名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

モンテスキューの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

モンテスキューのプロフィール

シャルル=ルイ・ド・モンテスキュー。フランスの哲学者、政治思想家、法律家。ラ・ブレードとモンテスキューを領地とした男爵。ボルドー大学法学部卒業後、パリに遊学。ボルドー高等法院参事官、ボルドー高等法院副院長などを務めたのち、『ペルシア人の手紙』を出版し退官。アカデミー・フランセーズ会員。主な著書に『ローマ人盛衰原因論』『法の精神』など。立法、行政、司法の三権分立を提唱。社会学の父と呼ばれている。

モンテスキューの名言 一覧

虚栄心は人を饒舌にさせ、自尊心は人を沈黙させる。


ほとんどの場合、成功するか、成功しないかは、成功に要する時間を、知ってるか、否かに等しい。


真に知的な人は、他の人が知識として有しているだけのことを身体で感得している。


紙に書かれた道は、先人の足跡に過ぎない。先人が何を見たかは、辿らなければ解らない。


自ら実行し得ることは、決して他人の手を煩わすな。


人間は考えることが少なければ少ないほど、余計にしゃべる。


孤独は、優れた精神の持ち主の運命である。


少しをするために多く学んでおかねばならぬ。


幸福を数えたら、すぐ幸福になれる。


我々が幸福になりたいと望むだけなら簡単だ。しかし、人は他人になりたがるので、そうなるには困難だ。我々は、他人はみんな実際以上に幸福だと思っているからだ。


世の中で成功を収めるには、馬鹿のように見せかけて、利口に活動することだ。


私たちは3つの教育を受ける。ひとつは両親から。もうひとつは教師から。残りのひとつは社会から教えられる。そしてこの3番目は、初めの2つの教えにすべて矛盾するものである。


モンテスキューの経歴・略歴

シャルル=ルイ・ド・モンテスキュー。フランスの哲学者、政治思想家、法律家。ラ・ブレードとモンテスキューを領地とした男爵。ボルドー大学法学部卒業後、パリに遊学。ボルドー高等法院参事官、ボルドー高等法院副院長などを務めたのち、『ペルシア人の手紙』を出版し退官。アカデミー・フランセーズ会員。主な著書に『ローマ人盛衰原因論』『法の精神』など。立法、行政、司法の三権分立を提唱。社会学の父と呼ばれている。

他の記事も読んでみる

高岡浩三

不毛な状況を変えるために、管理職の皆さんには、「そもそも仕事とは何か」を考えてもらいたい。仕事ではないことは単なる「作業」にすぎない。私が考えるホワイトカラーの仕事とは、「顧客の問題解決をすること」だ。


上野和典

人に仕事を任せるときは、自分のこだわりを棚上げする割り切りも大切です。仕事をする際にこだわりは必要ですが、任せた仕事に関してこだわりを発揮すべきは、自分でなく相手の方です。にもかかわらず自分のこだわりを押し付けると、相手は振られた仕事に楽しみを見いだせずやらされ感が増していきます。


長谷川閑史

科学技術の基礎研究は、イノベーションを起こしていくために不可欠のもの。リスクは高いがやらねばならない。


瀬戸雄三

永年のお得意先は一軒たりとも他社に取られるな。そのためなら、経費は青天井で出す。カネがなくなったら、俺が本社からもらってくる。
【覚書き|大阪支店長時代の発言。当時、大阪支店が支店トップのシェアを維持していた。しかし、スーパードライもない頃で、会社が経営不振になる中、営業担当者たちの士気が落ちていた。そこで上記発言で檄を飛ばした。結果、営業担当者たちが奮起しほとんど経費を使わずに他社にお得意さんを取られずに済んだ】


森川亮

最悪のストレス発散方法は、飲酒だと思います。適量ならいいのですが、ストレスが多ければ多いほど酒量も増えてしまいがち。その瞬間は嫌なことを忘れるかもしれませんが、飲み過ぎは体に良くないですし、カロリーも取り過ぎて睡眠の質を下げてしまいます。ビジネスパーソンの健康管理としてふさわしい方法ではありません。なるべく健全なストレス発散法を見つけましょう。


おちまさと

ターゲットを絞り込むことの重要性は誰でも知っていることですが、案外、徹底されていないものです。ターゲットをしっかり意識するだけでも、発想は変わってくると思います。


松本正義

亀井(正夫・会長)さんは、人を見るとき肩書きに関係なく「将来性がある」と思った若手に声をかけて育てる。私も大いに薫陶を受けました。


午堂登紀雄

仕事をする前に、先送りにならない仕組みを作っておくと、おのずと前倒しになる。


松井道夫

利益は明らかに先細っていますが、それを環境のせいになんかにしたくありません。智恵が不足しているからだと思っています。


冨山和彦

会社が傾いてくると、「なぜこの人が」という人物がトップになることがよくあります。本来なら、そんなときこそドラスティックな外科手術をしなければいけないのに、病んだ組織は、いかにも外科手術をしなさそうな無難な人を選ぶのです。社長指名委員会では、独立取締役が多数を占めていると、会社側も「これはあんまりだ」という人は出してこないものです。


小泉進次郎

今までの政策の延長線上に未来はない。


龍華明裕

現在の私は、発明ひとつひとつを守ることに価値を見出しています。価値の高い特許を取れればその範囲の事業を一定期間守ることができますし、その特許によって産業にも社会にも影響を及ぼします。このように社会に貢献する発明の創出をサポートし守るという観点から事業を展開したいと思っています。