名言DB

9412 人 / 110637 名言

ヨハネス・クリュソストモスの名言

twitter Facebook はてブ

ヨハネス・クリュソストモスのプロフィール

ヨハネス・クリュソストモス。4世紀のキリスト教神学者、修道士。コンスタンディヌーポリ総主教。人々を惹きつける説教の巧みさから「黄金の口(クリュソストモス)」と呼ばれた。民衆に愛されたが、教会上層部や皇帝側の役人などから反感を抱かれ告発された。最終的に徒歩での移送中に力尽き永眠した。

ヨハネス・クリュソストモスの名言 一覧

明日の朝にしようなどと言ってはならぬ。朝が仕事を仕上げて持ってきてくれるわけではない。


ヨハネス・クリュソストモスの経歴・略歴

ヨハネス・クリュソストモス。4世紀のキリスト教神学者、修道士。コンスタンディヌーポリ総主教。人々を惹きつける説教の巧みさから「黄金の口(クリュソストモス)」と呼ばれた。民衆に愛されたが、教会上層部や皇帝側の役人などから反感を抱かれ告発された。最終的に徒歩での移送中に力尽き永眠した。

他の記事も読んでみる

小路明善

たとえば計算力が弱いという自覚があるなら、小さい電卓をつねに持ち歩けばいいわけですよね。精神力だって同じこと。生まれつき心が強いという自信のある人のほうが少ないはずですから、ここでもやはり「自分の役割を果たすためには何を準備すればよいか」を考え、プレッシャーに備えれば、達成感を得て自信をつけていくことができる。その繰り返しだと思います。


アルベルト・ザッケローニ

自分は、選手に合わせるような指導法をしてきました。時間が限られているので、やはり選手たちの特徴や性格を把握したうえで、話をしたほうがいい。選手たちに合わせて、能力を引き出してあげるのがいいと思っています。


富野由悠季

日本人はコツコツと真面目に働いているんです。そのなかで抜きんでようと思ったら、両隣の奴よりもっとコツコツやるしかないじゃないですか。


鳩山玲人

「ライセンスビジネスにしてしまうと、ブランドの価値が陳腐化してしまうのでは?」とよく聞かれますが、その点について、私はそれほど心配していません。この問題は、クローズドモデルをとるか、オープンイノベーションをとるかの選択であり、私は後者によってビジネスを成長させていくべきだと考えているからです。


森岡毅

ゴールから逆算して考えることが何よりも大切。


高碕達之助

人口が増えて食料が足りないで困るというのは、神様が人間を良くするためにしていることだ。貧しきものは幸いなりというのはこのことで、人間の働くゆえんはここにある。人口が増えて食料が足りなくなるのに打ち勝って努力するのは、神様が我々に与えてくれたものだ。人口が少なくて安易な生活をしている人間はついに滅びてしまう。


pha

誰かが成し遂げた仕事なんて、宇宙全体から見たらものすごく些細なこと。仮にその仕事で世の中が変わったとしても、変わることに意味があるのだろうか? その人がいなくても世界は変わらず続いていくし、その人がやらなければ別の誰かがやるだけのこと。


森本千賀子

事業そのものをマネジメントする力も必要です。ベンチャー企業のように人的・物質的資源が足りない組織で事業をマネジメントした経験がある人。たとえばマーケティングの部署がある大企業なら、セールス部門のマネジャーはセールス領域に特化した仕事に集中できますが、人的資源の少ないベンチャーでは、セールス部門のマネジャーでも、マーケティングを含めてカバーすることもあります。そうした守備範囲の広い経験が評価される傾向にあります。


中田卓也

立ち止まってはいられない。変わり続けなければ、失速する。


田臥勇太

僕は小さいのでそれを生かしたプレーがあるんですよ。大きな選手の間をくぐって下に入り込んだり。


藤田晋

必ず儲かる商売のネタを見つけるにはどうするか。それには儲かる商売のネタを考え出す機会を設け、それ自体を仕組化することが大切です。当社の場合、こうした仕組みのひとつが、私も含めて役員8人と選抜社員が集まって新規事業プランを出し合う「あした会議」です。これは1泊2日の泊りがけで箱根に行き、準備をしてきた事業プランについて役員をリーダーとした各チームが3つずつ発表するというものです。


吉山勇樹

部下に優秀なところばかりみせられれば、嫉妬や反発を覚えるのが人間というものです。むしろ「俺がサポートしてやらなくちゃダメだな」と思わせ、上司にフォロワーシッブを発揮させて自分の味方につけてしまうのも、部下として上手な立ち回り方です。


茂木健一郎

これまで様々なクリエーターの方々とお目にかかってきた。振り返ると、いくつかの共通点があるように思う。強く印象に残ることの一つは、良い仕事をされているクリエーターの方ほど、その人の周りに、ゆったりとした、自由な空気が漂っているということだ。本当は、忙しいのに決まっているのである。スケジュールに追われたり、決めなくてはいけないこともたくさんあったり、頭の中は仕事でいっぱいのはずなのである。それでも、それを他人に見せない。実は、ここに創造性の秘密があるのではないかと思う。


桑原豊(経営者)

一生懸命やっていれば、必ず誰かが見てくれる。そして、「この人とこの人を会わせたら良いのではないか」と考えてくれるものです。むやみに交流会やセミナーなどで探すよりも、このような機会を待っているほうが、確実に良い出会いができる気がします。


南場智子

社長業って本当に面白いので、退任すると自分が言いださない限りずっと続けてしまう。「ここまで!」というタイムラインは自分から引かないとずるずる行ってしまう。