名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ラインホルド・ニーバーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ラインホルド・ニーバーのプロフィール

ラインホルド・ニーバー。米国の牧師、神学者、政治・社会問題評論家。ミズーリ州出身。イリノイ州エルムハースト大学卒業。ミズーリ州エデン神学校、エール神学校で学び神学の学士号、修士号を取得。デトロイトの聖所福音教会牧師を経てニューヨークのユニオン神学校教授に就任。また、同神学校の副校長を務めた。

ラインホルド・ニーバーの名言 一覧

主よ、変えることができるものを変える勇気と、変えることができないものを受け入れる冷静さと、その両者を見分けるだけの知恵を与えたまえ。


ラインホルド・ニーバーの経歴・略歴

ラインホルド・ニーバー。米国の牧師、神学者、政治・社会問題評論家。ミズーリ州出身。イリノイ州エルムハースト大学卒業。ミズーリ州エデン神学校、エール神学校で学び神学の学士号、修士号を取得。デトロイトの聖所福音教会牧師を経てニューヨークのユニオン神学校教授に就任。また、同神学校の副校長を務めた。

他の記事も読んでみる

和田裕美

目標を設定したら、自分に3つの質問をするようになりました。

  1. 立てた目標を誇りに思えるか。それを達成すれば、誰かの(たった一人でもいいから)役に立っていると実感できるか。
  2. その目標を追いかけることに迷いはないか。例えば、本を書き上げる瞬間、「この内容でいいだろうか」と少しでも迷うところがあれば、最後まで粘って書き直します。
  3. 同じ思いを共有する、頼りになる仲間がいるか。私にとっての仲間とは、もちろん会社のスタッフ、企画に携わる関係者の方、編集者の方たちです。

陰山英男

やりかけたことが、方針変更により途中で頓挫することはありますが、モチベーションが下がったからやりたくないということはまったくないです。それは、面白いと思うことに積極的に挑戦しているからにほかなりません。人が一生でやれることは限られています。モチベーションが上がらないといって落ち込んでいる時間はありません。


石渡美奈

人に認めてもらいたい、褒めてもらいたいという承認欲求は誰にでもあるものだ。自分の仕事を高く評価してもらえるとやっぱりうれしいし、次の仕事への活力となる。だから、成果を出した部下を褒めることは、上司にとって重要になる。


程近智

利益が稼げないと新製品開発に十分な投資ができず、イノベーションも生まれない。


坂田大輔

U-20代表の3年間は大きかった。実戦の中で同世代の代表レベルの力を感じられたのはいい経験でした。


河岸宏和

今は職人が焼いているチェーン店なんてほとんどありません。火が通った状態でパックされたものを湯煎するだけ。企業にとっては「食の感動」よりも「いくら儲けるか」が重要なのです。つまり、鮭を上手に焼ける人よりも、安い給料で真空パックを茹でてくれる人こそが求められる。それが今の外食産業の本質なんです。大根の桂剥きを教えてもらい、苦労してできるようになった。この実感の積み重ねが「職人=プロ」をつくり上げていくのです。真空パックを茹でる作業をいくら繰り返したところで、手応えも成長もなければ、続けるモチベーションも湧かず、適当な仕事になるのは仕方がないことです。


大野裕

一般に、生真面目で責任感が強い人はうつ病になりやすいといわれます。しかし、うつ病は誰でもかかるもので、その人にとって苦手な状況におかれたときに発症すると考えたほうがいいでしょう。人間関係を大切にする人は、仕事の成績よりも職場の人間関係の挫折が重くのしかかりますし、パフォーマンス重視の人は業績が落ちると気分も落込みます。たまたま「当たりどころが悪かった」だけで、誰でもうつ病になる可能性があるのです。


川端裕人

注意したいのは、自分が安心できる立場を周囲に押し付けないことです。他人がそれぞれの合理性の中で特定の意見を選んだのであれば、それは尊重すべきだと思います。


羽生善治

若いときは勢いで将棋を指すことができました。けれどもある程度経験が蓄積されると、過去の成功体験や失敗体験が足かせとなって、思い切った決断ができにくくなるものなんです。経験によって状況を把握する力が高まる半面、迷うことも増えてくるんです。そのときに手堅い将棋をするのもひとつの手ですが、そればかり続けていると確実に時代から取り残されることになります。そこで、迷いに対しては意識的に見切りをつけ、アクセルを強めに踏んで前に進もうとする。それぐらいでちょうどいいのではないでしょうか。


サティア・ナデラ(サトヤ・ナデラ)

顧客に夢中になれ!


松井道夫

日本の金融・証券業界に今求められていることは、コスト構造を変えることです。長い間規制に守られてきたこの業界では、「供給者の論理」を前提としたビジネスが行われ、「虚業」が育成されてきました。私の定義では、「虚業」とは「顧客が求めていないコストで成り立っている商売」を指します。コスト構造を変えるということは、こうした虚業を廃して、「実業」、すなわち「顧客が求めているコストを前提とした商売」に変えていくということです。


坂口安吾

人生はつくるものだ、必然の姿などというものはない。