名言DB

9429 人 / 110879 名言

ヨハネス・クリュソストモスの名言

twitter Facebook はてブ

ヨハネス・クリュソストモスのプロフィール

ヨハネス・クリュソストモス。4世紀のキリスト教神学者、修道士。コンスタンディヌーポリ総主教。人々を惹きつける説教の巧みさから「黄金の口(クリュソストモス)」と呼ばれた。民衆に愛されたが、教会上層部や皇帝側の役人などから反感を抱かれ告発された。最終的に徒歩での移送中に力尽き永眠した。

ヨハネス・クリュソストモスの名言 一覧

明日の朝にしようなどと言ってはならぬ。朝が仕事を仕上げて持ってきてくれるわけではない。


ヨハネス・クリュソストモスの経歴・略歴

ヨハネス・クリュソストモス。4世紀のキリスト教神学者、修道士。コンスタンディヌーポリ総主教。人々を惹きつける説教の巧みさから「黄金の口(クリュソストモス)」と呼ばれた。民衆に愛されたが、教会上層部や皇帝側の役人などから反感を抱かれ告発された。最終的に徒歩での移送中に力尽き永眠した。

他の記事も読んでみる

吉野佳秀

何かができるから続けたというよりも、やらなければいけないから頑張ってきただけです。その一方、「どこまで頑張れるか、できるのか」という欲望は衰えません。


宮内義彦

正論を通そうとするだけで大変な抵抗が起きる。


内藤加奈子

売れるかどうかは、どこまでお客様に「特別感」を与えられるかにかかっています。


飯田賢

大型の総合スポーツクラブが苦戦している印象が強いですが、小規模で特定のカテゴリーに特化したものが次々と登場しているので、市場全体としてはどんどん大きくなっています。さしずめ主役交代といつたところでしょうか。これはフィットネスに限ったことではなく、例えば百貨店業界など、日本の産業構造のいたるところで見られる現象だと思います。


西成活裕

時間を作る最も効果的な方法はデレゲーション。つまり仕事を部下や後輩など人に任せること。最初は「自分でやったほうが速いのに」と思うでしょうが、しばらく経てば相手も慣れるはず。中間管理職に必須の「良いプレイヤーから良いマネージャーへの転換」のトレーニングにもなり、一石二鳥です。


岩沙弘道

日本橋に青空を。1964年の東京オリンピックの時に日本橋の上に架けられた首都高速の高架道路を、街づくりに合わせて地下に移設するなど工夫し、日本橋に青空を取り戻したい。社長だった10年以上前に言い始めた当初、世間は「何をバカなこと言っているのか」という反応でしたが、言い続けるうち最近では、夢ではなくどう実現するかという具体的な話になってきました。


深田和範

つまらないと感じている会社の仕事でも、一人で自由にやるならこんな売り方がある、と考える癖をつけましょう。いまの仕事に活きるかもしれないし、リストラにあっても潰しが利くかもしれませんから。誰かが何とかしてくれる、という思考の人はダメですよね。「40歳定年制」の話題はキャリアを見直すいい機会、と捉える強(したた)かな人が生き残るのではないでしょうか。


糸井重里

いわゆる仕事のできる子たちが集まった集団がそつなく手がけた仕事と、才能や実力が真ん中より少し下の子たちが一生懸命にやった仕事は、案外、差がないと思っています。弱点があっても、一生懸命に頑張ることが重要なんです。


中村竜太郎(ジャーナリスト)

取材したい相手の人生年表を事前につくりました。いったいどんな人生を歩んできたのか、生まれはどこで、どんなスポーツを経験し、会社ではどんな経歴でいまの地位にたどり着いたのか。貧乏で苦労したのか、コンプレックスは何かなど、その人となりを徹底して調べたのです。苦労して出世した人なら、その話を振ると、よく知っているなと驚きながらも話が進む。会話の糸口をつかめるようになる。


平田弘(経営者)

創業の精神や経営理念はDNAとしてしっかりと継承しながら、商品や事業は時代の変化に迅速・的確に対応しなければ顧客創造と顧客満足を実現することはできない。