名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

モハメド・アリの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

モハメド・アリのプロフィール

モハメド・アリ。アメリカのプロボクサー。1960年のローマオリンピック・ボクシングで金メダルを獲得しプロに転向。ヘビー級のチャンピオンとして長期間活躍。素早い動きと精度の高い打撃を得意とし「蝶のように舞い、蜂のように刺す」と称される。

モハメド・アリの名言 一覧

何のリスクも取れない人間は、人生で何一つ成し遂げることはできない。


チャンピオンというものはジムの中で作られるものではない。チャンピオンというものは、彼らの奥深くにある何か、強い願望、夢、理想像から作られるのだ。


チャンピオンは、最後の一瞬のためのスタミナを備えていなければならず、他者よりほんの少し俊敏さに勝っていなければならず、技と意志力を備えていなければならない。そしてその意志力が技に勝っていなくてはならない。


50歳の時点で、20歳のときと同じように世界を見ている人間は、人生の30年を無駄にしたということだ。


友情。それは学校で学ぶものではない。しかし、もし友情の意味をまだ君が学んでいないとしたら、君は本当に何も学んでいないということだ。


モハメド・アリの経歴・略歴

モハメド・アリ。アメリカのプロボクサー。1960年のローマオリンピック・ボクシングで金メダルを獲得しプロに転向。ヘビー級のチャンピオンとして長期間活躍。素早い動きと精度の高い打撃を得意とし「蝶のように舞い、蜂のように刺す」と称される。

他の記事も読んでみる

清水勝彦

会社は生き物であり、成長するほど新しい社員が入ってきます。経営者は常に社員と向き合い、会社の「価値観」について愚直に共有していかなければいけない。


古川健介

今に集中することが、限られた時間で結果を出すことにつながる。


柏木斉

新入社員時代から厳しい競争を与えるのは、一度、殻を破らせるためです。困難に直面すると、人はとかく限界意識を持ちがちです。その意識を打ち破るため、若いうちに限界を決めずに立ち向かっていって、自分は本当はここまでできるんだという可能性を知ってもらう必要があるのです。


安西祐一郎

一生は1回しかありません。だからこそ、若い人たちには楽しくチャレンジしてもらいたい。


デカルト

私とは、疑い、思いつき、確信し、否定し、欲し、欲せず、想像し、感じるあるものだ。


亀井静香

警察に入ったら、あさま山荘事件やテルアビブでの銃乱射事件とか、血なまぐさい事件の担当にばっかりなった。正直いって、家庭を顧みる余裕もなかったんだよな。そうこうするうち女房に逃げられ……、可愛い盛りの子供がいたこともあって、京浜急行に二度ほど飛び込もうと思ったこともありました。そんな生活を15年ほど続けるうち、またしても唐突に思ったんだよ。いくら警察で頑張っても、しょせんは社会の「ゴミ掃除だ」と。社会にゴミを出さないようにするには政治家になるしかないって。とはいっても、地盤もお金もない。それこそ断崖絶壁から、いろんな人の支えでここまで這い上がってこられたんだから、いまここで政治の世界から降りるわけにはいかない。


ドナルド・トランプ

学びは未知の冒険の可能性を秘めている。そして学びは新たな始まりを用意してくれる。


船ヶ山哲

多くの人は、起業で成功するためには能力や才能、優れたアイデアが必要だと思いがちですが、これは大きな間違いです。その証拠に、世の中のビジネスの大半は、単に何らかの要素の掛け合わせで構成されています。たとえば、「買い付け市場×インターネット=ネットオークション」といった具合。まったく新しいビジネスがイチから生まれたものなど、周りを見回してもほとんどありません。ということは、斬新なアイデアなど不要で、今すでにあるものをベースに考えたほうが、ビジネスで成功する可能性は格段に上がるということです。


辻慎吾

街づくりや都市づくりに懸ける森稔の強烈な思いを受け継いだ形で、森ビルがもっともっと森ビルらしく生きていけば、森がいなくても自分たちを見失わずに行ける。


篠原菊紀

「転」を省いて「起・承・結」の3つの展開で話をすると相手が理解しやすいのは、話が構造化されているので脳が処理しやすいからです。また、理詰めで話をすることも大事ですが、相手の脳の同じ領域ばかりを疲れさせてしまいます。ときには視覚や聴覚などの領域に訴える工夫も交ぜれば、強い印象を残すことができます。


天谷雅俊

私が初めて『三国志』を手にしたのは、いまから20年ほど前、住友金属工業の薄板営業部長の職にあり、吉川英治歴史時代文庫シリーズが刊行されたときです。全八巻を一気に読破しました。第一に人物眼が養えます。さらに、顧客のもとに足しげく通い、じっくり話し込みながら頭の中でめぐらせている戦略思考が鍛えられます。商社マンに限らず、ビジネスマンにとって必読の書といっていいでしょう。


大野直竹

社員によく話しているのは、お客様ととにかく長い付き合いをしろと、それで目先のものにあまりとらわれるなということ。やはりこういう商売はお客様の評判が第一。