名言DB

9425 人 / 110833 名言

ヨハネ・パウロ・2世の名言

twitter Facebook はてブ

ヨハネ・パウロ・2世のプロフィール

ヨハネ・パウロ・二世。本名カロル・ユゼフ・ヴォイティワ。第264代ローマ教皇。ポーランド出身。反共産主義と東欧の民主化活動に尽力した人物。神学校が禁止されていたナチスドイツ占領下のポーランドの非合法地下神学校で学ぶ。ローマの教皇庁立アンジェリクム神学大学に留学し、神学博士号を取得。卒業後はポーランドへ戻り、クラクフの教区司祭、補佐司教、大司教、枢軸卿を経て教皇に就任。世界各国の指導者と接し、大きな影響を与えた

ヨハネ・パウロ・2世の名言 一覧

自由とは、ただ好きなことをするのではなく、我々が当然すべきことをなす権利を持つことである。


愚かさもまた、神からの恵みである。しかし、決してそれを誤用してはならない。


暴力と武器が人間の問題を解決することは決してない。


未来は今日始まる。明日始まるのではない。


ヨハネ・パウロ・2世の経歴・略歴

ヨハネ・パウロ・二世。本名カロル・ユゼフ・ヴォイティワ。第264代ローマ教皇。ポーランド出身。反共産主義と東欧の民主化活動に尽力した人物。神学校が禁止されていたナチスドイツ占領下のポーランドの非合法地下神学校で学ぶ。ローマの教皇庁立アンジェリクム神学大学に留学し、神学博士号を取得。卒業後はポーランドへ戻り、クラクフの教区司祭、補佐司教、大司教、枢軸卿を経て教皇に就任。世界各国の指導者と接し、大きな影響を与えた

他の記事も読んでみる

ジェイ・エイブラハム

ほとんどの企業は、つい間違ったものに恋をしてしまうのです。過剰な利益や、過去の自分たちの製品やサービスへの過度の自信、業界における最大の地位などです。しかし、真に卓越した企業というものは、クライアントに本当の価値を提供することだけに全力を注ぐものです。


高杉晋一

私は常に「人生は最後の一線において勝負する」と考えている。どんな人でも、運命を決めるような最後の一線があると思う。その時はまずハラを決めて、断固たる決意で立ち向かうことだ。


山崎元

「銀行や証券会社が勧める商品を買うのが確実」と思われた方もいるかもしれませんが、じつはこれも最悪のコース。私自身、いくつもの金融機関で働いてきたから良くわかりますが、銀行マンや証券マンはいかに多く手数料を得るかが1番の関心事。とくに銀行は、あなたの貯蓄額も生活費も把握した手強い存在です。「お客様ならこれがオススメですよ」といかにも親身な顔をして、最も手数料が効率的にとれる商品を売ろうとしているのです。いかに手数料とリスクが低い金融商品に投資するかを考えることが大切。


小泉文明

何かに挑戦する時、最大限の準備をし尽くして「100%成功する」と思って実行しているのは確かです。しかし、同時に心のどこかで「失敗するだろうな」とも思っています。矛盾していますし、先頭に立って社員を引っ張る立場の私が言ってはいけないことも重々承知しています。でも、それくらい「ビジネスで当てる、成功させる」ことは難しい。失敗を恐れると、自然と萎縮してしまう。「どうせ失敗する」と健全に開き直ったうえで、やるべきこと、やれることをすべてやり切ってみる。この姿勢を意識すれば、目の前の仕事に対して、思う存分、大胆に取り組めると思います。


中田誠司

上場会社である以上、株主は一番大事ですが、誤解を恐れずに言えば株主価値をつくり出すのは社員なので、社員が働きやすい環境をつくるべきだという方針をはっきり打ち出した。


鈴峯紅也

旧知の編集者に声をかけられて警察小説を書きましたが、実を言えば警察組織にはあまり詳しくありませんでした。そこで膨大な資料を読み、知識を深めることに。その際感じたのは、押さえるべきところさえ押さえれば、何を書いてもいいということ。


内藤剛志

僕はたいした役者じゃないですけど、こうやって飯が食えているというのは、意外と「逃げなかった」から。実際、撮影の現場に入って横目で見ていると、「アイツ、楽しているな」っていうヤツが結構、いますから。そういうヤツは、結局、この世界からいなくなっている。


高原豪久

投資家と話をすると、どうして相対的に収益率が低いペット事業などに投資し続けるのかと言われることがあります。しかし、ペットも人間の欲求を満たすという我々の目標に合ったものなのです。我々がこれから30年に向けてさらに推し進めていくのは、マズローの欲求段階で頂点にある自己実現欲求を満たすための企業になっていくということです。


林修

マネージャーは年下ですがTVの世界では先輩なので毎回「注意」してもらっています。失敗したら他人の評価は甘んじて受けますね。自分が悪いわけですから。


竹内規彦

心理学に「自己効力感」という概念がある。これは「自身の経験に裏づけられた自信感」を指す。数々の研究で、人のモチベーションを高める重要な概念であることが明らかになっている。