名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ヨハネ・パウロ・2世の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヨハネ・パウロ・2世のプロフィール

ヨハネ・パウロ・二世。本名カロル・ユゼフ・ヴォイティワ。第264代ローマ教皇。ポーランド出身。反共産主義と東欧の民主化活動に尽力した人物。神学校が禁止されていたナチスドイツ占領下のポーランドの非合法地下神学校で学ぶ。ローマの教皇庁立アンジェリクム神学大学に留学し、神学博士号を取得。卒業後はポーランドへ戻り、クラクフの教区司祭、補佐司教、大司教、枢軸卿を経て教皇に就任。世界各国の指導者と接し、大きな影響を与えた

ヨハネ・パウロ・2世の名言 一覧

自由とは、ただ好きなことをするのではなく、我々が当然すべきことをなす権利を持つことである。


愚かさもまた、神からの恵みである。しかし、決してそれを誤用してはならない。


暴力と武器が人間の問題を解決することは決してない。


未来は今日始まる。明日始まるのではない。


ヨハネ・パウロ・2世の経歴・略歴

ヨハネ・パウロ・二世。本名カロル・ユゼフ・ヴォイティワ。第264代ローマ教皇。ポーランド出身。反共産主義と東欧の民主化活動に尽力した人物。神学校が禁止されていたナチスドイツ占領下のポーランドの非合法地下神学校で学ぶ。ローマの教皇庁立アンジェリクム神学大学に留学し、神学博士号を取得。卒業後はポーランドへ戻り、クラクフの教区司祭、補佐司教、大司教、枢軸卿を経て教皇に就任。世界各国の指導者と接し、大きな影響を与えた

他の記事も読んでみる

山口絵理子

何をやるのか決まっていないのにただ漠然と「起業したい」というのは、違和感がありますね。起業というのは目的ではなく、その先にあるものを実現するための手段だから。


竹中平蔵

私が子供の頃は、和歌山の田舎でしたが、多くの人が新しく商売を始めてもなんとか食べていけました。なぜならば、経済全体が大きくなっていたからです。しかし、今のようにほとんどゼロ成長になってしまうと、商売の才能を持っている人か、人並みはずれた感性を持った人でないと成功できず、普通の人が食べていけなくなってしまいます。英国の政治家チャーチルは「成長はすべての問題を解決する」という言葉を残しています。だからやみくもな成長は必要ないというのはまったくその通りなのですが、最低2%くらい成長していないと社会はすごく荒んでくると私は思っています。


竹田陽一

ネット通販などで商売をする場合、大切なのは競合との差別化です。特徴のない商品を売るのは、かなり難しいでしょう。一方、「福岡の~」のように地域性を押し出してアピールしたり、商品に「物語」を付け加えることができればヒットする可能性が高まります。このような提案力は、営業するうえで大事な要素です。


坂本孝

せっかく良いものを持っている飲食店でも多店舗展開できないのは、マネジメントの問題です。自分が成長し、他人を育てるためにも、マネジメントが大切です。


辻野福三郎・4代目(辻野佳秀)

畳張りの仕事があまりにも面白く、畳屋を継ごうと心に決めました。それに根拠はないけどなぜかこのとき僕は、日本一の畳屋になれると思ったんです。


斎藤英明(経営者)

語学力はあくまでも手段ですが、身につけている人と身につけていない人とでは、眼前に広がる世界が違ってくる。


原田明夫

これからの日本は、司法で処理することを「約束事」と考えるべきではないでしょうか。企業法務でも、出るところに出ようじゃないかというと開き直りのように聞こえますが、そうではありません。透明なやり方で解決しようよということです。そのためにも弁護士でもいい、友人でもいい、トップに直言できる人間が会社には必要です。


持塚朗

当社の強みは、創業以来様々なお客様の重要情報を守ってきた実績です。お客様に寄り添い、24時間365日体制でシステムを監視し、有事の際には適切な対応を実施する。何かあったときに共に考え、行動する。私たちは、そうしたパートナーでありたいと思っています。


大岩俊之

仕事ができる人ほど様々なジャンルの本を読んでいると感じます。とくに、歴史や哲学といったジャンルは成功者の必読書。


宮下奈都

取材で調律師の方に何人かお話を聞いた時、みなさんすごく具体的で、地に足のついた言葉を使われることに驚きました。「感覚です」とか「センスに頼ります」みたいなことを言わないんですよね。ただ、だからといってここを何ミリずらすとか、そういう描写をしてもあまり面白くない(笑)。そこで行われていることを、小説としてどう表せばいいのか。そこが一番悩みましたし、こだわりたかったところでした。

【覚え書き|小説『羊と鋼の森』について】


世耕石弘

以前は、「そんなチャラチャラした広報をやって」と、批判の声もずいぶんありました。今でも批判はされますが、肯定的な意見のほうが圧倒的に多いです。広報の力を大学内部の教職員にわかってもらうために私たちがしたこと。それは賞を取ることでした。最初に受賞したのは、「世界がそうくるなら、近大は完全養殖でいく。」というポスターです。これがフジサンケイグループ広告大賞メディア部門とクリエイティブ部門の新聞優秀賞を受賞しました。それを皮切りに、ここ4~5年で30を超える広告賞を受賞しました。それが広報の評価につながったと思っています。


宮城治男

あえて私にとっての成功とは何かといえば、若者によって新しい成功のあり方が次々と生みだされていくような仕組みづくりに貢献できることではないかと思っています。