名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

ラシーヌの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ラシーヌのプロフィール

ジャン・バティスト・ラシーヌ。17世紀、フランスの劇作家。フランス古典主義を代表する悲劇作家。シャンパーニュ地方出身。幼少期に両親を失い、修道院の付属学校で厳格なカトリック教育を受ける。その後劇作家として活躍した。主な作品に『アンドロマック』『ベレニス』『フェードル』『ラ・テバイード 又は 兄弟は敵同士』『アレクサンドル大王』『アタリー』『イフィジェニー』『訴訟狂』ほか。

ラシーヌの名言 一覧

幸福は分かち合うようにつくられている。


ラシーヌの経歴・略歴

ジャン・バティスト・ラシーヌ。17世紀、フランスの劇作家。フランス古典主義を代表する悲劇作家。シャンパーニュ地方出身。幼少期に両親を失い、修道院の付属学校で厳格なカトリック教育を受ける。その後劇作家として活躍した。主な作品に『アンドロマック』『ベレニス』『フェードル』『ラ・テバイード 又は 兄弟は敵同士』『アレクサンドル大王』『アタリー』『イフィジェニー』『訴訟狂』ほか。

他の記事も読んでみる

ニーチェ

私はひとつのモットーに思い至った。それは、与えられた生活を与えられるがままに享受し、決してこれから起こるかもしれない苦難を思いわずらうなということである。とにかくこれが、私がプフォルタで学んだ最大の人生訓だ。苦い思いに苦しめられたり、ひどいホームシックに心が苛まれたり、行く春に心を痛めたり、憂愁に思い沈んだりしたとき、このモットーがひとつの花飾りのように過去の廃墟の間を縫って延びてくる。
【覚書き|プフォルタとは全寮制の名門中高等学校プフォルタ校のこと】


佐藤一郎(コンサルタント)

最初から価格交渉をはじめてしまうセールスマンは、その商品の「売り」を知らないからなんです。他社の製品とはどこが違うのか。何が良いのか、買い手のニーズに合わせて説明できれば、価格の話で終始せずに済むのです。


安野モヨコ

もちろん、悩んで悩んであれこれ考えたことを切り貼りしたような回もあるけれども、そういう苦しいときにも、何とか調子がいいときと同じぐらいのレベルにまで、何と言うのかな、「自分の気の済むレベル」にまでは持っていくというのが大事かな、と思っていました。


中瀬ゆかり

編集の仕事は恋愛と一緒で、「あなたの作品が好きだからぜひお願いしたい!」という強い気持ちを持っていることが大前提。


小林喜光

まずは大人が目の前の課題に挑戦する。その姿が子供にとって最大の教育の題材になるでしょう。ここでいう競争とは、相手を蹴落とすスキルが求められる限られたパイの奪い合いではありません。イノベーションを起こし、新しい価値を生み出す前向きな戦いのことです。本気で戦えば負けた悔しさ、悲しさが心底分かり、他人に優しくなれるはずです。


吉田たかよし

脳には理性や思考力をつかさどる前頭前野と呼ばれる部位があります。じつはこの部位が最も活性化するのは日が覚めてから3時間後。創造力や判断力が必要とされる仕事はこの時間帯にこなすようにしています。この時間帯をコアタイムにしているのはとても理にかなっている。


柳澤英子

「本当に入れなくていいんですか?」と、はじめは出版社の方から何回も確認されました。でもカロリー表示を入れると数字にとらわれてしまう。載っているものはすべて食べていいのに、やせたい人は、ついカロリーの一番低いものを探してしまうから。


リスト・シラスマ

悪いニュースは良いニュース。
良いニュースはニュースではない。
そして何もニュースがないことが悪いニュース。
【覚え書き|部下から上がってくる報告についての発言】


孫正義

M&Aというと日本ではいかがわしいマネーゲームを連想する人がまだ多いと思いますがそうではありません。日本のM&Aのイメージは創業者が経営に失敗して手放すという負け犬か、業績が伸びている会社に対する敵対的M&A、乗っ取りです。アメリカにはその種の負のイメージはなくて会社は生き物であるという意識が強いのです。健全に継続して育てていかなければいけないという


熊谷正寿

インターネットの場合は特に、スピードが重要。いまや競争相手は世界中にいて、油断をすればすぐに抜かれてしまう。


太田剛

我々は目先の利益ではなく、ブリティッシュ・パブの文化を広げながら、10年後も伸び続けることを考えています。30年間続けてきたおかげで、HUBを理解してくださるお客様が増えてきました。


永守重信

さらに今後2兆円、5兆円、10兆円企業へと成長をするためには、世界中から生産性の高い人材を採用する必要がある。そのときに、残業が常態化し、プライベートの計画が立てにくいような企業だったら、このレベルの優れた人材は集まらない。「残業ゼロ宣言」は、日本電産がこれからさらに高いレベルのグローバル企業を目指す、という宣言でもあるのだ。