メグ・ホイットマンの名言

メグ・ホイットマンのプロフィール

マーガレット・クッシング・メグ・ホイットマン。アメリカの経営者。「eBay」「ヒューレット・パッカード・エンタープライズ」CEO(最高経営責任者)。ニューヨーク州出身。プリンストン大学卒業、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得。P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)勤務、ベイン・アンド・カンパニー副社長、ウォルト・ディズニー・カンパニー上級副社長、FTD(Florists' Transworld Delivery)社長などを経て「eBay」CEOに就任。

メグ・ホイットマンの名言 一覧

現場に足を運んで生の情報に触れることは、経営のかじ取りには不可欠です。今もそうですが、イーベイのトップを務めていたときから、1年の半分は出張に出ていました。

徹底的にデューデリジェンス(資産査定)をしないで買収を決めるなど、生焼けのケーキを食べるようなもの。もし意思決定するうえで、期限を押し付けられるなどの圧力を受けたら、「ノー」と言うべき。

M&Aを決める際は、我々の戦略とのすり合わせができているかどうかが最も重要。重要なのは、当社の戦略と整合性があり、事業を補完できるかどうか。

経営再建は大きく進捗したと思います。CEO就任当時は、多くの事業が縮小の一途をたどっていました。私は就任後に策定した「5か年計画」に沿って、様々なリストラや組織体制の見直しを断行しました。売り上げに見合ったコスト構造にして、イノベーションを活性化させるためです。

M&Aで巨額損失を防ぐための教訓は3つ。ひとつは、M&Aの案件については必ず財務を預かるCFO(最高財務責任者)に情報を集約しなければならないということ。ふたつ目の教訓は、焦って意思決定してはいけないということ。最後の教訓は、取締役会を何度でも開いて、買収の妥当性を徹底的に議論するということ。

それぞれの会社が強みのある分野に、経営資源を集中できるようにするためです。おかげで技術開発が加速し、意思決定のスピードも速まりました。私が今トップを務めているHPE(ヒューレット・パッカード・エンタープライズ)はサーバーやストレージ(記憶装置)に集中したことで、顧客や社員とテーマを絞って実のある議論ができるようになり、満足しています。私は米国のCEOの中で唯一、大きなビジネスよりも小さなビジネスを運営する方が好きな人間と言えるかもしれません(笑)。

【覚え書き|ヒューレット・パッカードを2つの会社に分割したことについて】

メグ・ホイットマンの経歴・略歴

マーガレット・クッシング・メグ・ホイットマン。アメリカの経営者。「eBay」「ヒューレット・パッカード・エンタープライズ」CEO(最高経営責任者)。ニューヨーク州出身。プリンストン大学卒業、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得。P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)勤務、ベイン・アンド・カンパニー副社長、ウォルト・ディズニー・カンパニー上級副社長、FTD(Florists' Transworld Delivery)社長などを経て「eBay」CEOに就任。

ページの先頭へ