ヨハン・ゴットフリート・ヘルダーの名言

ヨハン・ゴットフリート・ヘルダーのプロフィール

ヨハン・ゴットフリート・ヘルダー。ドイツの哲学者、文学者、詩人、神学者。東プロイセン・モールンゲン(のちのポーランド・ヴァルミア=マズールィ県オストルダ郡モロンク)出身。ケーニヒスベルク大学卒業。

ヨハン・ゴットフリート・ヘルダーの名言 一覧

労働は美徳の源泉である。


ヨハン・ゴットフリート・ヘルダーの経歴・略歴

ヨハン・ゴットフリート・ヘルダー。ドイツの哲学者、文学者、詩人、神学者。東プロイセン・モールンゲン(のちのポーランド・ヴァルミア=マズールィ県オストルダ郡モロンク)出身。ケーニヒスベルク大学卒業。

他の記事も読んでみる


近藤太香巳

人間というのは中途半端にやったものは逆境が来た時に諦めてしまう。でも、本気でやったものは諦めきれないんです。悪い人に騙されたからと言って、世の中こんなもんだ、社会なんてこんなものだって思ったら、心が貧乏な人間になってしまう。だから、いい人間を見分けられるようになろうと思いました。


加藤薫

社内にはすべてを完璧にやろうとする意識が強すぎます。変化の激しい時代に供給者の都合で100%の完成度になるまでサービスをつくり込んだら、競争に出遅れてしまいます。


佐藤可士和

「その場」を包む空気はとても重要です。打ち合わせ場所の環境は決定に何らかの影響を与えていると思います。たとえば、恋人に告白する際、感じのいいレストランを予約したりするでしょう。それは感覚的にその場にふさわしく、相手や用事に合わせて選ぶからですよね。ビジネスシーンでは、皆さん、そういったことはあまり考えないかもしれないけれど、会議や打ち合わせも同じ。人間ですから環境の影響を受けるはずなんですよ。


外村仁

自分が主体的に仕事に参加した人は、結果的に長時間労働になってもそれほど疲れないじゃないですか。そんな社員を多く抱えられる組織が、これからの競争を勝ち抜くと思います。


小山進

コンクールに出すショコラにしても、「ただ食べてもらうだけでは作品に込めた思いを審査員に伝えきれないかも」などと心配になり、評価の対象にはならないのに説明書やパッケージのデザインまで気になって、何度も何度も作り直したりします。


能町光香

相手を観察し、タイプを把握しましょう。相手の望みに即したコミュニケーションが、信頼の源となる。


宮城治男

株式市場に苦しめられた経営者や、おカネが動機になりにくい若者が出てきた時代、次に歩むべき道は社会への貢献を仕事にしていくということではないか、と私は考えたのです。そこで我々の事業も、徐々に社会起業家の育成に傾いていきました。


ページの先頭へ