ラインホルド・ニーバーの名言

ラインホルド・ニーバーのプロフィール

ラインホルド・ニーバー。米国の牧師、神学者、政治・社会問題評論家。ミズーリ州出身。イリノイ州エルムハースト大学卒業。ミズーリ州エデン神学校、エール神学校で学び神学の学士号、修士号を取得。デトロイトの聖所福音教会牧師を経てニューヨークのユニオン神学校教授に就任。また、同神学校の副校長を務めた。

ラインホルド・ニーバーの名言 一覧

主よ、変えることができるものを変える勇気と、変えることができないものを受け入れる冷静さと、その両者を見分けるだけの知恵を与えたまえ。


ラインホルド・ニーバーの経歴・略歴

ラインホルド・ニーバー。米国の牧師、神学者、政治・社会問題評論家。ミズーリ州出身。イリノイ州エルムハースト大学卒業。ミズーリ州エデン神学校、エール神学校で学び神学の学士号、修士号を取得。デトロイトの聖所福音教会牧師を経てニューヨークのユニオン神学校教授に就任。また、同神学校の副校長を務めた。

他の記事も読んでみる

白潟敏朗

最近部下をどのように褒めてよいかわからない上司も多いようです。たしかに、部下の心に最も響く褒め言葉を選択するのは難しいものです。褒め言葉に悩んだときには、いろいろな言葉をかけてみて、部下が最も喜んだ言葉を手帳にメモしておくことをお勧めします。


木川眞

戦略のグランド・デザインが明確ならば、戦力は逐次投入せず、大胆に投じるべき。


熊坂隆雄

私は面白く楽しく生き、しかも昨日より着実に成長したという喜びを獲得したい。社員にもそうあってほしい。これが実行できてこそ、顧客、株主、ひいては社会全体に貢献できるビジネスも具現化しているに違いないと確信しています。


山田満(経営者)

高いハードルをクリアできたら、社員の自信にもなり、それをステップにしてさらに高い目標を掲げることもできる。


田母神俊雄

自衛隊では、「私心をなくせ」とよく教えられるのですが、それはなかなか難しい。私も入隊したてのころは、私心を捨てることができないと真剣に悩んだものです。30代半ばに、私心を捨てるのは無理だと悟りました。そうではなく、自ら私心を認めたうえで、少しでも多くの国家・国民のことを考えようと発想を変えたのです。


斉藤仁

100%稽古できないやつは、試合に出る資格はない。


小林保清

ちょうど上場時、企業の経営規範にはコンプライアンス、コーポレートガバナンス、アカウンタビリティーといったカタカナ言葉が登場し始めていました。上場にあたり、改めてこれらの概念を研究したのですが、考えてみると、創業以来の社是である「正しきことに従う心」そのものであることに気づきました。


長谷川健太

選手やコーチなどのスタッフとコミュニケーションを取ることが、たいへん重要だと考えています。練習場で指導するだけでなく、それ以外の場面でも会話を重ねることで、こちらの考えがよく伝わりますし、相手が考えていることも分かり、理解し合えるようになるのです。


内藤誼人

いつもいい加減な仕事ぶりでも、実績が伴えば高評価が得られる。大切なのはなんでもいいから、とにかく結果を残すこと。実績さえあれば、いつか必ず職場内外からの評価が高まり、あなた自身への信頼度も高まるはずです。


加賀田晃

セールスマンとしての実績を積んだ後、営業の指導を始めて29年。指導に当たった中で、「売れない営業マン」に共通しているのは、「自分のことしか考えていない」ということです。どんなにへりくだろうがお世辞を言おうが、相手のことをまったく考えていないのは、不思議なほどお客様に伝わります。「所詮は自分の成績を上げたいだけでしょ」と即座に見抜かれてしまう。だから信用されず、「この人から買おう」と思ってもらえない。


貝沼由久

我々が現在の技術だけで、新しい世界に生き残っていけるかを考えた時に、やはり新しい技術を取り込んで伸ばしていかなければいけないという結論に至りました。いろんな要素技術を結合してIoT時代に必要な新しいデバイスをつくる準備をしておかないといけないなと。これが一番大きな理由です。

【覚え書き|ミツミとの経営統合のきっかけについて】


渥美育子

グローバル人材を育てるのは、決して「エリート」を増やすためではありません。英語を学べばよいということでもありません。英語は道具です。本質的な議論をしていないことは、大きな勘違いだと思います。


田中宏司

コンプライアンスの真の意味は、「ビジネスにおける誠実性」。


三谷宏幸

大事なのは、「自分が本当にやりたいことは何か」を明確にする。そして、そのためにはどうしたらいいかを考え、準備をしていくこと。


松方弘樹

趣味でも仕事でも遊びでも、30代というのは何事もやったほうがいい。自分でブレーキかけることはないよ。なぜなら、勝手に絞られてきますから。たとえば、僕はもう30の倍以上の年齢になっています。自然とあれもこれも……とはできなくなってくる。結果、趣味の面で究極、ひとつ残ったのが釣りだったわけ。


ページの先頭へ