名言DB

9412 人 / 110637 名言

ヤンシー・ハイの名言

twitter Facebook はてブ

ヤンシー・ハイのプロフィール

ヤンシー・ハイ。台湾の経営者。電子部品メーカー「デルタ電子」CEO(最高経営責任者)。同社を大きく成長させ、約10年で時価総額を6倍以上にした。

ヤンシー・ハイの名言 一覧

1989年に日本に参入しましたが、日本企業にはとても感謝しています。要求仕様は大変厳しいものでしたが、それに対応していくことで当社の技術力と品質を大きく底上げできました。


ソリューション提供企業にとって、高品質な製品や高い技術力は当たり前です。それに加えて、企業の品格=信頼が問われます。一朝一夕に実現できないことは重々分かっています。成果を積み重ね、お客さまに認めていただけるよう努力を続けていきます。長期戦は覚悟しています。


当社は世界中で、数多くのメーカーやサービスプロバイダーなどとビジネスをしています。お客さまと市場の近くにR&D(研究開発)センターを置くことで、お客さまとのコミュニケーションが活発になり、迅速に対応しています。


アフターサービスでは、お客さまへの対応は翌日にすぐ行うなど、顧客第一主義で取り組んでいます。製品のライフサイクルが短くなっている昨今、この強みはより大きな意味を持ってくるはずです。


デルタ電子としてグローバルで注力している戦略は「イノベーション」です。連結売上高の5~6%を研究開発費として毎年投資しており、2008年の金融危機のときでも減らしませんでした。イノベーションへの積極投資は今後も続けます。


ヤンシー・ハイの経歴・略歴

ヤンシー・ハイ。台湾の経営者。電子部品メーカー「デルタ電子」CEO(最高経営責任者)。同社を大きく成長させ、約10年で時価総額を6倍以上にした。

他の記事も読んでみる

山中伸弥

研究者は役に立つかわからないものを研究すべきだし、科学研究費助成事業(科研費)のように、海のものとも山のものともつかない研究を支援する仕組みが、国全体の技術力を維持するうえで非常に大切です。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

不運にとりつかれた人生から逃れる方法は、正しく考えて生きることだけです。人や状況に対して適切な、正しい心の姿勢でいることが、安らぎと平和を人生にもたらしていきます。


福地茂雄

どの組織も、指揮命令系統である上下のコミュニケーションはとれています。しかし、左右方向のコミュニケーションは意識してやらないと円滑に運びません。


成毛眞

クリエイティブ・クラス(各分野を動かすコアとなる人たち)になるための条件はふたつです。ひとつは運がいいこと。もうひとつは頭の良し悪しや感性、性格も含めて才能に恵まれていることです。そんな人は滅多にいないからこそ、可能性を持った人材を見つけて支援する価値があるのです。


永守重信

常に何十ものM&A案件を抱えています。この半年間で、8件を断念しました。最後は値段が合わないんですよ。買いたい買いたいだと失敗します。条件が合って、考え方が近い会社を探すのは簡単じゃないんですね。投資銀行が持ってきた条件だけでやっても、うまくいく確率はゼロに近いと思いますよ。M&Aがブームになっていますけど、そんなに高い値段で買っていいのかとよその会社を見てます。


中村裕(ホテル経営者)

今日の成熟市場を生き抜くためには、サービスという付加価値の向上が欠かせません。業種を問わず、経営課題としてサービスが大きくクローズアップされています。


藤井孝一

仕事で結果を出し、評価されている人ほど、何のために働いているのかをきちんと自覚しています。人生の目的や目標がはっきりしないという人は、何にもましてそれを考える時間をねん出することです。人生設計図はそれをブレイクダウンして、具体的なスケジュールに落とし込まなければ効果は出ません。


西村貴好

周りの人は必ずポジティブな言葉を待っているもの。口癖になるくらい相手に言い続けてください。ネガティブなことを言いそうになったら、「惜しい!」に言い換えましょう。


澤田秀雄

いまの若者は、海外に出る率が少し落ちるなど、保守的になっているという感じを受けます。やはり吸収が早い若いうちに世界を見ておくべきだと思います。視野も広がりますし、チャレンジ力も付いてくると思いますね。


益川敏英

我々は科学をやっているのであってノーベル賞を目標にやってきたのではない。


セネカ

節約は不必要な費用を回避する科学であり、慎重に私たちの財産を管理する技術である。


工藤公康

「やめます」というのは簡単です。これからも、「続けます」ということを大事にしていきたいと思います。


澤田秀雄

私が最も怖いと思っているのは、時代に合わせようとするあまり、基本を考えずに利益の追求に走ってしまうことです。企業にとって利益はもちろん大切ですし、会社を大きくしていくことも大切です。でも、世のため社会のためという基本から外れて規模や利益を追い求めると、利益のためなら不正やごまかしをしてもいい、という気持ちが生まれます。これでは本末転倒です。


矢野博丈

会社が永遠に成長し続けることなんてありません。それは20世紀にだけ許された価値観で、いまはもう通用しないと心得た方がいいと思います。20世紀後半は、いいことだけが起こり続けた特異な時代だったんです。


ヴォルテール

一般常識は、決してそれほど一般的ではない。