名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ラモス瑠偉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ラモス瑠偉のプロフィール

ラモス瑠偉、らもす・るい。プロサッカー選手(MF)、タレント。ブラジル・リオデジャネイロ出身。サージFCを経て読売サッカークラブ(のちの東京ヴェルディ)に入団。日本に帰化し日本代表としても活躍。

ラモス瑠偉の名言 一覧

ワールドカップで勝つ強いチームを見てみな。みんな死ぬ気で戦っている。なぜか。国を背負っているからだよ。自分より重いものを背負うから、自分の力以上のものを出せるんだ。


今日やらなきゃ明日はないと思って生きているか?


やられたまま尻尾を巻いて逃げ帰るのってイヤじゃない? 「絶対に日本のやつらにオレのことを認めさせてやる」って、それまで以上に練習したよ。ちょっとでもサボれば、「ガイジンだから……」って叩かれるに決まっているから。肉離れした足でも練習して、練習しながら直したもんさ。


日本にきて35年になるのか……。2年でブラジルに帰るつもりで来たのに、まさか、こんなに長くいることになるとは(笑)。わかんないもんだよ、人の運命なんて。


ボク自身、なぜ苦しい思いまでして日本で頑張れたのか? お母さんに家を買ってやって、ラクをさせたかったからだよ。結婚してからは初音(妻)と娘、息子のために頑張ってきた。人間、背負うものがないと力も出せない。自分のためだけだったら、サッカーなんかやめて、くだらない人生を送ってたんじゃない?


給料のことなんて、どうでもいい。そんなこと構わない。おカネなんて、いつでも稼げる。それよりも大切なのは、ワタシがどういう人間か、どんなサッカー選手か、それを皆に見せてやること。このままじゃ終われない。だから試合には出られなくても、誰よりも練習はやったよ。肉離れを起こしたときも、自分でテーピングして、それで練習した。

【覚え書き|1年間の出場停止時代を振り返って】


1981年の8月だった。バイクで事故を起こし、左脚のスネを複雑骨折したんだよ。骨が見えるぐらい、ひどい骨折だっただけに、一瞬、「ああ、オレのサッカー選手としての人生も終わったかな」と。でも、運ばれた病院の先生に「二度とサッカーはできないでしょう」と言われたときには、逆に「冗談じゃない!」っていう持ち前の反発心が芽生えてきてね。「だったらボクの脚に触らないでください」って治療を拒み、信頼できるドクターに連絡を取って、その病院で治療してもらったんです。先生も「お前次第だ」と言ってくれたんで、頑張れば、復帰できるんだと思って。


日本代表に選ばれていながら、日の丸を背負って戦うっていう重大さをわかってない選手も少なくない。だから怒るんだ。98年のワールドカップ・フランス大会のとき、NHKにゲスト解説者として呼ばれたんだけど、あまりにも不甲斐ない戦いを見ているうち、カッカしてきてね。試合終了後、選手たちに向かって「なにニヤニヤしてんだよ! ワールドカップは戦争だよ!」って怒りをぶちまけたら苦情が殺到した。でも、日本のチームに強くなってもらいたいから言っているだけなのに、それがなぜ悪いの?


ラモス瑠偉の経歴・略歴

ラモス瑠偉、らもす・るい。プロサッカー選手(MF)、タレント。ブラジル・リオデジャネイロ出身。サージFCを経て読売サッカークラブ(のちの東京ヴェルディ)に入団。日本に帰化し日本代表としても活躍。

他の記事も読んでみる

小渕宏二

会社が変化して行かなければ、市場から見捨てられてしまうので、会社が変化するときは中で働く人も変化しなければいけません。変化への対応は、生きとし生けるものすべてに必要だと思います。


間川清

謝罪で一番大切なのはガス抜きだと思います。感情をストレートに出してくるタイプは実は怖くない。言いたいことを言ってもらってガス抜きできれば、相手の心に空間が生まれ、そこに謝罪の言葉が入り込む余地ができるからです。まず心のキャパシティを空けてもらい、それから謝罪の言葉を述べる。これが一連の流れです。一番やってはいけないのは、過失の理由や自分たちの事情を一方的に話すこと。相手がこちらの話を聞くばかりでは、むしろ怒りが大きくなります。


野口実(ABCマート)

非効率にこそ利益の源泉がある。非効率なことにチャンスがある。


川本隆一

企画書で必要不可欠なのは、コスト的な要素です。どんなに魅力的な商品でも、ビジネスとして成立しない企画は論外です。


野田一夫

僕はもちろん日本が大好きだが、この国では、いつまで経っても不合理な慣行がなくならないことだけは困ったものだ。たとえば、会議の席で誰かの批判めいたことをいうとする。あなたが年長者ならいいのだが、年が若いとか新参者であれば「生意気だ」と決めつけられ、陰口を叩かれ、足を引っ張られる。つまり大方の参加者にとっては、「何をいったか」ではなく「誰がいったか」が重要なのだ。本来、発言で大事なのは「理はどちらにあるか」。反発するなら、発言の内容に対してするべきだ。


梅原大吾

格闘ゲームの世界は理詰めです。こうすれば有利に物事を運べる、というセオリーがあります。しかし、セオリーにはまってしまっては、成長できません。


岡崎富夢

入社の決め手だった緑化事業配属がかなわず、もう1つの柱である建材事業の東京営業に配属されました。本社のある大阪と違って、東京は人員が少なく、先輩社員も私に仕事を教える余裕がない……。でも逆に、とにかく1人でやってみろ、という部署だったことが私にはよかった。前例が分からないから、とにかくいろいろ試しながら営業をしていくうちに、どんどん自分なりのノウハウを得ることができた。社内の最優秀新人賞を受賞して、2年目も成績を伸ばしました。


亀田啓一郎

仕事を推し進めるためには、資料をまとめたり、人から話を聞いたり、上司を説得したりと、実に様々な作業がある。初めから、それらすべてに長けたビジネスパーソンなどいない。実現の途中で壁にぶち当たり、気持ちが萎えてしまう時もあるだろう。そんな時は、うまくやっている人をお手本にするのがいい。


羽生善治

よほど先見性のある人でない限り、「自分が進むべき羅針盤を見つけることができて、それがいつも合っている」ということは、ほとんどないと思います。羅針盤は、「方向性が完璧に合っていないといけない」わけではなく、大まかでいいわけです。北に行くのか、南に行くのかさえ間違えなければいい。行きたい方角が間違っていなければ、少しずつ軌道修正しながら、だんだんと目的地に近づくことはできるはずです。


粟田貴也

危機に関しては、予測はまったくできていませんでしたから、危機に直面して初めて打開策を考えてきました。それでも切り抜けてこられたのは、柔軟な発想で次々にトライ&エラーを繰り返してきたからです。これがダメなら次はこれだ、と次々に試していくマインドはもっていますから。


田中角栄

一人の悪口を言えば、十人の敵をつくる。よほど信用している相手でも「君だけには言っておくが、じつはあいつは……」とやれば、一日経たないうちに知らぬ者なしとなる。それが政界、社会もまた同じだ。プラスになることは一つもない。どうしても悪口を言いたければ、一人でトイレの中でやれ。


佐々木正

過度のIT礼賛による弊害が出ています。いつの間にか、ITが金もうけの手段になり、お金が人生の目的になっているのです。本来ITは、人間が心豊かになる社会をつくるための道具に過ぎないのに。