ラシーヌの名言

ラシーヌのプロフィール

ジャン・バティスト・ラシーヌ。17世紀、フランスの劇作家。フランス古典主義を代表する悲劇作家。シャンパーニュ地方出身。幼少期に両親を失い、修道院の付属学校で厳格なカトリック教育を受ける。その後劇作家として活躍した。主な作品に『アンドロマック』『ベレニス』『フェードル』『ラ・テバイード 又は 兄弟は敵同士』『アレクサンドル大王』『アタリー』『イフィジェニー』『訴訟狂』ほか。

ラシーヌの名言 一覧

幸福は分かち合うようにつくられている。


ラシーヌの経歴・略歴

ジャン・バティスト・ラシーヌ。17世紀、フランスの劇作家。フランス古典主義を代表する悲劇作家。シャンパーニュ地方出身。幼少期に両親を失い、修道院の付属学校で厳格なカトリック教育を受ける。その後劇作家として活躍した。主な作品に『アンドロマック』『ベレニス』『フェードル』『ラ・テバイード 又は 兄弟は敵同士』『アレクサンドル大王』『アタリー』『イフィジェニー』『訴訟狂』ほか。

他の記事も読んでみる

天野ひろゆき

何も持っていない人はハッタリが大事ってことです。「何かやりそうだ」って雰囲気を出す。ハッタリは元手、ゼロですから。


東山紀之

僕も自分では弱い人間だと思っています。弱いとわかっているからこそ、それに負けない自分をつくるために動いて汗をかくんです。弱さを知って小さな努力を積み重ねていけば、いつかそれは強さに変わるときが来ます。


久能祐子

人と比べてどうかではなく、小さな成功体験の積み重ねの先にあるものを目指して自分を信じてやってみること。


菅裕明

ほかに全く競合がいない。誰もまねしようとすら思わない。他人と違うことを恐れず、そういうことをやろうと、常に考えてきた。


福沢諭吉

人間は、お互い接してみなければ心を通じ合うことはできません。相手と心が通じなければ人物を理解することは不可能です。


松井忠三

異論が出にくい組織は疲弊して、結果的に滅びる。


和田浩子

P&Gでは全員が納得するまで十分に時間をかけてディスカッションし、提案の内容が全員の目的と理解されてはじめて、そのプランが実際のアクションに移されます。


水野雄介

僕たちは先生をメンターと呼んでいて、大学生を採用しています。だいたい子供6人にメンター1人。ぜんぶで500人のメンターがいて、年間では150人採用しています。応募の倍率は3倍くらいです。プログラミングのスキルは必須です。ほかにコミュニケーション力や最後までやり抜く力も重視しています。メンターは子供たちに「こんな先輩になりたいな」と尊敬される存在でなければいけません。


飯田亮

邪念があっては駄目。邪念は見える。


井関清

当社は現在、2123人の社員を抱えるまでになりましたが、友人の「やってみないか」という言葉がなければ今はありません。運があったのですね。


石川泰彦

人材育成は業績達成のための手段である以上、その内容は利益の向上に直結するものでなければなりません。昨日までできなかったことができるように、上司がコーチとして日々の仕事に密着したトレーニングを実践しています。


吉田忠裕

社長に就任して特別何かを大きく変えようと考えていたわけではありませんでしたが、プレッシャーはすごくありました。私が真っ先に言ったのは、創業者と私を比較してくれるなと。私は創業者ではないと。「カリスマ」と呼ばれた創業者と比較されても困るんだということを皆さんにお願いしました。


香川真司

自信と過信は紙一重。「やれる」という強い気持ちを持たないと、こっち(海外)ではやっていけない。だからといって「俺ってすごい」とも思わない。ドイツでは、いい意味で自信をつけることができたけど、反面、ここで結果を残しても、全く満足できない自分もいる。


吉高由里子

私が明日死んでも、作品は明日以降も残ってしまう。だから、ないがしろにはできないなと。そういう年齢にもなってきたし(笑)。ちゃんと結果に納得できるように尽力しないと、自分が恥ずかしいことになるね、って思うようになりました。


林恵子(社会起業家)

面倒だからケンカしない、我慢する、という考え方もあるかもしれませんが、うちの家族はよくケンカします。そのたびに問題をひとつずつ解決していくんです。


ページの先頭へ