モンテスキューの名言

モンテスキューのプロフィール

シャルル=ルイ・ド・モンテスキュー。フランスの哲学者、政治思想家、法律家。ラ・ブレードとモンテスキューを領地とした男爵。ボルドー大学法学部卒業後、パリに遊学。ボルドー高等法院参事官、ボルドー高等法院副院長などを務めたのち、『ペルシア人の手紙』を出版し退官。アカデミー・フランセーズ会員。主な著書に『ローマ人盛衰原因論』『法の精神』など。立法、行政、司法の三権分立を提唱。社会学の父と呼ばれている。

モンテスキューの名言 一覧

虚栄心は人を饒舌にさせ、自尊心は人を沈黙させる。


真に知的な人は、他の人が知識として有しているだけのことを身体で感得している。


紙に書かれた道は、先人の足跡に過ぎない。先人が何を見たかは、辿らなければ解らない。


自ら実行し得ることは、決して他人の手を煩わすな。


ほとんどの場合、成功するか、成功しないかは、成功に要する時間を、知ってるか、否かに等しい。


人間は考えることが少なければ少ないほど、余計にしゃべる。


孤独は、優れた精神の持ち主の運命である。


少しをするために多く学んでおかねばならぬ。


幸福を数えたら、すぐ幸福になれる。


我々が幸福になりたいと望むだけなら簡単だ。しかし、人は他人になりたがるので、そうなるには困難だ。我々は、他人はみんな実際以上に幸福だと思っているからだ。


世の中で成功を収めるには、馬鹿のように見せかけて、利口に活動することだ。


私たちは3つの教育を受ける。ひとつは両親から。もうひとつは教師から。残りのひとつは社会から教えられる。そしてこの3番目は、初めの2つの教えにすべて矛盾するものである。


モンテスキューの経歴・略歴

シャルル=ルイ・ド・モンテスキュー。フランスの哲学者、政治思想家、法律家。ラ・ブレードとモンテスキューを領地とした男爵。ボルドー大学法学部卒業後、パリに遊学。ボルドー高等法院参事官、ボルドー高等法院副院長などを務めたのち、『ペルシア人の手紙』を出版し退官。アカデミー・フランセーズ会員。主な著書に『ローマ人盛衰原因論』『法の精神』など。立法、行政、司法の三権分立を提唱。社会学の父と呼ばれている。

他の記事も読んでみる

宮本武蔵

固く決意して、朝な夕な鍛練して技を磨きつくして後、自然に自由になり、おのずから奇跡的な力を得、神通力の不思議があるのである。これが武士として兵法修行をする心意気である。


木村多江

セリフを発した途端、自分の心の中がわ1つと動き出すのを感じたのは、初めてのことでした。言葉が眠っていた力を起こしてくれた。なかでも好きなセリフは「何がハッピーエンドかは、自分で決めるわ」。すっかり気に入って、撮影が終わったいまも、ちょっと落ち込んだときにこのセリフを言ってみるんです。そうすると、どうしてダメなんだろう……と塞いでしまっている考えが、がらっと変わる。自分なりのハッピーエンドに向かって、心も体も動き出す。まるで、私の性格自体が、その言葉を発する性格に変わったみたいなパワーをもらえる。できないと思っていたことの扉がパッと開いていくんです。

【覚え書き|映画『東京島』の撮影を振り返って】


栗原幹雄

数字をおさえることを苦手に思う人もいるかもしれませんが、私にとっては、いろんな角度から仕事・事業を仮説検証して目標達成の精度を高めることはとても楽しいのです。


佐々木正悟

仕事には通常締め切りがあります。人間、締め切りが近づいてくると思えば否でも応でもやらざるをえませんから、いつかは取りかかる。だから締め切りが設定されているのであれば、月曜の朝一番からあえて気の進まない仕事に手を付ける必要はないのです。やりやすいものから手を付ければいいのです。


田崎ひろみ

バイリンガルなだけでは海外でオペレーションはできません。英語はできても、意識が日本を向いているので、現地になかなかなじめない。バイカルチャーな人は、異文化に対する理解度が高いので、オペレーションの質に2倍、3倍の差が出てきます。海外で成功するためには、まず欠かせない人材です。


野口敏(話し方)

話し方で損をするパターンはいくつかありますが、なかでも一番損をするのが、しゃべりすぎることです。相手の反応なんてお構いなしに、自分の言いたいことばかり話す人がいますが、会話はお互いのやり取りがあって成り立つものです。一方通行で話せば会話は壊れてしまいます。


米村でんじろう(米村傳治郎)

何か新しいものが生まれるとしたら、山ほど失敗を繰り返す経験が必要。


榊原定征

文部科学省の調査で「理科の授業が苦手」としている先生が小中学校で6割以上もいます。理科が苦手な先生から教えてもらったのでは、絶対に面白くならないし、興味もわかなくなります。私が理科や数学を好きになったのは、中学のときに素晴らしい理科の先生がいたからです。教え方の上手な数学の先生もいました。先生の影響というのは、すごく大きなものです。


小椋佳

大事なのは「私は何が得意なんだ」ということです。「何が好きなんだ」だけでは、企業内で存在する意味がありません。もっとも、得意技は一朝一夕では身につかない。修行と辛抱が必要なことは言うまでもありません。


木島洋嗣

シンガポールは前向きな人が多くて、毎日が楽しい。僕は気温で活動のレベルが変わるタイプで、冬の東京だと行動力が鈍ってしまいます。その点、こちらは温かくて、暗くなんてなれません。


パク・ジョアン・スックチャ

実際に導入している企業の在宅勤務の頻度は、一人当たり週に1、2回。残りの日は通常のオフィスとなります。この程度であれば、週に1、2回の地方出張と変わらず、職場にも過度の負担はかかりません。


宮坂学

振り返ってみると、前社長の井上(雅博)さんが事業全体の基礎を固め、それをスマホの世界に引き継いだのが私の代でした。この数年は「このままでは会社が潰れるぞ」と全社で危機意識を共有し、スマホシフトを進めてきました。ある程度うまくいったと言えます。でも、そんな時だからこそ、まだ一息つく場面じゃない、気を引き締めなければと思っています。


村上恭豊

当社の創立者である父は約30年前に全国の篤農家による「日本カーネーション技術協会」を設立しました。当時の生産者は栽培ノウハウを秘密にしていたため、日本でカーネーションを普及させるためには情報公開が必要だといって、大学や試験場の先生方の指導で技術交流に努めました。今もOB会的な集まりなどでは「当時の恩は忘れない」という声も聞かれます。さらに新しい形で今も生産者向けの勉強会を積極的にやっています。


金井英之

社内での雑談に強くなるカギは、言葉のテクニックではありません。一番大事なのは人柄です。


大須賀正孝

横領は悪いことですが、それができる環境をつくっている会社のほうが悪い。だから使いこみをした社員がいても責めません。


ページの先頭へ