メグ・ホイットマンの名言

メグ・ホイットマンのプロフィール

マーガレット・クッシング・メグ・ホイットマン。アメリカの経営者。「eBay」「ヒューレット・パッカード・エンタープライズ」CEO(最高経営責任者)。ニューヨーク州出身。プリンストン大学卒業、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得。P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)勤務、ベイン・アンド・カンパニー副社長、ウォルト・ディズニー・カンパニー上級副社長、FTD(Florists' Transworld Delivery)社長などを経て「eBay」CEOに就任。

メグ・ホイットマンの名言 一覧

現場に足を運んで生の情報に触れることは、経営のかじ取りには不可欠です。今もそうですが、イーベイのトップを務めていたときから、1年の半分は出張に出ていました。


徹底的にデューデリジェンス(資産査定)をしないで買収を決めるなど、生焼けのケーキを食べるようなもの。もし意思決定するうえで、期限を押し付けられるなどの圧力を受けたら、「ノー」と言うべき。


M&Aを決める際は、我々の戦略とのすり合わせができているかどうかが最も重要。重要なのは、当社の戦略と整合性があり、事業を補完できるかどうか。


経営再建は大きく進捗したと思います。CEO就任当時は、多くの事業が縮小の一途をたどっていました。私は就任後に策定した「5か年計画」に沿って、様々なリストラや組織体制の見直しを断行しました。売り上げに見合ったコスト構造にして、イノベーションを活性化させるためです。


M&Aで巨額損失を防ぐための教訓は3つ。ひとつは、M&Aの案件については必ず財務を預かるCFO(最高財務責任者)に情報を集約しなければならないということ。ふたつ目の教訓は、焦って意思決定してはいけないということ。最後の教訓は、取締役会を何度でも開いて、買収の妥当性を徹底的に議論するということ。


それぞれの会社が強みのある分野に、経営資源を集中できるようにするためです。おかげで技術開発が加速し、意思決定のスピードも速まりました。私が今トップを務めているHPE(ヒューレット・パッカード・エンタープライズ)はサーバーやストレージ(記憶装置)に集中したことで、顧客や社員とテーマを絞って実のある議論ができるようになり、満足しています。私は米国のCEOの中で唯一、大きなビジネスよりも小さなビジネスを運営する方が好きな人間と言えるかもしれません(笑)。

【覚え書き|ヒューレット・パッカードを2つの会社に分割したことについて】


メグ・ホイットマンの経歴・略歴

マーガレット・クッシング・メグ・ホイットマン。アメリカの経営者。「eBay」「ヒューレット・パッカード・エンタープライズ」CEO(最高経営責任者)。ニューヨーク州出身。プリンストン大学卒業、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得。P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)勤務、ベイン・アンド・カンパニー副社長、ウォルト・ディズニー・カンパニー上級副社長、FTD(Florists' Transworld Delivery)社長などを経て「eBay」CEOに就任。

他の記事も読んでみる

石橋正二郎

一生涯の目的を達成せんとする者は、いかなる固執も、障害も、目前の名利も介さず、忍ぶ、粘る、堅忍持久、終始一貫、最後の目的に突進することである。


福山誠

上村はグーグルの同期で部署も一緒で、仲がよかった。そこで、彼にソーシャルランチのアルファ版を見せたところ、「面白そうだ」ということになり、どちらが誘うともなく、起業することにしました。


小池百合子

以前、環境大臣を務めたときに感じたのですが、1年目というのは様子見の時期なんです。私も周囲の様子を見るし、職員も新しいトップの様子を窺(うかが)う。それが2年目に入ると、「ああ、この人はしばらくここにいるんだな」と観念するみたいで(笑)、前向きに作業に集中してくれるようになります。3年目になるとその関係性がより深くなり、職員とも意思疎通が上手にとれるように在る。それぞれのいい部分を引き出せるようになります。


