ライサ・ゴルバチョフの名言

ライサ・ゴルバチョフのプロフィール

ライサ・ゴルバチョフ(ライサ・マクシーモヴナ・ゴルバチョワ)。ソビエト連邦の社会学者。ソ連のゴルバチョフ書記長の妻。シベリアのアルタイ地方ルブツォフスク出身。モスクワ大学哲学部在学中にのちに夫となるゴルバチョフと出会う。社会学者としてモスクワ大学で教鞭をとりながら夫を支えた。

ライサ・ゴルバチョフの名言 一覧

私たちは、私たちの人生の中ですべてを経験してきました。喜びと悲しみ、懸命な働きと非常なまでの神経の張りつめ、成功と失敗、貧困、飢えとそして物質的な豊かさ。彼(ゴルバチョフ書記長)と私は私たち二人の初期の関係と基盤と、目的と理想を保ちつつ、それらすべてを経験してきました。私は精神の強さ、勇気と堅固さが、いま夫に立ちはだかる先例のない、私たちの人生でもっとも厳しい試練を耐え抜く力となっていると信じています。願わくば。


ライサ・ゴルバチョフの経歴・略歴

ライサ・ゴルバチョフ(ライサ・マクシーモヴナ・ゴルバチョワ)。ソビエト連邦の社会学者。ソ連のゴルバチョフ書記長の妻。シベリアのアルタイ地方ルブツォフスク出身。モスクワ大学哲学部在学中にのちに夫となるゴルバチョフと出会う。社会学者としてモスクワ大学で教鞭をとりながら夫を支えた。

他の記事も読んでみる

大葉ナナコ

いまは多忙ですが、多望です。近々大学院に社会人入学し、開発した出産準備教育や誕生学プログラムをさらに検証し、品質も高めていきたいと思っています。夢は日本発の世界に通用する命の教育プログラムと教材づくりです。


パトリツィオ・ディ・マルコ

激しい競争に勝ち抜くには、消費者のロイヤリティを獲得し、増やす必要があります。消費者との感情的な結びつきを持つことです。


平賀源内

わがままに自分のしたいことに専念するために脱藩したい。
【覚え書き|高松藩への辞表に書いた言葉】


川又克二

いまのように自由、自由と言いながら、不自由の何かを知らない人間では、自由の限度がわからない。一歩営門を入れば、精神的にも肉体的にも拘束され、自分の意思は全体に吸収されてしまって行動がとれぬ。そういう拘束状態を体験すると、はじめて自由とはどんなに嬉しく価値あるものかがわかるのである。軍隊とは言わぬが、国民訓練所のようなものをつくって、半年でも一年でもいいから、若い者が集団生活をすれば、社会秩序を保つための教育訓練にもなるであろう。


安田隆夫

私が実行した権限委譲は、まさしく板長が見習の皿洗いに板場を任せるようなもの。そりゃハラハラし通しだったよ。たとえば同じ商品を、私が(卸売業で)卸す売値より、わざわざ他社から高く仕入れてくる奴がいたりとかね、そんな下手や失敗は山のようにあった。それでも私は口を出さずにじっと耐え、彼らを見守った。以前とはうって変わって、社員かいきいきと仕事をし出したからだ。


遠藤優

修羅場の連続でした。私が入社したころは電力会社の雰囲気で、のんびりした社風でした。田舎とはいえ名門企業と言われ、倒産することなどありえないと思っていました。それが経営破たんと隣り合わせの歩みになったわけですから、社長時代は、いつも刃の上に乗っているような緊張感がありました。


西尾太

40代ではとくに人材育成と専門性が大切。部下がいるのに、相談に乗るどころか、雑用係のように扱う人も少なくない。そういう人は個人として成果を出しても、周りからは困った人だと思われてしまう。


中野健二郎

社員の心のベクトルは、扇形が理想です。全員が同じ方向を向くと会社として視野が狭くなりますし、バラバラな方向を向く社員がいても困ります。一定の広がりを持ちつつ、社員がおおよそ同じ方向を向かなければ事業は伸展しないのです。


テリー伊藤

イルミネーションを見て「いいなあ」と言うのか「さあ、クリスマスだ」と言うか、まずそこが大違い。うらやましがっているのではなく「よし、行くぞ、クリスマス!」という気持ちを失ってはいけない。


赤澤健一

ちゃんと報告することが信頼性に繋がっている。


富野由悠季

僕は作品作りの基本は、異種格闘技だと思っているんです。つまり、違うものをどれだけ自分の中に叩き込めるか。それにはありきたりかもしれないけれど、見聞を広げることが必要。いろんな場所へ出かけ、いろんなものを見るといい。全部演出の手がかりになるから。


澤田秀雄

いまは日本だけでやっていても成長しない。世界をマーケットにしなければならない。大変だけど面白くなってきました。


冨安徳久

従来の葬儀業界では、リピーターをつくることではなく、一度の葬儀でどれだけ売り上げられるかが重要でした。なぜなら、売上げの一部が自分の手当となるシステムだったからです。必然的に、社員はなるべく価格の高い祭壇を売るようになる。しかし、それでは最も心を傾けるべきご遺族の気持ちが置き去りにされてしまう。絶対にそんなことがあってはならない。社員には「徹底的に遺族の方に尽くす」という精神で仕事をしてもらわなければなりません。


齋藤孝(教育学者)

一番危険なのは「分かってます」「知っています」という言葉。つい口走っていませんか? 孔子は「知るを知ると為し、知らざるを知らざると為す。これ知るなり」と言っています。知っていることと知らないことを明確に意識していることが知るということなのだと。さすが孔子ですね。これが分かれば自分を修正することもできます。


安藤文男

当社はエンジニアで発祥した会社ですから、やはり技術を磨くことが第一で、創業の原点を忘れずにいこうと思います。


ページの先頭へ