ラモス瑠偉の名言

ラモス瑠偉のプロフィール

ラモス瑠偉、らもす・るい。プロサッカー選手(MF)、タレント。ブラジル・リオデジャネイロ出身。サージFCを経て読売サッカークラブ(のちの東京ヴェルディ)に入団。日本に帰化し日本代表としても活躍。

ラモス瑠偉の名言 一覧

ワールドカップで勝つ強いチームを見てみな。みんな死ぬ気で戦っている。なぜか。国を背負っているからだよ。自分より重いものを背負うから、自分の力以上のものを出せるんだ。


今日やらなきゃ明日はないと思って生きているか?


やられたまま尻尾を巻いて逃げ帰るのってイヤじゃない? 「絶対に日本のやつらにオレのことを認めさせてやる」って、それまで以上に練習したよ。ちょっとでもサボれば、「ガイジンだから……」って叩かれるに決まっているから。肉離れした足でも練習して、練習しながら直したもんさ。


日本にきて35年になるのか……。2年でブラジルに帰るつもりで来たのに、まさか、こんなに長くいることになるとは(笑)。わかんないもんだよ、人の運命なんて。


ボク自身、なぜ苦しい思いまでして日本で頑張れたのか? お母さんに家を買ってやって、ラクをさせたかったからだよ。結婚してからは初音(妻)と娘、息子のために頑張ってきた。人間、背負うものがないと力も出せない。自分のためだけだったら、サッカーなんかやめて、くだらない人生を送ってたんじゃない?


給料のことなんて、どうでもいい。そんなこと構わない。おカネなんて、いつでも稼げる。それよりも大切なのは、ワタシがどういう人間か、どんなサッカー選手か、それを皆に見せてやること。このままじゃ終われない。だから試合には出られなくても、誰よりも練習はやったよ。肉離れを起こしたときも、自分でテーピングして、それで練習した。

【覚え書き|1年間の出場停止時代を振り返って】


日本代表に選ばれていながら、日の丸を背負って戦うっていう重大さをわかってない選手も少なくない。だから怒るんだ。98年のワールドカップ・フランス大会のとき、NHKにゲスト解説者として呼ばれたんだけど、あまりにも不甲斐ない戦いを見ているうち、カッカしてきてね。試合終了後、選手たちに向かって「なにニヤニヤしてんだよ! ワールドカップは戦争だよ!」って怒りをぶちまけたら苦情が殺到した。でも、日本のチームに強くなってもらいたいから言っているだけなのに、それがなぜ悪いの?


1981年の8月だった。バイクで事故を起こし、左脚のスネを複雑骨折したんだよ。骨が見えるぐらい、ひどい骨折だっただけに、一瞬、「ああ、オレのサッカー選手としての人生も終わったかな」と。でも、運ばれた病院の先生に「二度とサッカーはできないでしょう」と言われたときには、逆に「冗談じゃない!」っていう持ち前の反発心が芽生えてきてね。「だったらボクの脚に触らないでください」って治療を拒み、信頼できるドクターに連絡を取って、その病院で治療してもらったんです。先生も「お前次第だ」と言ってくれたんで、頑張れば、復帰できるんだと思って。


ラモス瑠偉の経歴・略歴

ラモス瑠偉、らもす・るい。プロサッカー選手(MF)、タレント。ブラジル・リオデジャネイロ出身。サージFCを経て読売サッカークラブ(のちの東京ヴェルディ)に入団。日本に帰化し日本代表としても活躍。

他の記事も読んでみる

後藤芳光

王貞治会長の存在も大きいです。野球人としてだけでなく、ビジネスマンや人間としての立ち居振る舞いを見て、どうしてここまで気配りできるのかと自分が恥ずかしくなることが多いのですが、王会長の背中を見て、選手も切磋琢磨していると思います。


岡野雅行(岡野工業)

