名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ラグラム・ラジャンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ラグラム・ラジャンのプロフィール

ラグラム・ラジャン。インドの経済学者。シカゴ大学経営大学院教授。マディヤ・プラデーシュ州出身。インド工科大学卒業、インド経営大学でMBAを取得、マサチューセッツ工科大学で博士号を取得。シカゴ大学経営大学院助教授・教授、IMFチーフエコノミスト、インド準備銀行総裁などを務めた。

ラグラム・ラジャンの名言 一覧

現在の世界を見渡してみると格差に代表される様々な断層があり、越えることができない断層が人々に絶望を与えている。


ラグラム・ラジャンの経歴・略歴

ラグラム・ラジャン。インドの経済学者。シカゴ大学経営大学院教授。マディヤ・プラデーシュ州出身。インド工科大学卒業、インド経営大学でMBAを取得、マサチューセッツ工科大学で博士号を取得。シカゴ大学経営大学院助教授・教授、IMFチーフエコノミスト、インド準備銀行総裁などを務めた。

他の記事も読んでみる

三谷忠照

三谷産業というのは、事業セグメントが6つに分かれていますから、同じ会社の社員といえども全く違う仕事をしている人ばかりです。しかし一方で違う仕事をしているからこそ複合企業としての強みをもっと出せるはず。


諸富祥彦

何事も急激に変わろうとすると失敗する。失敗すると自責の念に駆られ、かえって逆効果を生むこともある。臨床の現場でも「スモールステップの原則」という言葉があり、小さく具体的な行動を実践することが鉄則とされている。


岩瀬大輔

ブランドが大事です。若い世代の間で、僕らは誠実さと透明性を武器にして、古い業界に一石を投じる新しい世代を代表する会社だというイメージを持ってもらっています。そのイメージを強調していけたらいいなと。


飯沼一元

会社を設立する前、米国カリフォルニア州のシリコンバレーでベンチャー企業の経営者たちと付き合う機会に恵まれました。現地では20歳代の起業家が少なくありません。中高年はどうしているかと言うと、エンジェル投資家として有望な若者に資金の供給や助言、ノウハウの提供などを行っているわけです。エンジェルたちはシニアになっても、自分の培った経験を生かして事業を支援しています。ひいては、国力の強化にも貢献できる、非常にスケールの大きな取り組みです。エンジェルの取り組みを目の当たりにして大変刺激を受け、定年後の人生設計を考えるようになりました。


渡辺健太郎(経営者)

何かにチャレンジする精神的なハードルをいかに低くするかが、成功確率を上げる決め手になる。


平岩外四

人間、逃げちゃいけないと思うんです。大事な時にふわっと逃げる人がいる。これ落第です。ボールは正面でつかむものです。


沢渡あまね

働き方改革がうまくいっている企業とそうでない企業はどこが違うのでしょうか。スタート時期、トップのリーダーシップなど様々な要因がありますが、中でも大きな要因の一つに、「やらないことを決断した」ということがあります。そして、たくさんのことをやらない代わりに、「自分たちの組織はどこで勝っていくのか」という強みを明確に定義し直し、そこに労力や時間を注力するようにしたのです。


嶋浩一郎

プレゼンでの言葉遣いは、相手によって変えています。たとえば、「アティチュード」「レスポンシビリティ」などという横文字が好きな人もいますし、逆に、嫌いな人もいます。そのときどきの反応によって、使う言葉を変えていますね。


石渡美奈

厳しい評価をされてモチベーションが下がった、という人は、本当は心が傷ついているのではないでしょうか。それを、たとえば「あんなことを言われたら、モチベーションが下がるよ」とモチベーションの問題にしてしまうと、傷ついた心は放っておいては癒やされない。ですから、まずは「本当にモチベーションが下がったのか? そうではなくて、自分は傷ついているのではないか?」と問いかけてみること。自分の傷ついた心を認めれば、そのぶん回復も早いし、それとは別にやるべきことを考えられるはずです。


安河内哲也

「話す」「書く」といった、自ら発信するのに必要な単語を「アクティブボキャブラリー」と呼びます。これは基本的な単語だけで十分ですが、使い方を正確に覚える必要があります。いかに正確に伝えられるかが問われるからです。ところが、「話す」試験を受ける人がやたらとレベルの高い単語ばかり覚えようとしたりといったケースが意外と多い。これでは試験の点数も上がりませんし、話せるようにもなりません。


程近智

社長としての方針は、任せること。そして、我慢する。僕がすべて指示を出し始めると、社員が伸びないじゃないですか。間違いが起こるリスクもある。でも、そのときはちゃんと救ってあげればいい。


松下幸之助

経営でも、経営学というのがありましょう。経営学は教えることができる、習うこともできる。けれども経営のコツは、生きた経営というものは教えることはできない。習うこともできない。自分で体得せねばしかたないですよ。そこに難しさがあるということを自分でも感じ、人にも話をするんですよ。