名言DB

9413 人 / 110706 名言

ムーター・ケントの名言

twitter Facebook はてブ

ムーター・ケントのプロフィール

ムーター・ケント。アメリカの経営者。「米ザ コカ・コーラ カンパニー」会長兼CEO(最高経営責任者)。ニューヨーク州出身。英ハル大学経営学士、英ロンドン市立大学管理科楽理学修士。ザ コカ・コーラ カンパニーに入社。エフェス・ビバレッジ・グループ(トルコ)社長兼CEO、コカ・コーラ中東地域社長兼COO、海外事業統括、社長などを経て会長兼CEOに就任。

ムーター・ケントの名言 一覧

コカ・コーラは世界有数のローカル企業。各国の事業では何も輸出入はしていません。ローカルで作り、流通させ、販売して税金を払っています。


顧客、従業員、取引先、社会、そして政府当局のどこか一つでも不満を抱えていては、株主も幸せにはなれない。


私たちはローカルに事業を展開し、根を下ろしているので、ベトナム戦争の時でさえ、コカ・コーラに対する不買運動のような動きは起きなかった。


コカ・コーラは各国の経済成長をけん引することで社会に貢献している。今日の世界で最も重要なことは、より多くの雇用を創出すること。雇用を作るのは政府ではなくビジネスですから。


消費財ビジネスは急速にマス・マーケティングから、マス・パーソナライゼーションへと移行しています。コカ・コーラとしても、地球上の何十億人もの人たちに対して、個人の嗜好に合うようにパーソナライズされた飲料や爽やかさを提供する企業として、持続的な成長を続けているでしょう。


私が常に語るのは、ステークホルダーへの価値創造です。決して、株主価値の最大化を否定しているわけではありません。それでも、私たちは株主に加えて、従業員、顧客、市民社会という、全てのステークホルダーに価値を提供できるビジネスモデルに進化する必要があると考えています。それができなければ、株主に対しても持続的に価値を提供することはできない。


世界は振り子のように、常に揺れ動いています。今向かっている方向が最終的に全ての人々にとっていい結果をもたらすのかどうかは分かりません。それは歴史が答えを出すことです。しかし、私たち企業は今、そのサイクルの真っただ中にいて、何とかしてこの状況を乗り切らなければなりません。


ムーター・ケントの経歴・略歴

ムーター・ケント。アメリカの経営者。「米ザ コカ・コーラ カンパニー」会長兼CEO(最高経営責任者)。ニューヨーク州出身。英ハル大学経営学士、英ロンドン市立大学管理科楽理学修士。ザ コカ・コーラ カンパニーに入社。エフェス・ビバレッジ・グループ(トルコ)社長兼CEO、コカ・コーラ中東地域社長兼COO、海外事業統括、社長などを経て会長兼CEOに就任。

他の記事も読んでみる

伊藤慎介

新しい物の構想を持っている人と、それを実際に作ることができる人がコラボレーションしながら、世の中にはないけど消費者には面白いと思ってもらえるプロダクトを次々と世の中に送り出していく。我々がやろうとしていることもそういうことです。そのための最初の取り組みが超小型の電気自動車なのです。


加藤昌史

お客さんには暗い、疲れた表情は見せないようにしています。舞台を見に来てくれたお客さんのワクワク感を消さないよう、口元で微笑むような笑顔を心がけています。


日高憲三

経営の基本は、すべてスタンレー電気で学びました。銀行だけではなく、公認会計士などの意見をきちんと聞いて調子に乗ったことはしない、などの教訓があるからこそ、借金なし、赤字なしの会社を経営してこられたのだと思います。


工藤真由美(コンサルタント)

年間スケジュールを組むと、計画を実行するにはお金が必要だと気がつくと思います。年間を通じてプライベートを楽しむにはいくら必要なのかを計算してみると、お金のやりくりもうまくなりますし、働く必然性も見えてくるのではないでしょうか。しかも、楽しみを実現させるためと思えば、モチベーションも維持できるはずです。


ヘンリー・ジョージ

人々を奴隷化するものは王侯貴族ではなく、地主や資本家でもない。人々を奴隷化するものは、人々自身の無知である。


芦田昭充

情熱の源は業界ナンバーワン、いや、業界ダントツナンバーワンになってやろうという気持ちです。私、こう見えても負けん気が強いんですよ。


寺田和正

当社の原点とは、仕事を楽しくやる。人が難しいと思うものを超えていく。やりがいやプライドを持って働き、良い給料を実現すること。


高井伸夫

トラブルが生じたらアポなど取らなくてよいから、何はさておき相手のもとに駆けつける。これは鉄則ですが今の若い人はできない。相手が留守なら「こういう事情でお詫びにまいりました。改めてまた伺います」と当人以外の人(秘書や同じ部署の人など)に告げ、このとき、自分の名刺に同様の趣旨を書き込んで置いてくるのです。相手が怒っていて、面会を拒絶されることもあるでしょうが、何度でも足を運ぶ。三顧の礼をされると、相手も「自分を立ててくれた」と感じ、怒りも徐々に鎮まる。会ってくれないからとお詫びメールで処理してはいけません。


奥島孝康

ユートピアは「求める」ものではなく、「創り出す」ものだ。


筒井義信

必要な変化に関しては柔軟に対応していかなければなりません。大事なのは、変えたことについてしっかり説明をするということです。なぜ変えなければいけないのか。リーダーにはそのことをしっかり現場の方々に示していくことが求められるのでしょう。


上村光弼

近年、能力を引き出すコーチングが大ブームになり、多くの企業が導入しましたが、テクニックやスキルの習得に偏ってしまっている傾向があります。しかし、本当に大切なことは、コーチングする人の普段の「あり方」なのです。誰でも同じ事をあるAさんから言われたら納得するけれども、Bさんから言われると納得できない、反発してしまうという経験があるはずです。その違いは「その人への信頼」なのです。


老子

人を知る者は智なり。自ら知る者は明なり。


山田満(経営者)

企業家にはパッションが必要だ。情熱は自らふつふつと湧いてくるものですから、止められません。熱い想いを持っていれば、仕事でもプライベートでも自然と楽しくなってくるものです。


藤崎一郎

人と人のつながりで欠かせない視点、それは「あまり短期で考えるな」ということです。


安藤百福

ぼくはタクシーでも構わない。ベンツでなくてはいけないと誰が言ったか。新幹線のグリーンに乗ることに何の意味があるのか。どこに乗ろうと目的地に着く時間は一緒じゃないか。