名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ラモス瑠偉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ラモス瑠偉のプロフィール

ラモス瑠偉、らもす・るい。プロサッカー選手(MF)、タレント。ブラジル・リオデジャネイロ出身。サージFCを経て読売サッカークラブ(のちの東京ヴェルディ)に入団。日本に帰化し日本代表としても活躍。

ラモス瑠偉の名言 一覧

ワールドカップで勝つ強いチームを見てみな。みんな死ぬ気で戦っている。なぜか。国を背負っているからだよ。自分より重いものを背負うから、自分の力以上のものを出せるんだ。


今日やらなきゃ明日はないと思って生きているか?


やられたまま尻尾を巻いて逃げ帰るのってイヤじゃない? 「絶対に日本のやつらにオレのことを認めさせてやる」って、それまで以上に練習したよ。ちょっとでもサボれば、「ガイジンだから……」って叩かれるに決まっているから。肉離れした足でも練習して、練習しながら直したもんさ。


日本にきて35年になるのか……。2年でブラジルに帰るつもりで来たのに、まさか、こんなに長くいることになるとは(笑)。わかんないもんだよ、人の運命なんて。


ボク自身、なぜ苦しい思いまでして日本で頑張れたのか? お母さんに家を買ってやって、ラクをさせたかったからだよ。結婚してからは初音(妻)と娘、息子のために頑張ってきた。人間、背負うものがないと力も出せない。自分のためだけだったら、サッカーなんかやめて、くだらない人生を送ってたんじゃない?


給料のことなんて、どうでもいい。そんなこと構わない。おカネなんて、いつでも稼げる。それよりも大切なのは、ワタシがどういう人間か、どんなサッカー選手か、それを皆に見せてやること。このままじゃ終われない。だから試合には出られなくても、誰よりも練習はやったよ。肉離れを起こしたときも、自分でテーピングして、それで練習した。

【覚え書き|1年間の出場停止時代を振り返って】


1981年の8月だった。バイクで事故を起こし、左脚のスネを複雑骨折したんだよ。骨が見えるぐらい、ひどい骨折だっただけに、一瞬、「ああ、オレのサッカー選手としての人生も終わったかな」と。でも、運ばれた病院の先生に「二度とサッカーはできないでしょう」と言われたときには、逆に「冗談じゃない!」っていう持ち前の反発心が芽生えてきてね。「だったらボクの脚に触らないでください」って治療を拒み、信頼できるドクターに連絡を取って、その病院で治療してもらったんです。先生も「お前次第だ」と言ってくれたんで、頑張れば、復帰できるんだと思って。


日本代表に選ばれていながら、日の丸を背負って戦うっていう重大さをわかってない選手も少なくない。だから怒るんだ。98年のワールドカップ・フランス大会のとき、NHKにゲスト解説者として呼ばれたんだけど、あまりにも不甲斐ない戦いを見ているうち、カッカしてきてね。試合終了後、選手たちに向かって「なにニヤニヤしてんだよ! ワールドカップは戦争だよ!」って怒りをぶちまけたら苦情が殺到した。でも、日本のチームに強くなってもらいたいから言っているだけなのに、それがなぜ悪いの?


ラモス瑠偉の経歴・略歴

ラモス瑠偉、らもす・るい。プロサッカー選手(MF)、タレント。ブラジル・リオデジャネイロ出身。サージFCを経て読売サッカークラブ(のちの東京ヴェルディ)に入団。日本に帰化し日本代表としても活躍。

他の記事も読んでみる

浅野秀則

一つの成功というのは1ではなくて、一つの成功モデルを見つけると100につながっていくんです。ですからスタート時の成功モデル作りは非常に重要だなとその時学びました。それからギブ・アンド・テイクの精神で行けば、必然的に事業はグーっと伸びていくと思います。


石田建昭

我々は三大メガバンクや野村など大手証券とは違う独自のフィールドを探さなければならない。


中島武

消費には「飽き」のメカニズムがあります。どんなに人気のある商品も、マーケットがマスに広がりすぎると、飽きて見向きもされなくなります。ファッションの定番であるジーンズだって、最近は穿く女のコが少なくなってきた。あれも売れすぎてしまったからです。定番商品でさえそうなのだから、嗜好性の入った商品はなおさらです。ひとつの仕事が成功したからといって、そこで満足したら時代に取り残される。常に新しいものを生み出す努力が必要です。


西川りゅうじん

世の中が変化すれば、必ず新しいチャンスが生まれる。たとえば、飲食業を始めるのは店舗開業などの初期費用が高くて難しかった。でも、不況のお陰でいまは数分の1の場合もある。


芦田昭充

情熱の源は業界ナンバーワン、いや、業界ダントツナンバーワンになってやろうという気持ちです。私、こう見えても負けん気が強いんですよ。


安永竜夫

当社は日本企業が海外進出する際の「水先案内人」でもある。だから日本で一番アグレッシブな組織にしていきたい。


青野慶久

多様性を重んじるからといって、各自が好き勝手に何をしてもいいわけではありません、様々な制約を取り除き、一人ひとりの自分らしさを受け入れていこうとすればするほど、逆に、会社として「これだけは絶対に強制しなければならない」という条件が見えてきます。会社を明確に方向づける理念やビジョン――サイボウズでいえば、「チームワークあふれる社会を創る」という共通の理想に共感し、貢献する姿勢です。理念に共感、貢献してくれる人材であれば、働き方や契約形態は自由でいい。いいえ、むしろ自由がいい。より多様な個性が一つの理念のもとに結集することで、化学反応が起こり、イノベーティブな成果が生まれやすくなると、私たちは考えています。


湖中謙介

ファストファッションとオーダースーツは対極の存在かもしれませんが、どちらが正解というものでもありません。むしろ、ファストファッションが定着しているからこそ、服装による自己表現ができるオーダースーツの存在も際立っていると言えるでしょう。


田路和也

社内外のステークホルダーから信頼されるためには、一人の人間としての人格と能力が問われる。


深谷紘一

モノづくりの現場力が低下していると言われています。日本は80年代の終わりまで「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と言われて、世界から見学者がいっぱいやってきた。そこでちょっと格好をつけちゃったんですかね。我々も、もう一度きちんと反省し、たとえば、現場のチェック体制などを見直していきたいと思います。


松下幸之助

経営でも、経営学というのがありましょう。経営学は教えることができる、習うこともできる。けれども経営のコツは、生きた経営というものは教えることはできない。習うこともできない。自分で体得せねばしかたないですよ。そこに難しさがあるということを自分でも感じ、人にも話をするんですよ。


大橋未歩

スーパーで買い物をしていて、すごく食べたいと思うものは、身体が欲しているものだと思うんです。たとえば、「今日はお肉が食べたいな」と思ったら、焼き肉にするとか。食べ過ぎはよくありませんが、我慢するのはもっとよくありません。身体の声に耳を傾けて、身体が欲することにちゃんと応えてあげるよう心がけています。