名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ヨハネ・パウロ・一世の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヨハネ・パウロ・一世のプロフィール

ヨハネ・パウロ・一世。第263代ローマ教皇。本名アルビノ・ルチアーニ。イタリアのベッルーノ県カナーレ・ダーゴルド出身。ベルーノの聖ピエトロ教会で司祭になる。その後、神学校教授などを経てベネツィア総大司教。貧困層や障害者の支援に尽力し、新聞雑誌などへ積極的に投稿を行った。その後、枢軸卿を経て教皇に推される。教皇在任中、マフィアとの結託疑惑を持っていたバチカン銀行の不正を取り締まるなど各種改革を行った。しかし、就任33日で謎の死を遂げる。

ヨハネ・パウロ・一世の名言 一覧

大多数の決定が常に真実とは限らない。


ヨハネ・パウロ・一世の経歴・略歴

ヨハネ・パウロ・一世。第263代ローマ教皇。本名アルビノ・ルチアーニ。イタリアのベッルーノ県カナーレ・ダーゴルド出身。ベルーノの聖ピエトロ教会で司祭になる。その後、神学校教授などを経てベネツィア総大司教。貧困層や障害者の支援に尽力し、新聞雑誌などへ積極的に投稿を行った。その後、枢軸卿を経て教皇に推される。教皇在任中、マフィアとの結託疑惑を持っていたバチカン銀行の不正を取り締まるなど各種改革を行った。しかし、就任33日で謎の死を遂げる。

他の記事も読んでみる

上村光弼

20代や30代なら、自分の出世や収入のためだけに頑張るのもよいでしょう。しかし、40代になっても自分の欲のためだけに働いているようでは、仮に出世できたとしても、人望や信頼という人間として最も大きな財産を失うことになるのではないでしょうか。


中谷和浩

厳しい時代だからこそ、業界の固定概念から離れ、ゼロベースから全員の知恵と経験を集結して、新しいフルサービスホテルのブランド展開を目指そう、そして、最終的には我々が業界の中でベンチマークされるような存在になろう。


大隈郁仁

お客様の立ち位置が変われば、新たなサービスの需要か生まれる。


石塚しのぶ

日本企業は、哲学や理念があっても、それをうまく浸透し、活用できてないと思います。というのも、昔と違って今の若い人たちは豊かな時代に生まれているので「自分のチョイス」があるわけです。だから、哲学を浸透させるやり方として、トップダウンでやるのは難しい時代です。


わたせせいぞう

営業所長になったとき、すでに二足のわらじで、上司からは数字を落としたら絵を描くのをやめろと脅迫(笑)を受けていました。だからこそ、効率よく仕事をすることを心がけていました。必死ですよ。成績が下がったら好きな絵をやめなくてはいけませんでしたから。


米井嘉一

ぜひ意識してもらいたいことは、「健康に二番目にいいことを習慣にしよう」という考え方。もちろん「健康に一番いいこと」を実践できれば100点満点。しかし、無理をして挫折し、何もやらなくなるよりは、最初からハードルを低くしたほうが始めやすく、続けやすいはず。二番目にいいことでも続かないようなら、三番目にいいことでもいい。今後の人生を見据えたとき、少しずつでも身体にいい習慣を積み重ねた結果が、将来、老後資金の積み立てのようにジワジワと効いてくる。


小田豊(経営者)

人事を進めるうえで参考にするのが、従業員を対象に1年に2回実施しているクレペリン検査という心の健康診断です。検査を依頼している研究所の助言を得ながら、診断結果を人事異動に反映させています。「この人を責任あるポジションに登用したいんだけどうかな」などと相談し、「それで大丈夫です」あるいは「やめた方がいいですね」などとやり取りしています。山登りに例えるなら、息切れしている人がいれば荷物を軽くし、元気いっぱいで余裕がある人には、もうちょっと重い荷物を背負わせたりしています。


藤由達藏

提出期限が明日に迫ったレポートを目の前にすれば、あなたもガムシャラに取り組むはず。その状況を自分でつくるのです。期限があると、人は行動せざるを得ませんから。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

私はいつも、我が社の副社長、専務、常務の人たちに「もっと僕の足らんところは遠慮なく言ってくれ。定款に副社長、専務以下は社長を『補佐』しろって書いてあるだろう。足らざるを『補』い、至らざるを『佐(たす)』けない重役は定款違反だぜ!」と笑いながら話している。


古賀良彦

もともと寝苦しい夏は、寝不足になりやすい季節です。今年は節電やサマータイムをきっかけに、不眠のリスクが高まる傾向があります。普段以上に睡眠に対する意識をしっかりもって、スリープマネジメントをこころがけてください。


谷本有香

辛いときも社員の心を前向きにさせるパフォーマンスができるのは、「トップ・オブ・トップ」の条件。


大美賀直子

多くの人がやりがちなミスは、励まそうとして「頑張れ」と言ってしまうこと。目標まであと一歩という場合には効果があるが、落ち込んでいる相手に対しては逆効果。好意のつもりが、さらに傷つけてしまう結果になる。「頑張れ」が時に相手を傷つけると知っていても、つい使ってしまう人が多い。