名言DB

9412 人 / 110637 名言

ヨシフ・スターリンの名言

twitter Facebook はてブ

ヨシフ・スターリンのプロフィール

ヨシフ・ヴィッサリオノヴィチ・スターリン。ソビエト連邦の政治家、軍人。ロシア帝国グルジア地方ゴリ出身。グルジア教会の神学校で学ぶ。在学中にマルクス主義に傾倒。家庭の事情で神学校を退学。トビリシ中央気象台で働きながらロシア社会民主労働党の運動に参加。いくつかの職を経ながら労働活動を行う。十月革命に加わり、ソビエト連邦成立に深く関与。ソビエト社会主義共和国連邦書記、国家防衛委員会議長、人民委員会議議長、閣僚会議議長、共産党書記長、ソビエト連邦大元帥などを務めた。

ヨシフ・スターリンの名言 一覧

一人の人間の死は悲劇だが、数百万の人間の死は統計上の数字でしかない。


ヨシフ・スターリンの経歴・略歴

ヨシフ・ヴィッサリオノヴィチ・スターリン。ソビエト連邦の政治家、軍人。ロシア帝国グルジア地方ゴリ出身。グルジア教会の神学校で学ぶ。在学中にマルクス主義に傾倒。家庭の事情で神学校を退学。トビリシ中央気象台で働きながらロシア社会民主労働党の運動に参加。いくつかの職を経ながら労働活動を行う。十月革命に加わり、ソビエト連邦成立に深く関与。ソビエト社会主義共和国連邦書記、国家防衛委員会議長、人民委員会議議長、閣僚会議議長、共産党書記長、ソビエト連邦大元帥などを務めた。

他の記事も読んでみる

河瀬直美(河瀨直美)

人と会って話をする。当たり前の話ですが、これはコミュニケーションの基本。メールなどでのやり取りが増えている今だからこそ、人と会う機会を増やしてほしい。


中原淳

模倣が容易な社会にあって、容易にコピー&ペーストできず、他者にも代替できない。さらに、本人が確かな能力を持っていることを第三者が想像できる。そうした経験の価値が飛躍的に高まっているように思います。


ハワード・シュルツ

逆境は人間を奮い立たせてくれる。私もそんな計画は実行できないと言われたことが何度もある。いくら否定されても、必ず実行できるという信念を変えなかった。勝利を確信する気持ちがあまりにも強かったので、周りの人たちの期待が小さければ小さいほど、あっと言わせてやれると思って喜んでいた。


佐渡島庸平

部数はあくまで結果でしかない。大事にしたいのは、ひとつひとつの作品で何を表現するのかゴールを作家と共有し、それを達成できるかどうか。


マーシャル・ゴールドスミス

目標を達成し続けてきた人は、自己中心的である場合が多い。そうした人が、自分よりも他人のことを考えられるようになるには、実は非常に難しいことである。


大西賢

公共の使命を果たすことは重要ですが、収支の釣り合わない路線を維持するのは、現実的な議論ではありません。


鎌田浩毅

僕は食事も睡眠も、体に従うようにしています。お腹が空くまで食べない、眠くなるまで寝ない。食べることも寝ることも、体の欲求が起きるまでしません。人間は文明が積み上がれば積み上がるほど本来の生物学的な生き方から遠ざかる。それを戻すものが食事だと思っているんです。自分はいつ食べたいのか、何を食べたいのか、徹底的に見つめるとすごく豊かになる。欲しいものを欲しいときに欲しい量だけ食べるんだから、おいしくないわけないでしょ。


三森裕

より多くのお客様おひとりおひとりにふさわしい保障をお届けすること。それこそが、私と弊社が果たすべき使命であり、社会貢献であると考えています。


高田明(ジャパネットたかた)

我々の売る商品が、お客様やご家族の人生を変えていく。そのぐらい商品には力があります。それを伝えるためにも、納得できる商品を紹介していきたい。


池田弘(経営者)

石に囓り付いてでも経営を軌道に乗せて、ハイレベルな目標を達成するような人材の多くは、いわゆるエリートではない、人生で挫折を経験しているような人です。嘘だと思ったら、ジャスダックに上場しているベンチャー企業の経営者の学歴を調べてみるといいでしょう。中卒、高校中退、高卒の人が大多数です。


吉田松陰

天下のことをなすは、天下有志の士と志を通ずるにあらざれば得ず。


新井一(起業コンサルタント)

自分のスキルを売る仕事では、いかに顧客に動いてもらうかで、仕事の効率化につながる。


青山満

セキュリティ事業を立ち上げた時に経営的危機がありました。当時、電子認証局のサービスは海外から仕入れていましたが、そのサプライヤーがアメリカで買収されてしまったのです。そのため、我々の売るサービスが無くなってしまいました。残された選択肢はこの事業をやめるか、自社で電子認証局になるかでした。電子認証局は非常に大きな参入障壁がありましたが2カ月間海外を飛び回り、当時グローバルで活躍する認証局が6社ある中で一番小さな会社を買収することが出来ました。サービスを自分達で全て作れると同時に、世界中にビジネスを展開する大きなチャンスを得たのです。


倉本聰

海抜ゼロの思想に戻らないと駄目だと思っているのです。皆さんは富士山で言うところの五合目を基準に物事を考えてしまっています。富士山では五合目までは車で行けてしまう。みんな上に行くことばかりを考えてしまう上に、歩かないで簡単に行けるようにするための発想ばかりをしてしまっています。しかし逆に言えば、四合目になれば断面がすごく大きくなります。三合目は四合目よりもっと広い。海抜ゼロは無限に広い。そうすると、自分の視野が広がります。それだけ選択肢が広がるということです。そういった物事をゼロから考えるという発想を持たなければ、いつか道を誤ってしまいます。


宮内義彦

必死に取り組む。遅れを自覚して、やるべき事をやる。これしかない。