名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ムンクの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ムンクのプロフィール

エドヴァルド・ムンク。ノルウェーの画家。ノルウェー・ヘードマルク県ロイテン出身。幼少期に慢性気管支炎を患い、姉が結核で死亡。王立画学校(のちの国立工芸美術産業学校)の夜間コースに入学。前衛作家・芸術家のグループ「クリスチャニア・ボヘミアン」と交際する。政府奨学金を得てパリに留学。作品はことごとく酷評されたが描き続け徐々に評価を得ていき、ノルウェーを代表する画家の一人になった。

ムンクの名言 一覧

病魔と狂気と死とが、私のゆりかごを見守っていた黒い天使。


私は病気を遠ざけたくはない。私の芸術が病気に負うところは、実は大きいのだ。


生の不安も病もなければ、私はまるで舵のない船だったろう。


僕の運命は今や――まさに画家になることだ。


ムンクの経歴・略歴

エドヴァルド・ムンク。ノルウェーの画家。ノルウェー・ヘードマルク県ロイテン出身。幼少期に慢性気管支炎を患い、姉が結核で死亡。王立画学校(のちの国立工芸美術産業学校)の夜間コースに入学。前衛作家・芸術家のグループ「クリスチャニア・ボヘミアン」と交際する。政府奨学金を得てパリに留学。作品はことごとく酷評されたが描き続け徐々に評価を得ていき、ノルウェーを代表する画家の一人になった。

他の記事も読んでみる

法華津孝太

奉天の総領事館は、総領事の次に領事がおり、私たちも上の地位にあった。米国の大使館あたりだと、先輩が多くて何事をするにもその指示を仰がなければならないところだが、ここはほとんど自分の責任で仕事を切り盛りすることができた。だからその時代に、私は自分の判断でものごとを行う訓練ができたように思う。これは望外の幸せであった。


枡野俊明

どんな仕事にも、見落としてはならない大切なポイントがあります。私は「へソ」と呼んでいますが、経験を積むほど素早くヘソをつかめるようになります。


堀切功章

最近はフランス料理の隠し味にしょうゆが使われるようになっている。国によってやり方は異なるが、ローカルな食の中にどのようにしょうゆを入れ込んでいくかという考え方は変わらない。キッコーマンしょうゆはジャパン・ブランドというより、世界中の食を豊かにする調味料として、ジャパン発のグローバル・ブランドを目指して取り組んでいます。


枡野俊明

余裕がない一日の始まりは、縁の初めが悪いので、どんどん悪い縁につながっていく可能性があります。初めにいい縁を結ぶためにも、朝に掃除をすることは有効なのです。


上野和典

情報収集や意見交換型の会議の鉄則は「結論を出さないこと」です。会議を切り上げるために、じゃあ結論を出そうとなりがちですが、無理に結論らしきものを出しても意味はありません。このタイプの会議で大事なのは、議論の中でどのような情報が出たかということです。途中経過を記録した議事録をつくり、それを各々が現場に持ち帰るべきなのです。


加藤寛一郎

仕事の面でも常に新しい自分を追求することは大事だと思います。私の専攻は飛行力学ですが、40歳を過ぎてから著述に力を入れるようになりました。その場合は共著にしたり、コンピュータを使う研究の実作業を学生に任せたりしないようにしています。自分に甘えが出るからです。人を使ってばかりいると、自分では何もできないようになってしまうと思うのです。熟年だからこそ自分を甘やかさず、つねに新しい自分を追及する。そうありたいと思っています。


中村剛也

練習に関しては、しっかり考えながら取り組んでいます。昔は量をこなしてましたけど、シーズンに入れば、やり過ぎると疲れを残す。だから、考えながら練習することを意識しています。


埴谷雄高

組織のなかでは、しばしば、罪があって排斥されるのではなく、排斥する気があってから罪がつくられるのだ。


荻野玲

その日のうちに解決しなくてはならない課題、あるいは決断しなくてはならない課題がいくつかあった場合、極力難しい課題から取り組むようにしている。人間はどうしても容易な問題から取り組み最後に残った難しい問題は先延ばしがちである。そうなると頭がもやもやして気分も晴れない。難しい問題を解決、あるいは決断しているととにかく気持ちはすっきりとし、ストレスも溜まらず健康でいられる。


出口汪

文章や会話の中で、物事の道筋である「論理」をきちんと組み立てられないと、散らかった内容になってしまい、言いたいことがうまく伝わりません。言葉を正確に伝えるうえでまず必要なのは「他者意識」です。多文化社会である英語圏では、様々なバックグラウンドを持つ相手に正確に伝えるため、YES/NOを明確に表明し、「なぜなら」と根拠を示します。


大西洋

多くの人に当てはまることだと思いますが、入社当初は現場にいて、その仕事の面白さを肌で実感していたはずです。だからこそ、いまの会社、いまの仕事でこれまで続けてこられた。しかし年数を重ねて、中間管理職の立場になってくると、次第に現場から遠ざかってしまう。百貨店の場合なら、店頭よりも事務やマネジメントの仕事が増えて、お客様の顔を直接みることが少なくなってしまうのです。そうすると、自分がなぜこれまでこの会社で働いてきたのか、だんだんみえなくなってくる。その結果、毎日雑務に追われるばかりで、仕事がつまらないと感じてしまうのです。そんなときこそ、原点に返って新人に戻ったような気持ちで、現場に立ってみるのがいいと思います。


内田雅章

大きなビジネスを成し遂げるには、一人だけでは到底不可能で、人の力が必要です。そんなとき、喜んで応援する手を差し伸べてくれる人がいる――それが人脈のなせるわざです。