ヨハネス・クリュソストモスの名言

ヨハネス・クリュソストモスのプロフィール

ヨハネス・クリュソストモス。4世紀のキリスト教神学者、修道士。コンスタンディヌーポリ総主教。人々を惹きつける説教の巧みさから「黄金の口(クリュソストモス)」と呼ばれた。民衆に愛されたが、教会上層部や皇帝側の役人などから反感を抱かれ告発された。最終的に徒歩での移送中に力尽き永眠した。

ヨハネス・クリュソストモスの名言 一覧

明日の朝にしようなどと言ってはならぬ。朝が仕事を仕上げて持ってきてくれるわけではない。

ヨハネス・クリュソストモスの名言・格言|仕事を明日に持ち越すな

ヨハネス・クリュソストモスの経歴・略歴

ヨハネス・クリュソストモス。4世紀のキリスト教神学者、修道士。コンスタンディヌーポリ総主教。人々を惹きつける説教の巧みさから「黄金の口(クリュソストモス)」と呼ばれた。民衆に愛されたが、教会上層部や皇帝側の役人などから反感を抱かれ告発された。最終的に徒歩での移送中に力尽き永眠した。

ページの先頭へ