職人の世界は特にやる気が重要だね。うちは仕事を教えるなんてことはしないんだ。俺が親父の下についた時も、親父が直接、技術を教えてくれるなんてことは、これっぱっかりもなかった。何やってんだコノヤロウ!ってゲンコツで殴られ、ダメ出しされながら、見よう見まねで覚え、自分で工夫しながら、技術を磨いてきたんだよ。


林信秀

危機の最中での頭取就任ではありますが、この危機にこそ、「自分にできることをする」という信念を行動に変えて、信頼回復と成長に努めたいと考えました。


高城幸司

会社における出世ラインは、マネジメントと専門職の2通りです。どちらにしても上に行くほど人数が少なくなり、競争が激化します。上の層は自分の持つスキルが陳腐化すれば他人に取って代わられるため、絶えず勉強してスキルを更新する必要があります。


長谷川博己

文学座を30歳でやめたとき、当然不安もありました。でも、どこにいても売れる人は売れるし、結局、勝負するのは自分です。劇団にいる以上は劇団の芝居にまず出なければならないのですが、そのときはもっと他流試合をしてみたいと思ったんです。辞めてからどうなるかはまったくわかりませんでしたが、ダメになってもまた別の道が開けるだろうと思っていました。


塚本幸一

人の心は日々、千変万化する。だが、喜怒哀楽や物事の大小にとらわれず、現在の自分でできるかできないかで判断する。そのためには正しい自分を常に知り続けなければならない。私が座右の銘とする「知己 自分自身を知る」とは、戦争から今日にいたるまでの体験から生まれ出た人生の取り組み方、また、そうありたいと願う私の願望の言葉でもある。


芦田昭充

あきらめなければ道は開ける。


小倉昌男

サービスとコストは二律背反の関係だから、利益を強調するとサービスが中途半端になってしまう。だから、あえて採算意識を捨てさせた。


河村浩明

私は事業の立て直しを専門にやってきました。低迷する事業に共通して言えることはリーダーシップが欠如していることです。


冨安徳久

人材育成に欠かせないのは、仕事に誇りを持っている、優秀な経営陣や上司だと思います。研修期間に学んできたことを、現場で上司がしていなければ意味がありません。人を育てるためには、上司が仕事に対するやりがいや情熱を伝え、自らが部下の模範になって仕事に当たらなければいけません。


高橋がなり

僕は遊びでも仕事でも、初めてのチャンスなりお誘いを受けたら、自分の気持ちとは関係なく、すべてチャレンジしてみるんだ。何でも会ってみないとわからないことってあるからね。


上田準二

企画書で大切なのは、美辞麗句でも斬新なアイデアでもありません。誰が読んでもわかる平易な言葉を使った企画書なんです。ただし、平易な言葉で書くのは想像以上に難しい。ごまかしが利かないからです。


稲盛和夫

JALの再建では「リーダーが私利私欲に走らず、利他の心で判断すること。要は人間として正しくあることを、経営でも考えなくてはいけませんよ」と話すことから始めました。するとエリート幹部たちは、「なんでそんな当たり前のことを教わらなきゃならんの」という顔をする。それでも私は、「知ってはいるでしょうが、自分の身に付いていないでしょう」と、懲りずに何回も話し続けました。本当に納得してもらうまで、50回くらい話したと思います。


寺田和正

「これいいなぁ、やってみよう」とパッと考えただけで行動に移しても、成功する確率はすごく低いと思いますね。ビジネスって、そんなに簡単なものではないでしょう。僕は、あらゆる側面から精査したうえで事業を興しているので、すぐに結果が出なくても不安はありません。


経沢香保子

大きな失敗を乗り越えれば、それだけ大きな自信にもつながります。「これくらいなら乗り越えられる」という経験値のふり幅が大きくなればなるほど、多少のことでは動じない自分を発見できます。「私って意外に強いのね」と思えたらいいですよね。


ページの先頭へ