山村輝治

フードビジネスは、いったんは減収となるかもしれませんが、中長期的には必ずプラスになっていくプランで進めています。向こう10年ぐらいの計があるイメージを持っています。これまで続いたミスタードーナツの落ち込みをいったんリセットして、そしてさらに飛躍していくように持っていきます。


近藤誠一

「これがお前の目標だ」と押し付けてはいけません。自分で考えて、自分で見つけなさいという教育を行なうことが大切で、そうした教育で人が育っていけば、自由や民主主義をもっとうまく使いこなせるようになると思います。


渡邉美樹

時間配分は、目標達成の予定日から逆算して計画します。現在からの足し算や掛け算ではなく、予定からの引き算と割り算によって、どの行動にどの時間を割り当てるのかを決めるのです。


鳥羽博道

投機という目先の利益に翻弄されるのではなく、将来起こるであろう経営環境の変化に備えて、営々と本業の深化に努力し続けること。それが企業を常に成長させることになり、どんな不況にも負けない強い体質の企業を生み出すことになるのではないかと思う。


早野忠昭

これまでのマラソン大会は、学生時代から走ってきたいわばエリート選手のものでした。だからスポンサー企業は、おのずとスポーツ関連に限られる。その考えの延長で東京マラソンを開いたら、当然、2万、3万人なんて集まらない。でも学生時代の体育の成績が必ずしも5段階評価で満点ではない人たちも集めれば話は変わりますよね。そこでマーケティングの登場です。「タイムが早い、遅い」とは違う様々な価値観を持ち込んだんですよ。例えば、「かっこよく走りたい」なんて好例。「健康」という価値観をぶら下げたところで、私より上の年齢の人しか寄ってこない(笑)。でも、「ファッション」をぶら下げたら、状況は変わる。美を意識する女性が集まってくるだろうし、若い男の子、いや、ちょいワルおやじだって後ろからついてきますよ。「ミュージック」「ボランティア」「チャリティー」といろいろなバリューをつけたからこそ、参加者の層が広がり、ここまでの人気を得られた。


田浦秀幸

何より大切なのは継続すること。脳は常に新しい情報を取り込んでいますが、一方で必要のない(使っていない)情報はどんどん整理していってしまう。母語でさえ3年も使わずにいたら徐々に喪失が始まる。


塩﨑均(塩崎均)

思い切った先行投資は経済的に余裕があるときでないとできません。大阪府東大阪市にある本キャンパス刷新の400億円は全て手元資金で賄いました。そういう意味では、ビジネス面での成功や、志願者数の伸びはありがたいですね。


宮本彰

必要ないと言う人が10人中9人いても、1人が欲しいと言えば何の問題もない。


澤田秀雄

赤字の会社というのは生産性が悪い。生産性が悪いということは無駄があるということ。つまり経費を下げる余地がある。そして商品だったらいかに売り上げを伸ばすか、ハウステンボスだったらいかに入場者を増やすかを真剣に考える。売り上げを2割伸ばし、コストを2割下げたら、たいがい黒字になります。それを事前に頭の中で描くことができればうまくいく。つまり引き受ける前に勝負の7割は決まる。


木村政雄

若い人たちが中心になって進めて、ベテランは若い人をサポートしていく。場所を譲ることが必要ですね。


ノヴァーリス

すべて、見えるものは見えないものに、聞こえるものは聞こえないものに、感じられるものは感じられないものに付着している。おそらく、考えられるものは考えられないものに付着しているだろう。


池上秀徳

外国人向け日本語教育の事業部が発足し、教材作りを任せられました。一から日本語教材を作るために既存の教科書を研究し、外部専門家の意見を参考に作り上げた自信作のサンプルを創始者の公文公(くもん・とおる)に見せると、「これを作るのに指導者や生徒にどれだけ話を聞きましたか?」と厳しく指摘を受け、叱られました。実際に学習する生徒や指導者から話を間いていないことを見抜かれたわけです。


ページの先頭へ