名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

ムーター・ケントの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ムーター・ケントのプロフィール

ムーター・ケント。アメリカの経営者。「米ザ コカ・コーラ カンパニー」会長兼CEO(最高経営責任者)。ニューヨーク州出身。英ハル大学経営学士、英ロンドン市立大学管理科楽理学修士。ザ コカ・コーラ カンパニーに入社。エフェス・ビバレッジ・グループ(トルコ)社長兼CEO、コカ・コーラ中東地域社長兼COO、海外事業統括、社長などを経て会長兼CEOに就任。

ムーター・ケントの名言 一覧

コカ・コーラは世界有数のローカル企業。各国の事業では何も輸出入はしていません。ローカルで作り、流通させ、販売して税金を払っています。


顧客、従業員、取引先、社会、そして政府当局のどこか一つでも不満を抱えていては、株主も幸せにはなれない。


私たちはローカルに事業を展開し、根を下ろしているので、ベトナム戦争の時でさえ、コカ・コーラに対する不買運動のような動きは起きなかった。


コカ・コーラは各国の経済成長をけん引することで社会に貢献している。今日の世界で最も重要なことは、より多くの雇用を創出すること。雇用を作るのは政府ではなくビジネスですから。


消費財ビジネスは急速にマス・マーケティングから、マス・パーソナライゼーションへと移行しています。コカ・コーラとしても、地球上の何十億人もの人たちに対して、個人の嗜好に合うようにパーソナライズされた飲料や爽やかさを提供する企業として、持続的な成長を続けているでしょう。


私が常に語るのは、ステークホルダーへの価値創造です。決して、株主価値の最大化を否定しているわけではありません。それでも、私たちは株主に加えて、従業員、顧客、市民社会という、全てのステークホルダーに価値を提供できるビジネスモデルに進化する必要があると考えています。それができなければ、株主に対しても持続的に価値を提供することはできない。


世界は振り子のように、常に揺れ動いています。今向かっている方向が最終的に全ての人々にとっていい結果をもたらすのかどうかは分かりません。それは歴史が答えを出すことです。しかし、私たち企業は今、そのサイクルの真っただ中にいて、何とかしてこの状況を乗り切らなければなりません。


ムーター・ケントの経歴・略歴

ムーター・ケント。アメリカの経営者。「米ザ コカ・コーラ カンパニー」会長兼CEO(最高経営責任者)。ニューヨーク州出身。英ハル大学経営学士、英ロンドン市立大学管理科楽理学修士。ザ コカ・コーラ カンパニーに入社。エフェス・ビバレッジ・グループ(トルコ)社長兼CEO、コカ・コーラ中東地域社長兼COO、海外事業統括、社長などを経て会長兼CEOに就任。

他の記事も読んでみる

ドストエフスキー

あらゆる堕落の中で最も軽蔑すべきものは、他人の首にぶら下がることである。


杉野正

しなの鉄道のときには、社内に「打倒JR」「打倒、県企画局」などのビラも貼りました。目に見える形で、自分の意志を浸透させるためです。僕は自分の言葉にコミットしているから、目標を曖昧にせず、目的もしっかりと書いて貼っておく。口頭ならば言いっぱなしになりますから。その分大きなプレッシャーですけど。


イゲット千恵子

型にとらわれることなく、自分のやり方で仕事ができる。これがアメリカのビジネスの魅力。


高橋尚子

考えたところで見えていないもの、まだ分からないことをあれこれ悩んでも仕方ない。


最上悠

長期的な満足を考えたら、相手の主張を受け入れて、一度は泣き寝入りをしていた方が得な場面もあります。ところが「いいひと」をやめようと思うと、「泣き寝入り=よくないこと」と極端な考えになりやすい。「泣き寝入りさせられた」ではなく、「泣き寝入りを戦略的にしている」と考えてみればどうでしょう。


黒鉄ヒロシ

本来、ギャンブル場はお金を捨てる墓場です。これがわかれば、強くもなれる。勘違いした人はギャンブルで金を作ろうとする。経済活動だと誤解した途端、魔法は解けてしまう。事故に遭うことを楽しむはずのギャンブルが、日常の金銭に置き換わり、必勝法などと言い出したら、おしまい。


岡田充弘(経営者)

チームの仕組みや環境づくりをするためには、まず「自分がつくりたいのはどんなチームか」を改めて考え、チームとしての「ミッション」と「バリュー」を整理しましょう。前者はチームとして達成すべき目標で、後者は部下に求める価値観や行動規範です。会社全体で定めたものはあっても、チームレベルでのミッションとバリューを明確に定義している課長は多くありません。


夏原平和

「社会」と「会社」。左右に併記すれば縦横どちらからも同じに読める。社会と会社は一体のもの。


潮田、滋彦

人前で話をするときは、緊張します。「しっかりと用意した内容を言わなくてはならない」「自分は人からどう見られているだろうか」などと考えてしまうと、意識が自分に向かいます。人前で話すことは、相手に対して情報のプレゼントをする場であるはずなのに、相手よりも自分に意識が向くことはおかしいですよね。


高島徹治

資格を活かすために重要なのが、コミュニケーション力。資格取得に熱心な人にはしばしば、勉強に夢中で人との接し方がおろそかになる人がいますが、これではせっかく得た資格も活かすのは難しいでしょう。独立開業するなら営業力や接客スキルが必須ですし、社内で活用するにしても、資格を使って自分にできることを考え行動する必要があります。


御手洗冨士夫

新卒採用で入って長く会社にいるからこそ愛社精神が育つ。日本の愛社精神は、不正を防ぐコーポレートガバナンスの機能を果たしていると考えることもできます。ひとりが自分の家族を思うように会社を愛せば、ルールがなくても不正は自然となくなる。それから、役員と社員の距離が近いことも経営のチェック機能になる。流動性の高い社会ではありえないことです。


鳩山玲人

すべてを私の力で成し遂げたわけではありません。私にとって最大のサポートになったのは、創業家の辻邦彦副社長(当時)が「サンリオは変わらなくてはいけない」という意思決定をしてくれたことでした。そして、「一緒に会社を変えよう」と言って、私をサンリオに招き入れてくださった。