名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ムンクの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ムンクのプロフィール

エドヴァルド・ムンク。ノルウェーの画家。ノルウェー・ヘードマルク県ロイテン出身。幼少期に慢性気管支炎を患い、姉が結核で死亡。王立画学校(のちの国立工芸美術産業学校)の夜間コースに入学。前衛作家・芸術家のグループ「クリスチャニア・ボヘミアン」と交際する。政府奨学金を得てパリに留学。作品はことごとく酷評されたが描き続け徐々に評価を得ていき、ノルウェーを代表する画家の一人になった。

ムンクの名言 一覧

病魔と狂気と死とが、私のゆりかごを見守っていた黒い天使。


私は病気を遠ざけたくはない。私の芸術が病気に負うところは、実は大きいのだ。


生の不安も病もなければ、私はまるで舵のない船だったろう。


僕の運命は今や――まさに画家になることだ。


ムンクの経歴・略歴

エドヴァルド・ムンク。ノルウェーの画家。ノルウェー・ヘードマルク県ロイテン出身。幼少期に慢性気管支炎を患い、姉が結核で死亡。王立画学校(のちの国立工芸美術産業学校)の夜間コースに入学。前衛作家・芸術家のグループ「クリスチャニア・ボヘミアン」と交際する。政府奨学金を得てパリに留学。作品はことごとく酷評されたが描き続け徐々に評価を得ていき、ノルウェーを代表する画家の一人になった。

他の記事も読んでみる

持塚朗

当社の強みは、創業以来様々なお客様の重要情報を守ってきた実績です。お客様に寄り添い、24時間365日体制でシステムを監視し、有事の際には適切な対応を実施する。何かあったときに共に考え、行動する。私たちは、そうしたパートナーでありたいと思っています。


石原和幸

営業マンがいなかったことがよかった。客がしびれるような庭を造らないと、次の仕事はきませんから。


桐山一憲

人材の配置は成果ベースで考えるので、意外とスムーズにいく。パフォーマンスベースじゃないと、ダイバーシティーは機能しないと思います。


田中啓一(経営者)

新しいパラダイムは、メリットだけではなく、想像もしなかった新たな問題が必ず出てきます。ビジネスにおいて効果的かつ継続して活用するためには、その問題点と対応方法を早く見つけ出すことが重要です。そのために、「特に新しいパラダイムの商品・サービスは、まず、自社で導入・利活用すること」をモットーに実証実験を行い、「良い道具を役に立つ道具へ」という付加価値にシフトさせています。


吉澤準特

話が長いと内容を整理しにくくなるのは、1回の発言の中に「言いたいこと」がいくつも入っているから。相手の1回の発言の中に「言いたいこと」が複数あると混乱してしまい、どれが一番重要か分からなくなってしまう。そんなときは相手の発言を箇条書きにして、比べて見なから「この人が一番、重要だと思っているのはどれか」を考え、判断して「つまり、こういうことですよね」と聞き返す。この繰り返しで少しずつ、話の要点がつかめるようになります。


藤原和博

人を動かせる人とそうでない人の違いは、「リサーチ力」にある。言いかえれば、「相手は何をやりたいと思っているのか」を掴む力。ロジックや熱意で、自分の希望を押しつけても、人は動きません。「これを引き受ければ、やりたいことが実現できる」。そう思わせて、初めて動いてくれるのです。


吉田尚記

ネットだけで完結していること、そこがゴールみたいに妄信していることの危険性にも気づいたほうがいいと思うんです。ひと言で言うなら「ネットを見ていて気分がよくなったことはありますか?」ということ。ネットで評判の映画を見に行ったり、紹介されていたお店でご飯を食べたりして気持ちよくなることはあっても、ネットを見ているだけで気持ちよくなることって絶対にないはずなので。


成毛眞

マーケットの中心軸は若い世代の感性によって形成されている。それを掴めるようになると、有望な市場を獲得できる可能性も自ずと高まってくる。そのためには、とりあえず若い世代の近くに身を置くことが大切。


池田輝政

いまの世の中は静かではあるが、いつどのようなことが起こらぬとも限らない。そのときのために、いま以上に欲しいものは有能な武士である。無益の出費を省いて人を多く抱えることが世の楽しみなのだ。


松井忠三

ベテランの優秀な店長たちはマニュアル化に反発しました。しかし、むしろそうした反対派の店長を作成委員に任命して、マニュアル作りを進めさせました。マニュアルは、自分たちで作らなければ役に立たない。そのためには、反対派をも抱き込んで良いものを作っていくしかないのです。


マイケル・ポーター

事業において最も大切なことは、他社とは違う独特の方法で(顧客や社会の)ニーズを満たすことです。ニーズを満たすことから利益が生まれます。利続が先にあって、その後にニーズがあるのではありません。当たり前のことに聞こえるでしょうが、実際には「どうすれば利益を得られるか」と考えるところから事業を始める人が多すぎる気がします。


橘右之吉

いつか認められるように、売れるようにってみんなで夢を語りながら酒を酌み交わした。だから仲間の一人が売れ始めると、こっちも負けまいと仕事に力が入る。先に売れた人から仕事をもらうこともありました。これがまたうれしくてね。