ヨハネ・パウロ・2世の名言

ヨハネ・パウロ・2世のプロフィール

ヨハネ・パウロ・二世。本名カロル・ユゼフ・ヴォイティワ。第264代ローマ教皇。ポーランド出身。反共産主義と東欧の民主化活動に尽力した人物。神学校が禁止されていたナチスドイツ占領下のポーランドの非合法地下神学校で学ぶ。ローマの教皇庁立アンジェリクム神学大学に留学し、神学博士号を取得。卒業後はポーランドへ戻り、クラクフの教区司祭、補佐司教、大司教、枢軸卿を経て教皇に就任。世界各国の指導者と接し、大きな影響を与えた

ヨハネ・パウロ・2世の名言 一覧

自由とは、ただ好きなことをするのではなく、我々が当然すべきことをなす権利を持つことである。


愚かさもまた、神からの恵みである。しかし、決してそれを誤用してはならない。


暴力と武器が人間の問題を解決することは決してない。


未来は今日始まる。明日始まるのではない。


ヨハネ・パウロ・2世の経歴・略歴

ヨハネ・パウロ・二世。本名カロル・ユゼフ・ヴォイティワ。第264代ローマ教皇。ポーランド出身。反共産主義と東欧の民主化活動に尽力した人物。神学校が禁止されていたナチスドイツ占領下のポーランドの非合法地下神学校で学ぶ。ローマの教皇庁立アンジェリクム神学大学に留学し、神学博士号を取得。卒業後はポーランドへ戻り、クラクフの教区司祭、補佐司教、大司教、枢軸卿を経て教皇に就任。世界各国の指導者と接し、大きな影響を与えた

他の記事も読んでみる

松下幸之助

経営を預かる者は、仕事がたとえなくても、社内を沈滞させないように考えなくてはいかん。それができるかどうかが、経営者としての分かれ道。


和泉秀俊

当社は宅建業、建設業、運送業の3つの免許を取得しています。なかでも社内にムービング(移転・移動)部署を設けているのは業界でも異例で、強みのひとつと言えるでしょう。工事を終えた後も、変化を続けるお客様のオフィス環境に合わせ、迅速かつ柔軟な対応も可能になります。


釜和明

数字を挙げて説明することは得意ですが、パッションあふれる言葉で訴えかけるのは苦手です。


田中角栄

私が田中角栄だ。ご承知の通り小学校高等科卒だ。諸君は天下の秀才ぞろいで、財政のエキスパートだ。しかし、私は素人ながらトゲの多い門松をくぐってきたので、実地の仕事の要領は心得ている。


斉藤惇

ビジネスのコミュニティの中でセンチメント(心理)が変わるというのはすごく大きなことで、何か事が動いていく重要な要素のひとつ。


安田佳生

「走りながら考える」とよく聞きますが、あれほど効率の悪いことはありません。これは私の持論ですが、走りながら考えることはできません。考える時間と、企画づくりなどアウトプットする時間は別物です。作業が遅い人は、考えながら作業しているからです。それではダメなのです。


チャールズ・ケタリング

心を開いていれば、そこは常にフロンティアだ。


和田浩子

ウィスパー(P&Gの生理用品)のキャンペーンでは、実施部隊にかなり高いレベルのパフォーマンスを要求しました。考えてみてください。キャンペーンにかかる費用は、最終的には商品を買ってくださるお客様からいただいているお金なのです。そのお金が正しく使われないと、お客様に対して失礼です。


小笹芳央

トップは常に情報をオープンに発信しつづけることが大切です。「次はこの戦略でいく」「こういうことを大切にしよう」ということを全社に対して伝えます。ですから声を届けるためのメディアをきちんと構築しておく必要があります。


出口治明

リーダーには適性が必要ですが、それだけで成功するわけではありません。努力が不可欠です。そこに世の中の大きな流れが重なったとき、偉大なリーダーが開花するのです。適性だけでも、努力だけでも、運だけでもダメだというのが人生の面白いところであり、歴史を学ぶ面白さでもあります。


野尻哲史

投資を始めるときに最初にすべきことは、「何のために投資をするのか」「何のために資産形成に着手するのか」という、その目的をよく考えること。そしてこれに合った投資先を見つけることがスタート地点です。


有馬浩二

デンソーは技術を進化させてきた会社。開発投資なくしてデンソーはあり得ない。だからこそ、苦しい時でも投資を続けてきた。


高田旭人

私たちは購入後に商品が使われることなく捨てられてもいいという感覚は持ちません。いかに使っていただくかを考える。近年は特に、商品そのものだけではなく、配送・設置・回収・処分など、その周辺の要素を意識しています。


小早川智明

何も見たことのない人間が伝聞で何かを語るのは危ない。勘違いで物事が進む恐れがある。現場の第一線に出て、汗をかいて、腹に落ちるまで見て回りたい。


平田雄一郎

新しいことに挑戦すれば、必ず失敗もする。だが、それがいい。準備不足が原因の失敗は良くないが、新しいことに挑んでした失敗を責めることはしない。責めれば社員が挑戦しなくなり、社員の成長が止まってしまうからだ。


ページの先頭へ