ヤンネ・ラハテラの名言

ヤンネ・ラハテラのプロフィール

ヤンネ・ラハテラ。フィンランド人モーグルスキーヤー、指導者。ケミヤルヴィ出身。ソルトレイクシティオリンピック金メダリスト。ワールドカップ、世界選手権、オリンピックのモーグル3大大会を制した。また、モーグル日本代表コーチを務めた。

ヤンネ・ラハテラの名言 一覧

世界一の椅子はひとつしかなく、その椅子に一番近づけた人しか座れない。迷ったり不安になったりする暇はない。ただやるしかない。


ヤンネ・ラハテラの経歴・略歴

ヤンネ・ラハテラ。フィンランド人モーグルスキーヤー、指導者。ケミヤルヴィ出身。ソルトレイクシティオリンピック金メダリスト。ワールドカップ、世界選手権、オリンピックのモーグル3大大会を制した。また、モーグル日本代表コーチを務めた。

他の記事も読んでみる

大屋敦

病は気のせいと昔から言うが、私は「精神力即健康」と信じている。私の養生法は、絶えず萎靡(いび)せんとする精神力をいかにして奮い立たせるかに尽きている。やはり食物や日常の起居の養生ぐらいで健康問題が片付くと思ったら間違いだろう。


箱田忠昭

すべての仕事に締め切りを設定することが大切です。顧客や上司から締め切りを提示されていない仕事でも、自分で締め切りを設け、それを必ず守るように自らに課すのです。人はノルマがあれば、それをクリアしようとする生き物ですから。


川路耕一

果てしない情熱、理念を社員にいろいろな機会・方法でいかに伝えていくかを常に考えています。企業規模が小さい時には、リーダーの言葉が組織の隅々まで行きわたっていることが実感できますが、企業規模が大きくなると、当初のやり方が通用しない局面に必ず突き当たります。企業経営者が悩むのはそういう時です。


川西修

米の生産を続ける上で、果たして将来展望が開けるのか否か、生産者は真剣ですから我々も負けずに真摯に取り組んでおります。今では、米の特質を見ただけで、ブランディングの方向性や販路が浮かぶほど精度も高まっています。


マイケル・ブルームバーグ

私はオプティミスティックで過去を振り返らないタチだから。今日が自分にとって最良の日であるといつも思ってやってきた。


マイケル・ガーバー

事業を立ち上げる唯一の理由は、それを売ることだ。


川淵三郎

Jリーグができたことで、「世界に羽ばたく」という夢が見えてきたんです。選手もファンも、子供たちにも。Jリーグが広く受け入れられた理由は、「この道は世界につながっているんだ」という夢をみんなが持てたことが大きかったのではないでしょうか。


兼元謙任

人間はお互い、問いと答えを投げ交わすことで、分かり合えるし、知恵も出せます。でも私は他人に対して問いを投げかけていなかったんです。そこで、「どんなことでも誰かに気軽に質問でき、それに詳しい人が丁寧に答えてくれたらいいな」という考えが芽生えました。そうした頭の中のイメージが、インターネットと結びついて現在の「Q&Aサイト」の構想につながりました。


近藤聖司

新たな需要を創出しようと新製品づくりに励みました。その中からタオルハンカチやタオルマフラーなどのヒット商品も出てきました。コストの面では海外製品に太刀打ちできませんから、独自の方向性を探したわけです。


望月実

プレゼンで使うグラフは複数項目ではなく、ひとつに絞って載せるべきです。たとえば、日産の利益推移の数字をグラフで示す場合、私なら、あくまで利益額が大きくV字回復しているグラフだけを大きく載せます。しかし、グラフは見栄えがいいため、多くの人はついつい他の売上高や当期純利益も一緒に載せてしまうのです。


川西勝三

目標・ロマンを設定し、夢実現のために何が必要なのか。何を成さなければならないのか。それを判断し、基本を人以上にやれば、バックボーンは自然と固められていきます。


樋口廣太郎

自分のことは自分で守れ。組織は個人のことを細かく考えることの大切さがわかっていながら、実際にはかなり難しいということです。組織は組織として自律的に生きていく力を持っています。放っておいても組織そのものを守り、大きくしていく力を持っているのです。だから、組織の中で個人が生きていくためには、自分で自分を守るしかない。けっして他人が助けてくれるわけではない。むしろ、他人に助けを求めることは甘えであるといえるわけです。社員は命や魂まで会社と契約しているわけではないのだから、命とか魂は個人の責任において守るという覚悟が必要です。


八代尚宏

残業しなければ終わらないというのは単なる思い込み。最初から残業を前提に、間延びした仕事の仕方をしている可能性が高い。


田中稔哉

メンタル不調者が続出する会社や部署が生まれる原因は様々ですが、私が見る限り、最も多いのは、「人と人との関係」によるもの。職場に強い影響力を持った人によるパワハラのような振る舞いが、その要因です。


羽鳥兼市

本格的な実業家デビューはもっと後になります。義理の兄と羽鳥総業という会社を立ち上げたんです。でも、そこは下請けでしたから、商売の面白さを味わうにはいろんな改善策が必要でした。とにかく、下請けだから儲からないんですよ。どれだけ夜遅くまで頑張ったとしても、自分の意志と力で売上を伸ばすことができないのが下請けの運命。やはり直接お客さんとつながるような商売の仕方をしないといけないということで、ひとまず懸架重量7トンのクレーン車を一台購入しました。で、朝5時に起きて、道という道をパトロールする。するとね、ガードレールにぶつかった車とか、田んぼに落ちてしまった車とか、手がつけられなくて困っている車があちこちにあったのです。それを拾い上げて、お客さんからクレーン代をいただいていたのですが、やがてはトラックなどのような大物の依頼も飛び込んでくるようになりました。最後には25トンまで対応可能なクレーンを入れて、重機を中心にクレーン業を広げていったほどですから。


ページの先頭へ