名言DB

9412 人 / 110637 名言

ヨアン・ヴィー・クヌッドストープの名言

twitter Facebook はてブ

ヨアン・ヴィー・クヌッドストープのプロフィール

ヨアン・ヴィー・クヌッドストープ。デンマークの経営者。「LEGO」CEO(最高経営責任者)。デンマーク・フレデリシア出身。デンマーク・オーフス大学卒業、英クランフィールド大学でMBAを取得、米マサチューセッツ工科大学で博士号を取得。マッキンゼー・アンド・カンパニーなどを経てレゴに入社。同社の経営再建に成功した。

ヨアン・ヴィー・クヌッドストープの名言 一覧

大切なのは「顧客にとって何が価値か」ということです。


優れたストーリーは、会議室からは生まれません。社員同士の活発なコミュニケーションから紡がれるものです。


起こり得る変化に柔軟に対応し、自律的にイノベーションを起こせる仕組みを作ること。これが、レゴ再建のカギでした。


誰も将来の変化は予測できません。レゴも含め、大抵の組織にはそんなリーダーはいないのです。


「汎用性」と「独自性」を同時に実現できる組織であること。それこそが、レゴの存在意義であり、今後も成長の原動力であり続けると思います。


創業家出身でレゴのオーナーであるケル・キアク・クリスチャンセンは、いつも私にこう言います。「レゴは万人のものである」と。その一方で、レゴが汎用品とならないためには、常にレゴ独自の遊び方やレゴ独自のイノベーションを提供し続ける必要があります。


英ロンドンに新たな拠点を開設しました。お手本は、米グーグルなどのシリコンバレーオフィスです。固定席を作らず、オフィス内の至る所にホワイトボードやソファを配置して、会話を誘発しやすい環境にしました。これも、コミュニケーションを軸に組織を強くする取り組みの一つです。


グローバル化を加速するうえで課題もあります。それは、理念の共有です。再建に専念していた頃は、私のメッセージは社員に浸透しやすかった。しかし、組織が大きくなり、事業も全世界に広がると、組織の末端にメッセージが伝わりにくくなる。


レゴの再生に成功したのは、もはや過去の話。私たちは今、レゴをデンマークのローカル企業から、本当のグローバル企業へと脱皮させられるかどうかの岐路に立たされています。


ヨアン・ヴィー・クヌッドストープの経歴・略歴

ヨアン・ヴィー・クヌッドストープ。デンマークの経営者。「LEGO」CEO(最高経営責任者)。デンマーク・フレデリシア出身。デンマーク・オーフス大学卒業、英クランフィールド大学でMBAを取得、米マサチューセッツ工科大学で博士号を取得。マッキンゼー・アンド・カンパニーなどを経てレゴに入社。同社の経営再建に成功した。

他の記事も読んでみる

山崎元

2年単位くらいで、自分がどれだけ仕事で貢献や成長をすることができるかを考えるようにしてみましょう。仕事を通じた貢献や成長は成功体験になり、自信にもつながります。


藤田精一(経済学者)

損得思考では「過去は振り返らない」が鉄則。


森下一喜

本田宗一郎さんのように、経営者でありながら最後までものづくりに執着する経営をしたい。


石田智子

小学生の頃、逆動会は一年で一番楽しみな日でした。「かけっこ」が大好きで、その延長でここまで来たって感じですね。


中川政七・13代目(中川淳)

私が考えるブランディングの定義は「伝えるべきことを整理して正しく伝えること」。


渡瀬謙

人は、面白い話を聞いた時よりも、自分が気持ちよく話せた時に楽しいと感じることが多い。


和田秀樹

頭のいい人というのは、物事を予想できる人のこと。そうなるにはたくさん失敗しなければならない。


此本臣吾

イノベーションの要諦は、既成勢力の至らない部分を突くことにある。そのため、既存事業と必ず衝突する。


出口治明

物事を理解してもらうには、絵を描くのが一番早い。できるだけわかりやすく図解する。たとえば、自分の子供に説明するとき、「こういうことだよ」と絵を描いて説明するでしょう。


出雲充

経験豊富な人から知恵を吸い出し、「徹夜でも頑張る」ような覚悟で若い研究者やスタッフが情熱と努力で猛烈に集中して働くから、面白いモノを生み出せる。


ロバート・アレン

従業員は危険です。彼らはいつの間にか自分の仕事に対して「所有権」を持っていると勘違いするようになります。労使間の訴訟がこれだけ急増しているのを見れば、できるだけ少人数で利益をあげられる自分のだけの在宅ビジネスを目指すことが賢明だということは明らかでしょう。


根岸秋男

現地に足を運んでこそ、わかることがある。便利なネット社会でも、自分の五感で感じることが大切。フェース・トゥ・フェースの営業にこだわるのもそのためです。


成毛康雄

我々としては(生産は)日本でやりたいですね。競争力を保つには、開発と生産を近づけ、技術者をうまく入れ替えながら運営することが欠かせません。生産現場ではチームワークがとても重要なので、今から中国で現地人を雇うのでは間に合いません。コアな部分は、日本に残すべきだと考えています。


朝田照男

部下が気軽に声をかけられる状況をつくり出すことが重要です。常にこちらから話しかけ、部下から正確な情報を引き出すことができなければ、いつの間にか裸の王様になってしまいますから。


加藤嘉一

中国でビジネスを展開するなら、革新的な技術開発は怠らず、そのうえで早い段階から中国市場向けに専用の商品を開発していく姿勢が必要だと思います。中国市場もいまやスピード勝負。競合相手は欧米企業だけじゃない。中国企業もどんどん伸びてきています。