名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ヤンシー・ハイの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヤンシー・ハイのプロフィール

ヤンシー・ハイ。台湾の経営者。電子部品メーカー「デルタ電子」CEO(最高経営責任者)。同社を大きく成長させ、約10年で時価総額を6倍以上にした。

ヤンシー・ハイの名言 一覧

1989年に日本に参入しましたが、日本企業にはとても感謝しています。要求仕様は大変厳しいものでしたが、それに対応していくことで当社の技術力と品質を大きく底上げできました。


ソリューション提供企業にとって、高品質な製品や高い技術力は当たり前です。それに加えて、企業の品格=信頼が問われます。一朝一夕に実現できないことは重々分かっています。成果を積み重ね、お客さまに認めていただけるよう努力を続けていきます。長期戦は覚悟しています。


当社は世界中で、数多くのメーカーやサービスプロバイダーなどとビジネスをしています。お客さまと市場の近くにR&D(研究開発)センターを置くことで、お客さまとのコミュニケーションが活発になり、迅速に対応しています。


アフターサービスでは、お客さまへの対応は翌日にすぐ行うなど、顧客第一主義で取り組んでいます。製品のライフサイクルが短くなっている昨今、この強みはより大きな意味を持ってくるはずです。


デルタ電子としてグローバルで注力している戦略は「イノベーション」です。連結売上高の5~6%を研究開発費として毎年投資しており、2008年の金融危機のときでも減らしませんでした。イノベーションへの積極投資は今後も続けます。


ヤンシー・ハイの経歴・略歴

ヤンシー・ハイ。台湾の経営者。電子部品メーカー「デルタ電子」CEO(最高経営責任者)。同社を大きく成長させ、約10年で時価総額を6倍以上にした。

他の記事も読んでみる

稲盛和夫

人生において「無駄な苦労」というものは、実は一つもありません。なぜなら、苦労そのものが人間をつくっていくからです。


蜂谷二郎

(信用金庫勤務時代)珍しく支店異動もなく9年半、本店に在籍していたのですが、不動産の融資を担当するなど、不動産に関わる機会は多かったですね。いろいろな業種の方々にも出会えましたし、業種によって経営も違うということが分かりました。それに伴って安定的な所得を得られる手段として不動産があり、不動産投資をすることの留意点も学ぶことができました。


千本倖生

第二電電を立ち上げた際には、途方もない大きな問題ばかりで、それこそ毎日のように「もうやめよう」と思っていました。でも、「もう1日だけやろう」「もう1%だけやってみよう」と考え直しました。ずっとその繰り返しで、振り返ってみたら、えらく高い山に登っていたということです。


東国原英夫(そのまんま東)

私は、いわば体で覚えて成長していくタイプのようです。創造力の豊かな人は、「これをやって失敗したらこうなる」と予測して、リスクを回避するでしょうが、僕は不器用で実際に失敗しないとわからないタイプです。


黒田長政

家来が勇であるか怯(臆病)であるか、平時の目利きなどは二割は外れるものだ。体力も知力もあると見込んだ男十人のうち、一、二人は本番で大臆病であることが判明する。一方、体力も知力もないと見ていた男十人のうち、一、二人は実戦で比類なき働きをするものだ。


矢作兼

「普通」に生きてる人なんていないんじゃない? いまやっている番組『家、ついて行ってイイですか?』に出演している一般の人たちを見て、ますますそう感じることが多いね。もう2年以上、いろんな人を見てきたよね。夜中まで酒飲んで、終電を逃した人って、バカ騒ぎの裏側には何かを抱えている。当たり前に暮らしているように見えて、みんな何かを背負って生きている。実家と複雑な関係で、悩みながら東京でひとり暮らしをしていたりさ。


宇佐美進典

私がサイバーエージェントの役員を務めていた時、同社と弊社の違いについて考えました。そして、サイバーエージェントは企業文化に強みがあると気付いたのです。自社をより良くするには、良い文化を醸成する必要があると感じ、人材育成や企業文化の醸成に責任を持つCCO(チーフ・カルチャー・オフィサー)という役職も設置しました。


貞末良雄

企業は業績が順調であるほど、タガが緩むものです。だから、経営者は常に「このままではダメだ」とリスクをとって変化に挑むことが必要。


松下正寿

一生懸命働いたあとに損失感はない。頭は明晰に、体は軽く、心は確信に満ち、そのうえ周囲がみな愛すべきものになる。対して、怠けたあとの損失は実に莫大だ。頭は重く、体はだるく、自信がなくなり、そのうえ周囲がみな憎らしくなる。


齋藤勇(齊藤勇)

現代のビジネスはほとんどが「サービス業」。上司、部下、同僚、取引先、顧客との関係――いかに対人関係を上手く築けるかで成果が変わる仕事が大半。相手の感情を大切にする「感情産業」です。つまり「仕事がデキる人」とは、コミュニケーションが円滑にとれる人のこと。


小宮一慶

経済のセンスや世の中を見る目は地位が上がるにつれ、より重要になります。30代になったら、数字に対する感性をさらに磨くべきです。なかでもマクロ経済の大きな流れを勉強することは最優先事項です。


奥田陽一

弊社では海外ベンダーへの派遣や語学研修を行っています。本当は、短期間の留学で英語を話せるようにはなりません。でも、短くても若い時期に英語漬けの生活をすると、その後の英語学習に必ずプラスになります。逆にいえば、語学の上達には時間がかかるのだから、中長期で考えていまから経験を積んでおけということです。