名言DB

9429 人 / 110879 名言

ムロツヨシの名言

twitter Facebook はてブ

ムロツヨシのプロフィール

ムロツヨシ。日本の俳優、コメディアン、演出家。神奈川県出身。東京理科大学理学部数学科中退。俳優養成所を経て役者として活動。映画、テレビドラマ、舞台で活躍。

ムロツヨシの名言 一覧

人が笑っている時は100%喧嘩は起きない、相手を憎まない。それは幼少期に家族の問で確認したことで。僕にとって、喜劇は悲劇から逃れるものでもあるけれど、希望であり、夢なんです。


友達がいなければ、その存在に助けられてこなければ、僕は家族のことを笑い話にできなかった。裏切られても笑える人が、僕にとっての友人なんですよ。


お金を貸して、その人が逃げたとして、それを笑えなかったら、憎んだりしたら、悪いのは僕なんです。貸したのは自分なんだから。絶対に人を恨みたくないんですよね。


締め切りに追われて。でも、それが逆に良かった。怒られたくないという理由で、自分をせっついて書いていたので。その中から自分らしさというか、自分が出てきました。


19歳で役者を目指し、25~26歳で食っていける役者になりたいと決意して。ほんとに強い野心だったんですよ。目標というより野心。食べられる役者というのが。それが40歳で叶ったいま、次の野心がないことが怖いんです。それをもう一回、考え直さなきゃいけないという地点にいるんです。


ちょうど役者として形になってきた頃、自分の記憶を整理してみたくなったんです。それまで自分のことを語るということを僕はしてきていなかったから。でもやっぱり自分そのままだと書きにくかったので、「数」と、いう子を主人公にし、彼を通して私小説のように書きました。


僕は自分に蓋をしているので、ほんとの自分がわからないんです。喜劇役者という表現者の欲として自分をつくり出す。それで自分を保っているのかなぁと思いますね。


ムロツヨシの経歴・略歴

ムロツヨシ。日本の俳優、コメディアン、演出家。神奈川県出身。東京理科大学理学部数学科中退。俳優養成所を経て役者として活動。映画、テレビドラマ、舞台で活躍。

他の記事も読んでみる

宋文洲

中国人と付き合うには、同じアジア人という発想をやめることです。日本人も中国人も漢字を使っているとか、顔が似ているというのは日本人の思い込みです。相手がよく思ってくれていると勘違いする男女関係と同じです。本来、歴史問題など個人にとってどうでもいい話なのです。


西條剛央

ビジネスの世界でも原理原則をないがしろにしていると感じます。どの部署に行きたいんだと希望を聞いておきながら、その結果とは違う部署に平然と配属したりします。人間は自分の方向性と重なっていないことをやると消耗します。また、批判したり罵倒したりする場面も多いですが、それでは人々の力を引き出すことはできません。


ジェームズ・C・コリンズ(ジム・コリンズ)

不平を言わず、「やる」と言ったことを確実に実行すべきです。大言壮語してはばからない人は失格です。


上田準二

相撲で言えば、「今日一番」。力士は、千秋楽のことを考えて相撲を取るわけじゃない。毎日毎日、目の前の取り組みに集中して、その結果として勝ち越しとか優勝がついてくるわけです。仕事も同じです。


上條努

おいしくなければ誰も振り向いてくれない。


安藤美冬

引き出しの中にほとんど見ない資料が眠っていたり、デスクの上に書類が積み重なっていたり。それらの大部分が不要なモノです。捨ててしまえば、作業のたびに書類の山を押しのけてスペースを作ったり、あちこち探し物をしたり、といった無駄な動線をカットできます。


田代隼朗

職人の世界は厳しく、例えば日本料理では20年修業して初めて板場に立て、その後の給料も十分とはいえず、独立できる人が少ないのが現状です。他業態も含め、そうした腕のある職人が活躍できる環境を整え、チャンスを与えることが当社の使命だと考えています。


川邊健太郎

ネットビジネスの世界では、新サービスを一早く市場に投入した者が勝つことが多いのは事実。製造業や実店舗を持つ小売業などと比べると、スピードの価値が特に高い業界と言えます。


守山淳

ニューヨーク勤務時代に元気ハツラツの先輩がいました。国内商売の責任者として帰国し、新任務地で1日も早くお客様との信頼関係を構築しようと連日の宴席が続きました。その彼が喉頭ガンの病に倒れました。入院先の病室から「健康第一と言うが、それは違う。健康がすべて」という伝言が届きました。以来、いろいろな機会にこの「健康がすべて」のメッセージを発信してきました。


鈴木英男(日新製鋼)

若手社員はみんな真面目で、本当に一生懸命働いてくれるなあと感心しています。ただその一方で、これはスタッフの仕事についてですが「それって、仕事じゃなくて、作業じゃないの?」と感じることもよくありますね。与えられたものをただこなすのが「作業」。お客さんのためにという志をもってやるのが「仕事」です。「仕事」とは「ことを為すこと」、あるいは「しなくてはならない事」ですから。