名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ヤマシタトモコの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ヤマシタトモコのプロフィール

ヤマシタトモコ。日本の漫画家。同人活動を経て漫画家デビュー。アフタヌーン四季賞(夏)を受賞。このマンガがすごい!オンナ編1位2位を獲得。

ヤマシタトモコの名言 一覧

どんなに愛し合ってもどんなに憎み合っていても、100%分かり合えることは絶対にないし、たとえば「あなたのことが本当に大事だ」と言われたとしても、どう大事に思っているかは絶対に、脳みそが違う以上は分かりようもない。でも、そこに美しさがある。それが尊いよねって思うんですよ。


私は普段、読者の意見ってなるべく信頼しないようにと思っているんですね。たとえば感想をもらえるととても嬉しいけれど、読んだら忘れるんです。忘れたほうがいいって思っている。それを支えにもしないし、乗っかりもしない。期待も失望もしないように。ただ、出した本が売れなかったっていう現実は悲しいんです(苦笑)。


ネームがなかなかできない時は「自分は世の中に必要のない人間だ! 消えよう!!」って落ち込むんですけど、いざ原稿が上がると「マンガを描いて仕事にできるなんて、最高に幸せだ!」って全能感で満たされる(笑)。十何年ずっと変わらず、マンガに対して日々違う感情で落ち込んだり楽しかったりするのは、たぶん良いことなんでしょうね。


今回は地に足を着けた話を、と思ったから描いたのかもしれないですね。周りの友達とか、あるいはツイッターでたまたま目にした言葉の中に、呪縛を感じている人たちを目にする機会が多かったこともあるかもしれない。何歳までに結婚とか出産とか、家族との関係だとかで「うっ」となっている人を見て、「やめちまえ!」って言いたくなったんだと思います。自分が気にしなければ、意外と気にならないもんだなみたいなことが、結構あるから。


キャラクターが楽しく描けるかどうか、というところが一番大事なんですね。なんとなくシチュエーションを決めてノートにうわーっとネタ出しして、ネームを進めていく最中に顔とか着ているものが決まると、関係性もできあがっていく感じがあります。自分は誰にもわかってもらえないとか、なんで自分はこんな人間なんだとか孤独だとかは、自分と他者を比較して起こる感情じゃないですか。その部分っていうのは、キャラクターが一人ではあんまり起こりえないものなので、関係性を描くことは感情を描くことにもつながる。


出来事中心のお話も憧れはするものの、どちらかっていうと感情を描くほうが好きだし、得意で。だから感情中心の話にどうしてもなってしまうんです。編集さんはよく私のマンガのあらすじを書けるなあって思うんですよ。読み返してみると、筋がないなっていつも思う。いちおうヤマとかオチとかあるように描いているけれど、こんな話なんですって人に説明しようとしても、言葉がぜんぜん出てこない(苦笑)。


ヤマシタトモコの経歴・略歴

ヤマシタトモコ。日本の漫画家。同人活動を経て漫画家デビュー。アフタヌーン四季賞(夏)を受賞。このマンガがすごい!オンナ編1位2位を獲得。

他の記事も読んでみる

宮内義彦

良い職場というのは甘い職場という意味ではなく、切磋琢磨しながら自分も伸びていけるところ。


山本正已

富士通には「富士通ウェイ」という、社員が守らなければならない憲法のようなものがあります。憲法に背いた人は、社長であろうと、誰であろうと辞任してもらいます。富士通はそのくらい世の中に対して自分を厳しく律しています。


南雲吉則

作業のたびに、「方法を考える」→「迷う」→「決める」というプロセスを踏むのは時間のムダですし、ストレスが溜まります。私は、服装や持ち物も「この場面ではこれ」と、はじめから決めています。移動に使う新幹線や飛行機の時間や座席番号も、毎回同じです。


菊地哲(経営者)

社員へのメッセージを書くときに心がけているのは、皆が理解しやすい文章、そして、中身を具体的で「面白い」メッセージに仕上げることです。決まりきった話題や精神論では読んでもらえません。


上西京一郎

ゲストの方はより魅力のあるパークを求めていますので、事業として利益、キャッシュを生み、それを新たな投資にまわすことでゲストの満足につなげていく、そうしたサイクルを大切に考えています。


ラリー・ペイジ

多くの企業にとって、明確な競合が存在するかのように意識させ、それで団結するのは有効です。しかし、個人的には競合を意識するのではなく、より高みを目指していく方がいいと考えています。


永田豊志

「ロジカルに考えろ」とはよく言われることですが、いくら「頭をロジカルにしよう」と念じても、ロジカルにはなりません。図解思考をすれば、継続していくだけで、勝手に頭がロジカルになっていくのです。


福岡伸一

生物学を学ぶとわかるのが、世界のあらゆるものが「流れている」ということなのです。私たちを構成する分子はやがて空気中に流れ出していって、次には海の一部になるかもしれないし、岩の一部になるかもしれない。生物とは、そうした流れの中にできた一瞬の淀みのようなものです。


山田満(経営者)

我々の現場とは病院です。病院に足を運ばなければ、本当のニーズは見えてきません。


弘兼憲史

東南アジアのカリスマ経営者がこう言っていました。ある国に入り込んでいってビジネスを成功させるには、自分の会社の利益は後回しにして、まずは相手に利益を与えることだそうです。相手が先で、自分が後と。


哀川翔

オレなんか、そんなに賢くなかったから、高校卒業後、何も考えず「社長になる」と言って東京に出てきたけどさ。「楽な方法」なんて考えてもわからなかったし、ガンガンぶつかるしかなかったから、打たれ強くなったんじゃないかな。


陰山英男

人間には、1日24時間しか与えられていません。そこから寝食に必要な時間を引いたら、使える時間は思った以上に少ない。限られた時間をいかに効率的に使うかを考えることも、これからの時代の社会人には必要なことです。