名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ヨハン・ゴットフリート・ヘルダーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヨハン・ゴットフリート・ヘルダーのプロフィール

ヨハン・ゴットフリート・ヘルダー。ドイツの哲学者、文学者、詩人、神学者。東プロイセン・モールンゲン(のちのポーランド・ヴァルミア=マズールィ県オストルダ郡モロンク)出身。ケーニヒスベルク大学卒業。

ヨハン・ゴットフリート・ヘルダーの名言 一覧

労働は美徳の源泉である。


ヨハン・ゴットフリート・ヘルダーの経歴・略歴

ヨハン・ゴットフリート・ヘルダー。ドイツの哲学者、文学者、詩人、神学者。東プロイセン・モールンゲン(のちのポーランド・ヴァルミア=マズールィ県オストルダ郡モロンク)出身。ケーニヒスベルク大学卒業。

他の記事も読んでみる

樋口武男

大和団地の再建が完了し、01年に合併で大和ハウスの社長として戻ると、そこも尋常じゃない「大組織病」に冒されていたんです。まず2年だった役員の任期を1年に。成果をあげなかった人は役職を剥奪することで、危機感を抱かせた。支店長に大幅に権限を与えて、給料を年俸制に。10も15も押していた稟議書の判子を2つ程度ですむようにした。その代わり赤字を出した支店長はボーナスゼロ。結果、04年には大幅な増収・増益です。


ヴィヴェーカーナンダ

服従を知る者は、命令する術を知っている。まず第一に服従することを学べ。我々は組織を求めている。その秘訣は服従である。


安原弘展

いろいろな職場で残業の状況について話を聞いていると、若い社員は「部長が残って仕事をしているのに先に帰れない」と言い、逆に部課長クラスは「部下が頑張っているのに先に帰れない」と言ったりします。ですから、私は部長や課長たちに、「君たちが率先して早く帰宅しなさい。そのほうが部下の能率はずっと上がるぞ」とアドバイスするようにしています。


出川哲朗

昔から「芸はないし、容姿もこれだし、でも何とかなるだろう。芸能界で絶対に売れる」とも思っていました。この自信の根拠は、困っちゃうことに何もないんです(笑)。


瀬戸欣哉

ブランドには3つの評価軸があります。認知度、カテゴリー想起力、好感度です。まず1番目の認知度はものすごく重要です。僕が創業した工具のネット販売会社モノタロウでは、コマーシャルで「モノタロウ、モノタロウ」と連呼しています。社名を覚えてもらうのが最大の目的だからです。調査してみると、モノタロウでの購入理由で一番多かったのが「社名を知っていたから」でした。一方、購入しなかった理由としては「モノタロウを知らなかったから」か、「買おうとした商品のブランドを知らなかったから」というのが最も多かった。


原晋

悩みや懸案事項などが、走ることでいったんリセットされる。行き詰まった時ほど、無心で走って頭をスッキリさせると、アイデアが浮かびやすくなる。思考を深めたい人は、走りながら考えればいい。


井深大

私はこのとき新商品の開拓の困難さと、それが成功するといかに強いものであるかということを十分に味わった。
【覚書き|最初に開発した机ほどの大きさのテープレコーダーを、トランクほどのサイズまで縮め、価格も前モデルの半額で提供したところ爆発的に売れたことを振り返っての発言】


藤田晋

業績には好不調がある。中長期で成長を見据えるには、役割分担やチームプレーが非常に大事になる局面があり、底力を発揮して危機を乗り切る会社は、社員の帰属意識が高い場合が多いように思える。そのような粘り腰の強い組織にするには、社員の就社意識は非常に重要だ。


ファイティング原田

全然、相手のパンチ力が違ったね。それだけじゃなく身長から体格まで違った。背が高いからパンチが届かないんだ。でも、そんなに人間変わらないと思って闘うしかない。
【覚書き:フライ級からバンタム級に移ったときの発言。その後、世界フライ級に続きバンタム級でも世界チャンピオンを獲得した。】


麻生けんたろう

相手が初対面だったりすると、なかなか会話が続かないものです。そういうときに会話のきっかけになるのが「ド」から始まる質問なんです。「どちらからいらしたんですか」「どれくらい?」など。イエス・ノーでは答えられないから自然と会話に深みと広がりが出てきます。


マーク・マコーマック

自分たちの専門知識の本当の価値にふさわしい料金を請求していない会社は多い。素人が同じ知識を獲得するのにどれだけのコストがかかるかわかっていないのだ。我々も最初の10年間はそうだった。この時期、スポーツイベントで取引した企業は1000を超す。スポーツを通じて企業がマーケティング上の目的を達成する方法について私たちは膨大な知識を蓄積していた。当時は、その知識を無料でプレゼントしていた。


御手洗冨士夫

経営ポリシーとか経営戦略はトップが作るものだし、それはトップダウンで現場に下していくべきものです。仮にも間違っていたら集団を誤って導くことになりますから、その責任もまたトップが取らなければいけない。キヤノンの経営計画はもちろんディスカッションを重ねてリファインしながら作りますが、コアとなる考え方は自分で責任を持って作ります。