ラッセル・クロウの名言

ラッセル・クロウのプロフィール

ラッセル・アイラ・クロウ。ニュージーランド出身の映画俳優。「インサイダー」でロサンゼルス映画批評家協会賞男優賞、「グラディエーター」でアカデミー主演男優賞、「ビューティフル・マインド」でゴールデングローブ賞主演男優賞受賞。

ラッセル・クロウの名言 一覧

人生においてすべての事柄を「好きなこと」と「やらなければならないこと」に分ける人を本当に可愛そうに思うよ。人生なんて短いんだ。好きになる方法を学ぼうよ。


ラッセル・クロウの経歴・略歴

ラッセル・アイラ・クロウ。ニュージーランド出身の映画俳優。「インサイダー」でロサンゼルス映画批評家協会賞男優賞、「グラディエーター」でアカデミー主演男優賞、「ビューティフル・マインド」でゴールデングローブ賞主演男優賞受賞。

他の記事も読んでみる

ウォルト・ディズニー

私は偉大なアーティストでも、偉大なアニメータでもない。私の周りには、いつも私より優れた技術を持った人たちが私の代わりに働いている。私の仕事は新しいことを考え出すアイデアマンだ。


樋口武男

オーナー(創業者・石橋信夫)の教えの中に、「先の先を読め」という教えがあります。世の中がどのように変わっていくか、ちょっと先を読めと。サービスのスピードが昔と全く変わっています。そういうスピードの時代に合った経営をやっていかないといけません。ずっと先だったら分からないこともありますが、世の中の変化のちょっと先をいち早く実行に移すということです。「スピードは最大のサービス」という言葉もオーナーが発した言葉です。


須田将啓

博報堂のマーケティング局に勤めていたころ、あるCMのプロジェクトでクリエーティブ局の有名ディレクターと仕事をしました。この人がまさに、「こだわりぬく」人でした。「細部にこそ神が宿る。絶対おろそかにするな」が口癖で、たとえばCMの表現が9割がた決まっている段階でも、ひっかかるところがあれば、それまでの蓄積をひっくり返してまた一からやり直したりするのです。広告表現の世界では、最後のひと踏ん張りや、最後に付け加えるほんのちょっとした工夫によって、驚くほど結果が違ってきます。そのために彼らは、中途半端を許さず、徹底的にこだわりぬいた仕事をしているのでした。


治山正史

大事なのは「かっこよさ」。どんなに機能がよくとも、かっこよくなければお客様に受け入れていただけない。


山田昭男

残業をすると、その分の残業代は25%割増にしなければならなくなる。おまけに残業は夜にするものだから、電気代もかかる。企業はコストダウンを徹底しなければいけないのに、残業なんかしてしまったら、かえってコストが高くなる。コストが高くなるということは、それだけ儲からなくなるということ。つまり残業ばかりしているから、日本の企業は儲からないんだな。


西川八一行(西川康行)

もともと近江は質素で堅実な風土です。「始末する」という言い方をするのですが、お金をかけるべきときはしっかりかけるが、意味のない無駄なことや虚栄のためにお金を使わない。それが近江商人の考え方です。


酒井雄哉

強い気持ちを持つには、人生を大局的に見ることだ。あらかじめ自分の生涯の路線を決めておく。そうすると、まわりの小さな利益とか細かな問題は放っておいてもいいんだから。


ケリー・マクゴニガル

間違いから学ぶことができる文化をつくりましょう。間違いから学ぶことができる組織は、失敗を分析し、変化に対してオープンであることを人に勧める方針を立てています。


山極寿一(山極壽一)

京都という地は、世界に向かって挑戦する人材を多く輩出しています。街自体にも「世界の中で京都が一番」という自負がある。職人にしろ、商売人にしろ、世界を相手にしているという気概を持っています。だからこそ、新しいものを伝統と調和させることで、千二百年も生き続けてこられたわけです。


岡崎慎司

ドイツで暮らし始めて、日本との違いを感じる場面はたくさんあります。圧倒的に日本の方が便利ですよ。でも、「日本だったら……」と考えるとストレスばかりの生活になる。ドイツにも日本にない良いところはたくさんあります。だから、文化の違いと受け入れなければダメ。


野村和史(経営者)

グローバル・ニッチ・トップを目指そう。それが当社の生きる道なのだ。


松沢幸一

当社が目指すのは、サッカーチームのような組織です。社員一人一人が活発で、スピード感にあふれ、現場で意思決定ができるチームです。フィールドでは監督の指示よりも自分の判断の方がはるかに大事でしょう。あらゆる現場で自身を持って対応、行動できるプレーヤーをつくりたい。そうなれば、チーム力は必ず向上します。


ニーチェ

まずは勇気を出して自分自身を信ずることだ。自分と自分の内臓を。


池谷裕二

仕事から逃げていると、逃げようとする自分の状態を感知して、脳は「自分はこの仕事がよほど嫌なんだ」と判断し、その結果、モチベーションはますます下がります。たとえ気分が乗らなくても、逃げ癖をつけるのはよくないですね。


高田明(ジャパネットたかた)

情熱があれば能力は勉強で補えます。


ページの先頭へ