名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ライプニッツの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ライプニッツのプロフィール

ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ。ドイツの哲学者、数学者。ライプツィヒ出身。ライプツィヒ大学、イエーナ大学、アルトドルフ大学で学んだ。ベルリン科学アカデミー会長、帝国宮中顧問官などを務めた。

ライプニッツの名言 一覧

自然界には完全に同じものはふたつとしてない。


もしこの世界に悪がなかったら、それはもはやこの世界ではない。


知性のなかには感覚から引きだされないものはない。ただし知性そのものは例外である。私は2+2=4になることを知るのに、感覚の助けなど借りはしない。


ライプニッツの経歴・略歴

ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ。ドイツの哲学者、数学者。ライプツィヒ出身。ライプツィヒ大学、イエーナ大学、アルトドルフ大学で学んだ。ベルリン科学アカデミー会長、帝国宮中顧問官などを務めた。

他の記事も読んでみる

望月広愛

人に対してやさしい気持ちを持つことが大事だということです。僕は、電車の中でお年寄りが立っているのに平気でタヌキ寝入りするような奴の集団では、会社は絶対に儲からないと思います。人を思いやり、互いを思いやることで、会社の生産性は永遠に伸びていきます。


犬丸徹三

私は即座に返事ができなかった。ホテルの使用人、それはしょせん客商売にすぎない。最高学府の過程を修めながら人に揉み手をして低頭する卑賤な職業にまで身を落とさなくてもよかろう。
【覚書き|一橋大学を出て、満州鉄道に職を求めたところ、ホテルの仕事を示されたことを振り返っての発言。大学の恩師に相談しホテル入りを決意。この後、中国大陸へ渡りボーイとなり、日本を代表するホテルマンへの道を歩み始めた】


森山透(経営者)

結局、風通しのいい社風とシンプルな言葉がコミュニケーションを生み出す。当社は正社員が4千人弱で、臨時社員や契約社員などを含めると相当数が働いています。この大きな所帯のベクトルをひとつにしなければならないのですから、シンプルに、コミュニケーション良く、「明るく、楽しく、元気よく」働くことが何より大切なことなのです。


安藤広大

中間管理職自身が、上司と部下に挟まれた「間」の立場を正しく理解出来ているか否かが、企業の成長性に大きく影響します。「間」の存在である事を正しく理解出来ていない中間管理職は、「自分は市場に対面している」存在だと勘違いをします。経営者が評価を獲得する相手は「市場」ですが、中間管理職は「上司」。また、経営者は会社全体のルールを決定しますが、中間管理職は「会社のルールの範囲内で」ルールを決めなければいけない存在です。


新井直之(執事)

本当のお金持ちは日々の暮らしは質素ですが、お客様や自分を支えてくれている人をもてなすときの出費は惜しまれません。自分のことにお金を使うのが成金ならば、普段は質素で状況に応じてメリハリのある使い方をされるのが、本当のお金持ち。


勝海舟

彰義隊の戦争の日だったが、官軍200人ばかり出て、俺の家を取り囲んで、武器などはいっさい奪い去ってしまった。しかし、このとき俺が幸いに他行(外出)していたために、殺されることだけは免れた。こんなふうに九死の中から一生を得たことは、これまでずいぶん度々あったよ。思えば俺も幸せ者さ。


水島広子

親からいつも誰かと比較されて育った人は、「他人からの評価」=「自分の価値」になりやすい。また、親から与えられる愛情が不安定だった人も、心に傷があり、自分に自信が持てず、いつも人に認められたいと願うようになります。そういう人が、自分の存在を認められなくなる危機に直面すると、過去の「心の傷」が刺激される。それが嫉妬の感情です。


野口美佳

机上の勉強や資格を取得することが大切ではないとは言いませんが、それよりずっと重要なのは、現場に飛び込んで、どんどん体感することです。そして、いろんな失敗も経験してみるといい。トライ・アンド・エラーを繰り返していくうちに、仕事は楽しくなっていくし、成長も実感できるようになるはずです。ただし、同じ失敗は二度としないように。


鈴木敏文

僕は大衆の立場に立ってコンビニエンスストアは何かというものを追求してきた。


小西利行

ロジックが繋がっているけれど、そこに「ヘェー」という驚きがあれば、そんなに嫌じゃない。そこだと思いますね。コンサルティングの人の話とかで、たまに困ったなと思うのは、ロジックは整然としているけれど、なんの発見もないっていうか、あなたの会社は、こうで、こうで、こうです。だからここの部分を強化したほうがいいですよ、みたいな。そんな正論を真顔で言われましてもね(笑)。だったら、どうやったら解決すると思うか、アイデアを提示してください、ですよ。


竹中宣雄

リーダーを軸に3人でお客様に対応するチーム営業を始めました。当時の住宅販売は、営業マンが個人でお客様を囲い込むことが多かった。もちろん情報も独占します。これでは個人の力量に頼りきることになり、組織の力を生かせません。チーム営業は情報を共有し、みんなで知恵を出し合います。顧客情報のブラックボックス化がなくなり、組織での対応ができるようになりました。


井上武(経営者)

社員満足なくしてお客様満足なし。