開発投資なくしてデンソーはあり得ない。だからこそ、苦しい時でも投資を続けてきた。


佐伯泰英

僕は、時代小説を書くときに、人物描写とか情景描写以前に、読んでいる時間を楽しんでもらって、その間はしばし現実を忘れてもらえるような作品を、確実に市場に出していこうと考えていました。剣戟(けんげき)シーンも、僕の場合は全然リアルじゃないんです。歌舞伎や時代劇映画の殺陣と同じです。つまり、竹光のチャンバラです。でも、リアルを追求するよりも、楽しんでもらいたい。そうすると、真剣で斬り合うよりも、竹光のほうがいいような気がするんです。そんな書き手の気持ちを読者の方たちは受け止めてくれたんだと思います。


戸塚隆将

グローバルエリートたちは朝を情報交換の場として積極活用します。ランチ・ミーティングの場合は前後の移動時間を含めると、昼間のど真ん中に2時間程度を必要とすることもあります。夜の時間は顧客との会食の約束が入ることもあるでしょう。また、ディナーの約束をする際は、相手の食事の好みを考慮し、レストラン選びにはそれなりの時間がかかります。その点、実は、ブレックファースト・ミーティングはとても気軽なものです。中でも、お互いの出張に絡めて設定する光景をよく目にします。ミーティングをするどちらかが宿泊しているホテルのラウンジで待ち合わせをし、そのままホテル内で朝食をとる。あるいは、お互い軽めの朝食を好むのならば、近隣のカフェでコーヒーを飲みながら情報交換します。このように、ブレックファースト・ミーティングでは、少し早起きさえすれば、待ち合わせ場所、レストラン選びに手間取ることなく、気軽に人と会えるのです。また、忙しい相手でも、比較的アポを取りやすいというメリットがあります。


山本正已

富士通には「富士通ウェイ」という、社員が守らなければならない憲法のようなものがあります。憲法に背いた人は、社長であろうと、誰であろうと辞任してもらいます。富士通はそのくらい世の中に対して自分を厳しく律しています。


山本真司

よく寝ないとダメですね。徹夜しなければいけないような状況だと、思考の効率は極めて悪くなります。


スティーブ・ジョブズ

原動力は製品であって、利益じゃない。


小林喜光

時間を守るのは、社会人としての「常識的なマナー」です。しかし、私は実はもっと重い意味があると思っています。1人の人間が与えられている「時間」には限りがあります。約束に遅れて、その貴重な資源を浪費させるのは、「正義」に反するのではないでしょうか。


ページの先頭へ