ユルゲン・クリンスマンの名言

ユルゲン・クリンスマンのプロフィール

ユルゲン・クリンスマン。プロサッカー選手(FW)、監督。ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州出身。欧州のサッカーリーグを渡り歩き活躍。ドイツ年間最優秀選手などを獲得。引退後、ドイツとアメリカの代表チーム監督を務めた。

ユルゲン・クリンスマンの名言 一覧

パン屋は昨日作ったパンで生活することはできないし、サッカー選手も昨日の試合に頼っていては生きていけない。


ユルゲン・クリンスマンの経歴・略歴

ユルゲン・クリンスマン。プロサッカー選手(FW)、監督。ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州出身。欧州のサッカーリーグを渡り歩き活躍。ドイツ年間最優秀選手などを獲得。引退後、ドイツとアメリカの代表チーム監督を務めた。

他の記事も読んでみる

西村英俊

どんなケースであったにせよ、つぶれたという結果の全責任を負うのが社長です。ですから、社長は今日も明日も次の日も、会社がつぶれることばかりを考えて、つぶれないように全神経を張りつめ、危険が迫っていないかを確かめながら、どんな危険の因子もこれを取り除いておかなければ安心して寝ることはできません。


山本ケイイチ

トレーニングとは自分を追い込むこと。休日は自分を追い込まない趣味に没頭するなどして、うまくバランスを取るほうがよいでしょう。休日は1時間程度のウォーキングや水泳程度にとどめ、メリハリのある生活を心がけるべきですね。


築山節

雑用が多すぎると、今度はそれが負担となってやる気が削がれる場合もあります。脳の負担を軽くするためには、雑用に関する選択や判断をルール化するといいでしょう。たとえば、「まだ読んでいない書類は一か所にまとめる」「読んで理解できた書類は捨てる」「理解できたが重要な書類はAの箱に、理解できなかったものはBの箱に」というように書類の整理について一定のルールをつくる。こうして作業を効率化すると、膨大な雑用に悩まされることも減るはずです。


野口健

大自然を相手にしたら「必ずできる」はありえない。山も人間の身体も自然のものである以上、登れる時は登れるし、無理な場合は無理。それで良い。


仙田満

周辺環境とどう調和していくか。私は、環境デザインとは「その場所が持つ物語を大切にしながらデザインする態度」だと定義しています。重要なのは、形よりつくり方。自然環境豊かな地域ならば、その環境を破壊しないデザイン、歴史的な地域であれば、まち並みや文化に配慮したデザインが必要。


永瀬昭幸

公教育はいま、国際社会に伍してやっていける人材を輩出する体制になっていません。世界で活躍できる人材を輩出する国家をつくるには、民間がやるしかない。これは、ものすごいチャンスです。まだ埋めなくてはいけない部分がたくさんあります。


林野宏

最近、20世紀に成功した企業が苦境にあえいでいます。簡単にいえば、成功を支えた組織と、それを構成する人の能力が陳腐化しているということ。典型的な例が家電業界ですが、実際はあらゆる業界に共通していえることで、現時点で陳腐化が表面化していなくても、それは競争相手も似た状況だから目立たないだけ。競争のグローバル化が進むにつれて露わになってきますよ。


青田嘉光

以前とはお客様のニーズが変わってきています。たとえば商業空間であれば、その場所で過ごす「時間」や「体験」がより重要な要素になっています。昔のように、単に「モノを買う場所」という捉え方ではもはや通用しません。空間を訪れる人々の想いは多様化しており、我々はそのニーズをとらえて、事業を行うお客様の課題解決に全力を注いでいます。


安岡正篤

不健康、早く老いることの原因は、肉体より精神にあります。精神に感激性のなくなることにあります。ものに感じなくなる、身辺の雑事、日常の俗務意外に感じなくなる、向上の大事に感激性を持たなくなる。これが一番いけません。無心無欲はそういう感激の生活から来るもので、低俗な雑駁(ざっぱく)から解脱することに他なりません。


程近智

基本は、人事を尽くして天命を待つということ。運や出会いに任せる。巡り合わせに委ねる。実際、それ以外にやりようはないですから。


三喜俊典

社長就任以来、ずっと言っているのは「日新製鋼という会社の存在感と存在価値をあげよう」ということです。弊社の商品そのものはコンビニで売っているわけではないし、テレビで宣伝をしているわけでもないですから、一般の方々の間での弊社の知名度は決して高くありません。でもそれは、考えようによってはビジネスチャンスになります。弊社のことを知らない人に知ってもらえば、いままで考えつかなかった変化が生まれる可能性があるわけですから。


アンリ・ドゥ・キャストゥル

アクサは非常に規模の大きいグローバル企業ですから、リスクを分散できます。少ない資本でも同じ規模のビジネスが、あるいは同じ資本であればより幅広くビジネスが可能になる。


田中仁(経営者)

大事にしているのは、ブレないビジョン、方向性、判断。


渡辺捷昭

私が昭和39年の入社、奥田(碩)にしても昭和30年入社ですから、労働争議そのものは生で経験していません。でも、若いころに諸先輩方たちから辛酸をなめた時代の話を集中豪雨的に聞いていますから、身にしみついているんです。ただ、いまは豊かな時代に育って入社した世代ばかりです。苦労性と言われるかもしれませんが、語り部として危機感を後進に語り継いでいるつもりなんです。


伊原保守

真の競争力を身に付け、新しい価値を提案する会社になることが海外サプライヤーへの対抗になる。


ページの先頭へ