名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ヨアン・ヴィー・クヌッドストープの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヨアン・ヴィー・クヌッドストープのプロフィール

ヨアン・ヴィー・クヌッドストープ。デンマークの経営者。「LEGO」CEO(最高経営責任者)。デンマーク・フレデリシア出身。デンマーク・オーフス大学卒業、英クランフィールド大学でMBAを取得、米マサチューセッツ工科大学で博士号を取得。マッキンゼー・アンド・カンパニーなどを経てレゴに入社。同社の経営再建に成功した。

ヨアン・ヴィー・クヌッドストープの名言 一覧

大切なのは「顧客にとって何が価値か」ということです。


優れたストーリーは、会議室からは生まれません。社員同士の活発なコミュニケーションから紡がれるものです。


起こり得る変化に柔軟に対応し、自律的にイノベーションを起こせる仕組みを作ること。これが、レゴ再建のカギでした。


誰も将来の変化は予測できません。レゴも含め、大抵の組織にはそんなリーダーはいないのです。


「汎用性」と「独自性」を同時に実現できる組織であること。それこそが、レゴの存在意義であり、今後も成長の原動力であり続けると思います。


創業家出身でレゴのオーナーであるケル・キアク・クリスチャンセンは、いつも私にこう言います。「レゴは万人のものである」と。その一方で、レゴが汎用品とならないためには、常にレゴ独自の遊び方やレゴ独自のイノベーションを提供し続ける必要があります。


英ロンドンに新たな拠点を開設しました。お手本は、米グーグルなどのシリコンバレーオフィスです。固定席を作らず、オフィス内の至る所にホワイトボードやソファを配置して、会話を誘発しやすい環境にしました。これも、コミュニケーションを軸に組織を強くする取り組みの一つです。


グローバル化を加速するうえで課題もあります。それは、理念の共有です。再建に専念していた頃は、私のメッセージは社員に浸透しやすかった。しかし、組織が大きくなり、事業も全世界に広がると、組織の末端にメッセージが伝わりにくくなる。


レゴの再生に成功したのは、もはや過去の話。私たちは今、レゴをデンマークのローカル企業から、本当のグローバル企業へと脱皮させられるかどうかの岐路に立たされています。


ヨアン・ヴィー・クヌッドストープの経歴・略歴

ヨアン・ヴィー・クヌッドストープ。デンマークの経営者。「LEGO」CEO(最高経営責任者)。デンマーク・フレデリシア出身。デンマーク・オーフス大学卒業、英クランフィールド大学でMBAを取得、米マサチューセッツ工科大学で博士号を取得。マッキンゼー・アンド・カンパニーなどを経てレゴに入社。同社の経営再建に成功した。

他の記事も読んでみる

池田欣生

1日1万歩ずつ歩いている人と、全然歩かない人を比べて、どちらが若々しいかといったら、明らかに前者なわけで、やはり適度な運動を生活習慣にとりいれることも必要。


上西京一郎

すべてのことに言えますが、嫌々やってうまくいく仕事はありません。誇りと楽しみがないと、創意工夫が出てきません。


古川裕倫

私は改革というミッションを与えられていたので、納得できない点については提案しました。ただ、「1回言ったくらいでは聞いてくれないだろうな」と初めから覚悟していましたし、実際提案もなかなか通りませんでした。リスクマネジメントについて提案したときには、「うちでそんな大変なことが起こるわけがない」と一笑に付されました。それでもめげずに何度も角度を変えながら提案しました。
【覚書き|ホリプロ時代を振り返っての発言】


安田佳生

なまじ自信があると、人の意見やアドバイスを素直に聞かなくなります。そういう人は、どんなにやる気があっても伸びません。実際、私が営業の仕事に対する苦手意識を払拭できたのも、人の意見を素直に受け入れるようになってからです。


梅野勉

数字でしか判断しない上司と戦うのも、ビジネスマンの試練ですよ。もっといえば、自分が目標達成できなかったのはこういう理由であり、その代わりにこれだけ会社に貢献したということを、ロジックとデータできちんと説明し、上司を説得できればいい。あるいは、逆に志の低い上司の考え方に影響を与えられるようなら、その人は間違いなく即戦力です。


飯沼久恵

まずするべきことは捨てること。次に、残したモノの配置を「適切に」設定することが不可欠。


脇若英治

トレーダーの適正を測るには、一週間かけてトレーディングのシミュレーション・ゲームをやらせて、そこでデシジョンの仕方などをみれば、一目瞭然です。私は会社の人事にも関与していますが、トレーダーにかぎらず、この人がどんな仕事に向いているかは、すぐにわかります。それを見抜けなければ、会社の人事はできませんからね。


秋元久雄

仕事を作業にしてしまっている人たちは、結局与えられた問題に対してしか答えようとしません。会社から与えられた課題をそつなくこなす。ただし、その問題は結局、分業化やマニュアル化の中で、非常に単純化されたものでしかない。一方、職人型の人材は自分で問題を作れる人。職人は自らのスキルを向上させるために、常に新たな課題やハードルを自分で見つけ出す。仕事の高次化が自ずとできてくる。


木村大作

私は話をするときも声が大きい。私の役割は熱を燃やすことです。だから、元気しか見せられません。


松岡正剛

表面的な知識やスキルではなく、教養を身につけるには、歴史のある場面について、深く掘り下げて考えてみることが大切。


村瀬治男

日本では極端な話、「本日は晴天なり」から始まったりするので、「早く結論を言え」と待ちきれず、突っ込んでしまいます。その意味では部下にとって私はいい聞き手ではありません。ただ、上司の役割は早く結論を出すことにある以上、話すべきことは先に結論を述べ、意思を示すべきだと私自身は思っています。


遠藤良治

与えられた環境で与えられた仕事を全うしていけば、必ず次の道が開ける。