名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

モンテーニュの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

モンテーニュのプロフィール

ミシェル・ド・モンテーニュ。フランスの哲学者、法律家。フランス・ペリゴール地方で裕福な商家に生まれる。トゥールーズで法学を学び、法官としてボルドー高等裁判所に勤務。父の死に際してモンテーニュ城を相続し、高等裁判所を退官。故郷に戻り『エセー(随想録)』の執筆を行った。同書は16世紀ルネサンス期の同時代人たちに大きな影響を与えた。その後、ボルドー市長を2期務めたのち、晩年はエセーの加筆修正に生涯をささげた。

モンテーニュの名言 一覧

不節制は快楽に毒である。節制は快楽の禍いではなくて、その薬である。


財産の貧乏を治すことはやさしいが、精神の貧乏を治すことはできない。


多くの場合、教える者の権威が、学ぼうとする者の邪魔をする。


心にもない言葉よりも沈黙の方が、むしろずっと社交性を損なわない。


愚者の最も確かな証拠は、自説を固守して興奮することである。


善行は、お返しができると思われる限りは、快く受けとられる。その限度を超えると、感謝の代わりに憎悪が返ってくる。


死ぬときは、仕事の最中であってほしい。


運命は我々を幸福にも不幸にもしない。ただ、その材料と種子とを、我々に提供するだけだ。


賢い者が愚か者から学ぶことの方が、愚か者が賢い者から学ぶことよりも多い。


老年は我々の顔よりも心に多くの皺(しわ)を刻む。


我々は嘘の看板を上げて名誉を得ようとする。徳はただそれ自体のためにのみ追求せられることを欲している。それで、たまたま人間がほかの動機から徳の仮面を冠っても、徳はやがて我々の面上からそれをはぎとる。


恋愛で第一に大事なことは好機をとらえること。第二も同じ。第三もやはりそれだ。


我々の職業の大半は狂言である。そのたずさわる役目が変わるたびに、新たな姿や形をとり、新たな存在に変質する者もある。


モンテーニュの経歴・略歴

ミシェル・ド・モンテーニュ。フランスの哲学者、法律家。フランス・ペリゴール地方で裕福な商家に生まれる。トゥールーズで法学を学び、法官としてボルドー高等裁判所に勤務。父の死に際してモンテーニュ城を相続し、高等裁判所を退官。故郷に戻り『エセー(随想録)』の執筆を行った。同書は16世紀ルネサンス期の同時代人たちに大きな影響を与えた。その後、ボルドー市長を2期務めたのち、晩年はエセーの加筆修正に生涯をささげた。

他の記事も読んでみる

古田茂美

中国人は自己領域の人「自己人」と自己領域外の人「外人」とをはっきり分ける考え方を持っています。自己人は家族をはじめ血縁、地縁、同じ目標に向かって行動する業縁で結ばれた人です。一方、外人はそうした縁のない人です。日本人は初対面の人でも。日本人は初対面の人でも割とすぐに信用しますが、中国人はすぐに信用などしません。まずは警戒し、敵と対する目で人を見ます。


鎌田和樹

中学生はユーチューバーに素直に憧れてくれますが、大人からは「人気はどうせいまだけでしょ」という目で見られています。水物の商売で、信用が置けない、みたいな。(大人がそう思うのは)理解しなくても困らないからじゃないですか。新しいものを知らないと生活できなければ大人も必死に理解しようとしますが、実際はユーチューバーを知らなくても困らない。世の中が変わっていっても、「俺のときは違った」とか、「昔はよかった」で終わりです。


小嶋淳司

問題に真正面から向き合って乗り越えることができたら、その時はものすごく大きな経験になっている。それまで考えられなかったような力を与えてくれる。乗り越える壁があることほど、ありがたいものはありません。


レオナルド・ダ・ヴィンチ

●すべては、すべてから来る。すべては、すべてから創られ、すべては、すべてに戻っていく。すべては、すべてに包み込まれる。
●どんな部分も、全体に組み込まれるようにできている。だから、それ自体の未完成から逃れられる。
●芸術の科学と、科学の芸術を研究せよ。
●あらゆるものは、他のあらゆるものと関連する。


樋口武男

講演や読書などで心を打つ言葉に出合ったら、手帳に書き留めておくことをお勧めします。こうすると、予定をみるときなどに目に入るので、自然と頭にも刻み込まれますから。


石川康晴

「経済成長と社会貢献」の両立が、これからの企業、またリーダーにとって大事な概念ではないかと思います。CSR(企業の社会貢献)は、世間体やIR(投資家への広報)的なイメージを意識して行う会社が多いのですが、現場の求めるもの、そしてリーダーが感じたものを行うべきではないかと思います。


加来耕三

薩摩藩主・島津斉彬(なりあきら)は、西郷(隆盛)を水戸の藤田東湖や越前福井の橋本左内など、当時の優れた人物に会わせることで時代の感度を磨かせました。江戸期は今と違い、優秀な人は江戸だけでなく全国各地に散らばっており、紹介状を持って訪ねて行く時代でした。そして、それがネットワークになっていったのです。


中里義崇

元々は、海外ドラマの「ビバヒル」にはまって、フィギュアを集めていたんです。ホームページで紹介したら、他の方から「欲しい」という声があって。それで、1体20ドルで仕入れた物が、2万円前後で売れたのが、グッズ販売のきっかけです。


ジッド(ジード、ジイド)

改革すべきは単に世界だけでなく、人間である。その新しい人間は、どこから現れるのか。それは外部からでは決してない。友よ。それを君自身のうちに見出すことを知れ。


久保華図八

苦い経験をバネにして、いまの幸せな状況をつくってきた。


徳重徹

大学を卒業し住友海上に就職しました。配属されたのはプロ意識が持てる厳しい部署で、毎日が充実していました。大企業に入ったからには、社長を目指すという道もあります。しかし3年、4年と過ごすうちに、高い給与や安定を求めてここを選んだ人たちと同じ人生を歩むことに強い違和感を覚えるように……。それから1年半、真剣に悩みました。自分は、本当は何を目指したいのか? その時、明確になったのは、あれほど父に反対された、「起業する」という思いでした。


ビル・トッテン

1980年代頃まで、日本の上場企業の資本のうち8割くらいは銀行からの借り入れでした。それがアメリカ式になったら、四半期の決算が重要で、極論すると秒単位で株が売買されている。そんな環境では、上場企業に長期的視点を持てというのは難しくて当たり前です。