ラビンドラナート・タゴールの名言

ラビンドラナート・タゴールのプロフィール

ラビンドラナート・タゴール。インドの詩人、思想家。ノーベル文学賞受賞者。ベンガル州出身。アジア人として初めてノーベル賞を受賞した。

ラビンドラナート・タゴールの名言 一覧

死は生を最後に完成させるもの。


ラビンドラナート・タゴールの経歴・略歴

ラビンドラナート・タゴール。インドの詩人、思想家。ノーベル文学賞受賞者。ベンガル州出身。アジア人として初めてノーベル賞を受賞した。

他の記事も読んでみる

平子裕志

惰性が続くと仕事は作業になってしまう。


了徳寺健二

人と人との出会いは、お互いへの思いが伝わると色々な化学変化が起きる。


河野裕(小説家)

世の中には「正しさ」と「優しさ」のようにどちらも善良でポジティブなものが矛盾してしまうときがあります。そこで自分がどちらを選んだとしても苦しいし、悩んだところで現実を生きていくうえでは実益はほとんどないかもしれません。ただ、そこで頑張って考え続けるという姿勢そのものを肯定したいし、そういう人は不器用かもしれないけど、私にはすごく愛おしく感じられるんです。


林義郎(経営者)

国際基準にのっとった携帯電話や通信設備を使っていますから、どの国のメーカーにもビジネスを拡大するチャンスがあります。グローバルというのは相互交流することなんです。良いものを安くつくれる日本のメーカーにとっては大きな可能性が広がっていると思います。


山崎武也

周囲に「器が大きい」と認められる人の特徴のひとつは、「目先の損得勘定で動かない人」。目先の損得で動かないのは、「長い目で見れば必ずプラスに働く」と長期的な視点を持っているから。また、義侠心や倫理観、感謝の気持ちがそうさせていることもあります。


田中洋(マーケティング)

最近の傾向として顕著なのは、「コンセプトブランディング」の増加だ。これは私の造語だが、企業名や商品名ではなく、一般用語をブランドとして訴求、定着させる手法だ。例えば、サントリーのハイボールは登録商標ではないが、ハイボールを広めることで、結果的にウイスキーの売り上げを伸ばすことに成功している。この背景には、押しつけがましいマーケティングのメッセージに対して消費者が抵抗感を持つようになってきたことがある。


北尾吉孝

失敗したときは失敗が常だと思うこと。失敗が常で成功はせいぜい1割か2割だと思っていればいいんです。失敗するのが当然だと思っていれば、失敗してもあまり落ち込まないですむ。失敗が当たり前だと思えば、「策に3策あるべし」と、事前に失敗した時のことを考えるようになる。そうすると失敗しても、何がいけなかったかを分析し、次の策にとりかかることができる。それとできるだけポジティブに考えることも大事です。


ロベルト・シンヤシキ

私の父はよくこんな風に言っていました。「人に親切にするチャンスを逃してはいけないよ」と。人生を美しいものにする素朴な物事を味わえるようになったとき、心の中で幸福が育ちます。そして自分が本当に必要としているものが、愛する人たちからの愛情であることに気づくのです。


吉沢悠

中途半端に仕事をしている時って、立ち位置としてはオンとオフの中間くらいじゃないですか。そういう時ほど、全体の流れに流されてしまう。でも俳優としての活動を休業してアメリカに渡ったことで、東京とは違うものを感じ取ることができた。


徳岡邦夫

僕がメディアに登場することに対する風当たりを感じることはあります。でも自分がやっていることに自信があるのであれば、それを正しく伝えていくことも、吉兆という看板を次の世代に受け継いでいくための責任だと思っているんです。


鹿田尚樹

本をただ漠然と読むだけではもったいない。目的意識のある読書を心がければ、かけた時間やお金以上のリターンを得ることは十分可能です。


出口治明

「二・六・二」という法則があります。人間の集団の2割は優秀、6割が普通、2割はぱっとしないというものです。やる気がある2割には、どんどん仕事を与えればいい。そうしたら6割も「置いていかれる」と歩き出す。残る2割も不安になって動き出す。


安田隆夫

現場は常に、柔軟かつ大胆に新陳代謝しなければならない。だから現場に権限委譲する。これを当社では「主権在現」と表現し、積極的に推進してきた。


堀田浩司

鈴屋社内にはSUZUYA大学という研修プログラムがあり、鈴木義雄社長のもとでファッション・小売・経営の基本を叩きこまれました。「40歳までには独立してビジネスを立ち上げなさい」というのが鈴木社長の考え方でした。


山口悟郎

何ていうか、無性に野菜が食べたくなることってあるでしょう? 「体が欲している」みたいな。そういうのと一緒で、何で選ぶのかわかりませんけど、本能的に「もう1回、読んでみたい」と思う本を手に取る。すると「そうだったのか!」じゃないですけど、何かのヒントになったりすることはありますね。


ページの先頭へ