ヨシフ・スターリンの名言

ヨシフ・スターリンのプロフィール

ヨシフ・ヴィッサリオノヴィチ・スターリン。ソビエト連邦の政治家、軍人。ロシア帝国グルジア地方ゴリ出身。グルジア教会の神学校で学ぶ。在学中にマルクス主義に傾倒。家庭の事情で神学校を退学。トビリシ中央気象台で働きながらロシア社会民主労働党の運動に参加。いくつかの職を経ながら労働活動を行う。十月革命に加わり、ソビエト連邦成立に深く関与。ソビエト社会主義共和国連邦書記、国家防衛委員会議長、人民委員会議議長、閣僚会議議長、共産党書記長、ソビエト連邦大元帥などを務めた。

ヨシフ・スターリンの名言 一覧

一人の人間の死は悲劇だが、数百万の人間の死は統計上の数字でしかない。


ヨシフ・スターリンの経歴・略歴

ヨシフ・ヴィッサリオノヴィチ・スターリン。ソビエト連邦の政治家、軍人。ロシア帝国グルジア地方ゴリ出身。グルジア教会の神学校で学ぶ。在学中にマルクス主義に傾倒。家庭の事情で神学校を退学。トビリシ中央気象台で働きながらロシア社会民主労働党の運動に参加。いくつかの職を経ながら労働活動を行う。十月革命に加わり、ソビエト連邦成立に深く関与。ソビエト社会主義共和国連邦書記、国家防衛委員会議長、人民委員会議議長、閣僚会議議長、共産党書記長、ソビエト連邦大元帥などを務めた。

他の記事も読んでみる

塚本昌彦

世の中、何かというとネガティブなことばかり言う人、多いでしょ。デキない理由ばかり言って挑戦しない、させない。それは、違う。リスクを考えたうえでそれを凌駕する「やる理由」をたくさんリストアップすればいい。


花光雅丸

人の意見は素直に取り入れます。でも自分のやり方を貫く。僕は素直だけど、負けず嫌いのあまのじゃくなんです。


佐渡島庸平

僕にはやりたいことがたくさんあります。出版不況のなかで、才能ある新人たちが未来に希望を感じるしくみを作っていくこともそのひとつ。僕にはこうしたゴールしか見えていません。ですから、ゴールにたどり着く過程で、ときに土下座をするとしても、ときには強硬な態度をとって反感を買うことになったとしても、かまいません。ゴールを見据えれば、手段としての行動についてはこだわりやプライドがなくなります。


阿部由希奈

やりたいことがありすぎて、じっとしていられない性格なんです。だから自由に動ける「流し」のスタイルが自分には向いているのかなと。


金田一秀穂

人には承認欲求がある。しかし、いつも承認されているポイントには慣れてしまう。「そこに注目してくれたんだ!?」と意外な長所を褒めよう。


坂根正弘

現地法人に権限委譲するには、我々が大事にしている価値観を共有してもらわないといけません。過去には能力の高い人を落下傘で持ってきて失敗したこともあります。だから能力が少々高いことよりも、価値観を共有できているほうがいい。いまの現地のトップはほとんど15年から20年選手です。


湯浅勲

私は30代半ばまで会社員でした。会社員時代、自分の利益しか考えない上司がいました。私が最も嫌いなタイプです。そんな上司の下で仕事をしていましたが、辛いと思ったことはありませんでした。おそらく、相手と適度な距離感を保っていたからだと思います。距離の保ち方は人によって異なるので、答えも一様ではありませんが、気持ちがささくれ立つまでに自分を追い込まないほうがいいでしょう。


小林陽太郎

社長に就任してまもなく、デミング賞(品質管理に関して優秀な企業に与えられる賞)にチャレンジするかどうか迷ったことがありました。全社的に品質管理に取り組んでおり、さらなる前進に向けて気持ちが高揚していた時期です。様々なことを考えた末、雑念を捨てて踏み出すことに決め、授賞に至りました。


竹田和平

握っていると失うけど、捨ててみるとすべて手に入る。


森川亮

将来転職する可能性を考えるよりは、まずは目の前の仕事で最高の結果を出すことを考える。そして、求められている以上の成果を出せば、おのずと評価も高くなる。


西尾維新

小説を1本書いている間に、次の仕事の仕込みをしているんです。人間は、集中しすぎると疲れるし、ろくなものができない。さらに集中できるのは1日90分ぐらいなもの。でも人間は1日10時間は働かないといけないわけです。過度に集中せず、意識を散らす意味でも、次の話を考えるんですよ。


宋文洲

日本人は、もう少し気楽にやった方が幸せになれると思う。


松本晃(経営者)

経営はシンプルに考えるとうまくいく。


ピーター・ドラッカー

我々が強い衝撃を持って最初に学んだことは、知識労働においては、資本は労働(すなわち人間)の代わりにはならないということである。経済学の用語に従えば、肉体労働については、資本と技術は生産要素である。しかし知識労働については、もはやそれらは生産手段であるにすぎない。資本と技術が仕事の生産性を高めるか損ねるかについては、知識労働者がそれらを使って何をいかにするかにかかっている。仕事の目的や、使う人の技量にかかっている。


江上剛

一方的に話すだけではなく、聞くところからコミュニケーションは始まります。ですから上司は、悪い報告を受けた途端に「なんだ、それは!」などと頭ごなしに怒らないことです。中間管理職がやってしまいがちなことですが、わざと大げさに叱ってみせて「厳しい上司ぶり」を上役にアピールする人がいます。それは絶対にやってはいけないことです。また、トラブルの報告を受けたからには、上司は覚悟を決めて、命がけで解決にあたらなくてはいけません。


ページの先頭へ