名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ヨハネス・クリュソストモスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヨハネス・クリュソストモスのプロフィール

ヨハネス・クリュソストモス。4世紀のキリスト教神学者、修道士。コンスタンディヌーポリ総主教。人々を惹きつける説教の巧みさから「黄金の口(クリュソストモス)」と呼ばれた。民衆に愛されたが、教会上層部や皇帝側の役人などから反感を抱かれ告発された。最終的に徒歩での移送中に力尽き永眠した。

ヨハネス・クリュソストモスの名言 一覧

明日の朝にしようなどと言ってはならぬ。朝が仕事を仕上げて持ってきてくれるわけではない。


ヨハネス・クリュソストモスの経歴・略歴

ヨハネス・クリュソストモス。4世紀のキリスト教神学者、修道士。コンスタンディヌーポリ総主教。人々を惹きつける説教の巧みさから「黄金の口(クリュソストモス)」と呼ばれた。民衆に愛されたが、教会上層部や皇帝側の役人などから反感を抱かれ告発された。最終的に徒歩での移送中に力尽き永眠した。

他の記事も読んでみる

木暮太一

日々、自分自身で経済ニュースを分析してみてほしい。そうした習慣がある人とない人では、数年後にとんでもない差がつくでしょう。その理由は、「世の中の風の流れを読む」ことが、今後ますます、仕事の成果を大きく左右するようになるから。


山本周五郎

能ある一人の人間が、その能を生かすためには、能のない幾十人という人間が、眼に見えない力を貸している。


朝倉千恵子

私は一時期、会社を100億円企業にしたいと考えていました。ですから規模を大きく大きくと思っていたのですが、あるときふと気づいたのです。高度成長時代ではない今、生き残るのは必ずしも大きいものではなく、順応性や適応力のあるものだと。そのときから、規模にはこだわらなくなりました。むしろ、「いい会社」にしていきたい、100億円企業ではなく、100年続く本物企業であるいい会社にしたい、と思うようになったのです。


鈴木雅哉(経営者)

ずっと同じことを繰り返すと社会体制の変化や技術革新に取り残され、働く場所がなくなってしまう。だからこそ、成長し続けることが企業には求められている。


フィリップ・コトラー

もし、ロッキングチェアーに座って死ぬのを待っているだけというのが高齢者のイメージであるとしたら、それは健全ではありません。そこにはマーケティングで扱うべき課題があることにお気づきでしょうか。「現役を退いた日本のシニア層に行動的なライフスタイルを提案する市場をつくり出せるだろうか?」「彼らに様々な楽しみ方を示すことができるだろうか?」。高齢者は、運動やアクティブな活動を制限するような病気を抱えているかもしれませんが、「いかに高齢者に若いマインドを持ってもらうか」という視点を持つことが必要でしょう。


井村雅代

私は頭ごなしに指導しているように見えて、実は押したり引いたりしているんです。追い詰めていると思ったら、パッと救いの手を差し伸べる。でないと、その子を駄目にしてしまいますから。選手を追い詰めていることに気づかず駄目にしている指導者は非常に多い気がします。とくに「この子のため」と使命感に酔っている指導者はそうなりがちです。そんなの最低やと思います。


永守重信

働き方改革には投資が必要。カネも出さずに改革なんてあり得ない。確かに、支出せずともできる「小さな改革・工夫」はたくさんある。ただ、そうした工夫だけでは、限界がある。


森川宏平

まったく違った考えの人と話すことによって、新たなものが生まれてくる。そして、変えることを恐れないことが大切。


松岡修造

自分で準備し、納得したうえで取りかかった仕事は、たとえどんな結果になったとしても、受け入れることができます。結果を受け入れられずにストレスを抱え込む事態に陥らないためにも、自分の意思を持って仕事に取り組むことは大切だと思います。


川村誠

部下が自分の役割として、すべきことをしていないとき、いい加減に取り組んで判断を間違えたときは、真剣に叱りました。チームとしていい方向に導き、目標を達成するという使命がありますから。当時の部下から「怖かった」と言われます。


村田昭治

優れた経営者、企業リーダーは、強い意志とそれを支える哲学と行動力をもっておられるが、その所以はとぎれることのない闘志と研鑽の積み重ねにある。


酒巻久

自分が経験できることには限界があります。そこで、私が社会人になったばかりのころからずっと続けているのが、読書で得た学びをメモ帳に書きとめることです。本を読んだら特に重要だと思ったポイントを自分なりの言葉で4つか5つの法則にまとめて、メモ帳に書き込みます。読みっぱなしにしておかないで、そこで得たものを自分なりの言葉で整理・体系化しておくわけです。すると、メモ帳に書き込んだことが、自分の判断基準として蓄積されます。私は40年以上もこの習慣を続けています。