ヤンシー・ハイの名言

ヤンシー・ハイのプロフィール

ヤンシー・ハイ。台湾の経営者。電子部品メーカー「デルタ電子」CEO(最高経営責任者)。同社を大きく成長させ、約10年で時価総額を6倍以上にした。

ヤンシー・ハイの名言 一覧

1989年に日本に参入しましたが、日本企業にはとても感謝しています。要求仕様は大変厳しいものでしたが、それに対応していくことで当社の技術力と品質を大きく底上げできました。


ソリューション提供企業にとって、高品質な製品や高い技術力は当たり前です。それに加えて、企業の品格=信頼が問われます。一朝一夕に実現できないことは重々分かっています。成果を積み重ね、お客さまに認めていただけるよう努力を続けていきます。長期戦は覚悟しています。


当社は世界中で、数多くのメーカーやサービスプロバイダーなどとビジネスをしています。お客さまと市場の近くにR&D(研究開発)センターを置くことで、お客さまとのコミュニケーションが活発になり、迅速に対応しています。


アフターサービスでは、お客さまへの対応は翌日にすぐ行うなど、顧客第一主義で取り組んでいます。製品のライフサイクルが短くなっている昨今、この強みはより大きな意味を持ってくるはずです。


デルタ電子としてグローバルで注力している戦略は「イノベーション」です。連結売上高の5~6%を研究開発費として毎年投資しており、2008年の金融危機のときでも減らしませんでした。イノベーションへの積極投資は今後も続けます。


ヤンシー・ハイの経歴・略歴

ヤンシー・ハイ。台湾の経営者。電子部品メーカー「デルタ電子」CEO(最高経営責任者)。同社を大きく成長させ、約10年で時価総額を6倍以上にした。

他の記事も読んでみる

伊藤與朗

創業時の厳しい体験がなかったら、単純な右肩上がりの発想のまま、いまごろうちも駄目になっていたでしょうね。企業というのは企画力だけでは回らない。営業や財務などを合わせた総合力が重要だ。そう痛感して、この30年間、大手観光会社や生命保険会社から人材を採用し、バランスのとれた会社を目指してきました。


宇佐美進典

事業部内で水面下でサービスを始めることも許容しました。何でもかんでも全部役員決裁が必要だと、タイムリーでいいものが生まれないと思ったからです。


田中仁(経営者)

大変なときが面白い。自分にとっての成長のチャンス。


栗城史多

夢を語る大人を増やしたい。自分で夢人挑んだ人は、その価値を子供に伝えられる。そうすればチャレンジする人が増えて、日本にあるっていう閉塞感だってどうにかできそうじゃないですか。


山本為三郎(経営者)

私はいままで、多くの人物と接触してきたが、昔の古い型の実業家は貫禄や、そのスケールの大きさ、得も言われぬ良さなど、私が学ばんとして学びえなかった何ものかを身につけていたと思う。私は20歳から45年間、多くの優れた先輩に接触し、数々の偉大な美点と人間性に接し、仰いで学ばんとしながら足元にも及びえなかったことを顧みて、忸怩(じくじ)たるものがあるのである。


桂茶がま

今の投資スタイルは結構堅実で、最低1年以上使わないお金で投資するとか、思い付きで行動しないなど慎重を心掛けています。なんせハッカーにやられないようにネット証券を使わず、対面証券に電話してますから(笑)。手数料も高いし時間もかかるけど、「現金を振り込む」という一手間がかかることで冷静になれる良さもあるんですよ。


齋藤孝(教育学者)

雑談は相手中心でやったほうがうまくいく。自分が興味を持っていることではなく、相手の関心事に合わせて、それに同調していくのが正しいやり方です。一方、うんちくの垂れ流しは、自分本位で嫌われる。


江越弘一

エキュート大宮オープン直後、大失敗をしてしまいました。この時期にはバレンタインデー・ホワイトデーの2つの商戦があります。今思うと考えが甘かったのですが、前者の方が大きいものだと油断していました。そして3月14日、8時の開店と同時にサラリーマンが殺到しました。最初は正直、何が起こっているのか分からない状態で、すぐにホワイトデーだからだと気付きましたが、当日ではもう遅いのです。何とか取引先に頼んで商品を集めていただいたのですが、ホワイトデー向けの商品は午前中でほとんど完売状態でした。我々営業側はエキナカを作るにあたって多数の店舗を回り、当たり前のようにデパ地下を出入りしているため、一般男性がデパ地下へ一人で入るのに抵抗感を持っていることに気付けなかったのです。結果的に普段の動線にある「便利なエキナカ」で気軽に買い物ができるというお客様の心理を読めなかったためにホワイトデーという最大の商機を逃してしまいました。


進藤貞和

私は誠心誠意という言葉も好きです。うそを言わない、心にもないこと、できそうにないことは安請け合いしない。これは私のちいさな経験ですが、20年前にオランダの風車を見物していた時、小学生が20人ばかり見学に来ていました。私は好きな写真を撮って送ってやるよと約束したので、住所を聞いてあとで送りました。約束したら事の大小にかかわらず、実行すべきです。


瀬戸欣哉

重視しているのは、直属の部下ではなく、その下、より現場に近い社員から直接話を聞くこと。


加谷珪一

定年退職してそば屋をはじめたが、まったく客が入らない「そば打ち貧乏」はよくある話です。そういう人は現役時代に準備していないことが多い。飲食店を開きたいなら、若いうちから修業しておくべき。


谷口祥子

自己紹介をするときは自分を表わす印象的なフレーズを用意しましょう。私はいつも「ほめ方の伝道師、谷口祥子です」と自己紹介をしますが、このような「別名」があれば、名前と同時に自分のイメージも、聞き手の記憶に強く残ります。


パトリック・ハーラン(パックン)

自信を持って堂々と話すことで説得力が増す。


貴志祐介

今の世の中、ある程度まではインターネットで情報を得られるわけですが、やはり現場でないとわからないディテールはあります。専門家の意見を聞くと、漠然とできるだろうと思っていたことが全然できなかったり、逆にかなり難しいはずだと考えていた部分が当たり前のようにできたりすることがわかりました。やはり、きちんと話を聞くのがいいですね。想像だけだと現実には不可能なこともできてしまいますので。


夏野剛

人材の底上げは無理。上を伸ばさないとダメ。


ページの先頭へ