名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ヨシフ・スターリンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヨシフ・スターリンのプロフィール

ヨシフ・ヴィッサリオノヴィチ・スターリン。ソビエト連邦の政治家、軍人。ロシア帝国グルジア地方ゴリ出身。グルジア教会の神学校で学ぶ。在学中にマルクス主義に傾倒。家庭の事情で神学校を退学。トビリシ中央気象台で働きながらロシア社会民主労働党の運動に参加。いくつかの職を経ながら労働活動を行う。十月革命に加わり、ソビエト連邦成立に深く関与。ソビエト社会主義共和国連邦書記、国家防衛委員会議長、人民委員会議議長、閣僚会議議長、共産党書記長、ソビエト連邦大元帥などを務めた。

ヨシフ・スターリンの名言 一覧

一人の人間の死は悲劇だが、数百万の人間の死は統計上の数字でしかない。


ヨシフ・スターリンの経歴・略歴

ヨシフ・ヴィッサリオノヴィチ・スターリン。ソビエト連邦の政治家、軍人。ロシア帝国グルジア地方ゴリ出身。グルジア教会の神学校で学ぶ。在学中にマルクス主義に傾倒。家庭の事情で神学校を退学。トビリシ中央気象台で働きながらロシア社会民主労働党の運動に参加。いくつかの職を経ながら労働活動を行う。十月革命に加わり、ソビエト連邦成立に深く関与。ソビエト社会主義共和国連邦書記、国家防衛委員会議長、人民委員会議議長、閣僚会議議長、共産党書記長、ソビエト連邦大元帥などを務めた。

他の記事も読んでみる

峯島忠昭

21歳の頃、リアルタイムで『金持ち父さん 貧乏父さん』を読んで、「株はバーゲンのときに買いなさい」と書いてあったので、9.11テロが起きて株安になったとき大量に株を買いました。元手にしたのは高校卒業後2年間ほど、食事付きの寮がある営業所で新聞配達員をして貯めた600万円です。そのとき買った株価がすべて上がったことが不動産投資に繋がっていきました。


上田準二

自分は不遇だと思っていると、先が見えなくなってしまいます。どうしてもそうした思いから抜け出せない人は、毎日朝晩、「元気、勇気、夢」と呪文のごとく3回唱えることを勧めていました。元気とは何か、勇気とは何かと理屈っぽく考えなくていい。とにかくポジティブな言葉を発していたら、だんだんその気になるんです。これが板についてくると、苦しい状況ほど快感になってきます。今は厳しいけど、この試練を乗り越えたら自分はさらに大きくなれる。そう思って逆にワクワクしてきます。


池井戸潤

こんな低金利が続くと、老後資金に不安を感じることもあるでしょうが、そこには都会暮らしの発想から抜け出せない部分もあるからでは。僕の田舎の岐阜を見ると、年収が低くても、一軒家を持ってそれなりの暮らしができています。「カネが全て」という考え方に惑わされていないか。そこも考えてみるべきでしょう。


石川康晴

一番大切にしているのは、お客様に寄り添うことです。必ず現場に行き、お客様を見て、お客様の一番近いところにいる販売スタッフと話をすることがルーティンワークです。お客様はどんどん変化、進化しますからね。


江頭匡一

目標を作り、計画を立て、それを確実に実行するときは間違いなく目標に到達する。


円山法昭

マネーリテラシーは、大人になってから勉強しても十分身につくもの。投資の実践を重ねていけば、自ずと鍛えられるものでもあります。まずは少額でも良いですから、投資に挑戦してみると良いでしょう。


天坊昭彦

どんなに「この人と親しくなりたい」と思っても、縁がない人とは縁がないし、縁がある人とは不思議と縁がある。


秋津壽男

出不精は絶対ダメ。疲れたからと家でゴロゴロしても疲れは取れません。いっそ日曜日の朝イチで出かけ、遊んで帰ってくるほうがリフレッシュできます。休日のリセットは静養ではなく、仕事と違うことを一生懸命すること。昼まで寝て、仕事のことをぐずぐず考えて、気がついたらもう夕方なんていうのは最悪の休日です。


川田修(ライフプランナー)

はっきり言えば、「川田修から生命保険を買いたい」と考えているお客様は、この世に一人もいません。お客様が考えているのは、「信用できる人に、問題を解決してほしい」ということだけです。


小久保裕紀

願望を達成するためのポイントは「達成する前に目標を変えること」。大学時代、僕はプロ野球選手になることが目標でしたが、大学2年で五輪代表に選ばれた時点で、100%プロ野球選手になれると確信した。そこで、目標を変えたんです。プロで活躍できる選手になることに。プロになることが目標だった選手は、入った途端、達成感からか成績が出ないケースが多い。でも、僕は達成するぐらいの力がついたと思った時点で、もう一段高い目標を立てる。すると、モチベーションを落とすことなく、準備を意識し、スムーズに次の目標に向かうことができます。


設楽洋

創業当時は自分も含め誰もがモノと情報がなくて困っていました。ファッションで言うと、どこに行って買えばいいのか分からず、いろいろな場所を駆けずり回ったものです。今はモノと情報が溢れていて何が正しい選択なのか分からないという、かつてとは逆の状況になっています。ビームスを創業した当時は「こんなものがあるよ」と、消費者が見たことのないものを提示するのが我々セレクトショップの役目でした。今は情報の整理屋になることが求められていると考えています。


大平喜信

舞茸を始める前、もやしをつくっていた創業時には自殺も考えました。事業失敗と言われるのが嫌で、家族もろとも交通事故で死のうとか。しかし、ここで諦めたら中卒だから失敗したと陰口をたたかれる。だから頑張れたのかもしれません。