モハメド・アリの名言

モハメド・アリのプロフィール

モハメド・アリ。アメリカのプロボクサー。1960年のローマオリンピック・ボクシングで金メダルを獲得しプロに転向。ヘビー級のチャンピオンとして長期間活躍。素早い動きと精度の高い打撃を得意とし「蝶のように舞い、蜂のように刺す」と称される。

モハメド・アリの名言 一覧

何のリスクも取れない人間は、人生で何一つ成し遂げることはできない。


チャンピオンというものはジムの中で作られるものではない。チャンピオンというものは、彼らの奥深くにある何か、強い願望、夢、理想像から作られるのだ。


チャンピオンは、最後の一瞬のためのスタミナを備えていなければならず、他者よりほんの少し俊敏さに勝っていなければならず、技と意志力を備えていなければならない。そしてその意志力が技に勝っていなくてはならない。


50歳の時点で、20歳のときと同じように世界を見ている人間は、人生の30年を無駄にしたということだ。


友情。それは学校で学ぶものではない。しかし、もし友情の意味をまだ君が学んでいないとしたら、君は本当に何も学んでいないということだ。


モハメド・アリの経歴・略歴

モハメド・アリ。アメリカのプロボクサー。1960年のローマオリンピック・ボクシングで金メダルを獲得しプロに転向。ヘビー級のチャンピオンとして長期間活躍。素早い動きと精度の高い打撃を得意とし「蝶のように舞い、蜂のように刺す」と称される。

他の記事も読んでみる

泉谷直木

リーダーの能力以上に組織の能力が上がることは決してない。部下をつまらないことで悩ませないためにも、上司の側でやるべきことは多いはずだ。


青野慶久

いつも時間に追われている人というのは、タイムマネジメントを見直したほうがいい場合も確かにありますが、それよりもコミュニケーションについての方が、改善の余地は大きいのではないかと思います。一人で仕事を抱え込まずに、上司や同僚にオープンにしてみんなで改善策を練った方が、時間的にも精神的にも余裕が生まれるのではないかと思うのです。


池上彰

ここ数十年で日本人の話すスピードはかなり速くなりました。昭和10年ごろに比べると、いまの私たちは2倍くらいの速さでしゃべっているというデータもあるようです。忙しくなって、ゆっくりのんびり話していられない時代になったということでしょうか。本来、私も相当な早口です。でも、テレビに出るときは意識してゆっくり話しているのです。幅広い視聴者を意識してのことです。


ちきりん

私は以前、外資系企業で、法人顧客の財務戦略を立案する仕事をしていました。初めの頃は、自分の意見を上司に伝えても「これは本当に自分のアタマで考えたのか?」と突っ込まれてばかりで。当時の上司に日々鍛えられ続けて、自分だけの考えを徹底的に突き詰めるコツを身につけることができた。完全なるOJTの賜物です。


千田琢哉

お金持ちの人はどれだけ人気があるラーメン屋でも並んでまで食べようとは思いません。その時間があればどれだけ仕事ができ、お金を生むかがわかっているからです。


塩崎均

最近の近大は、伝統的に強い理系学部については実力が適正に評価されるようになってきたと感じる。偏差値と、大学の真の実力は異なることを正しく認識してもらいたい。ここ数年の近大の志願者数の増加は、それを若い世代が感じ取っていることの表れだ。


今森光彦

僕は写真を整理することは得意で、仕事場は写真図書館のようにしているんですよ。だから昔の大事な写真もすぐに見つかる。「12年間の成果」と評価をいただいたはじめの代表作と言える『昆虫記』も編集作業はわずか3週間で済みました。捨てないで溜めておいて分類してある写真を、自然に一冊にまとめられたんです。


松下幸之助

信用は築こうと思っても築けるものではない。その人が誠実にその商売なり、自分の務めというものを大事にしていくということが積み重なって、自然に信用が生まれる。


田中仁(経営者)

企業というのは、トップの確固たる理念が社員に浸透し、双方のベクトルが定まった時に最大限の成長を可能にする。


近藤淳也

僕の場合は能動的に、コミュニティに働きかけて変化を促す、ということはやってなくて、「今こういうモノを求めているユーザーがいるはず」と思って、場を作る。


内藤剛志

はっきり言えるのは、やりたくないことは何もやってこなかったということ。


藤田耕司(経営コンサルタント)

日付を決めておかないと行動せず、ずるずる先延ばしにしてしまうものだ。


田中太一郎(経営者)

おかげさまで、六本木ヒルズや東京ミッドタウン、なんばパークス、最近では東京スカイツリータウンなど、都市のランドマークとなるような商業施設にご採用いただいております。こうした実績が評価され、さらなる受注につながっていると思っています。


澤田秀雄

創業以来18年間ずっと赤字だった長崎県のハウステンボスの経営を引き受けましたが、そのとき社員のクビは一人として切りませんでした。やる気のない経営幹部を交代させただけです。みんなが一丸となって危機を乗り切ることが大切だと考えたからです。仕事ができないからと社員を辞めさせていたら、会社は小さくまとまってしまいます。企業を大きく成長させようと思ったら、社員をみんな引き受ける覚悟が必要なのではないでしょうか。


西川りゅうじん

世の中が変化すれば、必ず新しいチャンスが生まれる。たとえば、飲食業を始めるのは店舗開業などの初期費用が高くて難しかった。でも、不況のお陰でいまは数分の1の場合もある。


ページの先頭へ