名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

モハメド・アリの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

モハメド・アリのプロフィール

モハメド・アリ。アメリカのプロボクサー。1960年のローマオリンピック・ボクシングで金メダルを獲得しプロに転向。ヘビー級のチャンピオンとして長期間活躍。素早い動きと精度の高い打撃を得意とし「蝶のように舞い、蜂のように刺す」と称される。

モハメド・アリの名言 一覧

何のリスクも取れない人間は、人生で何一つ成し遂げることはできない。


チャンピオンというものはジムの中で作られるものではない。チャンピオンというものは、彼らの奥深くにある何か、強い願望、夢、理想像から作られるのだ。


チャンピオンは、最後の一瞬のためのスタミナを備えていなければならず、他者よりほんの少し俊敏さに勝っていなければならず、技と意志力を備えていなければならない。そしてその意志力が技に勝っていなくてはならない。


50歳の時点で、20歳のときと同じように世界を見ている人間は、人生の30年を無駄にしたということだ。


友情。それは学校で学ぶものではない。しかし、もし友情の意味をまだ君が学んでいないとしたら、君は本当に何も学んでいないということだ。


モハメド・アリの経歴・略歴

モハメド・アリ。アメリカのプロボクサー。1960年のローマオリンピック・ボクシングで金メダルを獲得しプロに転向。ヘビー級のチャンピオンとして長期間活躍。素早い動きと精度の高い打撃を得意とし「蝶のように舞い、蜂のように刺す」と称される。

他の記事も読んでみる

草刈貴弘

ショックの後にはこれまでなかったサービスや製品が出てくることがよく見られます。長期投資家にはその新たな芽が何なのかを探すという楽しみもある。今回の「英国ショック」でも、長期投資家にはまた1つ楽しみが増える、といったところでしょうか。


長谷川房生

私たちの業界も21世紀に入って、新しいパラダイムが誕生しています。かつては、仏壇や法要など供養にかかわるものは生活の中心にあり、重厚感のあるものでしたが、今はもっとカジュアルでシンプルなものへと変わりつつあります。一方で、生活の中に新しい「祈り」の文化が溶け込んできましたから、そうした新たなマーケットの開発にも取り組んでいきたい。


平本清

常識を鵜呑みにしてはいけません。変化に対応する力を持たなければ生き残れませんよ。


柴山和久

財務省を辞めて、まずはフランスのINSEADに留学しました。MBAは1年で取得しましたが、その後に就職できなくて浪人です。いま自分が人を採用する立場になってわかりましたが、私みたいな人間は採用しづらいのでしょう。財務省出身で、米国弁護士で、MBAを持っていて、それなのにビジネスの経験や特定の産業に対する知見もないですから。なので、ことごとく選考で落ちました。4か月後にやっとマッキンゼーから内定をもらいましたが、それまでは精神的にキツかったです。採用面接はいつ呼ばれるのかわからないので、その間、仕事もできない。社会との接点が失われると、自分は世の中に必要とされていない人間のような気がしてきて……。


湯川智子

好きな言葉はたくさんありますが、最近は「今日をありがとう」です。母の死を通じて、人間は有限だということもよくわかりました。今日生かされていることも、支えられていることも、すべてが「有ることが難い」と感じています。


田中靖浩

会社のコストは、大きく分けて2タイプあります。売上に比例して増える変動費と、売上に関わらず発生する固定費です。前者の代表選手は原材料費、後者には店舗賃貸料、人件費などがあります。もし、値下げをして売上が上がったとしても、販売量が増えた分、変動費もアップします。値下げをして儲けを出すには、変動費増加分のコストも考えあわせて、販売量を設定しなければなりません。


神津里季生

悪しき常識を変えるには、トップの決断、トップの発信が大切。トップ自ら悪しき常識を捨て、それを伝えていく。


セバスチャン=ロッシュ・シャンフォール

自惚れは苦しみの源泉である。自惚れが消えたときから、人生の幸福な時期がはじまる。美しさが衰えかけたとはいえ、まだ相当綺麗な婦人でも、己の自惚れによって不幸にもなるし、滑稽にもなる。


澤田道隆

企業が長期的に存在するためには、環境や人にとって有益な存在である必要があります。ESG(環境・社会・企業統治)への対応は長期的な利益につながる、つまりコストではなく投資なんです。そういう発想までもっていきたい。それは、モノづくりを通して人々の生活や社会に貢献するという花王の理念に通じます。花王らしさを出そうと呼びかけていきます。


シャンタヌ・ナラヤン

どの企業も過去にうまくいったから、将来もうまくいくと思ってしまうリスクがある。そうならないような努力が必要だ。


相田雪雄

金太郎アメと言われた野村の企業カルチャーを変えたいとも思いました。本来は皆、個性豊かな人材のはずで、彼らに組織に埋没するなとのメッセージを送りたかった。


伊達美和子

常に何か新しいことにトライする、かつ社会にとって必要なものを、責任を持って、リスクを取ってやっていくことの繰り返しが我々一族なのかなと思っています。それは継続していきたい。