名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

モンテスキューの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

モンテスキューのプロフィール

シャルル=ルイ・ド・モンテスキュー。フランスの哲学者、政治思想家、法律家。ラ・ブレードとモンテスキューを領地とした男爵。ボルドー大学法学部卒業後、パリに遊学。ボルドー高等法院参事官、ボルドー高等法院副院長などを務めたのち、『ペルシア人の手紙』を出版し退官。アカデミー・フランセーズ会員。主な著書に『ローマ人盛衰原因論』『法の精神』など。立法、行政、司法の三権分立を提唱。社会学の父と呼ばれている。

モンテスキューの名言 一覧

虚栄心は人を饒舌にさせ、自尊心は人を沈黙させる。


ほとんどの場合、成功するか、成功しないかは、成功に要する時間を、知ってるか、否かに等しい。


真に知的な人は、他の人が知識として有しているだけのことを身体で感得している。


紙に書かれた道は、先人の足跡に過ぎない。先人が何を見たかは、辿らなければ解らない。


自ら実行し得ることは、決して他人の手を煩わすな。


人間は考えることが少なければ少ないほど、余計にしゃべる。


孤独は、優れた精神の持ち主の運命である。


少しをするために多く学んでおかねばならぬ。


幸福を数えたら、すぐ幸福になれる。


我々が幸福になりたいと望むだけなら簡単だ。しかし、人は他人になりたがるので、そうなるには困難だ。我々は、他人はみんな実際以上に幸福だと思っているからだ。


世の中で成功を収めるには、馬鹿のように見せかけて、利口に活動することだ。


私たちは3つの教育を受ける。ひとつは両親から。もうひとつは教師から。残りのひとつは社会から教えられる。そしてこの3番目は、初めの2つの教えにすべて矛盾するものである。


モンテスキューの経歴・略歴

シャルル=ルイ・ド・モンテスキュー。フランスの哲学者、政治思想家、法律家。ラ・ブレードとモンテスキューを領地とした男爵。ボルドー大学法学部卒業後、パリに遊学。ボルドー高等法院参事官、ボルドー高等法院副院長などを務めたのち、『ペルシア人の手紙』を出版し退官。アカデミー・フランセーズ会員。主な著書に『ローマ人盛衰原因論』『法の精神』など。立法、行政、司法の三権分立を提唱。社会学の父と呼ばれている。

他の記事も読んでみる

木村英文(木村飲料)

うちの「必勝合格ダルマサイダー」は世界初のお祓い飲料として受験生に人気を博しました。中身の味は同じですよ。でも、目に見えない力が体の内側から働く……はずです。
【覚書き|営業部長の提案で発売した「必勝合格ダルマサイダー」が売れたことについて語った言葉。同サイダーは地元の神社でお祓いされたあとに出荷される】


伊庭保

営業利益と営業キャッシュフローは、理論的には一致した動きを示す指標です。ところが、実際には会計基準があるために、この二つが一致しない動き方をする。なぜ一致しないのか、それを分析するだけでも有益な情報が飛び込んで来る。たとえば、在庫がいくら積みあがっても会計上の利益は影響を受けません。反対に未回収の売掛金でも利益には乗ってきます。こういった「意見」を排するキャッシュフロー経営を徹底することで、今年9月末時点の在庫は40日分まで圧縮できました。


古森重隆

必ず成功しなければならない。成功しないリーダーはリーダーではない。


ゲーテ

人間が自分に与えることのできる最も驚くべき教養は、他の人たちは自分のことなど求めてはいない、という確信である。


宇治原史規

勉強で重要なのは、毎日継続すること。1日でも空けてしまうと、記憶が抜けてしまい、余分に勉強し直す必要が出てきます。だから、1分でもいいから、毎日やったほうが良いですね。


竹内一郎

相手が求めていることに対する受信力の低い人には、往々にしてある特徴があります。それは、しばしば「話しかけないでオーラ」を発しているということ。周囲との関わりを避けようとするのは、自分だけの時間が心地よいからです。自分の席から動こうとしない上司、部下を自席に呼びつける上司も同様。本人は威厳を見せているつもりでも、自分の縄張りから出ようとしない人は、「小物」の印象を与えるだけです。


上川隆也

(芝居の)ほかに好きなものも、昔はあったような気がしないでもないんですけど、30歳を過ぎたころからは加速度的に、ムダなものがどんどん削がれていきましたね。いまは芝居があればいいというか、芝居があるおかげで、僕なんか、かろうじて社会にいることが許されていると思うんです。芝居がなかったら? うーん、生活者としての能力は相当低いし、世の中のなんの役にも立たない、ただの困ったヤツでしかないんじゃないですか(笑)。


渡辺謙

人生は自分で切り開くしかないわけですから、僕が下の世代に対して、「君らは○十代だから、○○した方がいい」とサジェスチョン(提言)すること自体、押しつけがましい気がします。


山本梁介

IT化と生産性オンリーを追求してきたスーパーホテルでしたが、2006年頃に、稼働率が伸び悩み始めました。なぜだろうと従業員やお客様に聞き回った結果、気づいたのが、経営理念が従業員に行き渡っていないということ。本社と従業員が経営理念について互いに共鳴し、感動することがなければいけない。顧客満足を優先し、生産性はその次だと気づいたのです。


野尻哲史

フィデリティ退職・投資教育研究所では、退職準備に関して多くのアンケートを行ってきました。その中で明らかになっている事実が1つあります。それは、「年収が多い人ほど退職後の生活資金が多く必要だ」ということです。欧米で使われる「退職直前の年収を前提に、老後はその何%で生活するか」を知る「目標代替率」の考え方が、日本でも当てはまることを示しているとも言えます。


西岡務

独り善がりの研究や需要のない製品開発を防ぐために、技術者は本社と事業部、各国の研究所の3部門を極力経験させるようにしている。研究所にこもって、お客さんから遠くなっては有用な技術は出てこない。


小杉俊哉

仕事を細かい作業に分解すれば、頑張ればできる量なのかが見極められます。分解すると、そのそれぞれの作業の難易度と優先順位もわかり、やる気が出やすくなります。