名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ライプニッツの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ライプニッツのプロフィール

ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ。ドイツの哲学者、数学者。ライプツィヒ出身。ライプツィヒ大学、イエーナ大学、アルトドルフ大学で学んだ。ベルリン科学アカデミー会長、帝国宮中顧問官などを務めた。

ライプニッツの名言 一覧

自然界には完全に同じものはふたつとしてない。


もしこの世界に悪がなかったら、それはもはやこの世界ではない。


知性のなかには感覚から引きだされないものはない。ただし知性そのものは例外である。私は2+2=4になることを知るのに、感覚の助けなど借りはしない。


ライプニッツの経歴・略歴

ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ。ドイツの哲学者、数学者。ライプツィヒ出身。ライプツィヒ大学、イエーナ大学、アルトドルフ大学で学んだ。ベルリン科学アカデミー会長、帝国宮中顧問官などを務めた。

他の記事も読んでみる

勝間和代

作業時間を短縮する5つのステップ

  1. 仕事は得意なこと、好きなことから手をつける。
  2. 集中力が途切れたら、メールなどの単純作業を処理。
  3. 上司や部下から仕事を頼まれたときは、1回断る。
  4. 予定通りに仕事が進行していないと感じたら、周りの人の意見を聞く。
  5. 帰社する前に必ず1日の進捗状況をメモして、整理する。

岩崎琢弥

サラリーマンは人事で人生が決まっちゃうから怖い。その意味では、人事考課を間違える人は上に立つ資格がないと思います。しかし、結局は一人でなくみんなが見ている。だから最終的にはダマカシがきかない。ダマカシがきく会社はもう駄目だ。


西田弘次

人間は誰もが、自分が大事にしているものが一番だと思っています。上司は仕事で成果を出すことが何より大事だと考えていても、部下は休日に旅行するのが楽しみで働いているのかもしれない。上司にとって成果が第一なのと同様、その部下は旅行が人生の最優先事項なのです。だから、それを認めて、「そうなのか。だったら、次の休みは旅行を存分に楽しめるように頑張ろう」と言ってあげてください。そこで「バカなことを言うな!」と否定すれば、部下のモチベーションは一気に失われてしまいます。


福井威夫

いまの量産車に、F1の技術が直接応用される部分は少なくなりました。好成績をあげてもかつてほどには販売に結びつかない。それでも世界の頂点を目指してF1参戦を続けるのは、技術者たちにとって修羅場を経験する最高の道場だからです。修羅場を経験させるために、年間100億円単位の予算を投入する。会社が主人公なのではなく、自分が主人公になって学び、やりたいことを実現していく人材が育成できるなら、惜しくはありません。


入山章栄

最近の経営学では、リーダーに必要な素養の一つが「トランザクティブ・リーダーシップ」だとされています。要するに「よくできたら褒め、失敗したらきちんとペナルティーを科す」というものです。しかし実践しようとすると部下を一人ひとりきちんと見ないといけないのでとても難しい。


鈴木茂晴

会社が自分のことを考えてくれていると実感した社員は、自分の力を高めながらこの会社でずっと働いていこうという気になってくれる。「働き方改革」と会社の競争力は直結している。


渡辺健介

仮説思考のメリットは、問題解決のスピードを上げることです。例えば、原因を特定する際、すべての要素を検証していては時間がいくらあっても足りない。経験や知識を生かして「ここに問題がありそう」と、自分なりの答え(仮説)を持つことで、より効率的かつ高い精度で問題が解決できます。


堀江裕介

レシピ動画は海外でもいけるはず。海外で日本食は注目されていますが、つくり方が独特でわからないので、ブログで調べている人が大勢います。クックパッドの海外展開がうまくいっていないからクラシルもダメだと言われますが、クックパッドが苦戦しているのは国内の資産を活用できていないから。僕らは違います。


高橋がなり

僕はね、こういう気持ちがあるんです。この人とお付き合いしたんだったら、自分もそこに上がっていくしかない。やっぱり優秀なスタッフと仕事がしたいと思うんだったら、自分が優秀になるしかないと。


飯島彰己

(総合商社は各社)お互いに手がけるビジネスモデル、事業領域、得意な領域、これはだいぶ変わってきている。各社それぞれ強い部分があって、そこに行ってもかなわないし、変な競争をする必要はない。


坂本孝

これまでは、料理人は店の売上げには関与しないのが一般的でした。損益には責任を持たない代わりに、メニューを自由に組み立てる権限もなかったのです。しかも、効率を重視する経営側からは、「新たなメニューは作らずに現状維持でいい」と指示される。また、原価率は20%と決められており、これを超えると料理人の給料から補てんする高級店もあったようです。このような環境では、料理人の腕を発揮できないばかりか、原価や味に妥協しなくてはならないことも多く、料理人の不満は募る一方だったようです。そんな彼らが当社でメニュー作成の裁量を与えられ、店の売上げに責任を持つようになったのです。彼らにとってはこの状態がおもしろいらしく、ミシュランの星つきクラスの料理人が大勢当社に集まってきました。これまで料理の提供に専念していた料理長が、「俺の~」では閉店後に自分のつくったメニューの売行きをチェックし、売行きによっては翌日からメニューを変えるなど対応しています。


菜々緒

私は「やる」と決めたら100%の力でやり抜くことを自分のルールにしています。子供の頃から、ずっとそうです。