名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ヨルゲン・ランダースの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヨルゲン・ランダースのプロフィール

ヨルゲン・ランダース。ノルウェーの環境経済学者。BIノルウェー経営大学院教授・校長。専門は気候問題への戦略や対策、持続可能な発展、シナリオ分析法など。世界自然基金(WWF)副事務局長、ノルウェー温室効果ガス排出対策委員会議長、BIノルウェー経営大学院教授・校長などを務めた。著書に『成長の限界』『限界を超えて』『成長の限界 人類の選択』ほか。

ヨルゲン・ランダースの名言 一覧

人間は、どんなに教養がある人でも短期的な思考に陥りがちです。長期的な利益のために、短期的な利益を犠牲にすることが得意ではないのです。その意味では、先進国ほど、政治経済にもっと長期的な視点を取り入れる必要があります。


重要なのは誰の立場から物事を見るかでしょう。


未来についての意見は多様であっていいと思います。


人道主義的な活動家は、気候変動の問題を引き起こしている元凶として常に企業や政治家を責め立てますが、本当は政治家ではなく有権者を責めるべきでしょう。企業も、消費者の買いたいものを作って利益を得ています。ですからその企業の立ち振る舞いが気に入らなければ、消費者が買わなければいいのです。私は一義的に責任があるのは有権者、あるいは消費者だと考えています。


ヨルゲン・ランダースの経歴・略歴

ヨルゲン・ランダース。ノルウェーの環境経済学者。BIノルウェー経営大学院教授・校長。専門は気候問題への戦略や対策、持続可能な発展、シナリオ分析法など。世界自然基金(WWF)副事務局長、ノルウェー温室効果ガス排出対策委員会議長、BIノルウェー経営大学院教授・校長などを務めた。著書に『成長の限界』『限界を超えて』『成長の限界 人類の選択』ほか。

他の記事も読んでみる

こざき亜衣

いつも大切にしていることは、目の前の1話がどうやったら面白くなるのかな、と。そのために必要なのは、こういう展開になるとこの子はこういう気持ちになるよなとか、こっちの子はいい気がしないだろうなとか、登場人物ひとりひひとりの感情を丁寧に考えていくことだと思っています。


小原鐵五郎

60年以上もこうした仕事をしていると、話をしただけで、この人は立派だとか、まじめだとかわかる。中小企業の社長さんでも、豪華な車を乗り回し、派手な服装をしている人が多いが、こういう人のいる企業は概して将来が暗いね。


倉本聰

ガッツ石松さんを見ろ。北の国からに出演した時、セリフが棒読みでどうしようかなと思ったよ。だけど、本人はすごく一生懸命に取り組んだ。すると、いつしかぶっきらぼうな、棒読みだったセリフに味が出てきたんだよ。あまりにもまっすぐにコツコツ積み上げていくと、その不器用が武器になるんだなぁ。だから、おまえも「俺は不器用だから」と諦めたらダメだよ。


熊谷正寿

一般的なビジネスマンが投じられる資金コスト、時間コストの中で得られる情報が飛躍的に増大したのがこの10年だったと思います。その結果、昔よりもピンポイントで正しい情報に到達することが極めて重要になりました。そうしなければ、貴重な時間を浪費するからです。


横須賀てるひさ(横須賀輝尚)

お客さんの不安を払拭するために、サイトにはサービスの内容と料金をきちんと表示し、「こういうサービスをしたらいくら」というのをハッキリさせます。そして「少し不安だけど、この値段だったら試してみようかな」と思ってもらえるような低価格のお試しコースや初回半額クーポンなどを設けると、トライアルのお客さんが得られます。


黒土始

松下幸之助さんの講演を聴いたとき、「松下さんの苦労に比べれば、自分の苦労など知れている。松下さんは小学校すら出ていないのに、自分で開発した商品を自分で売り込んで会社を大きくしていった。かたや自分は、中退したとはいえ大学にまで進学している。恵まれているな」と思いました。


松本大

大事なのは、世の中の大きなトレンドを見逃さないこと。


森川亮

ユーザーは、いいか悪いかをロジカルに判断するのではなく、好きか嫌いかで判断する。


俣野成敏

ハズレを知るからこそアタリが見えてくる。そして、アタリだったことを深掘りして学んでいけばいい。


和田大(ワダックス)

趣味のホームページを立ち上げるためにレンタル・サーバーを利用していたのですが、当時の共用サーバーは容量も機能も少なく、十分な容量や機能を求めると月額1万円以上も出さなければならなかったのです。こんなに高いのなら、自分でやろうと思いました。十年以上も前の話です。
【覚書き|レンタルサーバー事業を開始したきっかけについて語った言葉】


坂井辰史

レガシーのコストを落としながら、新しい分野に経営資源を再配分していくことが「稼ぐ力」を強化するためには極めて重要。


坂井辰史

異業種とは戦いがある一方で、新たなビジネスモデル、テクノロジーを謙虚に採り入れていく必要がある。テクノロジー企業に対して金融業は衰退産業で、構造不況業種だという見方があるのは承知しているし、そのリスクはあると思っているが、私自身は十分戦えると思っている。