名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ユルゲン・シュレンプの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ユルゲン・シュレンプのプロフィール

ユルゲン・E・シュレンプ。ドイツの経営者。メルセデス・ベンツ会長兼CEO。メルセデス・ベンツの見習い工員として働きながら大学で工学を学ぶ。卒業後、ダイムラー・ベンツに入社。アメリカ、南アフリカの子会社社長、本社取締役兼航空部門責任者を経て会長兼CEOに就任。クライスラーとの大型合併なども行い辣腕を発揮

ユルゲン・シュレンプの名言 一覧

意気地のない人や、なんとかなるさと思って引っ込んでいるような人が、世の中を変えたためしはない。


ユルゲン・シュレンプの経歴・略歴

ユルゲン・E・シュレンプ。ドイツの経営者。メルセデス・ベンツ会長兼CEO。メルセデス・ベンツの見習い工員として働きながら大学で工学を学ぶ。卒業後、ダイムラー・ベンツに入社。アメリカ、南アフリカの子会社社長、本社取締役兼航空部門責任者を経て会長兼CEOに就任。クライスラーとの大型合併なども行い辣腕を発揮

他の記事も読んでみる

池谷裕二

受験生のころ、「必勝合格」と壁に貼って自分を励ましていた人はいないでしょうか。泥臭い印象があるのか、最近は以前ほど見かけなくなった気がします。しかし、精神論だといって馬鹿にしてはいけません。紙に書いて自分にハッパをかけるのは実は理にかなったやり方なのです。無意識に脳にメッセージが届き、やる気をかきたててくれるのです。


益本康男

事業展開のスピードが上がり、業域も拡大するなかで、イチから人材を育成するのでは間に合わない。今年の正月に家で考えを巡らし、決意して、休み明けに指示を出しました。人材をヘッドハンティングして、営業ルートも買う方針を固めたのです。アメリカ、ヨーロッパ、中国は、それなりの人材が揃っていますが、今後はアフリカ、東欧、ロシア、インド、ベトナム、インドネシアなどの新興国がビジネスの対象です。これらの国々では、イチから営業所、販売ルートを開拓していくのでは間に合いません。


石橋信夫

人に嫌われるのが嫌な者は、経営者にはなるな。


森岡毅

マーケッターは消費者を理解する専門職。消費者の日々の悩みだけでなく、潜在的な悩みや欲求を解き明かし、解決策となる技術を探していく。これを突き詰めることが、イノベーションを生み出す確率を高めてくれます。逆にマーケティングがなければ、消費者無視の自己満足に陥ってしまいます。残念ながら、日本の大企業、とりわけ製造業ではこうした傾向が強いのではないでしょうか。


辻本憲三

アメリカにも家がありますが、私は日本で生まれた日本人で、日本が好きだから、海外に移住することはありません。日本は島国で、独自の文化や風土を育んできました。日本人は、賢くて勤勉で、本当に良い国だと思います。最近は良い国過ぎて、若い人たちが外に出て行かないから国際競争力も落ちているのが問題になっていますが、それくらい日本は良い国だと思います。


山田進太郎

勉強にスポーツ、同級生はとにかく優秀なやつばかり。大企業に入って出世する、医者になって成功するといった未来は早々に諦めた。そして、自分なりの「山」を探し、そこで頂点に立つことにした。

【覚え書き|中学生時代を振り返って】


川又三智彦

新聞8紙、雑誌30冊とネット情報にも目を通します。時間は毎日3時間くらいでしょうか。時間をきちんと管理すれば、そのくらいの時間はつくれます。僕はお酒もゴルフもやりませんから、これくらいの時間を情報整理に充てることはまったく苦ではありません。むしろ、仕事の速さと質を高めるために必要なことだと思っています。


竹田恒泰

日本人は働き者で手先が器用だとはよく言われますが、それに加えて、子供がおもちゃで遊ぶように、楽しみながらものを作るのも特徴です。楽しんで行動する人には誰も敵いません。また、楽しむからこそ溢れるほどのアイデアも湧いてくる。古くは縄文土器から現代のアニメに至るまで、日本人の作るものがどの時代をとっても優れているのはそのためです。


柳井正

不思議なことに、みんな大学を出たら一人前だと思っている。どれだけ優秀な人でも何かの仕事で一人前になろうとしたら、3年から5年はかかります。普通の人なら一つのことを10年ぐらいはやり続けないと絶対に一人前になれません。


茂木友三郎

米国に工場を作ったとき、米国人マネジャーや弁護士たちと人事制度を話し合った。結論としては終身雇用は無理だが、できるだけ長く働いてもらう安定雇用を基本方針とすることに決めた。就業規則では、業績が悪化すれば、レイオフの前に社員の賃金を一律カットすることを明記した。その上で募集したら、この方針が支持され予想以上に多くの応募者が集まった。転職しやすい米国でも、解雇されるのは誰だって嫌なものだ。実際、工場建設から40年以上経つが、一度もレイオフはしていない。


森川亮

守るより攻めよ。これは私が若いビジネスパーソンに言いたいこと。人口が減少していく日本では、「守り」の姿勢は強みとなるどころか、守れば守るほどリスクが高まっていく。


福留大士(経営者)

人や企業の生産性を革新していくのが、我々のビジネス。日本は人口が減少していくことが確定的ですから、その中で我々が考えていかなくてはならないのは、とにかく生産性を上げ、賃金を挙げていくこと。これが最重要テーマ。そのためにテクノロジーを生かし、あるいは人の教育そのものに踏み込んで生産性を上げていく。