ラグラム・ラジャンの名言

ラグラム・ラジャンのプロフィール

ラグラム・ラジャン。インドの経済学者。シカゴ大学経営大学院教授。マディヤ・プラデーシュ州出身。インド工科大学卒業、インド経営大学でMBAを取得、マサチューセッツ工科大学で博士号を取得。シカゴ大学経営大学院助教授・教授、IMFチーフエコノミスト、インド準備銀行総裁などを務めた。

ラグラム・ラジャンの名言 一覧

現在の世界を見渡してみると格差に代表される様々な断層があり、越えることができない断層が人々に絶望を与えている。


ラグラム・ラジャンの経歴・略歴

ラグラム・ラジャン。インドの経済学者。シカゴ大学経営大学院教授。マディヤ・プラデーシュ州出身。インド工科大学卒業、インド経営大学でMBAを取得、マサチューセッツ工科大学で博士号を取得。シカゴ大学経営大学院助教授・教授、IMFチーフエコノミスト、インド準備銀行総裁などを務めた。

他の記事も読んでみる

弘兼憲史

時間管理術にせよ、整理術にせよ、自分の身の回りや頭の中をクリアにすることで、気持ちよく効率よく作業ができ、ムダが減る。


羽鳥兼市

発想の転換も大事。例えば奥さんの誕生日に200万円の指輪をプレゼントするなら、「10万円のバラの花束を20年間あげ続ける」ほうが断然価値がある。そうすると「感謝」を通り越し、「感動」になる。


松本晃(経営者)

かつてのカルビーは、データをコストをかけてきめ細かく収集・分析し、精緻な販売予測をつくっていた。販売量が伸びないとみると、原料の調達を抑えたりしていた。すると農家は、もともと生産量が伸び悩んでいるうえ、手間のかかるジャガイモの生産を減らそうとする。ところが、その予測は外れてばかり。それよりジャガイモを大量に買って生産し、工場稼働率を上げてコストを下げた方がいい。値段を下げてシェアをとって業績を伸ばすのである。


岡野喜太郎

困難にあうごとに、いよいよ頭も冴え、いよいよ強くなるのが私の性格である。


大久保幸夫

論理的思考力の基礎は、文章を理解して、的確に表現できる国語力と、全体の構図をつくる数学力です。基礎学力によるところも大きいですが、ある程度、歳をとってからでも努力で鍛えることもできます。


見舘好隆

上司自身が前向きに輝いて仕事しているだろうか。この人のようになりたいと思わせる魅力的な人がいる職場では、若手の離職率も低いはずだ。若手をなじるのは天に唾する行為に等しく、結局は自分たちに返ってくる。


楠本修二郎

同じワイアードカフェでも出店する場所に合わせて、少しずつ中身を変えているんです。例えばターミナル駅の連絡通路にある店舗なら、1人で利用されるお客さんのために1人掛けの席を多めに作ります。ノマドワーカーが多いエリアなら、カーテンを引けば個室感覚で使える席を用意したりもする。お客さんのタイプも場所によって様々ですから、接客の仕方も変わってきます。だから、マニュアルが作れないんです。


赤塚保正

お店の名前以上に、何がおいしかったかが重要。


ロバート・シラー

現代の社会には、人々が連帯感を抱き、落伍者を出さないようなコミュニティーが必要だ。人々の合意に基づいて、新たな社会的保障を導入すべきだ。


岩佐実次

「個別指導」が子ども達の持つ個性を大切に引き出せる理想の指導。人は百人百様で、得意、不得意な部分は違っていますし、単なる「詰め込み教育の時代」は終わった。


ジャック・ウェルチ

顧客の至上性についての伝統的な考え方がかえって有害で、拒否すること、場合によっては決別することが賢明な策である状況がいくつかあります。

  1. 顧客の値引き要求がこちらの儲けをなくしてしまう場合。その要求を飲んだ場合、業界の価格設定に混乱を招く恐れがある場合。
  2. 顧客が一回限りの製品を要求し、しかもそれがこちらの研究開発グループを会社の戦略目標や財務目標から外れた脇道に追いやるような製品の場合。
  3. 顧客がこちらの社員に横柄な態度で対応する場合。

栗原幹雄

成果の満足感が新たな成果を呼び込みます。私にとって新しい業態や店舗のアイデアを具現化する作業は、一種の芸術だと思っています。自分のイメージ通りにお客様が来てくれた時の達成感はたまりません。


杉山全功

コスト管理と情報開示も大事。開発費を資産計上する会社もあるが、当社は毎月経費で計上。コスト管理を徹底し、数字は四半期ごとに開示。通期で業績を大きく下方修正することがないよう努めている。


見城徹

小手先じゃなく、自分の方法を自分でつかみ取らなくてはならない。だから私はセミナーや講演に行ったことは一度もない。


澤田貴司

数多くの成功事例が得られているのは、商社時代の下積み経験があったから。仕事は大勢の人に支えられて成り立つという意識が血肉になっています。


ページの先頭へ