名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

モンテーニュの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

モンテーニュのプロフィール

ミシェル・ド・モンテーニュ。フランスの哲学者、法律家。フランス・ペリゴール地方で裕福な商家に生まれる。トゥールーズで法学を学び、法官としてボルドー高等裁判所に勤務。父の死に際してモンテーニュ城を相続し、高等裁判所を退官。故郷に戻り『エセー(随想録)』の執筆を行った。同書は16世紀ルネサンス期の同時代人たちに大きな影響を与えた。その後、ボルドー市長を2期務めたのち、晩年はエセーの加筆修正に生涯をささげた。

モンテーニュの名言 一覧

不節制は快楽に毒である。節制は快楽の禍いではなくて、その薬である。


財産の貧乏を治すことはやさしいが、精神の貧乏を治すことはできない。


多くの場合、教える者の権威が、学ぼうとする者の邪魔をする。


心にもない言葉よりも沈黙の方が、むしろずっと社交性を損なわない。


愚者の最も確かな証拠は、自説を固守して興奮することである。


善行は、お返しができると思われる限りは、快く受けとられる。その限度を超えると、感謝の代わりに憎悪が返ってくる。


死ぬときは、仕事の最中であってほしい。


運命は我々を幸福にも不幸にもしない。ただ、その材料と種子とを、我々に提供するだけだ。


賢い者が愚か者から学ぶことの方が、愚か者が賢い者から学ぶことよりも多い。


老年は我々の顔よりも心に多くの皺(しわ)を刻む。


我々は嘘の看板を上げて名誉を得ようとする。徳はただそれ自体のためにのみ追求せられることを欲している。それで、たまたま人間がほかの動機から徳の仮面を冠っても、徳はやがて我々の面上からそれをはぎとる。


恋愛で第一に大事なことは好機をとらえること。第二も同じ。第三もやはりそれだ。


我々の職業の大半は狂言である。そのたずさわる役目が変わるたびに、新たな姿や形をとり、新たな存在に変質する者もある。


モンテーニュの経歴・略歴

ミシェル・ド・モンテーニュ。フランスの哲学者、法律家。フランス・ペリゴール地方で裕福な商家に生まれる。トゥールーズで法学を学び、法官としてボルドー高等裁判所に勤務。父の死に際してモンテーニュ城を相続し、高等裁判所を退官。故郷に戻り『エセー(随想録)』の執筆を行った。同書は16世紀ルネサンス期の同時代人たちに大きな影響を与えた。その後、ボルドー市長を2期務めたのち、晩年はエセーの加筆修正に生涯をささげた。

他の記事も読んでみる

辻慎吾

だんだん個性や独特の文化がなくなってきている時代。その中で企業は「ここは違う」という部分を持つべき。


ロバート・キヨサキ

資金繰りが上手くいっている会社は、財務体質が健全であるだけでなく、借金の管理や契約条件の設定、収益やキャッシュフローの管理、優遇税の活用について、可能な限り最善の戦略を備えているものだ。契約条件によっては、月並みなビジネスチャンスが、ビッグビジネスに化けることも珍しいことではない。


松井功(プロゴルファー)

トーナメントプロを続けていても、私はなかなか試合には勝てない。仮に小さな試合に勝つことがあったとしても、20年後に自分のことを覚えていてくれるだろうかと、いつしか考えるようになった。このままだらだらと続けていて、気力や体力が衰えてきたことに気付き、そのときに違う道に転進を考えても、そこには既に別の人がいるだろう。それならばここできっぱり足を洗い、新たな道に踏み出そう。人生のやり直しではあるが、プロゴルファーのライセンスを持っての仕切り直しだから、ゼロからのスタートではない。それなら早いに越したことはないと。


山崎種二

競馬の場合、14%は競馬場に、11%は政府に取られ、残り75%が当たった者に返ってくる。相場の社会では、売と買と2つのうち1つでも当たりにくいのに、二対一どころか、競馬は何十対一というような勝負に勝つことは、どうしても算盤に出てこないというのが私の考え方である。また、鉱山は表面に出ているものではなく、地下のものを探し出すのだから、私などにはわかりにくい。


来島達夫

職場の規律を維持するためには、常に新しい目標を掲げ、達成を目指すことが必要だ。現状維持が目標になれば、(国鉄時代の)来た道を戻ることになってしまう。


白石美緒

もともとダンスの基礎があったので、面白かったですし、イベントで衣裳を着て踊ったりすると気分が上がって楽しいです。私はヨガもやっているんですが、ヨガは気持ちを落ち着ける運動ですし、ポールダンスは気持ちを上げる運動で、医者の仕事をする上でもいい効果があると思います。


千本倖生

なんの蓄積もなければ、たいした挑戦はできないし、結果だってたかがしれています。だから、入社10年くらいは将来を見据えて、仕事の知識や進め方といった基礎力を身につける期間だと考えればいいでしょう。僕自身、NTTで18年間かけて、通信のエキスパートとなるための基礎固めをじっくりやったからこそ、39歳で第二電電(のちのKDDI)設立という勝負に出られたのだと思います。


吉川洋

「今すぐのことではないから」と議論を先送りするのは、日本の悪い癖です。先のことでも、できるだけ前倒ししてきちんと議論しなくてはいけない。


竹中平蔵

「お前が言うなら、死ぬまでついていく」と決断を下すことができるのが本当のチーム。


大塚万紀子

よくありがちなのが、女性役員がいないので、とりあえず一人だけ女性を役員にしようとするやり方です。実際のところ、それではほとんど意味がありません。なぜなら、役員が十数名いる場合にそのうち一人だけ女性にしても、残りはみんな男性ですから、その女性役員が多様性を発揮する前に居づらくなってしまう、あるいは女性役員の思考が男性化してしまうからです。


羽生善治

もうこれ以上はやれないというところまでやれば、本番ではいい意味で開き直れる。


能町光香

外資系企業では、外国人社長と日本人役員とのあいだにギャップが生じることがしばしばあります。この小さなズレを放置すると、やがて部門間の対立など、大きな溝に発展することにもなりかねません。それを防ぐには、やはり対話が一番です。