ユルゲン・シュレンプの名言

ユルゲン・シュレンプのプロフィール

ユルゲン・E・シュレンプ。ドイツの経営者。メルセデス・ベンツ会長兼CEO。メルセデス・ベンツの見習い工員として働きながら大学で工学を学ぶ。卒業後、ダイムラー・ベンツに入社。アメリカ、南アフリカの子会社社長、本社取締役兼航空部門責任者を経て会長兼CEOに就任。クライスラーとの大型合併なども行い辣腕を発揮

ユルゲン・シュレンプの名言 一覧

意気地のない人や、なんとかなるさと思って引っ込んでいるような人が、世の中を変えたためしはない。


ユルゲン・シュレンプの経歴・略歴

ユルゲン・E・シュレンプ。ドイツの経営者。メルセデス・ベンツ会長兼CEO。メルセデス・ベンツの見習い工員として働きながら大学で工学を学ぶ。卒業後、ダイムラー・ベンツに入社。アメリカ、南アフリカの子会社社長、本社取締役兼航空部門責任者を経て会長兼CEOに就任。クライスラーとの大型合併なども行い辣腕を発揮

他の記事も読んでみる

佐藤良基

病気で入院した際、「佐藤さんにお願いしたいから退院まで待つ」と言ってくれた人がいたんです。自分の能力の価値を高めていれば、求めてくれる人は必ずいる。


山口周

私はそもそも、面倒や手間はかけたくない性格なので、「最も効率的かつ最短で学べる」というポートフォリオを検討しました。結果、マーケティングの名著や古典を学ぶことにたどり着きました。私は大学で美術と音楽を専攻していましたが、どちらも流行と衰退を繰り返した末に、いい作品だけが残るのだと知っていた。「時間」と「人」によるフィルタリングで残ったものが「古典」なのです。マーケティング理論もきっと同じだと仮説を立てました。ドラッカーやコトラーなどの名著を読んで基本を押さえた。すると、後の理論はすべて、それらのどれかを応用したものに過ぎないことに気がついた。独りで学んだことが、後に役立つことこそが独学の目的であり、醍醐味なのだと思います。


本多静六

何人も貯金の門をくぐらずに巨富には至りえない
【覚書き|本多静六博士は収入の25%と、特別収入(給料以外のボーナスや印税・講演料)のすべてを貯金し、さらにたまった金を土地と株に投資して億万長者になった。種銭を作る一番確実な方法は収入を貯金すること。貯金をするとキャッシュフローのコントロール法も会得することができる】


渋沢栄一

言葉は禍福ともに引き起こす入口のようなものだ。ほんのちょっとした言葉であっても、軽率に口にしてはならない。


芳賀繁

ミスをチームで防ぐなら、いま置かれている状況で、どんなリスクが潜んでいるかを考える時間を設けて、チーム全員で議論するといいでしょう。リスクに対する共通認識が持てますし、リスクを減らすためのミスの予防策が出てくるかもしれません。


猪瀬直樹

若いころ、原稿の締め切りに遅れそうになり、焦って集中力を欠くという悪循環に陥ったことがありました。一度締め切りに遅れてしまうと、それが次の原稿の締め切りにも悪影響を及ぼし、まるで雪崩のように段取りが崩れてパニックに陥るのです。二度とこんな経験はしたくないと思って、それ以降は、前倒しで仕事に取りかかるようにしています。前倒しで進めることで、心に余裕をもって仕事に取り組むことができる。だから、週刊誌の連載の原稿は一度も遅れたことがありませんでした。


岩田松雄

仕事が遅い人を見ていると、最低限のタスク管理や進捗管理さえしていないことが少なくありません。管理といっても特別なことをする必要はない。私のやり方は、すべての業務を書き出して、各項目の後ろに○を書いて十字で四分割し、あとは進捗状況に応じて○を四分の一ずつ塗りつぶしていくというもの。この程度のことでいいのです。付箋にやるべきことを書いて貼り出しておいてもいいでしょう。「当たり前のこと」と思われるかもしれません。でも、この程度のこともできていない人は多いし、そのためにうっかりミスをしてしまい、結果として納期遅れなどの緊急事態を招いて走り回る羽目になるのです。


渡邉美樹

大事なのは、「車がほしい」という夢でも仕事の夢でも、必ず「いついつまでに達成する」と日付を入れておくこと。日付を入れておかないと、今日の行動は変わりません。逆に言えば今日の行動が変わることで、初めて明日の世界が変わり、未来が開けていくんです。


石井茂(経営者)

ソニーという会社は収益の変動が大きい面があるので、比較的安定している金融業という座布団があるのはいいことです。ポートフォリオ経営の一部でしょう。


清武英利

勤め先が倒産するとかしないとか、再就職に出遅れるとか先んじたとか、そんなことで人生を左右されてはいけない。それでも続いていく人生の大波小波を、その場その場できちんと清算しながら納得して歩んでいけるか。そのことがもっとも重要。


中沢光昭

会社の仕事は、チームプレーで進めるものです。1人の力だけで成否が決まることなど、めったにありません。ごく一部の例外を除き、個々のビジネスパーソンの能力に大差はありません。仕事のチャンスをつかみ、評価されるのは、周囲から「一緒に働きたい」と思わせる人です。


大宮英明

うちは事業部の独立性が強いのですが、事業部の仕事の間にアナロジー(類比)はないかという視点も常に持っていました。ここでやっていることは、こっちに応用できるのではないかというふうに。私は、そういうものの見方が得意なんです。
【覚書き|様々な部署を回ってきた経験について語った言葉】


森喜朗

重要なのはその人の懐に入ること。まずは相手を信じ、そのかわり自分も人間として信用してもらう。


河野真矢子

私は腑に落ちないと行動につながらないタイプなんでしょう。何でも気になったことは必ず聞いていました。それが続くと、「お前が考えろ」なんて怒られていましたが(笑)。


浅田俊一

当社は、金融と商社、メーカーという3つの業態の中間地点にある会社だと考えている。「『金融×サービス×事業』の新領域へ」という標語を掲げている。


ページの先頭へ