ムーター・ケントの名言

ムーター・ケントのプロフィール

ムーター・ケント。アメリカの経営者。「米ザ コカ・コーラ カンパニー」会長兼CEO(最高経営責任者)。ニューヨーク州出身。英ハル大学経営学士、英ロンドン市立大学管理科楽理学修士。ザ コカ・コーラ カンパニーに入社。エフェス・ビバレッジ・グループ(トルコ)社長兼CEO、コカ・コーラ中東地域社長兼COO、海外事業統括、社長などを経て会長兼CEOに就任。

ムーター・ケントの名言 一覧

コカ・コーラは世界有数のローカル企業。各国の事業では何も輸出入はしていません。ローカルで作り、流通させ、販売して税金を払っています。


顧客、従業員、取引先、社会、そして政府当局のどこか一つでも不満を抱えていては、株主も幸せにはなれない。


コカ・コーラは各国の経済成長をけん引することで社会に貢献している。今日の世界で最も重要なことは、より多くの雇用を創出すること。雇用を作るのは政府ではなくビジネスですから。


私たちはローカルに事業を展開し、根を下ろしているので、ベトナム戦争の時でさえ、コカ・コーラに対する不買運動のような動きは起きなかった。


消費財ビジネスは急速にマス・マーケティングから、マス・パーソナライゼーションへと移行しています。コカ・コーラとしても、地球上の何十億人もの人たちに対して、個人の嗜好に合うようにパーソナライズされた飲料や爽やかさを提供する企業として、持続的な成長を続けているでしょう。


私が常に語るのは、ステークホルダーへの価値創造です。決して、株主価値の最大化を否定しているわけではありません。それでも、私たちは株主に加えて、従業員、顧客、市民社会という、全てのステークホルダーに価値を提供できるビジネスモデルに進化する必要があると考えています。それができなければ、株主に対しても持続的に価値を提供することはできない。


世界は振り子のように、常に揺れ動いています。今向かっている方向が最終的に全ての人々にとっていい結果をもたらすのかどうかは分かりません。それは歴史が答えを出すことです。しかし、私たち企業は今、そのサイクルの真っただ中にいて、何とかしてこの状況を乗り切らなければなりません。


ムーター・ケントの経歴・略歴

ムーター・ケント。アメリカの経営者。「米ザ コカ・コーラ カンパニー」会長兼CEO(最高経営責任者)。ニューヨーク州出身。英ハル大学経営学士、英ロンドン市立大学管理科楽理学修士。ザ コカ・コーラ カンパニーに入社。エフェス・ビバレッジ・グループ(トルコ)社長兼CEO、コカ・コーラ中東地域社長兼COO、海外事業統括、社長などを経て会長兼CEOに就任。

他の記事も読んでみる

清水久三子

パワーポイントで資料を作ったけれど、上司から「何を伝えたいのかよくわからない」と言われてしまった……。そんな経験はありませんか? その原因の多くは、思考を整理しないままに資料を作成していることです。


ジェイ・エイブラハム

価値を提供すればするほど、結局、数字としての結果もより良いものとなっていく。


高橋理子

私の作品を見たフランスの婦人が、「あなたの着物には伝統とモダンが共存している。日本の素晴らしい文化に関わることができて幸せね」と声をかけてくださったんです。これまで私は、着物を単なる衣服として、美しければいいと考えていたんですが、この言葉をきっかけに、着物の歴史や技術のことなど、奥深い背景の部分にまでしっかり向き合っていこうと決意しました。


小宮一慶

自分に必要な情報というと狭く考えがちですが、自分が知らない分野にも役立つものはたくさんあります。関心の幅を広く持つようにすれば、今まで入手できなかった情報も得られるようになります。


阿川佐和子

話を聞くときは、相づちを疎かにしないこと。こちらが話しているのに、全く反応がない人がたまにいますが、こういう人が相手だと「この人聞いてくれているのかな」「ひょっとして私の話がつまらないのかな」と不安になって、話を続ける気持ちが萎えてきます。かといって、大げさすぎる相づちは不自然だし、息継ぎのたびにいちいち「はい、はい」とやられるのもうるさいだけです。相づちは、言ってみれば、あなたの話を誠実に聞いているという合図なので、自然体が一番いいと思います。


岩崎夏海

自分が持っていった提案が断られたら、他社に持っていき、他社で実績をあげる。これしかありません。『もしドラ』が150万部売れたいま、私は「行列のできる出版相談所」状態になっています。「売れないから」という理由で断られた小説も出版が決まりました。かつて出版を断った編集者たちも、「うちで本を出してくれないか」とお願いに来ています。このように他社で実績をあげ、自分の正しさを証明するのです。


大泉洋

僕はまったく未来のプランがない男です。ただ基本的には、常に面白いことを考えてる人でいたいなと思いますね。


柳井正

僕は(ユニクロを始めた)当時、金鉱を発見したと思ったんです。米国でGAPなどが、欧州ではZARA、H&Mが出てきていました。ひょっとしたら、僕らも日本でそういうことができるんじゃないか、と思っていて、彼らの事業モデルを勉強していました。コピーするんじゃなくて、それを超えるためにどういうふうにしたらいいのかを考えてきました。独自のポジションを取るために、何をやったらいいのか、と。


三枝匡

ベンチャー企業の難しさは、非常に高速で事業が展開していきますから、誤った判断をするとすぐ資金が足りなくなってしまうことですね。もともと経営資源が少ない状況ですから、すぐ枯渇してしまい事業が継続できなくなるリスクを抱えています。そのため、リーダーには、ひとつひとつの決断は小さく見えても、その決断を正しくすることが求められます。


ジャック・デンジャモンド

企業にとって「どこで何をするか」の判断は極めて重要です。それがビジネス上のアドバンテージに結びつく。


辻庸介

起業の際には、マネックス証券の松本大社長からこう言われました。「起業はほとんどが失敗する」。とはいえ、そうした現実を頭の中では理解していても、実際に失敗に直面するとやはりかなりつらいんですけどね(笑)。


南部靖之

実は、農業は担い手が減っているからこそ新しい挑戦ができる。


冨安徳久

影響シェアという言葉があります。マーケットシェアで11%を超えると、市場に対する影響力が大きくなる、と言われているそうです。当社がなぜ影響シェアにこだわるかというと、創業時から「葬儀業界を変えたい」という強い思いを持ち続けているためです。


つんく♂

僕らの世界で、新しいスタッフや弟子が入ってきたときにまずやらせるのは、お使いなんです。「弁当買うてきて」「ギターの弦を買うてきて」とか頼むわけです。本人は意気揚々と芸能界に入って来ただろうから、「クリエイティブな仕事を与えてもらえるんじゃないか」と期待します。でも最初はお使いです。仕事の基本がきちんとできない奴に、1千万円、1億円規模の仕事は任せられませんから。


古森重隆

競争もない、結果の差もつけないという優しさは真の優しさではない。行き過ぎたヒューマニズムは動物としての活力を奪い去る。今のように、子供たちを無競争、無菌状態で育てることは将来に禍根を残すことになる。いや、現実にもう出てきている。


ページの先頭へ