名言DB

9413 人 / 110706 名言

ヨアン・ヴィー・クヌッドストープの名言

twitter Facebook はてブ

ヨアン・ヴィー・クヌッドストープのプロフィール

ヨアン・ヴィー・クヌッドストープ。デンマークの経営者。「LEGO」CEO(最高経営責任者)。デンマーク・フレデリシア出身。デンマーク・オーフス大学卒業、英クランフィールド大学でMBAを取得、米マサチューセッツ工科大学で博士号を取得。マッキンゼー・アンド・カンパニーなどを経てレゴに入社。同社の経営再建に成功した。

ヨアン・ヴィー・クヌッドストープの名言 一覧

大切なのは「顧客にとって何が価値か」ということです。


優れたストーリーは、会議室からは生まれません。社員同士の活発なコミュニケーションから紡がれるものです。


起こり得る変化に柔軟に対応し、自律的にイノベーションを起こせる仕組みを作ること。これが、レゴ再建のカギでした。


誰も将来の変化は予測できません。レゴも含め、大抵の組織にはそんなリーダーはいないのです。


「汎用性」と「独自性」を同時に実現できる組織であること。それこそが、レゴの存在意義であり、今後も成長の原動力であり続けると思います。


創業家出身でレゴのオーナーであるケル・キアク・クリスチャンセンは、いつも私にこう言います。「レゴは万人のものである」と。その一方で、レゴが汎用品とならないためには、常にレゴ独自の遊び方やレゴ独自のイノベーションを提供し続ける必要があります。


英ロンドンに新たな拠点を開設しました。お手本は、米グーグルなどのシリコンバレーオフィスです。固定席を作らず、オフィス内の至る所にホワイトボードやソファを配置して、会話を誘発しやすい環境にしました。これも、コミュニケーションを軸に組織を強くする取り組みの一つです。


グローバル化を加速するうえで課題もあります。それは、理念の共有です。再建に専念していた頃は、私のメッセージは社員に浸透しやすかった。しかし、組織が大きくなり、事業も全世界に広がると、組織の末端にメッセージが伝わりにくくなる。


レゴの再生に成功したのは、もはや過去の話。私たちは今、レゴをデンマークのローカル企業から、本当のグローバル企業へと脱皮させられるかどうかの岐路に立たされています。


ヨアン・ヴィー・クヌッドストープの経歴・略歴

ヨアン・ヴィー・クヌッドストープ。デンマークの経営者。「LEGO」CEO(最高経営責任者)。デンマーク・フレデリシア出身。デンマーク・オーフス大学卒業、英クランフィールド大学でMBAを取得、米マサチューセッツ工科大学で博士号を取得。マッキンゼー・アンド・カンパニーなどを経てレゴに入社。同社の経営再建に成功した。

他の記事も読んでみる

森田俊作

仕事とはそもそも、「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」の資源を上手に「整理整頓」していくことではないでしょうか。整理が習慣になっている人は、仕事もできる人なのだと思います。


澤田秀雄

1年後より3年後、世界がどう変わっていくか、予見しないと厳しい。デジタルカメラが誕生した時、解像度が良くないからフィルムの時代は続くと考えたコダックはつぶれてしまった。完全に予測することはできないけれど、大きな流れをまずつかむ。


渋沢栄一

人に接するには、必ず深い敬意を持ってせよ。宴楽遊興の時であっても、敬意と礼を失ってはならない。


佐藤裕久

どの店でも同じという、チェーン店のオペレーションは、運営会社側の都合で考えられたもので、決してお客様のためのものではない。


西岡常一

功利的なことを考えずに、時間をかけてもええから、本当の仕事をやってもらいたい。ごまかしやなしに、ほんまの仕事をやってもらいたい。


小泉文明

物事を多角的に捉えて最終的に1つの意思決定を下すうえで、自分が持っていない価値観や文脈を知ることは重要です。否定的な言葉を投げたら、相手はきっと口を閉ざしてしまい、私はせっかくのチャンスを逃してしまうでしょう。


