名言DB

9419 人 / 110788 名言

ムロツヨシの名言

twitter Facebook はてブ

ムロツヨシのプロフィール

ムロツヨシ。日本の俳優、コメディアン、演出家。神奈川県出身。東京理科大学理学部数学科中退。俳優養成所を経て役者として活動。映画、テレビドラマ、舞台で活躍。

ムロツヨシの名言 一覧

人が笑っている時は100%喧嘩は起きない、相手を憎まない。それは幼少期に家族の問で確認したことで。僕にとって、喜劇は悲劇から逃れるものでもあるけれど、希望であり、夢なんです。


友達がいなければ、その存在に助けられてこなければ、僕は家族のことを笑い話にできなかった。裏切られても笑える人が、僕にとっての友人なんですよ。


お金を貸して、その人が逃げたとして、それを笑えなかったら、憎んだりしたら、悪いのは僕なんです。貸したのは自分なんだから。絶対に人を恨みたくないんですよね。


締め切りに追われて。でも、それが逆に良かった。怒られたくないという理由で、自分をせっついて書いていたので。その中から自分らしさというか、自分が出てきました。


19歳で役者を目指し、25~26歳で食っていける役者になりたいと決意して。ほんとに強い野心だったんですよ。目標というより野心。食べられる役者というのが。それが40歳で叶ったいま、次の野心がないことが怖いんです。それをもう一回、考え直さなきゃいけないという地点にいるんです。


ちょうど役者として形になってきた頃、自分の記憶を整理してみたくなったんです。それまで自分のことを語るということを僕はしてきていなかったから。でもやっぱり自分そのままだと書きにくかったので、「数」と、いう子を主人公にし、彼を通して私小説のように書きました。


僕は自分に蓋をしているので、ほんとの自分がわからないんです。喜劇役者という表現者の欲として自分をつくり出す。それで自分を保っているのかなぁと思いますね。


ムロツヨシの経歴・略歴

ムロツヨシ。日本の俳優、コメディアン、演出家。神奈川県出身。東京理科大学理学部数学科中退。俳優養成所を経て役者として活動。映画、テレビドラマ、舞台で活躍。

他の記事も読んでみる

野口美佳

始めは一人でスタートして、やがて3人、50人、100人と増え、いまは300人規模の会社になりました。経営の仕方というのは、規模によって違います。私は会社の成長とともに、社長として成長してきたと思います。


村上太一

起業家の自伝を読むメリットは、「当たり前の基準を引き上げられる」ことです。私は、「人は、自分が当たり前だと思っていることしか実現できない」と考えているのですが、数多くの自伝に触れることで、その当たり前の基準は上がると思います。


竹田晴夫

まさに激動の時代だと思います。昔であれば、ただ完成された舗装道路の上を走っていさえすればよかった。しかしいまは違う。自分でバイパスを通したり、トンネルを掘ったりして進まなければいけません。しかも、その判断が一年遅れると、事業が十年遅れることになりかねない。


涌井良幸

私は千葉県の公立高校で約40年間、数学を教えた。その経験から、数学、なかでも統計学のすばらしさを実感している。しかし、我々が普段接している統計の内容には、怪しいものが少なくない。専門家が使う立場と、我々が日常見ている統計はかなりギャップがあり、危険だと感じている。統計学の大前提は、ランダムにとった標本をもとに分析し、その上に理論が成り立つ。ところが、それを恣意的に使い、相手に誤解を与えるような使い方がなされているケースが多々見られる。


松本恭攝

コンサルタント時代にクライアントの支出項目をチェックするうちに印刷業界の非効率性に気づき、なんとかこれを効率化する仕組みを作れないかと考えたのが起業のきっかけでした。


福嶋康博

事業計画は重要なポイントとなるニーズだけを捉えれば良いでしょう。お客様が何を望んでいるかを正しく捉えれば、お客様は集まりますし、逆にそれが間違っていたらお客様は集まりません。ニーズを捉えられているかどうかで、成功するかどうかが決まるのです。細かいことに気を取られて、事業の中心にあるニーズを忘れてしまってはいけません。


佐藤公平

チェーンストア経営について、幹部社員にはしっかり教育しています。教育といっても難しいものではなくて、先輩企業や成功企業に学ぼう、ということです。ダイエーやセブンイレブン、イオンや最近ではユニクロなどですね。社員同士、切碓琢磨しながらの勉強です。


築山節

朝起きて頭が冴えているという人は絶対にいません。目が覚めた段階で真っ先に思うのは、もっと寝たいということ。そんな状態から、仕事ができる頭に持っていくためには、脳の回転数を上げる必要があります。「今度は何が来るのかと予測すること」は、人間の脳の基本です。逆にいえば、意識的に予測をすれば脳の回転数を上げることができます。朝から車内で観察をしながら、いろいろな予測をしてみる。これが脳を刺激する一番簡単な方法でしょう。


中原淳

かなり前にある若いビジネスパーソンから「手っ取り早く取得できる資格を取って転機をはかりたい」と相談を受けました。しかしこれは論理矛盾です。端的に述べるならば、資格は「差別化のための記号」です。しかし、看護、医療といった高度な専門性を有する資格ならば話は別ですが、手っ取り早く取得できる資格は、ほかの誰にとっても取得が容易で、差別化の記号としては機能しない可能性があります。すなわち、この選択には、そもそも矛盾があるのです。


本庶佑

超高齢化社会というのは、世界中で日本が最初に経験する特異な社会です。逆に言うと、それは新しいビジネスチャンスになる。