名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ヨハネス・クリュソストモスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヨハネス・クリュソストモスのプロフィール

ヨハネス・クリュソストモス。4世紀のキリスト教神学者、修道士。コンスタンディヌーポリ総主教。人々を惹きつける説教の巧みさから「黄金の口(クリュソストモス)」と呼ばれた。民衆に愛されたが、教会上層部や皇帝側の役人などから反感を抱かれ告発された。最終的に徒歩での移送中に力尽き永眠した。

ヨハネス・クリュソストモスの名言 一覧

明日の朝にしようなどと言ってはならぬ。朝が仕事を仕上げて持ってきてくれるわけではない。


ヨハネス・クリュソストモスの経歴・略歴

ヨハネス・クリュソストモス。4世紀のキリスト教神学者、修道士。コンスタンディヌーポリ総主教。人々を惹きつける説教の巧みさから「黄金の口(クリュソストモス)」と呼ばれた。民衆に愛されたが、教会上層部や皇帝側の役人などから反感を抱かれ告発された。最終的に徒歩での移送中に力尽き永眠した。

他の記事も読んでみる

岩下俊士

JPモルガンが所有するオランダのビルを買収することになり、買収金額を巡って何度も議論を重ねました。しかし相手はこちらの足元を見て全く譲らない。頭に来て「もう結構だ」と席を立ちました。会場の外に出たところでモルガンの担当者が慌てて追いかけてきて「すべての条件をのむから席に戻ってくれ」。急転直下、交渉が成立しました。優良物件のこのビルは今でも日清紡の欧州事業の収益を支えています。


大須賀正孝

「今年は1000万円利益を増やす」という目標を立てるとする。この不況ですから、現場の長は「とても無理だ」と反対します。そんな時、私はこんな言い方をするんです。「1日で利益を1000万円増やすわけじゃない。1年だ。1カ月なら90万円。1日なら3万円。パートさんが100人いれば1日1人300円節約すればいい。コーヒー1杯分じゃないか」と。詭弁と感じる方もいるかもしれません。でも人間は不思議なもので、どんな大きな問題も細分化すると「何とかなるかも」と思えてきます。その結果、気持ちが前向きになり、最初は絶対無理だと思ったことができてしまうことも多い。


鷹城勲

今では羽田空港は、航空機を利用される方だけでなく、わざわざ食事や買い物などに来てくださる方も増えています。お客様に喜んでいただけるような、そしてこれからの日本に元気を与えられるような空港づくりに、さらに貢献していきたいと思っています。


黒鉄ヒロシ

僕の車に乗せると「いい車だね」と喜んでくれるのに、自分は特注の車を持っていたりする金持ちがいる。彼らは絶対に自慢しない。自慢しない自慢。物をよく知っている人間は、えてしてそういうものなんです。


磯貝實

私は必要に迫られ、新たな挑戦をせざるを得なかったのですが、適応できない職人も数多くいました。しかし、そんな中で生き残ってこられたのも、一つのべっ甲細工に固執しなかったからだと思います。得意なジャンルがあるのは結構なことですが、それだけに特化しすぎるのは弱点にもなり得るのです。


大山健太郎

従業員を育てるうえで最も重要視しているのが、コミュニケーション能力です。自分が何をしたくて、何を求めているのか。それをきちんと自分の言葉で述べられなければ、何もカタチになっていきません。コミュニケーション教育としては、毎朝の朝礼で「1分間スピーチ」を実施しています。職場において、持ち回りで1人が自分の考えを1分間で話すのです。業務の報告ではありません。テーマは時事ネタに関する考えでも、自分の夢でも構いません。


嶋津良智

ベストを尽くして頑張ってきた人間にしか見えない「向こう側」があると私は思っています。向こう側に、生きる目的や天職といった人生で本当に大切な何かがあるのではないでしょうか。


豊田昌洋

地域ごとにきちんと地域と一体となった仕事をしようとしています。幸い、今、地方創生の話で風は地域に流れていますから、人の少ない地域ではそこの自治体と組んで仕事をしていく。人の多い都会ではマーケットを見て仕事をしようということで、その地域らしい基盤をつくっていく。


髙井法博

成功するまでやり続ければ、必ず成功できます。一所懸命やる者を、世の中はけっして放っておきません。


森辺一樹

多くの日本企業が、リスクを取って失敗した人を評価しないという組織の評価基準に問題があると私は思う。アジアの担当役員の多くは50歳以上、現地の執行責任者は40歳以上である。この年齢で失敗をすれば、本流から外され、いままで築き上げて来たものが一瞬で崩れる。日本に戻っても席は無い。こんな評価基準が平然とまかり通っている組織で、訳の分からぬアジア市場で果敢にリスクを取ってチャレンジすることなどできる訳が無い。


竹田和平

僕は、いつでも必要なときに、本当に必要な人が現れて、手を差し伸べてくれるという恵まれた人生を送ってきたと思います。だけど、にこにこしながら、いつも一所懸命に頑張っていると、人は愛してくれるものだと思いますよ。


飯田亮

どうしてマスコミに出る必要があるのですか。ジャーナリズムに出るも出ないも戦略のひとつでしょう。