小泉文明

大胆にやった結果の失敗は、会社としてウエルカム。きっと学びがあるはず。


森永卓郎

「仕事は苦行」だと感じている人も多いと思うのですが、私は、それでは「いい仕事」をするのはなかなか難しいと思います。むしろ、「仕事は遊び」と思ったほうがいい。なぜなら、人間は本来的に「楽しさ」を求めるものだからです。どうやったら楽しくできるかと考えることで、そこに進歩が生まれる。


津川雅彦(マキノ雅彦)

30歳のときにデヴィ夫人とのスキャンダルが勃発し、週刊誌に4週連続で叩かれ、とうとう仕事が一本もなくなった。そんな最中に仲良くしていた朝日放送のディレクターが「えらい宣伝になっとるやないか。喫茶店に入ったら、みんながお前の噂しとる。広告費にしたら何十億円、いや浸透度から言えば何百億や!」。で、「せっかくみんなに嫌われとんのや! そのエネルギーをプラスにせえ」と、『必殺仕置人』に悪役で出させてもらった。これが大好評でね。以降、仇役のオファーがどんどん来るようになった。


遠藤章造

この10年、俺が感じていたのは縁の不思議さです。つながりが続く人もいれば、途切れてしまう人もいる。なんでやろうな……と。すごくモヤっとしていた思いを抱えていたんです。それが、この間テレビでご一緒した笑福亭鶴瓶さんのひと言で、すっと晴れていった。鶴瓶さんは「縁は努力だ」と仰っていて、本当にそうやな、と。人に出会うのは縁やけど、努力がなければすーっとなくなっていくもの。どうしても終わった番組のスタッフや演者さんとのつき合いは薄くなってしまい、俺もそれをそのままにしてきたことに後悔があったんです。だから、これから始まる番組、出会った人との縁は今まで以上に努力してつなげていこう、と。それが40代のテーマかなと思っています。


遊川和彦

「執念」、キレイな言葉で言えば「情熱」。それがある方がやっぱり、何か新しいものが見つけられるという気がする。多少間違っていても、そこに何か違う発想が生まれてくるじゃないですか。


所ジョージ

先日、司会を務めたテレビ番組で子供の発明特集をやったんです。たとえば、トイレットペーパーを引っ張ると、その力によって滑車を使った装置が動き出す。どれだけの紙を使ったかの量がひと目でわかる発明品とかね。どれも自由な発想で面白いんですよ。きっと大人は作らないだろうなってシロモノばっかり(笑)。「特許取得はムリだから」とか、「類似商品があるだろうな」とか、頭の中で想像してなんかやりませんよ。でも、子供は一途に集中して取り組むんですね。自分の発想を形にできただけで大満足なんです。私は、その行為がタネになって、いつか花を咲かすと思っています。


森川陽太郎

ネガティブな状態から立ち直るための3ステップ

  1. 気付く。「自分の感情をコントロールしようとしてないか」「他人の評価ばかり気にしていないか」と、コントロールできないことに意識がいっていないか自問する。
  2. 止める。思考を止めるのは難しいので、いましている「行動」を止めてみる。たとえば商談中ならば、一瞬腰を上げて椅子にかけ直してみる。
  3. 戻す。行動を変えたら、「周囲や他人への意識でなく、自分ができることは何か?」と考え、それに集中する。

澤田秀雄

私が最も怖いと思っているのは、時代に合わせようとするあまり、基本を考えずに利益の追求に走ってしまうことです。企業にとって利益はもちろん大切ですし、会社を大きくしていくことも大切です。でも、世のため社会のためという基本から外れて規模や利益を追い求めると、利益のためなら不正やごまかしをしてもいい、という気持ちが生まれます。これでは本末転倒です。


マイケル・ゲルブ

レオナルド・ダ・ヴィンチはいつもノートを持ち歩いていた。アイデアや印象、観察したことを書き留めていた。彼の手記には、ジョークや小話、観察した事柄、尊敬する学者の考え、個人的な金銭の記録、手紙、家庭の問題についての反省、哲学的な思索や予言、発明の計画、解剖の取り決め、植物学、地質学、飛行装置、水、絵画などについていろいろ書き記されている。