名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ムロツヨシの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ムロツヨシのプロフィール

ムロツヨシ。日本の俳優、コメディアン、演出家。神奈川県出身。東京理科大学理学部数学科中退。俳優養成所を経て役者として活動。映画、テレビドラマ、舞台で活躍。

ムロツヨシの名言 一覧

人が笑っている時は100%喧嘩は起きない、相手を憎まない。それは幼少期に家族の問で確認したことで。僕にとって、喜劇は悲劇から逃れるものでもあるけれど、希望であり、夢なんです。


友達がいなければ、その存在に助けられてこなければ、僕は家族のことを笑い話にできなかった。裏切られても笑える人が、僕にとっての友人なんですよ。


お金を貸して、その人が逃げたとして、それを笑えなかったら、憎んだりしたら、悪いのは僕なんです。貸したのは自分なんだから。絶対に人を恨みたくないんですよね。


締め切りに追われて。でも、それが逆に良かった。怒られたくないという理由で、自分をせっついて書いていたので。その中から自分らしさというか、自分が出てきました。


19歳で役者を目指し、25~26歳で食っていける役者になりたいと決意して。ほんとに強い野心だったんですよ。目標というより野心。食べられる役者というのが。それが40歳で叶ったいま、次の野心がないことが怖いんです。それをもう一回、考え直さなきゃいけないという地点にいるんです。


ちょうど役者として形になってきた頃、自分の記憶を整理してみたくなったんです。それまで自分のことを語るということを僕はしてきていなかったから。でもやっぱり自分そのままだと書きにくかったので、「数」と、いう子を主人公にし、彼を通して私小説のように書きました。


僕は自分に蓋をしているので、ほんとの自分がわからないんです。喜劇役者という表現者の欲として自分をつくり出す。それで自分を保っているのかなぁと思いますね。


ムロツヨシの経歴・略歴

ムロツヨシ。日本の俳優、コメディアン、演出家。神奈川県出身。東京理科大学理学部数学科中退。俳優養成所を経て役者として活動。映画、テレビドラマ、舞台で活躍。

他の記事も読んでみる

マーク・ハード

周囲はひとつの要因を抜き出して、その企業に関する物語をつくりたがりますが、経営者はひとつだけを選ぶことはできません。実際の当社の業績から、私のことを人材に投資し成長を重視する経営者ということもできれば、投資を絞りコストダウンに力を注ぐ経営者と判断することもできるわけです。いずれか一方のレッテルを張った方がわかりやすいということなのでしょう。


村上龍

科学者は、長く、地道な、研究・実験・観察を経て、「発見」に至る。発見までの長い道程は、科学者に内包された「独創性という意志」が支える。


加藤一二三

私の若い頃は転職する人は少なかったけれど、今はそれが普通の時代ですね。仕事を簡単に変えられることが、「これが天職だ」と言いにくくしているのかもしれません。私自身、洗礼を受けるまでは、曖昧模糊としたところがありました。ただ、私は自分の指した対局が何百年経っても、後輩や将棋ファンの喜びにつながると信じているからこそ、棋士が天職であると考えています。みなさんも、自分の仕事が誰かの喜びにつながっているのであれば、その仕事を天職だと信じて、続けてみてはいかがでしょう。


島田精一

仕事がうまくいかない時は、朝の来ない夜はないと、信じて時を待つのも手です。


松本洋(コンサルタント)

個人がそれぞれ独自のペースで動いたら、全体としては成果は上がらない。しかし、誰もが成功できる仕組み、常に進歩が分かる見える化された仕組みを作っておけば、組織全体のパフォーマンスを上げることができる。


田原総一朗

僕は総理大臣から犯罪者までいろいろ会うけど、とくに面白いのは世間から非難を浴びている人。みんなからバッシングされるのは、周りに合わせようとせず、自分の生き方を一生懸命貫いているから。そういう人は、話を聞いても真剣に話してくれる。優等生より、ずっと面白い。


鈴木喬(経営者)

デザイナーは年を取れば取るほどダメになります。会社が要求するモノを理解してしまうからです。上司としては使いやすいのでしょうが、お客様が要求しているモノとは懸け離れていきます。経験が必要な営業は別ですが、開発や研究、マーケティングなどは、若くて感性のある人の方が勝りますね。


土居健人

社会人になってから英語の勉強を本格的に始めても、遅いということはまったくありません。
【覚書き|大学卒業後、外資系企業に入社した当時、受験単語を知っている程度しか英語ができなかったことについて語った言葉】


谷内正太郎

交渉は、「ギブ&テイク」ですから、したたかにタフに進める必要があります。攻めるべきは攻め、守るべきは守り、妥協する点は全体のバランスを見ながら判断する。


安田弘

私はいつもバランスシート(貸借対照表)は不完全だと言っています。第一に過去のことだけで、これからのことを表していません。会社で一番大切な資産は何かと言えば大体の人達は「勤めている社員の能力です」と言うと思うんです。それが人を大切にする経営だと。ところがバランスシートのどこに載っているんでしょうか。会計士が会社を診断するといいますが、「人」の要素を考えれば実際は不完全なのではないかと。


高橋銀次郎

家康の素晴らしい考えのひとつに、「権力者は少禄」があります。権力を持つ人間が富まで持ってはいけないと。


植田統

仮説は実際にやってみたら間違っていたということもあり得ます。そのときは仮説を修正すればいいだけです。