名言DB

9419 人 / 110788 名言

モンテスキューの名言

twitter Facebook はてブ

モンテスキューのプロフィール

シャルル=ルイ・ド・モンテスキュー。フランスの哲学者、政治思想家、法律家。ラ・ブレードとモンテスキューを領地とした男爵。ボルドー大学法学部卒業後、パリに遊学。ボルドー高等法院参事官、ボルドー高等法院副院長などを務めたのち、『ペルシア人の手紙』を出版し退官。アカデミー・フランセーズ会員。主な著書に『ローマ人盛衰原因論』『法の精神』など。立法、行政、司法の三権分立を提唱。社会学の父と呼ばれている。

モンテスキューの名言 一覧

虚栄心は人を饒舌にさせ、自尊心は人を沈黙させる。


ほとんどの場合、成功するか、成功しないかは、成功に要する時間を、知ってるか、否かに等しい。


真に知的な人は、他の人が知識として有しているだけのことを身体で感得している。


紙に書かれた道は、先人の足跡に過ぎない。先人が何を見たかは、辿らなければ解らない。


自ら実行し得ることは、決して他人の手を煩わすな。


人間は考えることが少なければ少ないほど、余計にしゃべる。


孤独は、優れた精神の持ち主の運命である。


少しをするために多く学んでおかねばならぬ。


幸福を数えたら、すぐ幸福になれる。


我々が幸福になりたいと望むだけなら簡単だ。しかし、人は他人になりたがるので、そうなるには困難だ。我々は、他人はみんな実際以上に幸福だと思っているからだ。


世の中で成功を収めるには、馬鹿のように見せかけて、利口に活動することだ。


私たちは3つの教育を受ける。ひとつは両親から。もうひとつは教師から。残りのひとつは社会から教えられる。そしてこの3番目は、初めの2つの教えにすべて矛盾するものである。


モンテスキューの経歴・略歴

シャルル=ルイ・ド・モンテスキュー。フランスの哲学者、政治思想家、法律家。ラ・ブレードとモンテスキューを領地とした男爵。ボルドー大学法学部卒業後、パリに遊学。ボルドー高等法院参事官、ボルドー高等法院副院長などを務めたのち、『ペルシア人の手紙』を出版し退官。アカデミー・フランセーズ会員。主な著書に『ローマ人盛衰原因論』『法の精神』など。立法、行政、司法の三権分立を提唱。社会学の父と呼ばれている。

他の記事も読んでみる

菅谷定彦

母はとても教育熱心で「能力ある人間は自らを磨き、世のため、人のために働かなくてはいけない」とよく言っていました。特に長男の私には、その思いを強く持っていたようでした。母自身もその生き方を実践していました。


畑村洋太郎

視察中にメモを取るのは時間の無駄でしょう。写真も必要以上は撮りません。それよりも、自分の目であちこち眺めて、脳に印象を植え付けるのです。写真に依存すると「あとで写真を見て確かめればいいや」と思ってしまいますから。


岩瀬昌美

アメリカの文具店にはその日のタスクを書くためのチェックシートが必ず売られています。以前、日本法人の取引先に「明日の仕事は何時に終わりますか?」と聞いたところ「わかりません。何をするか未定なので」と言われて驚いたことがあります。私は部下に対する締め切りを金曜日に設定した場合、月曜から木曜までのタスクを聞いて確認するようにしています。


杉原博茂

日本オラクルは今年設立30周年になります。この30年間は大きく成長できました。しかし、次の30年も同じようなことが続くわけはない。


小宮一慶

仕事が速い人は、例外なく、周囲のスタッフの時間の使い方も意識しています。たとえば、原稿執筆に必要な資料探しをスタッフにお願いするときには、何日か前に頼みます。直前に頼むと、スタッフも困ってしまうし、焦ってミスも生まれる。こちらも、予定していた時間に必要な資料がなければ、原稿が書けず、時間のムダです。


中野克彦(経営者)

私のモットーに「経営は浸透である」というのがあります。経営ビジョンを示す言葉を投げかけるときは、それが部下に浸透して行動が変わるまで、何度も繰り返すことが大切です。これは現場レベルでもいえることです。


久世浩司

自己効力感とは「自分はできる」という思いのこと。これを高めるには成功体験が必要です。「簡単な作業を行なう」など小さなことを積み重ね、「できた!」と思える状況を作りましょう。


定保英弥

考えることよりも、とにかくまず行動。悩みに直面した時は、ダメもとでも動いてみる方が、結果的に近道であることが多い。


松本正義

敵がどれだけあってもブレイクスルーする馬力を持った「気骨ある異端児」であれ。そのためには、簡単に揺るがない「心のインフラ(心の基礎部分)」を整え、様々な角度から問題解決法を出さなければなりません。


塚本能交

調子がいいときに挑戦してこそ、世間の話題にもなります。ブランドそのものが盛り上がっていきますから。