ムーター・ケントの名言

ムーター・ケントのプロフィール

ムーター・ケント。アメリカの経営者。「米ザ コカ・コーラ カンパニー」会長兼CEO(最高経営責任者)。ニューヨーク州出身。英ハル大学経営学士、英ロンドン市立大学管理科楽理学修士。ザ コカ・コーラ カンパニーに入社。エフェス・ビバレッジ・グループ(トルコ)社長兼CEO、コカ・コーラ中東地域社長兼COO、海外事業統括、社長などを経て会長兼CEOに就任。

ムーター・ケントの名言 一覧

1 / 11

コカ・コーラは世界有数のローカル企業。各国の事業では何も輸出入はしていません。ローカルで作り、流通させ、販売して税金を払っています。


顧客、従業員、取引先、社会、そして政府当局のどこか一つでも不満を抱えていては、株主も幸せにはなれない。


私たちはローカルに事業を展開し、根を下ろしているので、ベトナム戦争の時でさえ、コカ・コーラに対する不買運動のような動きは起きなかった。


コカ・コーラは各国の経済成長をけん引することで社会に貢献している。今日の世界で最も重要なことは、より多くの雇用を創出すること。雇用を作るのは政府ではなくビジネスですから。


消費財ビジネスは急速にマス・マーケティングから、マス・パーソナライゼーションへと移行しています。コカ・コーラとしても、地球上の何十億人もの人たちに対して、個人の嗜好に合うようにパーソナライズされた飲料や爽やかさを提供する企業として、持続的な成長を続けているでしょう。



世界は振り子のように、常に揺れ動いています。今向かっている方向が最終的に全ての人々にとっていい結果をもたらすのかどうかは分かりません。それは歴史が答えを出すことです。しかし、私たち企業は今、そのサイクルの真っただ中にいて、何とかしてこの状況を乗り切らなければなりません。


私が常に語るのは、ステークホルダーへの価値創造です。決して、株主価値の最大化を否定しているわけではありません。それでも、私たちは株主に加えて、従業員、顧客、市民社会という、全てのステークホルダーに価値を提供できるビジネスモデルに進化する必要があると考えています。それができなければ、株主に対しても持続的に価値を提供することはできない。


ムーター・ケントの経歴・略歴

ムーター・ケント。アメリカの経営者。「米ザ コカ・コーラ カンパニー」会長兼CEO(最高経営責任者)。ニューヨーク州出身。英ハル大学経営学士、英ロンドン市立大学管理科楽理学修士。ザ コカ・コーラ カンパニーに入社。エフェス・ビバレッジ・グループ(トルコ)社長兼CEO、コカ・コーラ中東地域社長兼COO、海外事業統括、社長などを経て会長兼CEOに就任。

おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

1 / 11

ページの先頭へ