名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ヤンシー・ハイの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヤンシー・ハイのプロフィール

ヤンシー・ハイ。台湾の経営者。電子部品メーカー「デルタ電子」CEO(最高経営責任者)。同社を大きく成長させ、約10年で時価総額を6倍以上にした。

ヤンシー・ハイの名言 一覧

1989年に日本に参入しましたが、日本企業にはとても感謝しています。要求仕様は大変厳しいものでしたが、それに対応していくことで当社の技術力と品質を大きく底上げできました。


ソリューション提供企業にとって、高品質な製品や高い技術力は当たり前です。それに加えて、企業の品格=信頼が問われます。一朝一夕に実現できないことは重々分かっています。成果を積み重ね、お客さまに認めていただけるよう努力を続けていきます。長期戦は覚悟しています。


当社は世界中で、数多くのメーカーやサービスプロバイダーなどとビジネスをしています。お客さまと市場の近くにR&D(研究開発)センターを置くことで、お客さまとのコミュニケーションが活発になり、迅速に対応しています。


アフターサービスでは、お客さまへの対応は翌日にすぐ行うなど、顧客第一主義で取り組んでいます。製品のライフサイクルが短くなっている昨今、この強みはより大きな意味を持ってくるはずです。


デルタ電子としてグローバルで注力している戦略は「イノベーション」です。連結売上高の5~6%を研究開発費として毎年投資しており、2008年の金融危機のときでも減らしませんでした。イノベーションへの積極投資は今後も続けます。


ヤンシー・ハイの経歴・略歴

ヤンシー・ハイ。台湾の経営者。電子部品メーカー「デルタ電子」CEO(最高経営責任者)。同社を大きく成長させ、約10年で時価総額を6倍以上にした。

他の記事も読んでみる

岸田祐介

本当に大事で大変なのは、地味で基本的なこと。


渡邉美樹

忘れてはいけないのは目標の数値化です。目標を数値化しない限りは、それを達成するための行動も具体化しません。


小堀秀毅

トップメッセージとして打ち出したのが「三現主義」です。「現場」に足を運び、自分の目で「現物」を確認し、「現実」を知る。全社員が3つの「現」を徹底すれば、コンプライアンス、安全、環境への対応という理念が会社の隅々にまで浸透し、社会からの信頼を取り戻せるはず。


安川第五郎

事業に障害が出ても決して強行突破しない。必ず迂回作戦をとる。目標を失わないでいれば、急速に目標にはいかないが、結局はうまくいく。


河野貴輝

伊藤忠商事を辞めて、カブドットコム証券やイーバンク銀行の立ち上げに参画したのは、自分が事業に直接関わりたいと思ったからでした。ただ、立ち上げて、事業を進めるうちに政治的なものに翻弄されるようになってしまった。だったら、オーナーになってイチから事業を始めたい、そう思った。


塚本勲

人を育てるには時間がかかります。新卒を採用しても、戦力に育つまで3年から5年は必要です。加賀電子には定年を過ぎても働いてもらっている人がたくさんいます。それを考えたら、ビジネスマンとして育った人を、一時の不況を理由に手放すのはもったいない。余剰人員という考え方があるのはおかしいと思います。


石原司郎

リユースショップにとって、買い取りは経営を行う上での生命線。


中嶌武夫

商法は日々新たなり、商道は不変なり。


福嶋康博

他の経営者からは後継者が社内にいないため、社外から社長を起用するという話を聞きますが、多くは社外から起用した人の長所だけを見て決めており、逆に社員については欠点ばかりを見ているように思います。私が社内で選んだ3~4人の候補者には長所も欠点ありました。経営者も含め100点満点の人間などいないのです。


渋沢健(渋澤健)

「心」と「懐」の準備が大切。「心」の準備とは想定外の出来事に直面する可能性があることを認識しておくこと。前もって予見しておけば万一の場合にも思考停止に陥ることはなくなります。対する「懐」の準備とは資産形成です。


熊谷正寿

すべてを立候補にすることが大事。上司が部下に「これをやれ」と命じるのではなく、「やる」と言った人にやらせることを徹底しています。


清宮克幸

「言葉」を持っている組織は強い。ほとんどのスポーツチームがスローガンを作る。その言葉がチームを一つにするからだ。